田中泯の若い頃は?当時の経歴やエピソードなどまとめ

日本を誇るダンサー・田中泯の若い頃について調査してみました。田中泯は以前から「若い頃もイケメン過ぎる」と言われており、沢山の人が若い頃の経歴や生い立ちに注目しているようです。そこで気になる田中泯の若い頃や若い頃の経歴・生い立ちについて確認していきましょう。

田中泯の若い頃は?当時の経歴やエピソードなどまとめのイメージ

目次

  1. 1田中泯のプロフィール
  2. 2田中泯の若い頃は?
  3. 3田中泯の若い頃の経歴
  4. 4田中泯の若い頃のエピソード
  5. 5田中泯の生い立ちについても調査
  6. 6田中泯は若い頃からダンスに全てを掛けていた

田中泯のプロフィール

・愛称:不明
・本名:不明
・生年月日:1945年3月10日
・年齢:76歳(2021年6月時点)
・出身地:東京都
・血液型:O型
・身長:171cm
・体重:不明
・活動内容:ダンサー・舞踊家
・所属グループ:なし
・事務所:不明
・家族構成:不明

田中泯の経歴

田中泯は1966年からモダンダンサーとしての活動を開始し、1974年には独自のダンス「ハイパーダンス」を展開しました。そんな田中泯は1978年に海外デビューを果たし、1986年には「カラダの可能性を一緒に考える場」としてダンスワークショップを開催しています。

日本を誇るダンサー・舞踊家として世界各国から人気を集めた田中泯は、2002年に映画「たそがれ清兵衛」で俳優デビューを果たしていますが、「私は名づけようもないダンスそのものでありたいのです」と語り、俳優との肩書を「誤解」だと発言しているようです。

田中泯と浜辺美波の関係

田中泯と浜辺美波の関係について調査してみました。以前からネット上には「田中泯の孫は浜辺美波」との噂コメントが多く投稿されており、Google検索で「田中泯」と調べてみると、「田中泯 孫」「田中泯 浜辺美波」との検索候補が出るようです。

2021年6月現在も「田中泯の孫は浜辺美波」説が浮上しているので、真相はどうなのか、田中泯と浜辺美波の関係について引き続き詳しく確認していきましょう。

浜辺美波とは

浜辺美波は「東宝芸能」所属の女優です。2011年にデビューを果たした浜辺美波は、2021年2月に「第45回エランドール賞新人賞」を受賞し多くの話題を集め、性別を問わず多くのファンを魅了し続けています。

浜辺美波が孫との噂の真相

「田中泯の孫は浜辺美波」説の真相は、あながち間違っていないようですがガセのようです。2人は2015年の連続テレビ小説「まれ」で共演を果たしており、田中泯が祖父役・浜辺美波が孫役を務めていました。

それらのことから「田中泯の孫は浜辺美波」との情報が出回ったようで、役所で言えば間違ってはいないのですが、実際には血縁関係ではなかったようです。

Thumb田中泯(ダンサー)まとめ!結婚した嫁や子供は?経歴も調査!
俳優であり、独特な世界観が多くの人の心を魅了し続けているダンサーの田中泯。様々な分野で独自の...

田中泯の若い頃は?

田中泯の若い頃について徹底調査してみました。田中泯は現在数多くのドラマや映画に出演しており、「イケおじぃ」「渋いおじいさま」として多くの視聴者を魅了しています。そんな田中泯の若い頃に注目している人が多いようです。

田中泯の若い頃は「イケメン過ぎる」「イケおじぃは若い頃からイケメン」と言われており、沢山のファンが「今もだけど若い頃からオーラがヤバい」との声を挙げていました。そこで気になる田中泯の若い頃について詳しく確認していきましょう。

田中泯の若い頃が話題に

田中泯の若い頃が多くの話題を集めています。2021年6月現在76歳の田中泯は、年齢を感じさせないカッコ良すぎるルックスや演技で多くの人を魅了しており、「50~60歳なんてまだまだ青春だ」との名言も残していました。

そんな田中泯の若い頃に対し、多くのファンが「若い頃から渋いってどういうこと?神?」「田中泯さんの若い頃の写真を見てファンになった」との声を挙げています。現在もカッコ良すぎる田中泯の若い頃について引き続き詳しく確認していきましょう。

田中泯の若い頃の姿をチェック

田中泯の若い頃の姿をチェックします。上記画像が若い頃の田中泯で、やはり若い頃から「渋いイケメン」と言えるでしょう。現在の姿もカッコ良すぎる田中泯ですが、若い頃の姿とはまた違った魅力を感じることが出来ます。

上記画像はいつ撮影されたものなのかは不明でしたが、若い頃からここまで渋く、それでいてカッコいいとなると見惚れるしかありません。現在の姿も勿論素敵過ぎますが、田中泯の若い頃の姿を見てファンになった人も多いでしょう。

田中泯の若い頃に対する世間の反応

田中泯の若い頃に対する世間の反応について調査してみました。調査してみたところ、多くのネットユーザーが「ヤバい」「これはイケおじぃになる・・・」「若い頃からパーフェクト」とのコメントを残しています。

上記動画は2009年のもので、やや若い頃の田中泯です。2009年の頃からやはり渋く、舞踊家・振付家として力を入れていることが良く分かるでしょう。田中泯の若い頃はルックスも生き様もカッコ良すぎると言えるかもしれません。

Twitter民は田中泯の若い頃に対し、「若い頃の田中泯のモデル写真を見てファンになった」「若い頃から只者ではないオーラを纏ってる」「田中泯の若い頃、森田剛レベル」とのコメントを残していました。

田中泯の若い頃の経歴

田中泯の若い頃の経歴について紹介していきます。田中泯は若い頃からダンサーとして活躍しており、ダンサーデビューからすぐに海外デビューを果たしたりと、今や世界各国で人気を集めている日本1の舞踊家として知られているようです。

プロフィールで簡単な経歴を紹介しましたが、多くのファンが「田中泯の若い頃の経歴は凄すぎる」とのコメントを残していました。現在の経歴も凄い田中泯ですが、気になる若い頃の経歴について改めて詳しく確認していきましょう。

若い頃の経歴:モダンダンサーとして活動

田中泯の若い頃の経歴1つ目「モダンダンサーとして活動」について紹介します。田中泯はクラシックバレエ、アメリカンモダンダンスを習い、1966年からモダンダンサーとしての活動を開始しました。

1974年に独自のダンスを開始した田中泯は、個性を表現するようなほぼ裸体に近い姿で、劇場やライブハウス・美術展覧会場や日常的な場所・野外などのありとあらゆる場所で自身の信じるダンスとしての「ハイパーダンス」を展開しています。

田中泯の「ハイパーダンス」を命名したのは日本文化・日本語におけるエキスパート「編集工学研究所」の松岡正剛だと言われていました。田中泯はその後、世界各国で影までもがカッコいい場踊りを披露したりと、今もなおダンサーとして活躍し続けているようです。

若い頃の経歴:海外デビューはパリ秋の芸術祭

田中泯の若い頃の経歴2つ目「海外デビューはパリ秋の芸術祭」について紹介します。田中泯は1978年にパリ秋の芸術祭「日本の間」展に招待され参加し、海外デビューを果たしました。

田中泯は海外デビューをキッカケに1979年にアムステルダム市立美術館、1980年にアヴィニョン演劇祭、ローマ・カルカラ浴場などで独舞講演を行い、1986年には「カラダの可能性を一緒に考える場」として世界各国でダンスワークショップを開催したようです。

若い頃の経歴:土方巽との出会い

田中泯の若い頃の経歴3つ目「土方巽との出会い」について紹介します。土方巽は舞踏家・振付家・演出家・俳優として活動し、暗黒舞踏の創始者として世界各国から人気を集めていました。

田中泯は1982年に土方巽に会いに行き、土方巽の弟子としてダンスを習ったようです。1984年に土方巽演出・振付の田中泯ソロ公演「恋愛舞踏派定礎」を開催しました。そんな田中泯は後に「(土方巽の)存在に強い影響を受けた」と発言していたようです。

若い頃の経歴:振付家としての活動

田中泯の若い頃の経歴4つ目「振付家としての活動」について紹介します。先ほど紹介した通り田中泯は1986年から2010年にかけて「カラダの可能性を一緒に考える場」としてのダンスワークショップを世界各国で開催しました。

田中泯は松岡正剛と共にダンスの方法論「身体気象(ボディウェザー)」という言葉を発案しています。数多くのワークショップ受講生が世界各地に現存しているようですが、田中泯が認める唯一の弟子はソロ・ダンサーとして活躍している石原淋だけのようです。

田中泯の若い頃のエピソード

田中泯の若い頃のエピソードについて紹介していきます。田中泯は1982年に「身体気象研究所」を立ち上げ、ダンサーだけではなく美術家・映像作家・哲学者など、あらゆる表現者たちが集う集団を作り、現在もリーダーとして活躍しているようです。

東京中野区にオルタナティブスペースとして「plan-B」を立ち上げた田中泯は、常に深い身体性を追求し、2021年6月現在もダンスについての研究を続けています。ダンスに向かって真っすぐな田中泯の、気になる若い頃のエピソードを確認していきましょう。

田中泯の山梨県移住エピソードが話題に

田中泯の山梨県移住エピソードが多くの話題を集めているようです。田中泯は「動けない(とどまる)ところにも答えはある。ダンスに動かない姿も魅力です」とのコメントを残し、1985年(当時40歳)に山梨県甲斐市に移住しています。

移住したと同時に山梨県北杜市に「身体気象農場」を開設した田中泯は、1997年に山梨県甲斐市に「舞踊資源研究所」も設立し、国際共同制作シリーズを日本で6作品上演したようです。

山梨県甲斐市に設立した舞踏資源研究所には、現在までに約30ヵ国以上、1000人以上の若者が訪れているようで、2000年には共同生活を共にする若者で組織された舞踏集団「桃花村舞踊団」を設立しました。

山梨に移住した理由は農業?

田中泯が山梨県に移住した理由は農業だと言われているようです。田中泯は「農業を礎とした日常生活を送ることでより深い身体性を追求する」とのコメントを残していたようで、農業を基礎とした自然・身体と労働の関係を自ら実践していました。

田中泯は「僕自身が小さい頃から影響を受けた空間環境は都市ではないということで山梨に来たわけですが、老人たちが立ち止まって田んぼを眺めている姿とかを美しいと思うわけで、それを自分が実践するだけなのです」とも移住した理由を語っています。

田中泯は続けて「仕事(農業生活)、すなわち生きること、そこからダンスが生まれないとつまらないと思うのです。天地や動植物と共有する生命過程を舞踊の軸として。踊りは巨大な相手なのです」とも語っていました。

2000年に「農事組合法人桃花村」を設立した田中泯は、2021年6月現在も農業に力を入れていると噂されています。毎日農業に力を入れ、夜には都内で場踊りを披露、朝には山梨に戻って再び農業をするのが田中泯の農業を通したダンスの軸のようです。

現在は猫「富士男」と山梨生活との噂も

田中泯は現在、愛猫「富士男」と山梨で生活していると噂されています。上記動画に映る猫は富士男ではないようですが、田中泯は2016のドラマ「グーグーだって猫である2」で共演した猫と別れることが出来ず、そのまま連れて帰ってきたようです。

田中泯は「富士山の見える場所に住む男だから」との理由で「富士男」と名付け、富士男と一緒に農業に力を入れています。

田中泯の若い頃の恋愛や結婚も調査

田中泯の若い頃の恋愛や結婚についても調査してみました。現在愛猫・富士男と山梨県で生活していると言われている田中泯ですが、山梨県に移住する前は妻と娘の3人で東京で暮らしていたようです。

プライベートに謎が多過ぎる田中泯なので詳しい情報はあまり発見出来ませんでしたが、2011年に出版された著書「僕はずっと裸だった」内には「妻と娘に踊りを見てもらっていた」と綴られいたので、山梨県と家族がいる東京を行き来しているのかもしれません。

田中泯の生い立ちについても調査

田中泯の生い立ちについても調査してみました。プライベートが謎過ぎる田中泯ですが、ダンサーとしてデビューを果たす前までのちょっとした生い立ちは公表しているようです。そこで気になる田中泯の生い立ちについて詳しく確認していきましょう。

生い立ち①東京都内に誕生

田中泯の生い立ち1つ目を紹介します。田中泯は1945年3月10日に東京都内に誕生しました。気になる両親や兄弟についての情報は一切公表されておらず、実家情報なども一切出回っていないようです。

生い立ち②出身高校は「東京都立武蔵高等学校」

田中泯の生い立ち2つ目を紹介します。田中泯の出身高校は偏差値67.0(2021年時点)の「東京都立武蔵高等学校」です。1963年に同高校を卒業していますが、学生時代のエピソードなども全て不明でした。

生い立ち③出身大学は「東京教育大学」で中退

田中泯の生い立ち3つ目を紹介します。田中泯は高校卒業後、「東京教育大学」に進学していますが、1965年に中退していました。そんな田中泯は中退して約1年後にモダンダンサーとしての活動を開始しているので、当時からダンス一筋だったのかもしれません。

生い立ちについても謎が多過ぎましたが、田中泯は「オドリは個人に所属できません。私は名づけようのないダンスそのものでありたいのです」と語っていることから、素晴らしい徹底ぶり・ダンスへの一筋の愛を感じることが出来るでしょう。

田中泯は若い頃からダンスに全てを掛けていた

田中泯の若い頃や若い頃の経歴・若い頃のエピソードや生い立ちについて紹介しました。田中泯は若い頃からダンスに全てをかけ、2021年6月現在も山梨県で農業を通し舞踊・身体を追求し続けていたようです。

何かとプライベートが謎過ぎる田中泯でしたが、若い頃から現在までに披露されているダンスや舞踊情報には「流石」としか言いようがないでしょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
佐々木
閲覧して下さって有難う御座います。猫と料理と音楽、映画からゲームまで色んなものが好きな佐々木です。皆様を楽しませる...

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ