【のだめ】竹中直人の役や演技の評判は?

数多くのドラマや映画で活躍している竹中直人は俳優以外に歌手や映画監督としても活動しています。竹中直人は『のだめカンタービレ』に出演し注目されました。竹中直人の『のだめカンタービレ』での役柄や演技の評判についてご紹介しましょう。

【のだめ】竹中直人の役や演技の評判は?のイメージ

目次

  1. 1竹中直人のプロフィール
  2. 2【のだめ】竹中直人の役は?
  3. 3【のだめ】竹中直人の演技の評判
  4. 4【のだめ】竹中直人ののだめ関連エピソード
  5. 5【のだめ】竹中直人以外の出演者の演技の評判も厳選調査
  6. 6【のだめ】竹中直人のドイツ人役はこだわり演技の宝庫

竹中直人のプロフィール

・愛称:???
・本名:???
・生年月日:1956年3月20日
・年齢:65歳(2021年9月現在)
・出身地:神奈川県横浜市金沢区
・血液型:A型
・身長:168㎝
・体重:???
・活動内容:俳優、声優、映画監督、タレント、コメディアン、歌手
・所属グループ:なし
・事務所:レディバード
・家族構成:妻(木之内みどり)、子供2人

竹中直人の経歴

竹中直人は1956年3月20日に神奈川県横浜市金沢区で生まれました。幼少期は家で一人遊びをする内気な性格で、両親の影響で映画業界に関心を持つようになります。関東学院六浦中学校から関東学院六浦高等学校に進学しています。

高校在学中に自作で映画を撮るようになり、映画業界を志望するようになりました。高校卒業前に母親が死去し、父子家庭になります。2浪して1976年に多摩美術大学美術学部デザイン科グラフィックデザイン専攻に入学しました。

竹中直人は大学在学中、「映像演出研究会」に所属していました。8ミリ映画を製作し、監督から出演までこなしています。1977年に『ぎんざNOW!』の「素人コメディアン道場」で第18代チャンピオンに輝きました。

その後、『TVジョッキー』にも出演し、素人参加コーナーのモノマネ芸でチャンピオンに輝き注目を集めています。1979年12月に『欽ちゃんの仮装大賞』第一回でモノマネを披露し、不合格となりました。竹中直人は1980年に大学を卒業後、劇団青年座に入団しています。

1983年に『ザ・テレビ演芸』のオーディションコーナー「飛び出せ!笑いのニュースター」に出演し、グランドチャンピオンに輝きデビューしました。その後は数多くのバラエティ番組に出演しています。1985年に演劇/コントユニット「ラジカル・ガジベリビンバ・システム」を結成しました。

1990年に劇団青年座を退団後、岩松了と舞台「竹中直人の会」を開始しました。1996年にNHK大河ドラマ『秀吉』で主演に抜擢され注目されています。2007年にドラマ『敵は本能寺にあり』、2014年にNHK大河ドラマ『軍師官兵衛』、2020年にゲーム『仁王2』で秀吉を演じています。竹中直人は俳優以外に映画監督としても活躍中です。

Thumb竹中直人の嫁は木之内みどり!結婚の馴れ初めは?嫁の経歴なども
個性派俳優として活躍中の竹中直人。芸能界きってのモテ男としても知られている竹中直人ですが、実...

【のだめ】竹中直人の役は?

竹中直人はドラマ『のだめカンタービレ』に出演し注目されました。竹中直人はドラマ『のだめカンタービレ』でどのような役柄を演じたのでしょうか?竹中直人の役柄について調査してみました。

ドラマ『のだめカンタービレ』に出演で話題に

竹中直人はドラマ『のだめカンタービレ』に出演し話題になりました。竹中直人は数多くのドラマや映画に出演している個性派俳優で、ドラマには欠かせない人物です。竹中直人は幅広い役柄を演じることでも知られていて、多くのファンを虜にしています。そんな竹中直人はドラマ『のだめカンタービレ』に出演し注目を集めました。

ドラマ『のだめカンタービレ』は二ノ宮知子の漫画を実写化した作品です。2006年に放送され大ヒットしました。2008年にはドラマの特別編「in ヨーロッパ」が放送され、さらに2009年から2010年に渡り、前後編の映画「最終章」も公開されています。ドラマ『のだめカンタービレ』の影響で、クラシック音楽も注目されるようになりました。

ドラマ『のだめカンタービレ』のあらすじ

異例のブームを巻き起こしたドラマとして知られている『のだめカンタービレ』のあらすじについてご紹介しましょう。音大のピアノ科に在籍している野田恵(のだめ)は自宅のマンションの廊下で寝ていた音大で評判のイケメン・千秋真一を発見しました。

のだめは千秋真一を部屋に連れて帰ります。千秋真一は指揮者を目指している学生で、ピアノ科に在籍するエリート。千秋真一は飛行機恐怖症のため、海外留学できず、ヤケ酒を飲んでいました。酔いつぶれて目が覚めるとゴミ屋敷のような部屋にいました。

のだめは汚い部屋で楽しそうに音楽を奏でていて、これをきっかけに千秋真一を追い回すようになります。のだめは才能があるけれど、プロを目指してはいませんでした。千秋真一はのだめの才能を埋もれさせたくないという思いから世話を焼くようになっていきます。

のだめと千秋真一は音大の仲間たちや指揮者たちと関わり、音楽の楽しさと厳しさを知っていくというストーリーです。

ドラマ『のだめカンタービレ』フランツ・フォン・シュトレーゼマン役を熱演

竹中直人はドラマ『のだめカンタービレ』でフランツ・フォン・シュトレーゼマン役を熱演し注目されました。竹中直人が演じたフランツ・フォン・シュトレーゼマン役はドイツ人の役です。竹中直人は日本人なのにドイツ人の役柄を演じました。

フランツ・フォン・シュトレーゼマン役はどんな役柄?

竹中直人が演じたフランツ・フォン・シュトレーゼマン役はどんな役柄なのかをご紹介しましょう。フランツ・フォン・シュトレーゼマンはドイツ人の指揮者という設定の役柄です。玉木宏演じる千秋真一の師匠で、かつてマルレ・オケの常任指揮者を務めていた凄腕の指揮者です。

音楽性はとても鋭く、落ちこぼれの才能や資質を見抜く力があります。音楽は超一流ですが、私生活ではエロジジイ。独身で野球拳が大好きです。来日した際に「ミルヒ・ホルスタイン」という偽名を使っていたので、のだめにはミルヒーと呼ばれていました。

桃平美奈子、カイ・ドゥーンとは音大時代の同級生です。桃ヶ丘音大の理事長・桃平美奈子の縁で来日し、千秋真一を弟子にとりました。厳しく正しく導く本物の世界の巨匠です。のだめのことを評価し、優しく接し、のだめに真剣さを取り戻させました。

演奏旅行で千秋真一とプラハを訪れた際に、千秋真一の背中を押し、千秋真一とのだめはめでたく恋人同士になります。フランツ・フォン・シュトレーゼマンがキューピット役になりました。

映画版『のだめカンタービレ最終楽章』にも同役で出演

竹中直人は映画版『のだめカンタービレ最終楽章』にも同役で出演しています。映画版『のだめカンタービレ最終楽章』は2部構成で公開された映画です。ドラマで竹中直人が演じたフランツ・フォン・シュトレーゼマン役が好評だったので、映画版にも出演しています。

【のだめ】竹中直人の演技の評判

ドラマ『のだめカンタービレ』でフランツ・フォン・シュトレーゼマン役を演じた竹中直人の演技の評判についてご紹介しましょう。

竹中直人のフランツ・フォン・シュトレーゼマン役での演技の評判

竹中直人のフランツ・フォン・シュトレーゼマン役での演技の評判についてご紹介しましょう。ドラマ『のだめカンタービレ』では竹中直人の演技に絶賛するコメントが多数見られました。竹中直人は日本人にも関わらず、ドイツ人役を演じています。

「竹中直人、最高!」「竹中直人の役は仮想感が凄いけれど、このドラマだと違和感がなかった」「竹中直人の怪演に注目!」など、竹中直人の演技力に対して絶賛するコメントが寄せられました。竹中直人が演じた役柄はどのキャラクターよりも濃くて、個性的なキャラクターで人気を博しています。

竹中直人のドラマ『神の雫』での外国人役の演技の評判

竹中直人は2009年1月13日から3月10日まで日本テレビで放送されたドラマ『神の雫』に出演しています。竹中直人はこのドラマ内で、土肥ロベールという外国人役を演じ話題になりました。

土肥ロベールは吟遊ワイン詩人で、「7人のオフィシエ」の1人です。竹中直人が演じた外国人役がとても好評でした。日本人なのに外国人役を演じられる竹中直人に注目が集まっています。

竹中直人出演作品全体からみた演技の評判は?

竹中直人出演作品全体からみた演技の評判についてご紹介しましょう。竹中直人は数多くのドラマや映画に出演しています。映画「シコふんじゃった」、「EAST MEETS WEST」、「Shall we ダンス?」では日本アカデミー賞最優秀助演男優賞に輝きました。

竹中直人の演技力は高く、絶賛されています。竹中直人は映画「無能の人」で監督と主演を務め、ベネチア国際映画祭で国際批評家連盟賞を受賞しました。竹中直人のマルチな才能は世界でも認められ話題になっています。

NHK大河ドラマ「秀吉」では豊臣秀吉を演じています。竹中直人はエネルギーにあふれる明るい秀吉を演じ注目されました。ドラマ「あなたの番です」では空気の読めないマンションの管理人役を演じ、独特の存在感を発揮しています。

映画「レオン」ではワンマン社長を演じ、複雑な役柄を演じたことでも話題になりました。竹中ワールド全開で、竹中直人ファンに絶賛された作品です。

【のだめ】竹中直人ののだめ関連エピソード

竹中直人ののだめ関連のエピソードについてご紹介しましょう。竹中直人はドラマ『のだめカンタービレ』や映画『のだめカンタービレ最終楽章』に出演していますが、どのようなエピソードがあったのでしょうか?

竹中直人の『のだめ』お断りが発覚?

竹中直人はドラマ『のだめカンタービレ』の出演オファーを当初は断ったことを明かしました。竹中直人は基本的に仕事は断らないポリシーなのですが、唯一断った仕事がドラマ『のだめカンタービレ』だったそうです。

竹中直人は日本人なのに、ドイツ人を演じるということに自信がなかったそうで、オファーをすぐその場で断りました。

知英も驚きののだめエピソードとは

映画「レオン」で竹中直人と知英は共演しました。知英は主演を務め、OL役を演じています。竹中直人はワンマン社長の役柄で、知英と体が入れ替わるという役柄でした。

知英は竹中直人の大ファンで、竹中直人の好きな役柄は『のだめカンタービレ』の指揮者役だと語っています。竹中直人は映画のPRイベントの際に、『のだめカンタービレ』は唯一断った仕事であることを公表すると、知英は大変驚いていました。

竹中直人を救った特殊メイク&カツラ

竹中直人は『のだめカンタービレ』に出演した際に、特殊メイクとカツラで変装しています。『のだめカンタービレ』のオファーを一度は断りましたが、「特殊メイクで鼻をつけて、カツラをかぶればドイツ人になれるかも」と思い提案しました。

その後、スタッフから連絡があり、特殊メイクとカツラをつけてドイツ人役を演じることになったそうです。

【のだめ】竹中直人以外の出演者の演技の評判も厳選調査

『のだめカンタービレ』で竹中直人以外の出演者の演技の評判についても厳選調査してみました。のだめ役の上野樹里や千秋真一役の玉木宏、峰龍太郎役の永山瑛太の演技の評判についてご紹介しましょう。

上野樹里(野田恵役)の演技の評判

主人公の野田恵役を演じた上野樹里の演技の評判についてご紹介しましょう。このドラマでは上野樹里の天才的演技に注目が集まりました。のだめを演じた上野樹里が完全にのだめに見えてくるほどの演技力です。

上野樹里がのだめとしか思えなくなってしまいます。無邪気でパワフルなキャラクターを魅力的に演じ、その天才的な演技力が絶賛されました。上野樹里もきっとのだめのようなキャラクターなのだと感じさせられる演技力の高さです。

上野樹里は原作のイメージ通り、完成されたキャラクターを演じ注目されました。のだめは極端なキャラクターであるにも関わらず、作り物っぽくなく自然に演じている上野樹里の演技力の高さが評価されています。

玉木宏(千秋真一役)の演技の評判

玉木宏は破天荒なのだめに突っ込む千秋真一役を演じました。玉木宏の演技力には存在感があり、美形ぶりがうっとりとしてしまいます。ナチュラルな演技力に魅了される女性も多かったことでしょう。

最終回では玉木宏が目を真っ赤にしていて、つられて泣いてしまったという方も多かったようです。「玉木宏の迫真の演技が心に響く」など、玉木宏の演技力にも絶賛のコメントが多数見られました。玉木宏はこの千秋真一役が大ブレイクし、人気俳優の仲間入りをしました。

永山瑛太(峰龍太郎役)の演技の評判

永山瑛太はロックテイストのバイオリニスト・峰龍太郎役を演じました。永山瑛太はエレキヴァイオリンをロック風に弾く金髪のヴァイオリニスト役を演じています。はっちゃけたコメディタッチの演技に注目が集まりました。

永山瑛太演じる峰龍太郎役はインパクト抜群で、永山瑛太ファンを魅了しています。永山瑛太は主演ではありませんでしたが、確かな演技力で爪痕を残しました。永山瑛太の存在はこのドラマになくてはならない存在です。

「永山瑛太のはっちゃけた感じが面白かった」「金髪&ロックバイオリニストというインパクトがある役をやりきっているのが凄い」「思い出すだけで元気がもらえる素敵な役柄だった」「普段の雰囲気と真逆で演技力の高さに感心した」など永山瑛太の演技力を絶賛するコメントが多数見られました。

【のだめ】竹中直人のドイツ人役はこだわり演技の宝庫

『のだめカンタービレ』での竹中直人の役柄や演技力についてご紹介しました。『のだめカンタービレ』での竹中直人の役柄はドイツ人の指揮者という役柄で、特殊メイクで鼻をつけ、カツラをかぶって変装しています。竹中直人の演技力の高さがドラマにアクセントを与え、抜群の存在感を放っていました。竹中直人のこだわり演技に目が離せません。

関連するまとめ

関連するキーワード

Missing
この記事のライター
maki

新着一覧

最近公開されたまとめ