辰吉丈一郎の歴代愛車一覧!車種は?現在の車も調査

プロボクサー・辰吉丈一郎さんの愛車が話題となっているようです。辰吉丈一郎さんの愛車の車種は判明しているのでしょうか?また、歴代愛車についても気になるところです。辰吉丈一郎さんの愛車の車種や歴代の愛車、現在の愛車について紹介します。

辰吉丈一郎の歴代愛車一覧!車種は?現在の車も調査のイメージ

目次

  1. 1辰吉丈一郎(ボクシング)のプロフィール
  2. 2辰吉丈一郎の歴代愛車一覧【車種】
  3. 3辰吉丈一郎の現在の愛車も調査
  4. 4辰吉丈一郎と同じレクサス車を所有の有名人
  5. 5辰吉丈一郎の車に関する世間での評判
  6. 6辰吉丈一郎の歴代愛車はレクサスで現在はLS600hL

辰吉丈一郎(ボクシング)のプロフィール

・愛称:浪花のジョー
・本名:辰吉丈一郎
・生年月日:1970年5月15日
・年齢:50歳(2020年11月現在)
・出身地:岡山県倉敷市
・血液型:B型
・身長:164cm
・体重:???
・活動内容:プロボクサー
・所属グループ:大阪帝拳ジム
・事務所:株式会社トリックスター
・家族構成:妻(辰吉るみ)、長男、次男

辰吉丈一郎のボクシング経歴

辰吉丈一郎さんの歴代愛車や車種について紹介する前に、まずはこれまでのボクシング経歴を見ていきましょう。辰吉丈一郎さんは生後まもなく両親が離婚し、その後は父親の手で育てられました。辰吉丈一郎さんの父親はボクシングファンだったということもあり、幼少期からボクシングを仕込まれたのだそうです。

辰吉丈一郎さんは中学校を卒業後は高校に進学せず、大阪帝拳ジムに入門。当初はうどん屋やかまぼこ屋でアルバイトをしながらボクシングのトレーニングに励んでいたのだそうです。1987年に辰吉丈一郎さんは、全日本社会人選手権バンタム級で優勝します。この時の年齢は17歳でした。

アマチュアボクサーとしてその才能を高く評価された辰吉丈一郎さんは、1989年にプロデビューします。プロデビュー戦の対戦相手は韓国のランカー崔相勉さんで、2回KO勝ちという結果でした。辰吉丈一郎さんは国内のランカーにもオファーを出していたものの、前評判が高すぎたため、すべて断られてしまったのだそうです。

1990年には日本王座に初挑戦します。辰吉丈一郎さんは日本バンタム級王者岡部繁さんとの試合で王座獲得に成功。翌年の1991年にはWBC世界バンタム級王者グレグ・リチャードソンさんに挑み、世界へ初挑戦します。試合の結果、辰吉丈一郎さんは世界王座奪取に成功しました。

1992年には初防衛戦で世界王座のタイトルを奪われてしまいますが、1993年にWBC世界バンタム級王座決定戦としてビクトル・ラバナレスさんと対戦。フルラウンドの激戦となりましたが、辰吉丈一郎さんが僅差で勝利を収めます。ただ、その後に辰吉丈一郎さんは網膜剥離を患い、引退の危機に追い込まれました。

網膜剥離の手術を終えた辰吉丈一郎さんは、ハワイで復帰戦を行います。WBC世界バンタム級14位のホセフィノ・スアレスさんと対戦し、見事にKO勝ちを収めました。1994年にはWBC世界バンタム級正規王者の薬師寺保栄さんと対戦しますが、フルラウンドの末判定負けとなってしまい、辰吉丈一郎さんは再び引退の危機に陥ります。

辰吉丈一郎さんは1997年にWBC世界同級王者のシリモンコン・ナコントンパークビューさんと対戦し、5年ぶりの王者返り咲きを果たします。その後は2度の防衛に成功しますが、1999年の3度目の防衛戦で3度目の世界王座陥落となり、1999年に現役からの引退を表明しました。

その後、2002年に辰吉丈一郎さんは現役に復帰します。復帰戦で勝利はしたものの長いブランクが続き、大阪帝拳ジムからも試合を組む予定がないことを宣告されました。ただ、辰吉丈一郎さんは現役にこだわり続け、2020年11月現在も引退宣言はしておらず、トレーニングを欠かさず続けているそうです。

Thumb辰吉丈一郎の現在は病気?パンチドランカーって?収入や車も調査!
浪花のジョーの愛称で親しまれる辰吉丈一郎さんですが、現在は病気の噂があるそうです。パンチドラ...

辰吉丈一郎の歴代愛車一覧【車種】

辰吉丈一郎さんの歴代愛車を見ていきましょう。辰吉丈一郎さんのこれまでの愛車はどのような車種の車なのでしょうか?辰吉丈一郎さんの歴代愛車を一覧で紹介します。

辰吉丈一郎の愛車はレクサス

辰吉丈一郎さんの歴代愛車としては、レクサスの名前があがっているようです。レクサスはトヨタ自動車が展開しているブランドのことで、高級車ブランドとして知られています。芸能人にもファンの多いブランドだと言われているようです。

レクサスとは

辰吉丈一郎さんの歴代愛車・レクサスについてもう少し詳しく紹介しましょう。レクサスはトヨタ自動車が販売していますが、北米で1989年から開発された車だそうです。日本では2005年から展開が開始されました。レクサスはベンツやBMWのような品質と安全性を追求し、なおかつリーズナブルな価格を実現した高級車とのこと。

レクサスは5年間にも及ぶ開発期間を経て発売されたのだそうです。当時、日本車は高級車というイメージから遠かったものの、レクサスの参入でそれが変わってきました。現在では、レクサスはトヨタブランドの高級車として認知されています。

歴代愛車①レクサス「LS400」

辰吉丈一郎さんの歴代愛車について、もう少し細かく見ていきましょう。辰吉丈一郎さんの歴代愛車はレクサスの車種の中でも「LS400」というものだそうです。レクサスには、セダン、ハッチバック、SUV、ミニバンの5種類の車種があるとのこと。

レクサスは全世界に向けて展開されているブランドでもありますので、車種はその国の特性に応じたものを販売しているのだそうです。レクサスの一部のSUV車は日本では未発売となっています。逆に、日本以外では販売を行わない日本の専売車種というのも存在しているようです。

レクサス「LS400」はどんな車種?

辰吉丈一郎さんの愛車の車種であるレクサス「LS400」についてもう少し詳しく見ていきましょう。レクサス「LS400」はレクサスのフラッグシップセダンとして販売されている車種です。日本では1989年に「トヨタ・セルシオ」として発売されました。

レクサス「LS400」は「初代 XF10型」とも呼ばれており、レクサスブランドの最初のモデルなのだそうです。レクサス「LS400」は発売と同時にアメリカで大人気となり、フォルクスワーゲンなどがアメリカに進出するきっかけとなった車でもあると言われています。

歴代愛車②レクサス「LS600hL」

辰吉丈一郎さんの歴代愛車の車種をさらに見ていきましょう。レクサス「LS400」の次に辰吉丈一郎さんの愛車となったのが、レクサス「LS600hL」なのだそうです。レクサス「LS600hL」もレクサス「LS」シリーズの車で、高級車であるとのこと。

車好きの人の中には、同じブランドにこだわり続ける人がいますが、辰吉丈一郎さんもその1人のようです。レクサス「LS600hL」は「LS」シリーズの4代目モデルとして2007年に発売されました。

レクサス「LS600hL」はどんな車種?

辰吉丈一郎さんの歴代愛車の1つであるレクサス「LS600hL」はどのような車種なのか、もう少し詳しく見ていきましょう。レクサス「LS600hL」はレクサスシリーズで初めてハイブリッド仕様となった車なのだそうです。発売当時は日本車の最高価格車だったとのこと。

レクサス「LS600hL」は、ロングホイールベース車としてデザインにもこだわりがある車種のようです。レクサス「LS600hL」の発売当初の本体価格は1330万円で、リヤセパレートシート仕様は1510万円でした。

辰吉丈一郎の現在の愛車も調査

辰吉丈一郎さんの現在の愛車についても見ていきましょう。歴代愛車はレクサスだったようですが、現在の愛車はどのような車なのでしょうか?辰吉丈一郎さんの現在の愛車について調べてみました。

現在の愛車もレクサス「LS600hL」

調べてみたところ、辰吉丈一郎さんの現在の愛車もレクサス「LS600hL」とのことでした。辰吉丈一郎さんは愛車を大切にするタイプの人のようです。辰吉丈一郎さんは、長いドライブの際には愛車の疲れを気にするなど、とても愛着を持ってレクサス「LS600hL」に乗っているとのこと。

前の愛車であるレクサス「LS400」も、かなり長い期間利用した後に乗り換えていますので、レクサス「LS600hL」に関しても、よほどのことがない限りは乗り続けるのではないかと見られています。

愛車は「Joe」のロゴ入りカスタム車

実は辰吉丈一郎さんの愛車のレクサスは、「Joe」のロゴ入りのカスタム車であることが知られています。フロンドグリルに辰吉丈一郎さんの愛称である「Joe」のロゴとオリジナルエンブレムが装着されているとのこと。

このため、辰吉丈一郎さんのレクサスは誰が見てもすぐに分かるのだそうです。SNSなどでも辰吉丈一郎さんの愛車の目撃情報が頻繁に書き込まれており、写真付きで紹介しているものもあります。世界に1つしかない辰吉丈一郎さんのオリジナルレクサスと言えるでしょう。

現在の愛車には名言も刻まれている

辰吉丈一郎さんの現在の愛車・レクサス「LS600hL」には名言も刻まれているのだそうです。その名言は英語のもので、辰吉丈一郎さん自身の名言とのこと。この名言は、愛車の内装の肘掛けの部分に刻まれているのだそうです。その名言が下記のものになります。

Joe try and try again with his fans and family,to become the world champion.
Joe is never gonna stop for our dream,and we believe Joe is real champion.

この名言は、辰吉丈一郎さんが自身を奮い立たせるためのもので、「ファンと家族のために、ワールドチャンピオンに何度でも挑戦せよ」という意味があるそうです。

また、「ジョーは真のチャンピオンだと(ファンたちは)信じている」という意味の言葉もあるとのこと。辰吉丈一郎さんが愛車を大切にするのは、こうしたオリジナルのカスタマイズがされていることも理由なのかもしれません。

辰吉丈一郎と同じレクサス車を所有の有名人

辰吉丈一郎さんの愛車と同じレクサスを所有している有名人についても見ていきましょう。レクサスは人気車ということもあり、有名人たちにも愛車にしている人が多いようです。レクサス車を所有する有名人について調べてみました。

レクサス車を所有の有名人①松本人志

レクサスを所有している有名人としては、ダウンタウンの松本人志さんがいるようです。松本人志さんは辰吉丈一郎さんのように、「愛車はレクサス一筋」というわけではなく、歴代愛車のうちの1台がレクサスだったとのこと。

松本人志さんがレクサスを所有していたのは2010年頃のことだったようで、週刊誌「フライデー」に愛車に乗り込む写真が掲載されたことから判明しました。松本人志さんはレクサスの他にも、シボレーの「カマロ」やスズキの「セルボ」、メルセデスの「マイバッハ」などに乗っていたことがあるそうです。

レクサス車を所有の有名人②石橋貴明

レクサスを所有している芸能人としては、とんねるずの石橋貴明さんもいるようです。石橋貴明さんも、「レクサス一筋」ではないようですが、愛車のうちの1台がレクサスだったとのこと。

石橋貴明さんの愛車はレクサスの「LS600hL」で、辰吉丈一郎さんと同じ車種です。石橋貴明さんの最新の愛車情報がレクサス「LS600hL」ですので、おそらく現在も同じ車に乗っているのではないかと考えられます。

レクサス車を所有の有名人③マツコ・デラックス

マツコ・デラックスさんも愛車がレクサスであることが知られています。マツコ・デラックスさんといえば、身体がとても大きいことで有名です。そんなマツコ・デラックスさんの愛車には多くの人が注目していました。

マツコ・デラックスさんはテレビ番組で、愛車としてレクサスを購入したことを告白していたとのこと。マツコ・デラックスさんは、本当は「ソアラ3000GTリミテッド」が欲しかったそうです。しかし、当時はすでに販売されておらず、雰囲気の似ているレクサスを購入したと語っていました。

レクサス車を所有の有名人④藤原竜也

レクサスを愛車にしている芸能人としては、藤原竜也さんもいるそうです。藤原竜也さんはレクサスのSUV車であるレクサス「RX450」を所有しているとのこと。このレクサス「RX450」は高級SUV車の先駆けとも言える車種なのだそうです。

辰吉丈一郎の車に関する世間での評判

辰吉丈一郎さんの車に関する世間の評判についても見ていきましょう。辰吉丈一郎さんの車について、世間ではどのような評判があるのでしょうか?辰吉丈一郎さんの車に関する世間での評判について調べてみました。

世間での評判①

辰吉丈一郎さんの愛車はオリジナルのカスタマイズをされているということもあり、ネット上での目撃情報が非常に多いようです。「Joeのエンブレムがかっこいいと思って運転席を見ると辰吉丈一郎さんが運転していた」という目撃情報も複数ありました。

世間での評判②

辰吉丈一郎さんは大阪を拠点に活動していますので、愛車も大阪での目撃情報が多いようです。中には辰吉丈一郎さんが愛車でタコヤキを買いに来ているのを目撃した人もいるとのこと。他にも、スーパーに辰吉丈一郎さんの車が止まっていたという目撃情報などもありました。

世間での評判③

辰吉丈一郎さんが愛車のレクサスをとても大切に乗っているというエピソードは、多くの人が知っているようです。そのため、辰吉丈一郎さんを思い出すと、「自分も車を大切にしよう」と考える人もいるとのこと。辰吉丈一郎さんにとって、愛車はまさに「相棒」とも呼べる存在なのかもしれません。

辰吉丈一郎の歴代愛車はレクサスで現在はLS600hL

辰吉丈一郎さんの歴代愛車について紹介してきました。辰吉丈一郎さんはトヨタ自動車のレクサス一筋のようで、現在は「LS600hL」を所有しているとのこと。この愛車にはオリジナルのカスタマイズが施され、辰吉丈一郎さんの地元大阪では多数の目撃情報があります。今後の辰吉丈一郎さんの愛車情報にも注目していきましょう!

関連するまとめ

関連するキーワード

Missing
この記事のライター
春日つぼね

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ