高杢禎彦(チェッカーズ)の現在!藤井フミヤとの不仲は?ガンや死亡説などの噂も検証

人気バンドチェッカーズのメンバーとして活動していた高杢禎彦は現在どうしているのでしょうか?また同じくメンバーであった藤井フミヤと不仲であったというのは果たして本当だったのでしょうか?高杢禎彦の現在、そして噂されているガンや死亡説に関してまとめてご紹介します。

高杢禎彦(チェッカーズ)の現在!藤井フミヤとの不仲は?ガンや死亡説などの噂も検証のイメージ

目次

  1. 1高杢禎彦(チェッカーズ)のプロフィール
  2. 2高杢禎彦の現在
  3. 3高杢禎彦と藤井フミヤの不仲は?
  4. 4高杢禎彦のガンや死亡説の真相
  5. 5高杢禎彦の息子が逮捕?
  6. 6高杢禎彦の現在はガン克服で俳優などソロ活動

高杢禎彦(チェッカーズ)のプロフィール

・愛称:モク
・本名:高杢禎彦(たかもくよしひこ)
・生年月日:1962年9月9日
・年齢:57歳(2019年9月現在)
・出身地:福岡県久留米市
・血液型:A型
・身長:非公表
・体重:非公表
・活動内容:タレント、俳優
・所属グループ:チェッカーズ(1983年~1992年)
・事務所:フリーダム
・家族構成:妻、息子、娘2人

高杢禎彦の経歴

高杢禎彦は1962年生まれ、福岡県出身のタレント兼俳優です。幼馴染であった藤井フミヤにポップスバンド、チェッカーズへの加入を頼み込み、後にチェッカーズのサイドボーカルとしてデビューを果たしました。

チェッカーズとして活動していた頃から俳優としても活動しており、これまでに映画「ごろつき2」、テレビドラマ「あそびにおいでョ!」などに出演したこともあります。

チェッカーズ解散後も俳優、そしてバラエティ番組のMCを務めるなどタレントとしても活躍しています。

高杢禎彦と言えばチェッカーズ

高杢禎彦の経歴の中で忘れてはならないのが、チェッカーズのメンバーとして活動していたということです。実は高杢禎彦と藤井フミヤと保育園の頃からの付き合いで、当時は仲良く遊んでいたと言います。

高杢禎彦は先程ご紹介した通り幼馴染だったということを頼ってか、チェッカーズのリードボーカルであった藤井フミヤに頼みこみ、チェッカーズに加入を果たしました。

高杢禎彦はチェッカーズでは主にサイドボーカル、そして地声を活かして低音パートなども担当していました。学生の頃から坊主頭に髭というスタイルであり、どちらかと言うと老け顔でした。

チェッカーズでも高杢禎彦と言えば「あの髭の人。」と髭をトレードマークで覚えているファンも多く存在しているとのことです。

チェッカーズとは

チェッカーズは1983年から1992年まで活動したポップスバンドです。メンバーは藤井フミヤ、高杢禎彦を含め主要メンバー7人、サポートメンバーも合わせ9人で活動していました。

1983年に「ギザギザハートの子守唄」でデビューしました。その翌年に発売したシングル「涙のリクエスト」が大ヒットし、社会現象を巻き起こしていくこととなります。同年にはNHKの紅白歌合戦にも出場を果たしました。
 

その後もヒット曲を重ねていきますが、1990年から1992年までにかけてメンバーが相次いで結婚し、それぞれに家庭ができるなど状況が変化していきました。

その後1992年10月9日に放送された「ミュージックステーション」の中で正式にチェッカーズの解散を発表し、同年大みそかに放送された「NHK紅白歌合戦」への出場を最後にチェッカーズは解散しました。

高杢禎彦の現在

当時絶大的な人気を誇ったチェッカーズが解散してから20年以上経った現在、メンバーとして活動していた高杢禎彦はどのようにしているのでしょうか?

チェッカーズが解散した直後は個人事務所を立ち上げ芸能活動を続けていた高杢禎彦ですが、その後別の芸能事務所に移籍したという噂は果たして本当でしょうか?高杢禎彦の現在についてご紹介します。

2019年の誕生日で年齢57歳の高杢禎彦

1962年9月9日生まれの高杢禎彦は2019年の誕生日を迎え、57歳となりました。チェッカーズのメンバーとして全盛期だった頃の高杢禎彦はバンド活動はもちろんのこと、俳優、さらにはタレントとテレビで見かけない日は無いほど忙しく活動していました。

しかしチェッカーズも解散した現在となっては、高杢禎彦の露出は減っています。しかし現在でも全盛期ほどではありませんが俳優、タレントとして活動を続けています。

現在は軽貨物運送業を展開?

現在でも芸能活動を続けている高杢禎彦ですが、その一方で2019年2月からは軽貨物運送業も展開しています。高杢禎彦が経営している高杢企画という芸能事務所があるのですが、その中に運送事業部を立ち上げ大々的にドライバーも募集していました。

高杢禎彦自身がドライバーとして運送業をするというのではなく、事業の1つとして手掛けているとのことです。運送事業は東京、千葉、埼玉という3つのエリアで行われています。

2019年11月公開映画「いのちスイッチ」主人公の父役で出演

一時期に比べると仕事量は減ったものの、現在でも高杢禎彦は俳優として活動を続けています。その証拠に2019年11月公開予定の映画「いのちスイッチ」という作品にも高杢禎彦は主人公の父親役で出演が予定されています。

2015年に高杢企画からフリーダムに移籍を発表

1992年のチェッカーズ解散後、高杢禎彦は一時事務所にそのままとどまったものの、その後2005年10月に個人事務所である「高杢企画」を立ち上げ、そこに所属していました。

しかしその後2015年に高杢企画はそのままに、高杢禎彦自身はフリーダムという福岡の事務所に移籍していたことが分かりました。

高杢企画からフリーダムに移籍した理由は定かではありませんが、ネットなどでの噂では個人事務所の経営、そして仕事のオファーをつかむ難しさが影響したのではないかと言われています。

高杢禎彦と藤井フミヤの不仲は?

当時若い世代に絶大な人気を誇りながらも1992年に解散となったチェッカーズですが、実は解散はメンバーの藤井フミヤと高杢禎彦の不仲が原因となったのではないかと当時から噂されていました。果たしてこの不仲説というのは本当なのでしょうか?

世間を騒がせることとなった高杢禎彦が書いたチェッカーズに関する暴露本について、そして高杢禎彦と藤井フミヤの不仲説の真相についてまとめて見ていきます。

藤井フミヤとは

藤井フミヤは1962年生まれ福岡県出身のミュージシャンです。高校を卒業後、一度は就職したものの退職しその後1983年にチェッカーズとしてデビューを果たしました。

元々歌唱力が優れており、チェッカーズのリードボーカルとして注目を集めたほか、ルックスも良かったためファッションや言動などにも注目が集まり、当時は藤井フミヤの髪型やファッションを真似る若者が急増し社会現象となりました。

チェッカーズ解散後は活動名を「藤井郁弥」から「藤井フミヤ」に変え、ソロアーティストとして活動を始めました。現在でも定期的にコンサートを行うなどして音楽活動を続けています。

チェッカーズ時代からの不仲説の真相

高杢禎彦と藤井フミヤはなんと保育園の頃からの幼馴染であり、よく一緒に遊んでいた中のようですが、チェッカーズとして活動するうちに本当に仲が悪くなってしまったのでしょうか?

もしその噂が本当だとすると一体どのような理由から2人は不仲になってしまったのでしょうか?高杢禎彦と藤井フミヤの不仲説について詳しく見ていきます。

チェッカーズ解散理由も不仲が関係か

若者を中心に大人気であったチェッカーズですが、1990年に人気の中心であった藤井フミヤが結婚、そして時を同じくして高杢禎彦も婚約者と結婚を発表しました。

こうしたメンバーたちの環境の変化がチェッカーズ解散の原因と言われていましたが、その後当時人気絶頂にあった藤井フミヤが高杢禎彦を始めメンバーたちに対し高圧的になったのが原因ではないかと噂が広まり、そこから不仲説が浮上しました。

藤井フミヤとの不仲の裏に暴露本「チェッカーズ」も

しかし後2003年に高杢禎彦が出版した「チェッカーズ」という暴露本により、高杢禎彦と藤井フミヤの不仲説は半分本当であり、半分は嘘であったことが判明しました。

当時藤井フミヤはかたくなにソロデビューの誘いをチェッカーズのために断っていたにも関わらず、他メンバーと異なり作詞作曲などで印税を稼ぐことができなかった高杢禎彦は強引に途中でソロデビューをし、メンバーたちとの距離が離れていったと語っています。

また続けて著書の中で、高杢禎彦自身が藤井フミヤに対して権威的に振舞っており顎で使っていたような時期があったと真相を明らかにしました。

不仲説は本当であったものの、高杢禎彦の方が高圧的であったという部分は噂とは全くの反対であったことがこれにより判明することとなりました。

現在は藤井フミヤと和解でチェッカーズ再結成願う?

チェッカーズとして活動していた当時はこうした不仲もあったようですが、現在となっては高杢禎彦は「チェッカーズの再結成を望んでいる。」とバラエティ番組などでも口にしています。

しかし後程ご紹介しますが、現在ではチェッカーズのメンバーが1人亡くなっており完全体での再結成ができないため、「再結成は難しい」と高杢禎彦自身は考えているようです。

高杢禎彦のガンや死亡説の真相

2019年11月には映画に出演するなど、現在でも俳優として活動をしている高杢禎彦ですが、実は病気のガンにかかった、そして一部では亡くなったという噂が流れたこともありました。

メディアへの露出は確かに減っているものの、現在でも活躍する高杢禎彦にどうして死亡説が流れたのでしょうか?ガン、そして死亡の噂についてまとめてご紹介します。

チェッカーズ解散10年後にガン発覚

1992年にチェッカーズが解散し、その後もソロで俳優やバラエティ番組のMCなどで芸能活動を続けていた高杢禎彦ですが2002年、チェッカーズの解散からちょうど10年が経った時に胃ガンにかかっていることが判明しました。

それまで1度も健康診断を受けたことが無かった高杢禎彦でしたが、医者からは「胃から食道部分にかけてガンがある。」と言われ、初期ではないことも宣告されました。

ガンで胃全摘出手術

ステージ性の高い胃ガンにかかっていることにかなりショックを受け、一時は生きる希望も見失いかけた高杢禎彦でしたが、妻の献身的な支えもありその後手術を受けることを決断しました。手術では胃を全摘出、さらには脾臓、胆嚢も全摘出となりました。

そのほかガンが見つかった食道、さらにはリンパの一部も摘出したものの、術後の状態は良好で現在でも再発することなく元気に芸能活動を続けています。

著書「ガンが教えてくれた大切なもの」も話題に

高杢禎彦は「チェッカーズ」という暴露本を執筆したとご紹介しましたが、もう1つ「ガンが教えてくれた大切なもの」という著書も出版しています。

ガンを患ってからの闘病生活という内容ではなく、これまでの高杢禎彦にとっての思い出を振り返るようなエッセイとなっています。高杢禎彦のこれまで知らなかったエピソードが読めるとこちらもファンの間では話題となりました。

高杢禎彦に死亡説も浮上

胃ガン、そして胃を全摘出するという大手術を経験した高杢禎彦ですが、現在では回復し芸能活動も再開させています。ではなぜ「高杢禎彦が亡くなった。」と死亡説が流れてしまったのでしょうか?これにはチェッカーズのメンバーの死が関係していると言われています。

死亡説の発端はチェッカーズメンバー(クロベエ)死亡が関係か

チェッカーズのメンバーにはクロベエ(本名・徳永善也)というドラマーが存在したのですが、2003年8月に舌ガンが判明し、その後2004年8月17日に逝去しています。

箇所は違うものの同じくガンということもあり、このメンバーの死亡の事実が回りまわって高杢禎彦の死亡説に結び付いたのではないかと言われています。高杢禎彦の死亡説は完全な嘘であり、現在でも高杢禎彦は元気です。

高杢禎彦の息子が逮捕?

高杢禎彦に関する噂は死亡説だけではありません。もう1つ息子が逮捕されたという家族に関する噂も存在しています。息子は本当に逮捕歴があるのでしょうか?高杢禎彦の家族構成について、そして息子逮捕の噂に関してまとめてご紹介します。

元レースクイーンの嫁との間に息子と娘誕生

高杢禎彦は1990年12月に元レースクイーンであった一般女性と結婚しました。その後息子を1人、娘を2人授かっています。息子や娘に関しては名前など特に情報が公開されていないため、芸能人ではなく一般人であると思われます。

高杢禎彦の息子逮捕説はデマ

先程高杢禎彦の死亡説は嘘であるとご紹介しましたが、この高杢禎彦の息子の逮捕の噂に関しても嘘と言われています。ネットを検索しても高杢禎彦の息子が逮捕されたというニュースは全く出てきません。

ではどうしてそのような噂が流れてしまったのでしょうか?これにもチェッカーズの他メンバーの息子が逮捕されたことが、噂が流れた理由ではないかと言われています。

武内享(チェッカーズ)の息子2人が大麻取締法違反の容疑で逮捕

実はチェッカーズのメンバーであった武内享の息子2人が大麻取締法違反の容疑で2015年9月30日に逮捕されました。ちなみに武内享はチェッカーズのリーダーであり、ギターを担当していました。息子たちは当時高校生に大麻を売ったとして逮捕されました。

武内享はその後息子が逮捕されたことをブログで公表し、大きな話題となりました。この事件がどこかで勘違いされ、高杢禎彦の息子が逮捕されたという嘘の噂が広まったようです。

高杢禎彦の現在はガン克服で俳優などソロ活動

チェッカーズのメンバーとして活動していた高杢禎彦の現在についてご紹介しました。一時はステージの高い胃ガンにかかるなどして芸能活動からも遠のいていた高杢禎彦ですが、無事にガンを克服し、現在では再び芸能活動を行っています。

チェッカーズの再結成については難しいと語っているようですが、今後もしかすると藤井フミヤとしっかりと和解し再結成をする日が来るかもしれません。

関連するまとめ

関連するキーワード

Missing
この記事のライター
383holly

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ