高倉健の死因は悪性リンパ腫?死後の謎や遺産相続も考察

数多くの映画に出演し名俳優と呼ばれた高倉健さん。2014年に亡くなられたのですが、死因は悪性リンパ腫だったそうです。死去後に養女や遺産相続など多くの謎が出てきたことも世間の話題となりました。それでは、高倉健さんの詳しい死因と死去後の謎について迫っていきます!

高倉健の死因は悪性リンパ腫?死後の謎や遺産相続も考察のイメージ

目次

  1. 1高倉健のプロフィール
  2. 2高倉健の死因は悪性リンパ腫?
  3. 3高倉健の死後の謎や遺産相続も考察
  4. 4高倉健の死去で元嫁は?
  5. 5高倉健の伝説や代表出演作品
  6. 6高倉健の死因は悪性リンパ腫で死去後の養女など謎も多い

高倉健のプロフィール

・愛称:高倉健、健さん
・本名:小田剛一(おだごういち)
・生年月日:1931年2月16日~2014年11月10日
・年齢:享年83歳
・出身地:福岡県中間市
・血液型:B型
・身長:180cm
・体重:71kg
・活動内容:俳優、歌手
・所属グループ:???
・事務所:高倉プロモーション
・家族構成:独身

高倉健の経歴

福岡県中間市の裕福な家庭に生まれた高倉健さん。中学生の頃から「英語」と「ボクシング」に興味があり、将来は貿易商になりたいと思っていたそうです。その夢を叶えるために明治大学の商学部へと進むのですが、そこで高倉健さんに転機が訪れることになりました。

当時は映画スターが次々と誕生していた時代で、高倉健さんも「東映ニューフェース」の第2期生としてスカウトされることになったのです。ここから高倉健さんの名俳優としての道が始まることになりました。

180cmという高身長と整った顔立ちからすぐに人気が出ると思われていましたが、今や高倉健さんの魅力の一つと言われる低音の声やにじみ出る暗いイメージも手伝って人気はさほど出なかったそうです。

しかし、それを逆手に取って「日本任侠伝シリーズ」や「網走番外地シリーズ」などの任侠物と呼ばれる映画に出演したことで、硬派のイメージだった高倉健さんは瞬く間にスターへとのし上がっていきました。

任侠物と呼ばれる映画に出演することでスターとなった高倉健さんは、その後も「八甲田山」や「幸せの黄色いハンカチ」などに出演し、任侠物とは一線を画したイメージを確立していきます。1990年代にはハリウッド映画へも出演をしました。

これからも活躍するだろうと誰もが思っていた2014年11月10日、病に倒れ帰らぬ人となってしまいます。しかし、高倉健さんが残した功績は大きく、今後も語り継がれていく名俳優の一人と言えるでしょう。

高倉健の死因は悪性リンパ腫?

任侠物と呼ばれる映画をはじめ、数々の名作に出演を果たしてきた高倉健さん。名俳優の突然の死去に誰もが驚き、そして悲しんだのではないでしょうか?そんな高倉健さんの死因は「悪性リンパ腫」だったと言われています。

悪性リンパ腫と言われてもピンとこない人も多いでしょう。ここでは高倉健さんが死去する原因となった悪性リンパ腫についてみていくことにします。

2014年11月10日に死去した高倉健

先ほどもご説明しましたが、高倉健さんの死去のニュースが飛び込んできたのは2014年11月10日のことでした。銀幕スターとして長年にわたり活躍をしていた高倉健さんの死を受け入れられなかった人も多かったはずです。

高倉健は都内の病院で死去との噂

2014年の11月10日に死去された高倉健さん。通常であれば亡くなられた病院などもすぐにわかってしまうものです。しかし、高倉健さんが亡くなられた病院などはハッキリとせず、都内の病院で死去されたという噂が流れました。

高倉健死去で追悼番組も放送

名俳優と言われた高倉健さんの死去のニュースを受けて、テレビ局はこぞって高倉健さんの追悼番組を放送しました。昔の映画を観たことがなくても、この時の追悼番組は見たという人も多いのではないでしょうか?

高倉健の死因は悪性リンパ腫

日本を代表する名俳優である高倉健さんが死去されたというニュースを聞いて、死因について気になった人も多いのではないでしょうか?

先ほどもご説明しましたが、高倉健さんの死因は悪性リンパ腫というものでした。時々テレビや新聞などで見かける病名ですが、どんな病気なのかよくわかっていない人も多いはずです。そんな人のために悪性リンパ腫についてみていくことにします。

死因の悪性リンパ腫はどんな病気?

高倉健さんの死因となった悪性リンパ腫。血液中のリンパ液が「がん化」して起こる病気です。体中をめぐるリンパ液ですから様々な症状を引き起こします。

死因「悪性リンパ腫」の症状

リンパ液ががん化することによって様々な症状があらわれてくる悪性リンパ腫ですが、実際にどのような症状があらわれてくるのか知りたいという人も多いでしょう。

リンパという言葉からもわかるように「リンパ節」が腫れてきます。もちろんリンパ節と違うところが腫れる場合もあるのですが、「しこり」のようなものができて「発熱」や「体重減」、「寝汗」などの症状があらわれてくるそうです。

死因「悪性リンパ腫」は前立腺癌も関係か

死因が悪性リンパ腫だったことが判明した高倉健さん。死因が明らかになった頃、前立腺癌との因果関係が話題になっていたことをご存知でしょうか?実は以前に高倉健さんは前立腺癌を患ったことがありました。

おそらくそのこともあって前立腺癌との関係が話題になったと推測できるのですが、直接的な因果関係はないようで前立腺癌のその後の検査において悪性リンパ腫が見つかったのだと思われます。

高倉健の死因「悪性リンパ腫」で死去した芸能人

2014年の11月10日に悪性リンパ腫で亡くなられた高倉健さん。芸能界では高倉健さん以外にも悪性リンパ腫が死因で亡くなった芸能人がいます。

決して高齢の人ばかりではないので、ショックを受けるという人もいるでしょう。ここでは、芸能界において悪性リンパ腫によって亡くなられた人たちについてみていきます。

カンニング中島忠幸

2006年の12月20日に亡くなられた「カンニング」の「中島忠幸」さんの死因も悪性リンパ腫の一種である「急性リンパ性白血病」でした。中島忠幸さんと言えば、言わずと知れた「カンニング竹山」さんの相方です。

長い下積み時代を経て、ようやく花が開こうとしていた矢先の訃報に驚かれた人もきっと多いはずです。亡くなられた時はわずか35歳という年齢でした。

忌野清志郎

2009年5月2日に死去されたロックミュージシャンの「忌野清志郎」さんのことを覚えている人も多いのではないでしょうか?忌野清志郎さんも悪性リンパ腫の一種である「癌性リンパ管症」で死去されました。

独特の歌声で歌い上げるステージに酔いしれた人も多く、忌野清志郎さんの死去のニュースは全国に大きな衝撃を与えたことは言うまでもありません。

高倉健の死後の謎や遺産相続も考察

昭和を代表する名俳優として海外からも高い評価を得ていた高倉健さん。デビューからずっと第一線を走り続けてきた高倉健さんが亡くなられたことと同時に、死後の謎や遺産相続についても噂になったことをご存知でしょうか?

ここでは200本以上の映画に出演を果たし、名俳優としての地位を確固たるものにしていた高倉健さんの死後の謎や遺産相続についてみていきます。

高倉健の死去その後には謎が

日本中の老若男女が知っていると言われる高倉健さんですが、亡くなられた後に浮かび上がってきた謎があると聞くとファンでなくとも気になってしまうのではないでしょうか?得てして大スターが亡くなると様々な謎が浮かび上がってくるのものです。

高倉健死去で遺産相続は養女に渡る

名俳優として名高い高倉健さんがこの世を去って日本中が深い悲しみに包まれている中、どうしても出てきてしまうのが遺産相続についてでしょう。高倉健さんには子供がいなかったこともあり、その行方は誰もが気になっていたはずです。

そんな時、高倉健さんの遺産を養女が相続したというニュースが流れます。高倉健さんに養女がいたというだけでも驚きなのですが、莫大な遺産を相続するとあってさらに世間を驚かせたことは言うまでもありません。

謎の養女の正体とは

高倉健さんの莫大な遺産を相続したと噂になっていた謎の養女。名前は「小田貴(おだたか)」さんというそうです。若い頃は女優として活躍し、その後ライターとなりファンであった高倉健さんと知り合い一緒に生活をするようになりました。

遺産相続は総額40億円との噂

高倉健さんが亡くなられて養女である小田貴さんが遺産を相続したことだけでも驚きなのですが、さらに遺産の額についても驚かされます。不動産が8億円、金融資産が30億円以上とも言われ、合計すると40億円もの遺産を相続したとの噂が流れました。

死去半年前に養女となり遺産相続目的との声も

40億円もの遺産を相続したと言われる養女の小田貴さん。数十年一緒に住んでいた養女が遺産を相続したのであれば、きっと世間も納得したでしょう。しかし、小田貴さんの場合はそうではなかったために大きな話題となってしまったのです。

小田貴さんが養女になったのは高倉健さんが死去するわずか半年前でした。このことから高倉健さんの養女になったことは遺産相続目的だったと噂されるようになってしまったのです。

死去後も自宅名義は高倉健のままで謎?

世間から養女になったのは遺産相続目的だったのではないかと噂されるようになった小田貴さんですが、その後も多くの謎が浮かび上がってきます。相続した自宅の名義が高倉健さんのままだというのです。

表札が外されて売却されているという噂や、高倉健さんの思い出がいっぱい詰まった自宅はすでに解体されてしまっているという話も出てきています。

高倉健の死去で元嫁は?

養女の存在が明らかになることにより、多くの謎が浮かび上がってくるようになった高倉健さん。亡くなった時にお嫁さんがいなかったことで相続の噂が持ち上がってきたのですが、結婚をしていなかったのか気になるという人も多いのではないでしょうか?

あれほどのイケメンだった高倉健さんですから、言い寄る女性も多かったと考えるのが当然のことでしょう。実は高倉健さんは一度だけ結婚をしたことがありました。ここでは、高倉健さんの元のお嫁さんについてみていきます。

高倉健の元嫁は今は亡き江利チエミ

昭和を代表する名俳優でファンも多かった高倉健さんですが、実は1959年2月16日に「江利チエミ」さんと結婚をされました。

元々江利チエミさんのファンだったという高倉健さんが、「恐怖の空中殺人」という映画で江利チエミさんと共演したことをきっかけに交際が始まったそうです。

江利チエミとは

1959年に高倉健さんと晴れて結婚をされた江利チエミさん。若い人にとってはあまりなじみのない名前かもしれませんが、当時は吉本興業に所属し「テネシーワルツ」を発売するなど歌手として活躍をされていました。

歌手以外にも女優やバラエティ番組の司会をこなすなどマルチな才能を見せていたのですが、脳卒中と吐瀉物の誤嚥により45歳という若さで亡くなられてしまいます。

元嫁(江利チエミ)との子供は?

高倉健さんと江利チエミさんが結婚していたと聞くと、どうしても気になってしまうのはやはり子供のことでしょう。芸能界でも二世俳優が活躍していることを考えれば、高倉健さんと江利チエミさんの子供も芸能界で活躍しているのではないかと勘繰ってしまうものです。

妊娠中毒症のため中絶

1959年に結婚をされて子供の誕生が待たれていた江利チエミさん。3年後の1962年に妊娠したことを発表されました。しかし、「妊娠中毒症」により出産を断念せざるを得なくなってしまったのです。

生前には江利チエミの命日に水子地蔵に墓参り

妊娠中毒症により子宝には恵まれなかった高倉健さん。江利チエミさんが亡くなったことと生まれてこれなかった子供のために鎌倉霊園に水子地蔵をおいて江利チエミさんの命日には欠かさず花を手向けていたそうです。

1971年に元嫁(江利チエミ)と離婚

江利チエミさんの大ファンだったこともあり、猛烈にアプローチした末に結婚を果たした高倉健さん。当時は二人は相思相愛で末永く暮らしていくものだと誰もが疑わなかったはずです。しかし、そんな二人に突然の別れが訪れてしまいます。

1971年9月3日に離婚を発表したのです。この二人の離婚の原因について様々な憶測が飛び交ったことは言うまでもありません。

離婚理由は自宅全焼など不運続きが関係か

離婚の原因について様々な憶測が飛び交う中、やはり「不運」が続いたことが原因ではないかと言われるようになりました。当時の江利チエミさんは1970年の「自宅全焼」や1972年の「ポリープ手術」、さらには甥の「電車事故」など不運が続いていたのです。

離婚理由は江利チエミの義姉の横領事件が関係

結婚してから不運が続いたことも離婚の原因だったかもしれませんが、やはり江利チエミさんの「義姉」による「横領事件」も影響しているように思われます。

江利チエミさんのお金を横領しただけでは飽き足らず、さらには誹謗中傷までしていたそうです。このことを受けて江利チエミさんは高倉健さんに迷惑をかけたくないと離婚を申し出ました。そうして二人は離婚することになってしまったのです。

高倉健の伝説や代表出演作品

1950年代から映画スターとして第一線で活躍を続けてきた高倉健さん。多くを語らない高倉健さんに魅了されてしまったという人も多いのではないでしょうか?数々の伝説が生まれその伝説は今でも語り継がれているそうです。

ここでは、今でも熱狂的なファンが多いと言われる高倉健さんの伝説や代表出演作品についてみていきます。

死去までの伝説エピソード①親しい友人への高級腕時計プレゼント

演技もさることながらその人柄も素晴らしいと評判になっていた高倉健さんですが、その人柄がにじみ出ているエピソードがあることをご存知でしょうか?

とにかく情に厚いと評判の高倉健さんは、親しくなった友人に高級腕時計をプレゼントしていました。「千葉真一」さんや「田中邦衛」さん、「石倉三郎」さんなどが高倉健さんから高級腕時計をもらっているそうです。

死去までの伝説エピソード②撮影現場での俳優魂

続いての伝説エピソードは撮影現場で見せた俳優魂です。撮影現場を必ず下見するという高倉健さんは、豪雨の中で傘もささずに現れて、現場にいたスタッフの誰もがその熱意に圧倒されて傘を放り投げたというエピソードもあるほどです。

高倉健の代表出演作品

名俳優でありながら、決しておごることなく誰からも愛される人柄だった高倉健さん。出演作はどれも名作と呼ばれるものばかりでした。ここでは、出演された200本以上の映画から代表出演作品についてみていきます。

映画「南極物語」

まずは1983年に公開された「南極物語」が挙げられるでしょう。南極観測隊と「タロ」と「ジロ」という犬の物語です。この映画でも高倉健さんの演技は素晴らしく、見ている者の心を熱くしたことは言うまでもありません。

映画「鉄道員(ぽっぽや)」

1999年に公開された「鉄道員(ぽっぽや)」でも高倉健さんの演技に注目が集まりました。北海道のローカル線の駅長役を見事に演じ切っており、もう一度見たいと思わせてくれる作品の一つです。

映画「幸福の黄色いハンカチ」

1977年に公開された「幸せの黄色いハンカチ」は、高倉健さんの代表作を語る上で外せない作品の一つと言えるでしょう。北海道を舞台としたスケールの大きな作品で、豪華な出演者もさることながら高倉健さんの迫真の演技が感動を呼びます。

映画「ブラック・レイン」

日本を代表する名俳優と言われた高倉健さんが、ハリウッドに進出した作品として「ブラック・レイン」も見逃すことはできません。アメリカの俳優たちに負けず劣らずの存在感を示し、高倉健さんの名前が世界でとどろくことになった作品です。

映画「あなたへ」

そして2012年に公開された高倉健さんの遺作となった「あなたへ」も名作と言える作品でしょう。名監督と言われた「降旗康男」さんと組んだ作品で、これまた高倉健さんの名演技が光る作品となっています。

Thumb池部良の若い頃から晩年まで!子供や妻は?出演映画や高倉健とのエピソードも
2010年に亡くなった元俳優で作家の池部良さんの若い頃から晩年までの足跡を追ってみました。若...

高倉健の死因は悪性リンパ腫で死去後の養女など謎も多い

1950年代から亡くなる2014年まで200本以上の映画に出演をしてきた高倉健さん。その迫真の演技は見ている者を魅了し、多くの映画ファンを虜にしてきました。

そんな高倉健さんが悪性リンパ腫でこの世を去ってから、養女のことなど多くの謎が出てきたことも事実です。しかし、高倉健さんの功績は未来永劫のものであり、今後も語り継がれていく名俳優であることは間違いないでしょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
大橋類太郎
北海道の田舎に住んでいる大橋類太郎です。 ドライブが好きで暇さえあれば広い北海道を走り回っています。 コツ...

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ