高橋一生のブレイクのきっかけは?出演作から振り返ってみる!

演技派の俳優としてブレイクした高橋一生さんですが、そのブレイクのきっかけはどの作品だったのでしょうか。高橋一生さんのブレイクのきっかけとなった出演作品についてまとめました。高橋一生さんの出演作品とともにブレイクの秘密に迫ります。

高橋一生のブレイクのきっかけは?出演作から振り返ってみる!のイメージ

目次

  1. 1高橋一生さんのプロフィール
  2. 2高橋一生さんのブレイクのきっかけは
  3. 3高橋一生さんの出演映画・ドラマ集
  4. 4高橋一生さんの人気がすごい!理由は
  5. 5高橋一生さんの性格は?ブレイクの後も
  6. 6高橋一生さんは演技力と性格でブレイク!

高橋一生さんのプロフィール

演技力抜群の俳優としてブレイク中の高橋一生さんですが、どのような人なのでしょうか。高橋一生さんのブレイクのきっかけも気になるところですが、まずはそのプロフィールについて詳しく見ていきましょう。

高橋一生さんの経歴

・愛称:???
・本名:高橋一生
・生年月日:1980年12月9日
・現在年齢:38歳
・出身地:東京都
・血液型:O型
・身長:175cm
・体重:???
・活動内容:俳優
・所属グループ:なし
・事務所:舞プロモーション
・家族構成:弟4人(三男:安部勇磨)

高橋一生さんは幼少期から児童劇団に所属し、1990年にはビートたけしさん主演の映画「ほしをつぐもの」に出演して映画デビューも果たしました。

2001年からは高橋一生さんは劇団扉座に所属し、舞台「フォーティンブラス」で準主役を演じます。その後は「夜曲-放火魔ツトムの優しい夜」や「ファイナルファンタジックスーパーノーフラット」などで主演し、舞台で役者として活躍されます。

高橋一生さんは舞台だけではなく、テレビドラマや映画にも数多く出演されました。2004年にはNHKの大河ドラマ「新撰組!」で松平定敬役を、2007年には「風林火山」で駒井政武役、さらに2014年では「軍師官兵衛」で井上九郎右衛門役を演じました。

2005年には人気ドラマ「相棒」に安斉直太郎役で出演し、2007年には「医龍-Team Medical Dragon-」で外山誠二を演じるなど、高橋一生さんの活躍の場は広がります。

高橋一生さんは映画にも数多く出演しており、ブレイク前の2006年には「MEATBALL MACHINE -ミートボールマシン-」で主演も果たされています。

他にも「リリイ・シュシュのすべて」や「キル・ビル Vol.1」、「世界の中心で、愛をさけぶ」、「スウィングガールズ」、「デトロイト・メタル・シティ」などの話題の作品に、高橋一生さんは数多く出演されていたようです。

高橋一生さんはその爽やかな魅力で、CMにも数多く出演されています。高橋一生さんはこれまでにダイハツ工業の「ミライース」やトヨタ自動車「VOXY」、森永乳業の「MOW」、P&Gの「ファブリーズMEN」などのCMに出演されました。

また、高橋一生さんはエレファントカシマシのトリビュートアルバムに、東京スカパラダイスオーケストラ×高橋一生のヴォーカルとして参加されて話題になりました。

Thumb高橋一生の歴代彼女まとめ!尾野真千子や多部未華子など?
話題の俳優・高橋一生。その高い演技力で多方面から注目を集めている彼ですが、今回はその高橋一生...

高橋一生さんのブレイクのきっかけは

高橋一生さんは長らく舞台で役者として活動されたり、テレビドラマの端役などを演じたりしてきましたが、ある作品をきっかけに一気にブレイクを果たします。高橋一生さんがブレイクを果たすきっかけとなった作品とはどのような作品だったのでしょうか。

ドラマ民王での秘書役でブレイク

高橋一生さんがブレイクを果たすきっかけとなったドラマは「民王」です。高橋一生さんはこの「民王」で総理の秘書役を演じ、ブレイクを果たしました。

このブレイクを果たした理由には、高橋一生さんが演じる秘書の貝原が、あまりにも個性的で、主役よりも目立ってしまったということもあったようです。実際に高橋一生さんの演技を見てもらうと、ブレイク理由もより理解していただけるかもしれません。

こちらは高橋一生さんが演じた貝原の活躍シーンでも人気のシーンですが、かなりアドリブの入った演技を見せて話題となり、テレビでも紹介されたようです。

はじめのうちはスーツの中から出てくるものが一つだけでしたが、その後はいくつも出てきて、その上に剣が峰の説明の仕方もかなり大げさになっています。この貝原は普段は無口で無表情という設定ですので、こうしたシーンはファンにも人気がありました。

実際にドラマで放送された同じシーンがこちらになります。この「民王」というドラマは、総理と息子の人格が入れ替わってしまうという設定のドラマです。

本来であれば総理が知っていなければならないはずことも、息子が総理になってしまうと、まったく知らない状態になってしまいます。そこで、高橋一生さんが演じる秘書役の貝原がそれをいちいち指南しなければならないといった状態になってしまうのです。

こちらのシーンは、本来の総理の人格が総理の身体に戻るという場面ですが、高橋一生さんの細かい演技に注目が集まったようです。

総理の人格が戻った瞬間の嬉しそうな表情や、その後、ほとんど見えないにも関わらず背後で喜んでいる姿など、こうした細かい演技が視聴者のツボにはまり、高橋一生さんのブレイクのきっかけとなったようです。

民王での演技は主役を食ってしまった

高橋一生さんブレイクのきっかけとなった作品「民王」ですが、完全に主役を食ってしまうほどの存在感があったとされています。だからこそ、高橋一生さんは一気にブレイクを果たしたということなのでしょう。

脇役での出演をきっかけにブレイクするというのはよくあることで、大河ドラマ「真田丸」などでは、多くの脇役がこの作品をきっかけにブレイクを果たしました。

高橋一生さん主役のスピンオフも

実はこの高橋一生さんがブレイクを果たした「民王」ですが、高橋一生さんが演じる貝原があまりにも好評だったことから、スピンオフ作品も制作されました。

このスピンオフ作品「民王番外編 秘書貝原と6人の怪しい客」はネット限定配信ではありましたが、かなり人気だったようです。高橋一生さんのブレイクとともに、このドラマの貝原もブレイクを果たしたようでした。

高橋一生さんの出演映画・ドラマ集

ドラマ「民王」でブレイクを果たした高橋一生さんですが、その出演作品はどのようなものがあるのでしょうか。高橋一生さんの出演作品について紹介します。

高橋一生さん出演作品①耳をすませば

高橋一生さんは児童劇団に所属していたということもあり、子役時代からかなり幅広い活躍をされていました。実はジブリ映画の「耳をすませば」では、高橋一生さんは声優としても活躍されていたのです。

高橋一生さんはこのジブリの人気アニメ「耳をすませば」で、ヒロイン月島雫の相手役の天沢聖司を演じて話題になりました。

こちらが当時の「耳をすませば」のパンフレットになりますが、高橋一生さんはこのころ、声変わり前だったのだそうです。「耳をすませば」では高橋一生さんの声変わり前の貴重な声を聴くことができます。

高橋一生さんは1991年公開のジブリ映画「おもひでぽろぽろ」にも声優として出演されていました。

高橋一生さん出演作品②民王

高橋一生さんの代表作品といえば、先ほども紹介した「民王」があげられるでしょう。高橋一生さんはこの作品で、主役の遠藤恵一さん演じる総理の秘書である貝原茂平を演じています。

貝原茂平は普段は無表情でクールな性格をしており、総理に対しても辛らつな言葉を言うことのできる毒舌家でもあります。

「秘書たるもの、仕えるのは政治家個人ではなく国民である。」が信念の貝原は、総理への忠誠心もあつく、有能さゆえに他の議員からの引き抜きがあっても、すべて断るという忠義を見せています。

この高橋一生さん演じる貝原が主役を食うほどの人気となり、スピンオフ作品が作られたほか、スピンオフBOOKも発売されるほどのブレイクとなったようです。

高橋一生さん出演作品③おんな城主直虎

高橋一生さんが出演された作品として話題になったものとしては、大河ドラマ「おんな城主直虎」もあげられるでしょう。この作品は、高橋一生さんがブレイク後に出演したものになります。

高橋一生さんはこの「おんな城主直虎」で、直虎に密かな恋心を抱く井伊家の筆頭家老の小野但馬守政次役を演じました。

井伊家は政治的に難しい立場に立たされ続けたこともあり、高橋一生さんが演じる小野但馬守政次は、時には直虎とも対立しながら、井伊家や直虎を守ろうとします。

自分の気持ちをおおやけにすることなく、静かに直虎を守ろうとする小野但馬守政次の姿に、多くの人が心を揺さぶられたようです。表向きは悪家老として、そして本心は井伊家に忠誠を尽くす家臣としてふるまうという難しい役を高橋一生さんは好演しました。

高橋一生さんが演じた小野但馬守政次は、最後には直虎と井伊家を守るために処刑されることになってしまいます。その際にとどめをさしたのは直虎で、このシーンは大河史上に残る最高のラブシーンだとされています。

Thumb【医龍】高橋一生演じる外山先生が話題!画像や動画は?
現在実力派俳優としてブレイクし続けている高橋一生。実は、坂口憲二が主演を務めた事で人気を集め...

高橋一生さんの人気がすごい!理由は

「民王」でブレイクしてからの高橋一生さんの活躍ぶりは目を見張るものがあります。高橋一生さんの人気の秘密はいったい何なのでしょうか。高橋一生さんのブレイクの理由とともに、その人気の秘密に迫ってみます。

高橋一生さんのブレイクの理由①演技力

高橋一生さんのブレイクの理由としてあげられるのは、長年舞台俳優としてつちかってきた演技力があるといえるでしょう。

役柄によっては舞台のようにオーバーリアクションで見せることもあれば、表情を少し変えるだけの抑えた演技も好評で、高橋一生さんはこれまでにさまざまな難役をこなしてきました。

高橋一生さんのブレイクの理由②声がいい

高橋一生さんのブレイクの理由として他にあげられるのは、声が良いということもあるでしょう。高橋一生さんの優しくソフトな声は、女性にも人気のようです。

さらに、高橋一生さんはこれまでに歌唱を披露することも幾度かあり、その歌唱力にも定評があるようです。トリビュートアルバムでボーカルをつとめたこともあるため、今後、歌手活動にも力を入れていく可能性もありそうです。

こちらは高橋一生さんが歌を歌うCMのイキング動画になります。大自然の中で大海原をバックに高橋一生さんが静かに「ABC」の替え歌を歌っています。

こちらの動画は高橋一生さんがイメージキャラクターを務める旭硝子のものですが、旭硝子がAGCと社名変更するにあたって作成されたCMになります。動画には高橋一生さんのインタビューもあり、その声をたっぷり聞くことができます。

高橋一生さんのブレイクの理由③性格

高橋一生さんがブレイクした理由には、その性格の良さもあげられるようです。高橋一生さんは正直な性格をしているということで、裏表がないことも、多くのファンを惹きつける魅力のようです。

また、高橋一生さんは、その生い立ちは複雑だといいますが、いつも明るく前向きで、その明るさも多くのファンに親しまれる魅力なのかもしれません。

高橋一生さんの性格は?ブレイクの後も

高橋一生さんの性格について、さらに詳しく見ていきましょう。高橋一生さんの性格は、ブレイク前もブレイク後も変わらないといわれています。高橋一生さんはどのような性格をしているのでしょうか。

食時は1日1食!ストイックな部分も?

実は高橋一生さんはとてもストイックな性格をしているといいます。ドラマの撮影などでもストイックに役に向き合うことから、俳優仲間や制作スタッフからの信頼もあついとされています。

さらに高橋一生さんは雑誌の取材の中で、一日一食しか食べないことも告白されています。身体が求めたときにだけ食べるのだそうで、普段はロケ弁なども食べないそうです。

また、普段は自炊が中心だということで、ブレイクして人気俳優となってからも、その生活スタイルは変わらないようです。こうした高橋一生さんのストイックなライフスタイルが、そのまま俳優としての演技にも現れているのかもしれません。

趣味はバイクでアクティブな一面も

高橋一生さんは非常に多趣味であることでも知られています。その中でもバイクが好きだという高橋一生さんですが、もともとは人混みが嫌いなため、移動手段としてバイクの免許を取ったという話もあるようです。

高橋一生さんと仲の良い芸能人としてV6の岡田准一さんが知られていますが、二人でバイクツーリングに行くなどすることもあるようです。

人気が出てもファンに優しい!

高橋一生さんはブレイク後もファンに対して神対応をしているということで話題になっています。高橋一生さんのブレイク後、出待ちをするファンも後を絶たないそうなのですが、そのファンに対しても優しく接していると評判です。

また、イベントの握手会などでは、高橋一生さんの当たり役である「民王」の貝原になりきって握手をしてくれるなど、ファンサービスも徹底しているといいます。

他にも、別の俳優目当てで高橋一生さんが出演するドラマにエキストラ参加したある人は、廊下で高橋一生さんに会い、握手を求めたところ、心を良く応じてくれたそうです。この時からこの人は高橋一生さんのファンになったそうです。

このように、高橋一生さんのファンへの対応やその性格の良さは幅広く知られており、それがブレイク後も人気が長く続く理由だと考えられます。

高橋一生さんは演技力と性格でブレイク!

テレビドラマ「民王」の総理秘書役でブレイクした高橋一生さんですが、その人気は今も衰えるどころか、さらに盛り上がり続けています。

高橋一生さんの児童劇団時代から舞台でつちかってきた演技力と、ブレイク後も変わらない性格の良さが、その人気を支えているようです。今後もますます活躍が期待される高橋一生さんに注目していきましょう!

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
春日つぼね

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ