太賀(俳優)の父は中野英雄!母の職業や兄など家族も調査!

若手の実力派として注目を集めている俳優太賀さん。実は太賀さんは父にベテランのコワモテ俳優中野英雄さんを持つ二世俳優です。今回はそんな太賀さんと父・中野英雄さんとの関係を中心に、母や兄などのその他の家族との関係も合わせて詳しく紹介していきます。

太賀(俳優)の父は中野英雄!母の職業や兄など家族も調査!のイメージ

目次

  1. 1太賀のプロフィール
  2. 2太賀は注目の若手俳優
  3. 3太賀の父は俳優の中野英雄
  4. 4太賀と父・中野英雄の親子関係は?
  5. 5太賀の母や兄弟は?
  6. 6太賀の父は俳優中野英雄で兄も元俳優だった

太賀のプロフィール

  • 愛称:特になし
  • 本名:中野太賀
  • 生年月日:1993年2月7日
  • 年齢:26歳(2019年6月現在)
  • 出身地:東京都
  • 血液型:A型
  • 身長:168cm
  • 体重:不明
  • 活動内容:俳優
  • 所属グループ:特になし
  • 所属事務所:スターダストプロモーション
  • 家族構成:父・中野英雄(俳優)、兄・中野武尊(元俳優)

太賀の経歴

太賀さんは13歳の時、2006年放送の単発ドラマ「新宿の母物語」で俳優デビュー。小学生の頃にドラマ「WATER BOYS」を観て、主演の山田孝之さんに憧れたのが俳優の道を目指すきっかけになったそうです。デビュー後すぐに多数の作品に出演する様になり、知る人ぞ知る演技派の若手俳優へと成長します。

太賀さんが全国的に知られる様になったきっかけは、2016年に放送の大ヒットドラマ「ゆとりですがなにか」でのゆとりモンスター、山岸ひろむ役での怪演でした。この作品でブレイクした太賀さんは、毎年複数本の話題作に起用されるほどの大人気俳優の仲間入りを果たし、現在も大活躍を続けています。

太賀は注目の若手俳優

太賀さんは、現在最も注目を集めている若手俳優の中の1人です。シリアスな役かコミカルな役まで、幅広い役柄を見事に演じ分ける抜群の演技力に加えて、独特な存在感を放つ魅力的な外見や真摯に作品に向き合う真面目な性格でも高い評価を受けています。今後の活躍が期待される太賀さんを詳しく紹介します。

2018年ドラマ「今日から俺は!!」で注目度急上昇

太賀さんは2018年10月から日本テレビ系列で放送され話題となった連続ドラマ「今日から俺は‼︎」で主要キャラの1人である今井勝俊役として、ツッパリながらも愛すべきキャラクターを演じた事で視聴者からの人気を集めました。この作品で太賀さんはさらにその注目度を急上昇させました。

デビューは2006年13歳の時

そんな太賀さんの俳優としてのデビューは中学生だった13歳の頃でした。デビュー作となったのは2006年12月22日に放送された単発ドラマ「新宿の母物語」でした。太賀さんは、泉ピン子さん演じる伝説的占い師「栗原すみ子」の息子、達也の中学生時代を演じています。

2014年TAMA映画賞で最優秀新人男優賞を受賞

2014年に、太賀さんは「第6回TAMA映画賞」の「最優秀新進男優」に菅田将暉さんと共に選ばれています。太賀さんと菅田将暉さんはプライベートでも仲が良いそうで、この授賞式でコメントを求められた菅田将暉さんは「太賀みたいな人が受賞されるべき」と太賀さんの演技力を賞賛されていました。

太賀のおすすめ代表作

菅田将暉さんも賞賛した様に、太賀さんの演技力は同世代の若手俳優からも認められ、関係者からも頭ひとつ抜けた演技力として高い評価を得ています。ここでは、太賀さんの高い演技力が堪能できるオススメの代表作を紹介します。

2016年ドラマ「ゆとりですがなにか」

太賀さんの名前を一躍全国区に押し上げた作品が、2016年に放送され大ヒットを記録した連続ドラマ「ゆりですがなにか」です。太賀さんが演じた山岸ひろむは、岡田将生さん演じる主人公の1人、平凡なサラリーマン、坂間正和の後輩です。

正和の先輩社員としての当たり前の教育指導を「パワハラを受けた」と騒ぐいわゆる「ゆとりモンスター」で、物語の前半では、正和に対して法的脅迫まで行うなど大暴れします。しかし、後半に行くにつれて、正和を先輩として慕う様になります。強烈なキャラを演じた太賀さんにも視聴者からの人気が集まりました。

太賀さんは、時に暴走してタチの悪い悪役となり、時に単純な思考で愛すべき後輩となるこの超個性的キャラ山岸ひろむを見事演じ切り、その怪演ぶりは大きな話題となります。

その人気ぶりから2017年にはスピンオフドラマ「山岸ですがなにか」が制作され、太賀さんが主演を務めました。この作品についても後で詳しく紹介します。

2016年映画「淵に立つ」

2016年、第69回カンヌ国際映画祭の「ある視点」部門、審査員賞を受賞し話題となった映画「淵に立つ」では、太賀さんは重要な役、山上孝司を演じました。太賀さんが演じた山上孝司は、ある日突然現れ主人公家族を不幸に陥れた、過去に重大な秘密を持つ男、浅野忠信さん演じる八坂の実の息子です。

太賀さん演じる孝司は、幼い頃に別れた父の八坂がどういう人物か知らずに、1枚の写真を頼りに主人公家族の前に現れ、主人公の経営する工場で働き始めます。この事実がその家族に知れた時、家族に再び波乱が生じます。太賀さんは、運命に翻弄される若者の役を見事演じています。

2017年スピンオフドラマ「山岸ですがなにか」

先ほど紹介したドラマ「ゆとりですがなにか」のスピンオフドラマ「山岸ですがなにか」は本編で太賀さんが演じた山岸の絶大な人気を受けて制作される事になった作品です。劇中劇であり「ゆとりですがなにか」のスピンオフ作品「山岸ですがなにか」のドラマ制作チームの若手AD須藤冬美の視点で描かれます。

須藤冬美は、ドラマでの山岸のモデルとなったという、実在する(という設定の)山岸への取材を続ける中で、山岸に好意を抱く様になります。太賀さん演じる山岸の山岸節満載の、かなり笑える作品となっていて、ラストでは、太賀さんが太賀さん本人役で登場し、山岸と対面するという衝撃展開を迎えます。

2018年映画「海を駆ける」

先ほど紹介した「淵に立つ」の監督、深田晃司さんがメガホンをとった2018年の映画「海を駆ける」にも太賀さんが主要キャストとして起用されています。インドネシアを舞台にした映画で、太賀さんが演じるのは現地のNPO法人で働く日本人タカシの役でした。

太賀さんが片言のインドネシア語を話すシーンもあり、現地に馴染んでいる日本人を演じるために、太賀さんはインドネシア語やインドネシア流の食事方法などかなり勉強された様です。太賀さんは、現地の撮影スタッフともかなり馴染んで仲良くなっていたそうです。

太賀の父は俳優の中野英雄

若手俳優の中でも演技力ナンバー1との呼び声も高い太賀さんですが、実は太賀さんの父も有名俳優の二世俳優である事は意外に知られていません。太賀さんの父親は、1980年代後半から1990年代にかけてのトレンディドラマに多数出演し、現在はコワモテ俳優としてVシネなどで活躍されている中野英雄さんです。

トレンディドラマで活躍した中野英雄

太賀さんの父・中野英雄さんは、1980年代の後半から1990年代にかけて、数々のトレンディドラマの話題作に出演した人気俳優です。ここでは、太賀さんの父・中野英雄さんが出演した多数のドラマの中から代表的なものを紹介しつつ、現在の仕事や哀川翔さんとの関係なども合わせて紹介していきたいと思います。

1988年「君の瞳をタイホする!」

太賀さんの父・中野英雄さんは、1988年のフジテレビ系列の「月9」ドラマ「君の瞳をタイホする」に出演されています。警視庁の警察署を舞台にしたラブコメ作品で、この後続くトレンディドラマブームの元祖的作品として知られています。中野英雄さんはまだ新人の頃で、第1話にゲスト出演されています。

1989年「愛しあってるかい!」

その翌年、1989年に放送されたフジテレビ系の「月9」ドラマ「愛しあってるかい!」は陣内孝則さん主演で高視聴率を記録した作品で、現在でもトレンディドラマブーム初期の代表的作品として紹介される事の多いドラマです。

太賀さんの父・中野英雄さんはこの作品にも出演しており、第7話に小林孝役でゲスト出演されています。

1992年「愛という名のもとに 」

ここまで紹介した様に、話題のトレンディドラマに数多く出演していた太賀さんの父・中野英雄さんでしたが、多くは単発ゲストとしてのちょい役でした。しかし、1992年にフジテレビ系列で放送された「愛という名のもとに」では重要な役を演じ、これをきっかけにブレイクを果たします。

中野英雄さんは証券会社に勤めるサラリーマン倉田篤を演じます。この役は上司からの苛烈なイジメにあい、その後フィリピン人ホステスにハマった挙句、騙されて会社の金を横領し、上司への傷害事件を起こして逃亡、最後には首吊り自殺するという悲しい役でした。

強面なワル役でも定評がある

出世作となった「愛という名のもとに」では、生真面目なサラリーマンを演じた中野英雄さんでしたが、実は元暴走族の経歴を持つ、バリバリのコワモテキャラです。現在はそのアウトローな雰囲気を生かして、Vシネマなどを中心にワルな役柄を演じて人気を集めています。

中野英雄と哀川翔はマブダチ?

そんな中野英雄さん、実は俳優の哀川翔さんとは少年時代から知り合いの友人同士です。出会いは16歳の頃だそうで、当時札付きの不良だった中野英雄さんが、仲間と新宿の街角でたむろしていた時、同じくバリバリの不良だった哀川翔さんが偶然目の前を通りかかったそうです。

それを中野英雄さんらがからかった所(不良同士の絡みあい)哀川翔さんが激怒して中野さんに頭突きを食らわせ、瞬く間にノックアウトします。それがきっかけで顔見知りになり、次第に中野さんは3歳年上の哀川さんを兄貴分として慕う様になったのだそうです。

哀川翔とは

少年時代の中野英雄さんが兄貴分と慕ったという哀川翔さんは、日本を代表するアウトロー俳優で、コワモテ俳優・竹内力さんと並んで「Vシネマの帝王」とも呼ばれています。日本アカデミー賞での最優秀男優賞の受賞経験も持つ実力派でもあり、現在もアウトロー役として絶大な人気を誇っています。

太賀と父・中野英雄の親子関係は?

ここからは、太賀さんと父・中野英雄さんの親子の関係にスポットライトを当てていきます。太賀さんはアウトローな役のイメージは全く無く、どちらかと言えば職人気質の真面目な役者の印象で、父とは正反対のイメージ。それだけに太賀さんの親子関係にはとても興味を抱いてしまいます。詳しく見ていきましょう。

二世タレントであることをアピールしない理由

太賀さんの父が、有名俳優の中野英雄さんだという事実は、意外なほどに知られていません。これは太賀さんが父も俳優の二世タレントだというアピールを一切していない事が大きな理由でしょう。まずは太賀さんが二世タレントアピールをしない理由について見ていきます。

実力で活躍したいという男気?

太賀さんは、父の七光りと言われる事を嫌い、自分自身の実力だけで俳優の世界で勝負したいと思っているのではないでしょうか?事実、太賀さんの演技に向き合う姿勢は共演者や製作陣から絶賛されています。太賀さんのプロ意識の高さを考えれば、父の七光りを嫌って二世アピールを一切していないのも頷けます。

父に黒い噂があるから公表しない?

もう1つ太賀さんが父の存在をアピールしない理由としてよく言われているのが、太賀さんの父・中野英雄さんに、暴力団との交際があるという黒い噂が過去に存在した事を考慮しているのでは?というものがあります。

中野英雄さんは過去に週刊誌で暴力団との関係を自ら公表した上で、今後暴力団関係者と完全に絶縁する事を宣言されています。この過去の事実から、太賀さんにまで黒い噂が波及する事を回避するために、周りが意識的に中野英雄さんと太賀さんの父子関係を隠しているという可能性も考えられそうです。

関係は良好で父も息子を陰ながら応援?

ただ、太賀さんと父・中野英雄さんの仲が悪くて公表していないという線はない様です。中野英雄さんは息子の太賀さんの事を陰ながらかなり応援している様で、太賀さんも父や母、兄弟などの家族仲がとても良い事を過去にコメントされています。

SNSではおおっぴらに応援?

まず、中野英雄さんは自身のSNSで、息子の太賀さんの作品について言及したり、それとなく関連する発言をしたりと、遠回しにかなり太賀さんを応援されている様です。コワモテイメージが強い中野英雄さんですが、そのSNSの内容を見ていると実際には優しい息子思いのお父さんなのだという印象を強く受けます。

父子で旅番組で共演したこともある

また、太賀さんは俳優としてデビューする前の2005年6月に放送された旅番組「いい旅・夢気分」の「家族で行きたい!夏のおすすめ旅」という企画で、父の中野英雄さんとの親子共演を果たされています。この放送では、本当に仲の良い家族ぶりを存分に見せてくれています。

父の監督脚本作品にも出演していた

さらに、中野英雄さんが監督脚本を手がけた短編作品に、息子の太賀さんが出演されたとの情報もある様ですが、こちらに関しては本当かどうかの確認は取れませんでした。

太賀の母や兄弟は?

続いては、家族仲がとても良いと言われる太賀さんの、母や兄弟などそれ以外の家族についての情報も見ていきましょう。

太賀の母の父が立ち上げた会社の経営者?

太賀さんのお母さんは、中野英雄さんが1996年に個人事務所として設立した「有限会社バグジーヒーローズクラブ」の経営を担当されているとの情報があります。この事務所は現在は「株式会社バグジーヒーローズクラブ」と名前を変え、多くのタレントを抱える事務所に成長されています。

この事務所の代表者として「中野多加美」という女性が登録されていますが、この方が太賀さんの母である可能性が高そうです。現在は中野英雄さんはこの事務所を離れているそうですが、太賀さんのお母さんが経営を任されているとすれば、順調に事務所を大きくしたかなりやり手の経営者だと言えそうです。

太賀が語る母の人物像

太賀さんは2018年に公開の映画「母さんがどんなに僕を嫌いでも」で母から虐待されて育った青年歌川タイジ役を演じました。この映画に関するインタビューにて、太賀さんは自身の母の人物像を語っています。それによると、太賀さんは母からの愛情を全面に受けて育ったと語っています。

さらに太賀さんは、自分と母との関係は過剰に干渉し合うことのない気楽な関係だが、それは互いの信頼関係の上に成り立っているのだと思うともコメントされています。こうした言葉からも、太賀さんが本当に良好な信頼関係で結ばれた家族の中で育ってきた事がわかります。

太賀には兄が一人で元俳優?

太賀さんには、兄が1人います。このお兄さんは中野武尊さんというそうで、過去には俳優として活動されていた事もあるそうです。太賀さんは家族仲が良いとコメントされているので、おそらく太賀さんはこの兄の武尊さんとも仲が良いのでしょう。

太賀の兄・中野武尊とは

太賀さんの兄・中野武尊さんは1987年生まれという事なので太賀さんの6歳年上です。太賀さんとの兄弟仲など、太賀さんとの関係に関するそれ以外の情報については不明でした。

現在は俳優を引退されているそうなので、太賀さんとの兄弟共演などは望めなさそうです。写真も何枚かネットに出回っていますが、弟の太賀さんとはあまり似ておらず、どちらかというとお父さんの中野英雄さんに似た強面の俳優さんだった様です。

太賀の父は俳優中野英雄で兄も元俳優だった

今回は、若手の注目俳優太賀さんについてまとめました。太賀さんの父は、ベテランの強面俳優中野英雄さんで、太賀さんとの仲はとても良い様です。また、太賀さんには6歳年上の兄がいて、中野武尊さんという元俳優だそうです。

太賀さんは「家族仲がとても良い」と過去にコメントされており、とても愛情あふれる家庭環境で育った様です。太賀さんの表現力あふれる天性の演技の才能はこの家族の中で伸び伸び育った事で育まれたのかも知れません。太賀さんのこれからの活躍も非常に楽しみです。

関連するまとめ

関連するキーワード

Missing
この記事のライター
yujitake226

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ