武田真治のサックスの実力や評価は?愛用セルマーなどもチェック!

筋肉タレントとしてブレイク中の武田真治。武田真治は度々サックスを披露していますが、サックスプレーヤーと言う肩書きも持っているようです。武田真治のサックスの腕前はどれほどのものなのでしょうか?愛用サックスや評判についてご紹介していきます。

武田真治のサックスの実力や評価は?愛用セルマーなどもチェック!のイメージ

目次

  1. 1武田真治のプロフィール
  2. 2武田真治がサックスを始めたきっかけ
  3. 3武田真治のサックスの実力や評価
  4. 4武田真治の愛用サックスについて
  5. 5サックス奏者でもある武田真治の評価は十人十色

武田真治のプロフィール

・愛称:???
・本名:???
・生年月日:1972年12月18日
・年齢:46歳(2019年8月現在)
・出身地:北海道札幌市北区篠路
・血液型:AB型
・身長:165㎝
・体重:56㎏
・活動内容:俳優、タレント、サックスプレーヤー、声優、ナレーター
・所属グループ:なし
・事務所:ホリプロ
・家族構成:???

武田真治の経歴

まずは武田真治の簡単な経歴から見て行きましょう。武田真治は高校在学中の1989年に「第2回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でグランプリを受賞し、芸能界デビューしています。その後フェミ男と呼ばれアイドル的な人気を獲得した武田真治は、1990年から俳優としても活動を開始します。

1990年代は「七人のおたく」「君の手がささやいている」「御法度」などドラマ、映画問わず多数のヒット作品に出演し、武田真治はイケメン人気俳優の座を獲得しています。また、1995年からは「めちゃイケ」を始めとするバラエティー番組にも出演し、イケメンながらにユーモアのあるキャラクターでお茶の間を沸かせます。

その後も多岐にわたり活躍を続けていた武田真治ですが、2018年にNHK「みんなで筋肉体操」に出演した事で、筋肉タレントとしてブレイクを果たします。現在は筋トレ方法や引き締まった筋肉を披露し、若い世代から往年のファンまで幅広い層に人気を得ています。

武田真治がサックスを始めたきっかけ

ここからは武田真治とサックスの関係についてご紹介していきます。実は武田真治はサックスプレーヤーと言う肩書きを持っており、CDをリリースする他メディアやイベントでもサックスの腕前を披露しています。武田真治はいつサックスを始めたのか、きっかけや芸能界デビューの秘話についてご紹介していきます。

きっかけ①姉の影響でサックスを始めた

武田真治がサックスを始めたきっかけですが、どうやら姉の影響があったようです。武田真治の姉はチェッカーズのファンだったそうで、姉と共にチェッカーズの出演している番組を見ていた際に武田真治はサックスを始めるきっかけと出会ったそうです。

きっかけ②藤井尚之の姿に憧れた

チェッカーズの藤井尚之と言えば、音楽の才能に満ち溢れた人物と言う事は周知されています。藤井尚之はサックスを披露する事もあり、武田真治が姉と見ていた番組でもサックスを披露していたそうです。そんな藤井尚之の姿に憧れた武田真治は、中学時代からサックスの練習に取り組むようになったそうです。

将来の夢はサックス奏者だった

中学時代にサックスの練習を始めた武田真治は、サックスの奏者になる夢を抱いた事を明かしています。将来の夢はサックス奏者以外考えていなかったのではないかと推測されるエピソードも告白されているので、恐らく当時の武田真治はサックス以外に興味すらなかったのではないかと推測されます。

サックス奏者になるためジュノンに応募

武田真治が将来の夢はサックス奏者以外考えていなかったのではないか、と推測されるエピソードが、武田真治の芸能界デビューのきっかけとなったジュノンボーイコンテストです。武田真治はなんとサックス奏者になる為の足掛かりになるのではないかと考え、ジュノンボーイコンテストに応募したそうです。

グランプリ獲得で芸能界デビュー

1989年に武田真治はジュノンボーイコンテストに応募し、見事グランプリを獲得し芸能界にデビューを果たします。これは大変輝かしく喜ばしい結果ですが、もしかしたらサックス奏者を夢見ていた当時の武田真治にとっては思っていた結果ではなかったのかも知れません。

しかし、武田真治はデビューから6年後の1995年についにサックスプレーヤーとしてデビューを果たします。武田真治はミュージシャンとしてサックスを披露していますが、恐らくこれはサックスに出会うきっかけとなった藤井尚之がミュージシャンとして活動し、サックスを披露しているからではないかと推測されます。

武田真治のサックスの実力や評価

ここからは武田真治のサックスの実力や評価について見て行きましょう。中学時代からサックスを練習し、1995年から本格的にサックスプレーヤーとして活動を開始していた武田真治ですが、サックスの実力はどれほどのものなのでしょうか?世間からの評価についても詳しくご紹介していきます。

実力:「めちゃイケ」でサックスを披露

武田真治と言えば、「めちゃイケ」での活躍を外す事は出来ません。武田真治は「めちゃイケ」でユーモアのあるキャラクターである事が広く知られるようになっていますが、同時に「めちゃイケ」でサックスを披露した事でサックスプレーヤーである事も周知されるようになりました。

「めちゃイケ」では武田真治がサックスで演奏する曲が落ちとして使用されており、武田真治のサックスで「めちゃイケ」が締めくくられていたと言っても過言ではありません。「めちゃイケ」で落ちに使用されていたとは言っても、武田真治が演奏するサックスの曲の音色はとても心地良く評判は良かったようです。

実力:NHKの番組テーマ曲でサックスを演奏

近年では、2019年4月からNHK「ニュースきょう一日」の番組テーマ曲で武田真治がサックスを担当しています。武田真治とNHKと言えば「みんなで筋肉体操」がすぐに思い浮かぶ人も多いかと思いますが、実はサックスプレーヤーとしてもNHKに携わっているようです。

この後武田真治のサックスの評価についてご紹介していきますが、NHKのニュースのテーマ曲で武田真治がサックスを担当している所を見ると、腕前は確かなものではないかと推測されます。武田真治の腕前が認められたからこそ、音楽や曲に厳しいNHKも起用した事でしょう。

武田真治のサックス動画

武田真治のサックス動画も見てみましょう。これまでにも武田真治のサックス動画をご紹介していますが、どの動画を見ても武田真治がいかにサックスを愛しているのかが伝わってくるかと思います。武田真治のサックス動画のどれもが、楽しそうにサックスで様々な曲を演奏している武田真治が映っています。

実は武田真治のサックス動画は、人気動画サイトYouTubeにも数多く投稿されています。イベント動画なども投稿されているので、武田真治のサックスの動画がもっと見たいと言う人はぜひ人気動画サイトYouTubeで検索してみましょう。

サックスの評価:肯定派

ここで武田真治のサックスの評価をご紹介していきます。武田真治のサックスの評価は賛否両論あり、肯定派の評価では「プロレベル」「尊敬するレベル」「アドリブが上手い」などかなり高い評価が寄せられています。

サックスの評価:否定派

肯定派からはかなり高い評価を受けている武田真治のサックスの評価ですが、否定派からは「雑音が入る」「趣味のレベル」と言った低い評価が寄せられています。

サックスはプロレベルではない?

ここで気になるのが武田真治のサックスはプロレベルに達しているかです。評価は賛否ですが、一般的にプロレベルと認められているのかに疑問が生じます。武田真治のサックスがプロレベルかは評価が分かれている為に明言出来ませんが、プロとしてCDもリリースしているのでプロレベルと見て間違いないのではないかと推測されます。

武田真治の愛用サックスについて

ここからは武田真治の愛用のサックスについてご紹介していきます。サックスと一言に言っても様々な種類がありますが、武田真治はどのサックスを愛用しているのでしょうか?

サックスは音階別に9種類

サックスは主に音階別に分けて9つの種類があります。種類はソプラニッシモ・ソプラニーノ・ソプラノ・アルト・テナー・バリトン・バス・コントラバス・サブコントラバスの9種類です。この他にも、メーカーによって出しているサックスの特別な種類もあるそうです。

武田真治はアルトサックスを使用

武田真治が愛用しているサックスは、サックスの種類の中でもメジャーなアルトサックスです。アルトサックスは比較的メジャーな種類で、手が小さい日本人や女性でも使用しやすいサックスです。

セルマーの「マークⅥ」を愛用

アルトサックスの中でも武田真治が愛用しているのが、セルマーと言うメーカーのサックスです。武田真治はセルマーの「マークⅥ」を愛用しているそうです。セルマーはサックスメーカーとして世界的に有名で、130年以上の歴史を持つそうです。

セルマーの価格帯は40~50万円

武田真治の使用しているセルマーと言うメーカーのサックスは、およそ40~50万円で販売されているそうです。少し高いと感じてしまうかも知れない値段ですが、世界的に信頼のあるセルマーのサックスと言う事を考えると高いと感じる事はないでしょう。

マウスピースは特注品?

セルマーのサックスを愛用している武田真治ですが、実はマウスピースは別に注文して使用しているそうです。武田真治がセルマーのサックスに合わせて使用しているマウスピースは、島田行男がリペアしたヤナギサワのメタルの特注品なんだそうです。その音はメタルのように響く激しい音になるそうです。

サックス奏者でもある武田真治の評価は十人十色

武田真治のサックスの評価や腕前など、動画を交えてご紹介してきました。武田真治のサックスの評価は賛否両論ありますが、これはどんなプロの奏者であっても同様です。いずれにしても、武田真治のサックスにかける熱意は確かなもので間違いありません。今後も武田真治の活躍に期待しましょう。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
yu yamashiro
現在第2子妊娠中のマタママです。エンタメ系の記事を書いていますが、エンタメには全く興味がありませんww

新着一覧

最近公開されたまとめ