田山恒彦(坂口杏里の父)の現在!坂口良子との結婚や離婚の詳細!借金がすごい?

田山恒彦は坂口杏里の父親であり、女優の坂口良子の元夫としても知られています。不動産会社の経営者でしたが40億円を超える莫大な借金が原因で離婚したとされています。結婚や離婚に至る背景は何だったのでしょうか。闘病中とされる田山恒彦の現在までを追いかけました。

田山恒彦(坂口杏里の父)の現在!坂口良子との結婚や離婚の詳細!借金がすごい?のイメージ

目次

  1. 1田山恒彦のプロフィール
  2. 2田山恒彦の現在
  3. 3田山恒彦と坂口良子の結婚と新婚生活
  4. 4田山恒彦と坂口良子の離婚の原因は?
  5. 5田山恒彦は借金の金額が凄い?
  6. 6田山恒彦は現在がんを患っていた

田山恒彦のプロフィール

・愛称:不明
・本名:田山恒彦
・生年月日:1936年
・年齢:83歳
・出身地:不明
・血液型:不明
・身長:178cm(結婚当時)
・体重:68kg(結婚当時)
・活動内容:ゴルフ場経営や都市開発を手がける本州興発の常務、その後ヤシマ産業代表
・家族構成:坂口良子(元妻:女優)、坂口直彦(息子:医師)、坂口杏里(娘:芸能人)

田山恒彦の経歴

田山恒彦は、バブル期に不動産王とも呼ばれた実業家です。女優の坂口良子の元夫であり、芸能人である坂口杏里の父親としても知られています。坂口良子と結婚した当時、田山恒彦はゴルフ場経営や都市開発を事業とする本州興発の常務でした。

坂口良子と田山恒彦の結婚は、アイドル的な人気をもつ女優と成功実業家の結婚ということで、大きな話題となりました。また芸能人との交際も報じられていた人気女優が、40代後半でバツ2の子持ちを結婚相手に選んだという側面にも注目が向かいました。

田山恒彦は本州興発を退職後、同じく不動産を手がけるヤシマ産業を起業します。「地上げの神様」として新宿ゴールデン街の地上げでも有名になりますが、バブル経済の崩壊により倒産します。多額の借金を原因に離婚をすることになりますが、田山恒彦は坂口良子に借金の責任を押し付けるかたちで逃亡してしまいます。

それからずっと音信不通状態だった田山恒彦ですが、そんな田山恒彦の現在を明らかにしたのは、娘である坂口杏里のブログがきっかけでした。田山恒彦の現在を追ってみましょう。

Thumb坂口杏里は兄や父と絶縁状態?坂口杏里の兄の職業は医者で事件にも言及?
2017年に事件を起こして逮捕された坂口杏里さんが、父や兄と絶縁状態にあると言われています。...

田山恒彦の現在

バブル崩壊によって不動産事業に失敗した田山恒彦ですが、40億円とも言われる膨大な借金を前にして逃亡してしまいます。許可をとることなく勝手に坂口良子を連帯保証人にし、責任をなすりつけるかたちでいなくなってしまったのです。

坂口良子の実印を持ち出したり、坂口良子が所有する不動産を無断で担保に入れるということまであったようです。自分が経営していた会社の倒産の責任を坂口良子に負わせるかたちになった田山恒彦ですが、現在はどうしているのでしょうか。

現在は病気で入院中?

会社の倒産後、田山恒彦は坂口良子と離婚します。その後、借金を残したままで逃亡したとされているわけですが、音信不通だった田山恒彦の現在をメディアに知らしめたきっかけは、娘である坂口杏里のブログでした。

2015年12月15日付のブログで、坂口杏里は「癌」と題する記事を書いています。実の父親である田山恒彦が入院をしているとの知らせが事務所に入り、悩みに悩んで病院を訪問したことが記されています。坂口杏里は母である坂口良子をがんで失っていますが、実の父もまたがんに見舞われていたのです。

田山恒彦の患った病気はがん

田山恒彦の病気は「がん」です。80代という高齢でがんと闘っているわけですが、田山恒彦は最初の妻をがんで亡くしています。また3人目の妻である坂口良子は大腸がん(横行結腸がん)と肺炎を併発するかたちで亡くなっているため、同じくがんに見舞われたことになります。

1人目の妻だけでなく3人目の妻もがんで亡くした田山恒彦にとって、がんには特別な思い入れがあるはずです。自らもまたがんに襲われるかたちとなったことについて、田山恒彦は現在どのような心境にあるのでしょうか。

坂口杏里が20年ぶりに父と再会

坂口杏里のブログでは、がんで闘病中の父と20年ぶりに再会したことが感動をもって記されています。坂口杏里にとって、父である田山恒彦は母である坂口良子を借金等で苦しめた存在です。許せないという気持ちもあったに違いありません。

しかしその一方で、両親である田山恒彦と坂口良子が離婚をしたのは坂口杏里が3歳の時でした。まだ3歳という坂口杏里にとって、当時の記憶がどの程度残っているのかはわかりません。実の父に会ってみたいという思いも心のどこかにあったのかもしれません。

ブログの中では「変わり果てたお父さん」が「ママと同じ」と表現し、病室での父の様子が坂口良子のがんと重なって見えたことや、涙を流しながら手を握ったこと、「産んでくれてありがとう」を伝えたことなどが綴られています。

田山恒彦は坂口良子を苦しめるかたちで逃亡したとされています。子どもたちに会いたいとの気持ちがありつつも、顔見せできない思いもあったことでしょう。

80代という高齢の中で闘病する中、坂口杏里だけでなく田山恒彦の側にも複雑な思いがあったのではないでしょうか。娘との20年ぶりの再会に、田山恒彦は何を思ったのでしょうか。

Thumb【なぜ?】坂口杏里の芸能界からAVへの転落や小峠との破局・借金まとめ
タレントや女優として活躍していた坂口杏里さんが、芸能界からAVの世界へ入ったことは有名です。...

田山恒彦と坂口良子の結婚と新婚生活

アイドルとして、また女優として人気絶頂であった坂口良子は、19歳も年の離れた実業家と結婚をします。メディアでも注目を浴びましたが、田山恒彦と坂口良子の結婚の背景はどのようなものだったのでしょうか。また2人の新婚生活の様子も調べてみました。

1986年に女優坂口良子と結婚

田山恒彦と坂口良子が婚約の会見を行ったのは1986年5月24日のことです。アイドル的な人気をもち、芸能人との交際も報じられてきた坂口良子でしたが、30歳だった坂口良子が結婚相手に選んだのは、49歳にもなるバツ2の不動産実業家でした。

思わぬ組み合わせということもあって、田山恒彦と坂口良子の結婚はメディアでも大きく取り上げられました。

その後の1986年11月7日、田山恒彦は坂口良子とシンガポールでツアーを組んで結婚式を挙げています。田山恒彦が50歳を迎える直前のことでした。

出会いのきっかけは知人の紹介

田山恒彦と坂口良子の出会いは、1984年12月にさかのぼります。きっかけとなったのは、熱海の温泉にあるカラオケスナックで、本州興発の社長が常務である田山恒彦を紹介したことでした。

その1年後である1985年のクリスマスに、田山恒彦は坂口良子をディナーショーに誘います。坂口良子が田山恒彦との結婚を意識し始めたのもその頃だと言われています。

これをきっかけに交際が加速するようになったようで、半年後の1986年5月24日には婚約会見を開くことになります。

新婚生活は大所帯で始まった

結婚後、2人だけの甘い新婚生活が始まるかと思いきや、田山恒彦と坂口良子の結婚生活は大所帯で始まりました。

すでにバツ2だった田山恒彦には、前妻との間に19歳になる娘がいました。また、84歳になる田山恒彦の父親や坂口良子の母親も同居するかたちとなりました。

結婚早々、5人の大人が同居する生活がスタートしたわけですが、間もなくして子供にも恵まれることになります。

1989年には長男である坂口直彦が生まれ、1991年には長女である坂口杏里が生まれます。まさに大所帯での生活だったわけです。

田山恒彦と坂口良子の離婚の原因は?

田山恒彦と坂口良子は1994年4月に離婚をします。1986年11月に結婚式を挙げたばかりなので、わずか7年半の結婚生活だったことになります。2人の子供にも恵まれて、実に円満で幸せな家庭が営まれていたわけですが、2人の離婚の背景には何があったのでしょうか。

1994年に田山恒彦とは離婚

婚約に際して会見を開いた田山恒彦と坂口良子ですが、離婚の際にも会見を開いています。1994年4月28日のことでした。長男は5歳、長女である坂口杏里はまだ3歳という時期です。まだ幼いばかりの2人の親権は坂口良子が引き取ることになりました。

また、坂口良子の側には慰謝料を請求する意志が無いことも、会見の中で明らかになりました。しかし慰謝料を請求したくても請求できない事情もありました。

成功実業家と人気女優の結婚で、子供にも恵まれた幸せな家庭だったはずですが、離婚の理由は何だったのでしょうか。離婚の背景を見ていくことにしましょう。

離婚原因は田山恒彦の金銭問題

離婚の引き金を引いたのは、バブルの崩壊でした。不動産事業を営んでいた田山恒彦の会社が倒産し、多額の借金を背負うことになったのです。

バブル当時は「不動産王」「地上げの神様」ともてはやされた田山恒彦でしたが、バブル崩壊に直面して1994年4月には倒産状態となります。

この過程で、田山恒彦が坂口良子のマンションを担保に無断で借金をしていたり、実印を持ち出したりしていたこと、坂口良子に許可をとることなく連帯保証人にしていたことも判明します。

また坂口良子名義の住宅が差し押さえになる等の出来事もあって、坂口良子は田山恒彦に対して不信感を募らせていきます。こうしたことが積み重なった結果、2人は離婚を選択することになったとされています。

結婚前の資産も借金で全てなくなる

この多額の借金が原因で、坂口良子が結婚前から持っていた資産も全てなくなってしまったと言われています。坂口良子は会社の経営にタッチしていませんでした。また多額の借金で苦しんでいることも坂口良子は知らなかったとされています。

ところが、坂口良子は勝手に保証人にされていました。所有する不動産が無断で担保に入れられて差し押さえにあうなどして、結婚前から所有していた資産まで借金でなくなっていったようです。

アイドルや女優として活躍をしていた坂口良子でしたが、田山恒彦の倒産によって、全てを失ってしまったのです。

田山恒彦は借金の金額が凄い?

結婚前の資産まで借金で全てなくなってしまったとされる坂口良子ですが、田山恒彦がつくった膨大な借金とはどれくらいの金額だったのでしょうか。

不動産王として知られていた存在だけに、その借金の額も相当大きな数字が予想されます。当時の報道や記事を調べてみました。

借金は総額40億円以上?

田山恒彦がかかえていた借金の明細や詳細の金額は明らかになっていません。しかし当時の報道を見てみると、40億円以上にも上るとの内容もありました。新宿ゴールデン街の地上げでも有名で、結婚翌年の税務調査では数億円とも言われる多額の申告漏れが指摘されたことでも話題になりました。まさにカネに困ることのない成功者だったとも言えます。

不動産の売買には多額の資金が必要とされますが、一定の担保や信用力がなければ資金を調達することはできません。これほどの金額の借金があるということは、逆にそれだけ田山恒彦がやり手の不動産ブローカーでもあったことを裏付けているとも言えそうです。

借金を坂口良子に押し付けて逃亡

これだけ多額の借金を残して倒産したわけですが、田山恒彦はどう片付けたのでしょうか。信じがたいことですが、田山恒彦は連帯保証人である坂口良子に責任を押し付けるかたちで逃亡してしまったと言われています。もちろん田山恒彦が返済を担った部分はあるでしょうが、明細は明らかではありません。

倒産によって坂口良子が担うことになった借金の金額は不明ですが、多額であったことは間違いないでしょう。1999年頃から事実婚状態にあったプロゴルファーの尾崎健夫(ジャンボ尾崎の弟)に支えられながら、約10年間をかけて完済したとされています。

借金40億円は実はデマ情報との噂も

一方で「借金が40億円を超える」という報道はデマ情報であるとの指摘もされています。借金の総額が膨大なものであることは間違いありませんが、あくまでも田山恒彦が経営する会社の負債であり、田山恒彦個人の借金の総額ではありません。

また金額の詳細や明細も明らかになっていません。当時の週刊誌の報道によれば、田山恒彦のコメントとして「25億円相当の土地をもっており、それを売却すれば85%は返済が可能」との記述があるようです。これが事実であれば、30億円前後という計算になります。

田山恒彦は現在がんを患っていた

バブル期に不動産王と呼ばれた田山恒彦ですが、会社の倒産後は坂口良子に押し付けられた借金だけが話題となり、その後の状況は不明のままでした。音信不通だった田山恒彦の現在を伝えるきっかけとなったのは、娘である坂口杏里が2015年12月に書いたブログです。

1994年に離婚して離れ離れになって以来、坂口杏里は実に約20年ぶりに父親と再会します。80代という高齢を迎える現在、田山恒彦はがんで闘病中であることが明らかとなりました。坂口杏里は事務所からの連絡で父親の入院を知ったわけですが、事務所が父親の情報をつかんだのは田山恒彦本人からの直接の連絡だったとされています。

田山恒彦はバブル崩壊で40億円とも言われる莫大な借金を残します。金銭問題が原因で坂口良子と離婚をしたわけですが、借金を押し付けた罪の意識があったのかもしれません。また、高齢の中でがんと闘う中、最後に家族と会っておきたいとの思いもあったのでしょう。

その後もメディアで話題となる娘の坂口杏里ですが、複雑な心境の中で20年ぶりの再会を果たしたことも話題となりました。今の自分がいるのはお父さんとお母さんが私を生んでくれたおかげだという心境になっているそうです。金銭問題で離れ離れになった家族ですが、最後は幸せな人生となることを祈るばかりです。

関連するまとめ

関連するキーワード

Missing
この記事のライター
渡邉 裕晃

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ