楽しんごは歌が上手い!上手すぎて口パク説?真相は?動画で検証してみた

お笑い芸人の楽しんごさんは、歌が上手いと評判のようです。ただ、歌が上手すぎて口パクではないかという疑惑もあるのだとか。ジブリやサラブライトマンさんの歌の歌唱動画で、楽しんごさんの口パク疑惑を検証してみましょう。楽しんごさんの歌について紹介します。

楽しんごは歌が上手い!上手すぎて口パク説?真相は?動画で検証してみたのイメージ

目次

  1. 1楽しんごのプロフィール
  2. 2楽しんごは歌が上手い!
  3. 3楽しんごの歌口パク説の真相
  4. 4楽しんごの歌を動画で検証
  5. 5楽しんごが歌う曲の歌手について
  6. 6楽しんごはプロ並みに歌が上手い!

楽しんごのプロフィール

・愛称:楽しんご、しんごちゃん
・本名:佐藤信吾
・生年月日:1969年3月15日
・年齢:50歳(2020年2月現在)
・出身地:神奈川県横浜市保土ケ谷区
・血液型:O型
・身長:186cm
・体重:???
・活動内容:お笑い芸人、整体師
・所属グループ:おいなりさん
・事務所:PABLO
・家族構成:父、母、姉

楽しんごの経歴

楽しんごさんの歌の口パク疑惑などについて紹介する前に、まずはその経歴を見ていきましょう。楽しんごさんは中学時代、壮絶ないじめにあったことをテレビで告白しています。それはかなり暴力的な行為だったようで、現在も楽しんごさんにはいじめで受けた傷が身体に残っているのだそうです。

そんな壮絶な中学時代を経て、楽しんごさんは高校を卒業します。高校卒業後の楽しんごさんは、女性になりすましてキャバクラで働いていたことがあるそうで、お店のナンバーワンになったこともあるのだそうです。

楽しんごさんは過去のいじめをバネにし、俳優を目指します。実は高校時代からさまざまなオーディションを受けていたとのこと。そして、楽しんごさんは20歳の時、アクション系俳優事務所の「ワイルドシング」に所属しました。この頃に楽しんごさんはVシネマやアクション映画に出演していたようです。

2006年頃から、楽しんごさんはお笑い芸人としての活動を始めます。事務所も芸人の多いケイダッシュに所属し、楽しんごさんは「裏ケイダッシュライブ」でお笑い芸人として舞台デビューを果たしました。

楽しんごさんがお笑い芸人としてブレイクを果たしたのは2011年のことでした。楽しんごさんのギャグ「ラブ注入」が「2011ユーキャン新語・流行語大賞」でトップテン入りを果たしたり、「ドドスコぽいぽいのうた」で歌手デビューするなど、ブームを巻き起こします。

また、楽しんごさんはお笑い芸人としての活動の他に、整体師として横浜の整体院で店長をしていたという経験もあるそうです。その後の楽しんごさんはさまざまな資格も取得し、自身の整体院も開院。現在も「ぼくんち」というサロンで整体師として活動しています。

近年は闇営業問題やさまざまな不祥事で楽しんごさんの姿を地上波で見かけることは少なくなりましたが、整体師としての仕事も好調のようで、金銭的にはまったく困っていないようです。

また、楽しんごさんは現在、YouTuberとしても活動しています。楽しんごさんが登場するYouTubeチャンネルは「おいなりチャンネル」というチャンネルで、徐々にチャンネル登録者数も増えつつあり、注目を集めています。

Thumb楽しんごの現在が別人?現在の仕事や車は?楽しんごの暴力って?
「ラブ注入」でブレイクし一世を風靡していた楽しんご。ブレイク当時は様々なお笑い番組やバラエテ...

楽しんごは歌が上手い!

楽しんごさんの歌の上手さについても見ていきましょう。楽しんごさんといえば、お笑い芸人というイメージが強いですが、歌が上手いというのは本当なのでしょうか?楽しんごさんの歌が上手いという噂について調べてみました。

楽しんごの歌が上手いと話題に

楽しんごさんの歌が上手いと話題になったのは、主にネットが中心だったようです。楽しんごさんは現在、地上波にはほとんど出ていませんが、YouTube動画などで歌唱する動画が拡散され、歌が上手いと話題になりました。

楽しんごさんはお笑いの時にも、高い声と低い声を自在に使い分けていましたが、ネット上の動画に上がっている歌はジブリの歌やサラブライトマンさんなど、高音で歌唱するものが多いようです。

楽しんごの歌が上手い理由とは

楽しんごさんの歌が上手い理由についても調べてみました。楽しんごさんは自身のTwitterで、オペラのボイトレのレッスンに励んでいることを告白しています。また、友人の結婚式でクラシックの歌を歌唱することも報告していました。

楽しんごさんは過去にCDデビューをしたことがありましたが、現在ネット上で上手いと言われている動画は、オペラなどクラシックの発声の仕方をしており、楽しんごさんが熱心にボイトレに通っているのであろうことがうかがえます。

SNS上でも楽しんごの歌が上手いと好評!

SNS上でも楽しんごさんの歌が上手いと話題になっているようです。調べてみると、「歌が上手すぎて感動する」といった意見や「歌まで才能があるなんてすごい!」といった意見など、楽しんごさんの歌の上手さを意外に感じている人が多いようでした。

また、「日本で一番歌が上手いのでは?」といった意見もあり、楽しんごさんの歌の上手さは多くの人が認めるところのようです。ただ、あまりにも歌が上手すぎて口パクではないかという意見も一部にはありました。楽しんごさんの口パク疑惑については次で詳しく紹介します。

Thumb楽しんごの整体(マッサージ)の店舗の場所や値段は?評判や予約方法も!
一時期ブレイクを果たし見ない日は無いほどの活躍を見せていた芸人、楽しんご。楽しんごは現在整体...

楽しんごの歌口パク説の真相

楽しんごさんの歌があまりにも上手すぎるために、口パク疑惑が浮上しているようです。楽しんごさんの歌は口パクなのでしょうか?楽しんごさんの歌が口パクだという疑惑について調べてみました。

歌が上手すぎて口パク説も浮上

昔の芸能界では、たとえどれだけ歌が下手でも口パクということは少なかったようですが、最近では激しいダンスを踊るようなものもあり、口パクが増えてきているとも言われています。

ただ、楽しんごさんの場合、激しいダンスを踊りながら歌うような曲ではありません。ですので、たとえもし口パクをしていたのだとしても、呼吸の乱れをカバーするといった理由ではないのでしょう。楽しんごさんの歌は本当に口パクなのでしょうか?

楽しんごの歌口パク説の真相を調査

楽しんごさんの口パク疑惑の真相について詳しく見ていきましょう。いったいなぜ、楽しんごさんの歌は口パクという噂が流れてしまったのでしょうか?楽しんごさんの歌の口パク疑惑の真相についてさらに迫ってみました。

歌が口パクと言われる理由は過去の動画?

楽しんごさんの歌が口パクだと言われてしまうのは、過去に動画として投稿されていたサラブライトマンさんやジブリの歌があまりにも上手すぎ、本来の楽しんごさんの声とまったく異なるという理由からだったようです。

ただ、こちらの動画では、お店に楽しんごさんが訪れ、生歌を披露している様子が紹介されています。この動画をご覧頂ければ分かるとおり、楽しんごさんは口パクではなく、自身の声で歌唱しているようです。ですので、楽しんごさんの口パク疑惑に関しては、デマだった可能性が高いと言えるでしょう。

楽しんごの歌を動画で検証

楽しんごさんの歌について、動画で検証してみましょう。楽しんごさんのサラブライトマンさんの歌やジブリの歌の歌唱はどのようなものなのでしょうか?楽しんごさんの歌の動画を紹介します。

歌唱動画①サラブライトマン「Time To Say Goodbye」

こちらは楽しんごさんが歌う「Time To Say Goodbye」です。「Time To Say Goodbye」はサラブライトマンさんが歌ったことで多くの人に知られるようになった名曲です。この曲はもともとはイタリア人歌手・アンドレア・ボチェッリさんのヒット曲でした。

ですので、原曲はイタリア語になります。楽しんごさんが歌っているのは英語バージョンのものです。この英語バージョンは、サラブライトマンさんが1996年にリリースし、全世界で1200万枚を売り上げました。楽しんごさんは見事なソプラノを披露した後、低い地声で「どうもありがとうございました」と言って観客を笑わせています。

サラブライトマン「Time To Say Goodbye」SINGO龍コラボ編動画

こちらの動画は先ほどの「Time To Say Goodbye」を、SINGOさんとコラボしたものです。SINGOさんは「龍師」ともよばれるスピリチュアル芸人として知られ、「しんご繋がり」でのコラボとなったのだとか。

2人のトークショーもありましたが、楽しんごさんが「Time to say good by」を歌う横でSINGOさんが「龍をおろす」という「龍の舞」を披露するコラボが好評だったようです。最後は楽しんごさんの持ちネタ「ドドスコ」と「ラブ注入」で締めていました。

歌唱動画②ジブリ曲『風のとおり道』

こちらはジブリ映画の名曲「風のとおり道」の動画です。「風のとおり道」はジブリ映画の名作「となりのトトロ」のイメージソングの1つとして知られています。「風のとおり道」はジブリの曲でお馴染みの久石譲さんが作曲し、宮崎駿さんが作詞を担当しました。

楽しんごさんは先ほどのサラブライトマンさんの歌とはまた雰囲気を変え、ジブリの名曲らしいふんわりとした雰囲気の声音で歌唱しています。この歌声を聞いたファンたちからは、ジブリの他の名曲も歌って欲しいという声が上がっていたようです。

歌唱動画③オペラ歌手並み?

こちらも楽しんごさんがサラブライトマンさんの「Time To Say Goodbye」を歌う動画です。実はこの動画の最初は口パクでした。これは演出のためなのかわざとだったようで、口パクがバレた後は楽しんごさんの生歌で「Time To Say Goodbye」を聴くことができます。

さらに途中で地声に近い野太い声で同じ曲を歌うという演出もあり、大盛況でした。この動画に登場する楽しんごさんはキャップ帽にTシャツというラフなスタイルですが、その発声はオペラ歌手並みの素晴らしさと評判だったようです。

歌唱動画④西野カナの曲編

楽しんごさんはクラシックのような曲ばかり歌っているのかと思われがちですが、実は最近のJ-POPの曲も披露しているのだそうです。それがこちらの動画になります。こちらの動画では、楽しんごさんが西野カナさんの「トリセツ」を歌唱しています。

楽しんごさんは他の動画のようにハイトーンボイスで歌っているのではなく、地声で「トリセツ」を歌唱。地声の楽しんごさんはソプラノで歌うときのような圧倒感はありませんが、親しみある歌声だと評判だったようです。

楽しんごが歌う曲の歌手について

楽しんごさんが歌って話題となった曲の歌手についても見ていきましょう。楽しんごさんが歌った曲で話題となった歌手といえば、サラブライトマンさんです。サラブライトマンさんと楽しんごさんの関係についても調べてみました。

サラブライトマンのプロフィール

まずはサラブライトマンさんのプロフィールから見ていきましょう。サラブライトマンさんは1960年8月14日生まれで現在の年齢は59歳、イギリス出身の歌手・ソプラノ歌手として知られています。

サラブライトマンさんはクラシックとポップスを融合させるという独自のスタイルが評価され、アメリカのビルボードチャートでクラシック音楽部門とダンス音楽部門で同時に1位を獲得したこともあるのだとか。この同時に1位というのは、サラブライトマンさんが唯一なのだそうです。

サラブライトマンさんは歌手としての顔の他に、ミュージカル女優としての顔も持っています。中でもサラブライトマンさんの出演作として有名なミュージカルは「キャッツ」です。サラブライトマンさんはオーディションでジェミマ役に抜擢されました。

他にもサラブライトマンさんはアンドルー・ロイド・ウェバーさんのミュージカルに多数出演。1984年にはアンドルー・ロイド・ウェバーさんと結婚しますが、1990年には離婚し、以後はミュージカルへの出演は減ったようです。

サラブライトマン版のジブリ曲「風のとおり道」動画も話題に

こちらはサラブライトマンさんが歌唱するジブリ曲「風のとおり道」の動画になります。サラブライトマンさんが歌唱すると、「風のとおり道」も少し雰囲気が異なって聞こえます。サラブライトンさんは少しつたない日本語で「風のとおり道」を歌唱していますが、とても美しい声を響かせています。

楽しんごとサラブライトマンの関係性は?

楽しんごさんは、これまでにも紹介してきたように、サラブライトマンさんの曲をたびたび歌唱しています。楽しんごさんとサラブライトマンさんの間には、何か仕事上の関係があるのでしょうか?

調べてみたところ、楽しんごさんとサラブライトマンさんはこれまでに共演などの経験はないようです。ですので、特に何か2人の間に関係があるということはないと見られています。

サラブライトマンと言えば楽しんごよりYOSHIKI?

サラブライトマンさんといえば、これまでに日本の紅白歌合戦に2度出演しています。最近では2018年にyoshikiさんとのコラボで「Miracle」を歌唱したことも耳に新しいでしょう。この「Miracle」という曲はyoshikiさんが作詞作曲を手がけた曲で、yoshikiさんはサラブライトマンさんのワールドツアーにも出演しています。

楽しんごはプロ並みに歌が上手い!

楽しんごさんの歌が上手いという噂について検証してきました。楽しんごさんの歌はさまざまな動画がネットに投稿されており、まるでオペラ歌手並みの歌唱力と評判になっているようです。

楽しんごさんは現在、オペラのボイトレにも通っているということですので、今後もさらにさまざまな曲で美声を響かせてくれることでしょう。楽しんごさんの歌での活躍にも期待が高まっています!

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
春日つぼね

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ