竹中直人の若い頃は?当時の経歴や人気は?若い頃のエピソードも

「豪放磊落」「破天荒」といった言葉で形容される名優・竹中直人さんの若い頃について調査しました。若い頃の竹中直人さんはどんな活動をしていたのでしょうか?竹中直人さんの若い頃当時の経歴や人気をチェックしてみましょう。若い頃の熱愛のエピソードなどもご覧下さい。

竹中直人の若い頃は?当時の経歴や人気は?若い頃のエピソードものイメージ

目次

  1. 1竹中直人のプロフィール
  2. 2竹中直人の若い頃
  3. 3竹中直人の若い頃の経歴や人気は?
  4. 4竹中直人の若い頃のエピソード
  5. 5竹中直人と同年代の芸能人の若い頃も調査
  6. 6竹中直人は若い頃から幅広く活躍のエンターテイナー

竹中直人のプロフィール

・愛称:不明
・本名:竹中直人
・生年月日:1956年3月20日
・年齢:65歳(2022年1月現在)
・出身地:神奈川県横浜市金沢区
・血液型:A型
・身長:168cm
・体重:非公表
・活動内容:俳優、声優、映画監督、タレント、コメディアン、歌手
・所属グループ:なし
・事務所:レディバード
・家族構成:妻(木之内みどり)、長女、長男

竹中直人の経歴

1956年3月20日に神奈川県横浜市金沢区で生まれた竹中直人さんは、幼少期から両親に連れられて映画館に通った事から映画の世界に興味を抱くようになりました。高校時代から自分で映画を撮るようになってからは将来映像の世界に入るという決意を固めています。

大学在学中に俳優業にも心を惹かれた事から、大学卒業後に劇団青年座に入りました。若い頃の経歴は後の章でご紹介します。

竹中直人の学歴

竹中直人さんの学歴をご紹介します。竹中直人さんは横浜市立富岡小学校を卒業後に関東学院六浦中学校に入学しました。この中学校は学校法人関東学院が設立した完全中高一貫校だったので、竹中直人さんは内部進学で関東学院六浦高等学校に進んでいます。

映画業界志望だった竹中直人さんは、二浪の末、1976年に多摩美術大学美術学部デザイン科グラフィックデザイン専攻に入学しました。多摩美術大学では映像演出研究会に所属して活動しています。

竹中直人の実家の家系図が熱い!

「竹中直人さんの実家の家系図が熱い!」と言われています。熱いと言われるのは竹中直人さんの母方の家系図です。竹中直人さんの高祖父の長谷川東鶴さんは五島福江藩の召し抱え絵師でした。東鶴さんの息子の清治さんは絵師にはならず、当時希少だった代書人となり、字が書けない島民を助けていました。

その息子の正直さんは代書屋の跡を継がず、長崎市内で貿易がしたいと言って五島を離れ、貿易商として成功しています。親子3代で親の跡を継がずに自分の夢を追いかけるという道を選び、更にその分野で成功しているところが「熱い」と言われるゆえんです。

竹中直人の若い頃

竹中直人さんの若い頃が話題になっています。「若い頃に目が覚めるようなイケメンだった」というような事はないのですが、若い頃の竹中直人さんの生命力あふれる姿が多くの人の心を揺さぶっているのです。竹中直人さんの若い頃の画像もチェックしてみましょう。

竹中直人の若い頃が話題に

竹中直人さんの若い頃が話題になっています。芸能人・有名人の若い頃を検索するのが流行っている中、「竹中直人さんの若い頃の弾けぶりがすごい」と注目を集めているのです。

現在も「怪優」と呼ばれる事がある、常人では思いつかないような発想力と表現力を兼ね備えている竹中直人さんは、若い頃からその才能を発揮し、多くの人の心を惹きつけてきたのです。そんな竹中直人さんの若い頃の姿を見ていきましょう。

竹中直人の若い頃の画像をチェック

竹中直人さんの若い頃の画像をチェックしてみましょう。竹中直人さんの20代の頃の画像と30代の頃の画像を続けてご紹介します。竹中直人さんの当時の活動内容と併せてご覧下さい。

竹中直人の若い頃:20代編

竹中直人さんの若い頃の画像・20代編をご覧下さい。こちらは、竹中直人さんが、視聴者参加型バラエティ番組『TVジョッキー』で活躍していた24歳の頃の竹中直人さんです。当時の竹中直人さんはブルース・リーの物真似で評判になっていました。

表情などは現在と変わらないのですが、シワ一つない綺麗な肌から弾けるような若さを感じさせます。現在はイケメンというより男前という表現が似合う竹中直人さんですが、若い頃はイケメンという雰囲気でした。

竹中直人の若い頃:30代編

竹中直人さんの若い頃の画像・30代編をご覧下さい。竹中直人さんは1984年から歌手活動も開始しています。30代に入ったばかりのタイミングだったので、30代になったのを機に歌手活動を始めたのかも知れません。

こちらの画像は、竹中直人さんが初めてリリースしたアルバム『かわったかたちのいし』のジャケットです。20代から30代の過渡期に撮影された写真のせいか、「竹中直人さんの面構えにそれまでと違った雰囲気が漂っている」と評していた人がいました。

竹中直人の若い頃と現在の髪型も比較

竹中直人さんの若い頃と現在の髪型も比較してみましょう。TVに出演するようになったばかりの頃の竹中直人さんは、当時流行していた長めの髪型でした。年齢を重ねるに従って竹中直人さんの髪の量は減っていき、30代には短髪になって40代からは坊主頭になっています。

自前の頭髪が薄くなったために坊主頭にしたと言われており、そうした竹中直人さんの潔い姿勢に多くの男性が共感しているようです。

竹中直人の若い頃に対する世間の反応

竹中直人さんの若い頃に対する世間の反応を見てみましょう。竹中直人さんの若い頃に対しては「若い頃からパワフル」「歳取ってからも勢いが衰えていない感じが凄い」と称賛されています。後者は現在の竹中直人さんへの賛辞でもあります。

若い頃は大暴れをしていた人が年齢を重ねて落ち着くというのが世間一般の流れなのですが、竹中直人さんにはそれがないので、「若い頃と現在は外見以外あまり変わらない」という意見もありました。

竹中直人の若い頃の経歴や人気は?

竹中直人さんの若い頃の経歴を活動ジャンル別にご紹介します。竹中直人さんのコメディアン・俳優としての経歴のほか、竹中直人さんの若い頃の人気や評判を、こちらも活動ジャンル別に見てみましょう。

竹中直人の若い頃のコメディアンとしての経歴

竹中直人さんの若い頃のコメディアンとしての経歴をご紹介します。役者生活をスタートさせた竹中直人さんは1983年に『ザ・テレビ園芸』のオーディションコーナー「飛び出せ!笑いのニュースター」に出演し、グランドチャンピオンになりました。

演劇・コントユニット「ラジカル・ガジベリビンバ・システム」を結成したほか、『東京イエローページ』などの竹中直人さんをメインに据えたコント番組にも出演しています。

竹中直人の若い頃の俳優としての経歴

竹中直人さんの若い頃の俳優としての経歴をご紹介します。俳優として活動を開始した当初は松田優作さんの物真似などで全演技をこなす事が多かった竹中直人さんでしたが、その表現力の評価が上がるに従って演じる役柄の幅も広がり、正統派俳優としての活躍が増えていきました。

1996年放映のNHK大河ドラマ『秀吉』の主役に抜擢された時は豊臣秀吉役がはまり役と高評価を受け、その後も4作品において豊臣秀吉役を配されています。

竹中直人の若い頃の人気ぶりも調査

竹中直人さんの若い頃の人気ぶりも調査しました。コメディアンとして活動を始めた頃、そして俳優として躍進をしていた頃の竹中直人さんの人気と世間での評判をご覧下さい。

竹中直人の若い頃のコメディアンとしての人気や評判

竹中直人さんの若い頃のコメディアンとしての人気や評判を見てみましょう。大学在学当時から『ぎんざNOW!』の「素人コメディアン道場」や『TVジョッキー』の素人参加コーナーなどで見せた物真似芸は当時の若者達を中心に絶大な支持を受けました。

定番の「笑いながら怒る人」やバリエーションが独特かつ豊富なブルース・リーの物真似は現在も称賛され続けています。

竹中直人の若い頃の俳優としての人気や評判

竹中直人さんの若い頃の俳優としての人気や評判を見てみましょう。物真似を演技に取り入れていた頃よりも、俳優・竹中直人として演技をするようになってからの方が人気は上昇し、評価も向上しています。

前述の大河ドラマ『秀吉』の役作りは業界からも世間からも絶賛されていました。「竹中直人さんが出てるとつい目が行ってしまう」「目が離せない魅力」という声も寄せられています。

竹中直人の若い頃のエピソード

竹中直人さんの若い頃のエピソードをご紹介します。若い頃の芸能界での評価や若い頃の熱愛など、竹中直人さんの青春時代の姿を覗いてみましょう。美保純さんとの熱愛の真相もご覧下さい。

若い頃のエピソード【横山やすしが絶賛】

竹中直人さんの若い頃のエピソードから横山やすしさんに絶賛されたエピソードを見てみましょう。竹中直人さんはコメディアンとして活躍を始めたばかりの頃に出演番組のMCを務めていた横山やすしさんに絶賛されました。

横山やすしさんは滅多に新人を褒めない辛口批評で有名だったのですが、その横山やすしさんに認められたという事が竹中直人さんの飛躍に貢献したのです。

若い頃のエピソード【大学時代の熱愛】

竹中直人さんの若い頃のエピソードから大学時代の熱愛のエピソードを見てみましょう。竹中直人さんは芸能活動を始めたばかりだった1970年代終わりから1983年頃までの約4年の間、多摩美術大学の後輩だった女性と熱愛関係でした。

4年間の交際と言うとかなり長いのですが、交際していた女性はアメリカに留学していて、遠距離恋愛になっていたようです。それが原因かは不明ですが、結婚には至らずに破局しています。

若い頃のエピソード【美保純との熱愛】

竹中直人さんの若い頃のエピソードから美保純さんとの熱愛のエピソードを見てみましょう。竹中直人さんは多摩美術大学の後輩女性との恋愛が幕を下ろした後に美保純さんとの交際を週刊誌に報じられました。1985年の事でした。熱愛の真相の前に美保純さんの経歴をご紹介します。

美保純とは

美保純さんは1960年8月4日に静岡県静岡市で生まれ、1980年にディスコクイーンコンテストに出場して優勝した後に上京し、スカウトを受けて1981年に映画『制服処女のいたみ』の主役で俳優デビューと芸能界デビューを飾りました。

1982年には映画『ピンクのカーテン』でブルーリボン新人賞を受賞しています。女優としての才能を発揮すると共にタレントとしても人気を集めました。

美保純との熱愛の真相

美保純さんとの熱愛の真相を見てみましょう。週刊誌の熱愛報道の後、まず美保純さんが竹中直人さんとの交際をあっさりと認め、「私たちの関係は世間一般の夫婦を越えちゃってる」などと発言して仲睦まじさをアピールし、その後竹中直人さんも美保純さんとの交際を肯定しました。

竹中直人さんも「純ちゃんは面白くて最高。間違いなく恋人同士と思ってくれても良いです」と、美保純さんに負けない位のラブラブアピールをしています。

美保純との破局理由は?

美保純さんとの破局理由についても調査しました。結婚を視野に入れた交際をしていると見られていた竹中直人さんと美保純さんですが、その恋が結婚に繋がる事はありませんでした。突然破局してしまったのです。

竹中直人さんも美保純さんも破局に至った経緯を公の場で語った事はありませんが、美保純さんから竹中直人さんに別れを告げて2人の恋が終わったという説が濃厚です。結婚したい竹中直人さんと結婚したくない美保純さんが決裂したという説も囁かれていました。

竹中直人と同年代の芸能人の若い頃も調査

竹中直人さんと同年代の芸能人の若い頃も併せて調査しました。竹中直人さんと同年代の役所広司さんと石橋凌さんとメル・ギブソンさんの若い頃の画像と経歴を見てみましょう。

同年代の芸能人の若い頃【役所広司編】

竹中直人さんと同年代の役所広司さんの若い頃の経歴をご紹介します。難関で知られる俳優養成所・無名塾で俳優としての修行を始めた役所広司さんは、1980年放映のNHK朝ドラ『なっちゃんの写真館』でTVドラマデビューしました。

1983年放映のNHK大河ドラマ『徳川家康』で織田信長を演じた時は人気が爆発し、NHKに織田信長の助命嘆願が届く騒ぎになっています。1984年放映の時代劇『宮本武蔵』で初めて主役を演じ、更に人気を上昇させました。

同年代の芸能人の若い頃【石橋凌編】

竹中直人さんと同年代の石橋凌さんの若い頃の経歴をご紹介します。石橋凌さんは高校を卒業後にバンド・ARBのボーカルとして芸能生活のキャリアをスタートさせました。

ミュージシャンとして思うように活動できない時期に松田優作さんに出会い、松田優作さんが監督を務めた映画『ア・ホーマンス』に出演する事になった石橋凌さんは、松田優作さんの厳しい指導を受けた結果キネマ旬報新人男優賞を獲得し、俳優業に情熱を燃やすようになっています。

同年代の芸能人の若い頃【メル・ギブソン編】

竹中直人さんと同年代のメル・ギブソンさんの若い頃の経歴をご紹介します。アメリカ合衆国で生まれてオーストラリアで育ったメル・ギブソンさんは、1977年からオーストラリア映画に出演するようになり、1982年にアメリカ映画に初めて出演しました。

『リーサル・ウェポン』シリーズなどで人気を高騰させた後は監督としても活動するようになっています。主演と監督を務めた1995年上映の映画『ブレイブハート』ではアカデミー監督賞を獲得しました。

竹中直人は若い頃から幅広く活躍のエンターテイナー

竹中直人さんは若い頃から幅広く活躍のエンターテイナーです。コメディアンとしても俳優としてもその実力を見せつけてきた竹中直人さんを「怪優」と表現する人を散見します。

しかし、デビュー当初から多くの人を楽しませ、笑顔にしてきた凄腕のエンターテイナーである竹中直人さんに対しては「怪優」よりも「快優」という呼び名がふさわしいのではないでしょうか?

Thumb竹中直人の嫁は木之内みどり!結婚の馴れ初めは?嫁の経歴なども
個性派俳優として活躍中の竹中直人。芸能界きってのモテ男としても知られている竹中直人ですが、実...

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
fuyuhome
漫画とゲームが好きです。 最近は古いドラマを発掘して観るのにはまっています。 昔の俳優、今の俳優、どちらも違う...

新着一覧

最近公開されたまとめ