【東京喰種】真戸暁まとめ!亜門とのその後や生い立ちは?能力なども紹介

漫画やアニメが人気の東京喰種に登場するキャラ・真戸暁ことアキラの能力や父などの家族、生い立ちについて調査しました。また、上司だった亜門鋼太朗との関係はどのようなものだったのでしょうか?アニメ・東京喰種でのアキラ役の声優についても併せて紹介します。

【東京喰種】真戸暁まとめ!亜門とのその後や生い立ちは?能力なども紹介のイメージ

目次

  1. 1【東京喰種】アキラ(真戸暁)とは
  2. 2東京喰種のアキラはどんなキャラ?
  3. 3東京喰種のアキラと亜門鋼太朗のその後
  4. 4東京喰種のアキラの生い立ち
  5. 5東京喰種のアキラの能力
  6. 6東京喰種のアキラの父やハイセなどとの関係
  7. 7東京喰種のアキラは真戸呉緒を父に持ち壮絶な生い立ちのキャラ

【東京喰種】アキラ(真戸暁)とは

アキラこと真戸暁は、東京喰種に登場するキャラです。アキラは「喰種対策局(CCG)」に所属する喰種捜査官で、父も母も喰種捜査官でした。アキラの父や母、さらに生い立ちについては後ほど詳しく紹介します。

アキラは東京喰種の物語の比較的初期から登場し、最終章である「東京喰種:re」でも活躍を見せました。この記事では、アキラの能力や家族、さらには亜門鋼太朗との恋についても迫っていきます。

アニメ「東京喰種」の概要

アニメ・東京喰種は、石田スイさんの描かれた漫画が原作となっています。原作の漫画はタイトルを変えつつ2011年から2018年まで週間ヤングジャンプで連載されていました。アニメ版の東京喰種が放送開始されたのは2014年のことです。

アニメ・東京喰種は全部で3期放送されています。1期は「東京喰種」、2期がオリジナルストーリーも展開される「東京喰種トーキョーグール√A」、3期は「東京喰種:re」となっており、この「東京喰種:re」でアニメも漫画も完結しているようです。

アニメ・東京喰種は声優の豪華さも話題になっています。アキラの声優については後ほど紹介しますが、主役の金木研を演じるのは人気声優の花江夏樹さんです。他にも、花澤香菜さんや梶裕貴さん、櫻井孝宏さん、下野紘さんなど、他のアニメ作品で主役を演じる実力のある声優が第集結しています。

また、アニメ2期の「東京喰種トーキョーグール√A」はアニメ版のオリジナルストーリーとなっていて、原作者の石田スイさんがストーリーの原案に携わっているのだとか。漫画版とは異なるストーリーは原作ファンにとっても嬉しいことだったようです。

アニメ・東京喰種を制作しているのは「BLEACH」や「キングダム」、「NARUTO」、「うる星やつら」などでお馴染みのstudioぴえろです。studioぴえろのアニメーションは安定したクオリティがあるということでアニメファンにも定評があります。

東京喰種はOVAも制作されていますが、このアニメーションもstudioぴえろの制作です。OVAはスピンオフコミックを原作としたもので、2015年に「東京喰種トーキョーグール【JACK】」というタイトルで発売されました。

東京喰種のアキラはどんなキャラ?

東京喰種に登場するキレイ系キャラの1人でもあるアキラですが、どのようなキャラなのでしょうか?アキラは東京喰種の物語の中でどのように描かれているのでしょう?東京喰種・アキラのキャラについて調べてみました。アニメ版でアキラを担当する声優についても併せて紹介します。

アキラ(真戸暁)のプロフィール

アキラは6月6日生まれのふたご座で血液型はA型と公表されています。喰種捜査官を育成するアカデミーを首席で卒業したということもあり、その能力もかなり優秀と言えるでしょう。アキラには敬語は「時間と体力の浪費」という考えがあるために、周囲からは居丈高に見られてしまうこともあるようです。

ただ、体重を気にするといった年頃の女性らしい一面があったり、お酒に弱いというところも、読者などから見ると「可愛い」と思えてしまうようで、可愛げのないキャラでありながら「可愛い」と人気を集めています。

アキラはCCG本部二等捜査官

喰種捜査官を育成するアカデミーを卒業後、アキラはCCGに所属します。東京喰種に初登場時のアキラの地位は本部の二等捜査官で、有馬班に所属してました。後にアキラは20区に配属され、亜門鋼太朗のパートナーとなります。

喰種捜査官としてのアキラは、たとえ自身の上位の捜査官であっても対等に接し、態度を改めたりはしません。また、アキラは勘が鋭いということもあり、捜査官としての能力は優れていると評価されているようです。

趣味はクインケ作り

アキラの趣味についても調べてみたのですが、あまり女性らしい趣味はないようです。アキラが趣味としてあげているのは、謎解きとクインケ作りなのだとか。どちらも仕事に関わるようなものなので、アキラは仕事が趣味というような一面があるのかもしれません。

アキラのクインケ作りは本格的で、クインケの開発局にも出入りしているため、知識も豊富です。アキラのクインケ作りは素人の趣味の域を超え、研究者からも絶賛されています。

クインケって何?

クインケというのは、喰種捜査官が使用する武器のことです。喰種は高い戦闘能力を誇りますので、通常の武器では対抗できないこともあります。そこで開発されたのがクインケで、電気信号を送り込むことでその形状がまるで喰種の赫子のように変化するのだとか。

クインケの製造に関する過程はすべて極秘になっているため、アキラが独学でクインケ作りをするまでになったのは異例中の異例とも言えるでしょう。喰種には通常の銃弾などが通用しませんが、クインケなら喰種の肉体を切断することも可能です。

アニメ「東京喰種」真戸暁の声優は瀬戸麻沙美

アニメ・東京喰種でのアキラの声優についても見ていきましょう。アニメでアキラのボイスを担当する声優は瀬戸麻沙美さんです。瀬戸麻沙美さんの声質は透明感があると言われており、どのようなキャラでも演じ分ける声優として定評があります。

東京喰種の中でもアキラは人気キャラでしたので、アニメ化が発表された時にはその声優にも注目が集まりました。瀬戸麻沙美さんのアキラのボイスの評判は原作ファンにも絶賛されるほどで、イメージにぴったりという意見が多いようです。

瀬戸麻沙美の声優プロフィール

アニメ・東京喰種でアキラのボイスを担当する声優・瀬戸麻沙美さんのプロフィールについても見ていきましょう。瀬戸麻沙美さんは1993年4月2日生まれで現在の年齢は26歳、埼玉県出身です。事務所は声優事務所のシグマ・セブンに所属しています。

瀬戸麻沙美さんが声優を目指そうと考えたきっかけは、中学生の時に見たアニメ「D.Gray-man」だったのだとか。この作品で主人公に魅せられた瀬戸麻沙美さんは、キャラクターのボイスを担当している声優にも注目したのだそうです。そして、自身も声優を目指そうと考えました。

瀬戸麻沙美さんは高校生の時に、現在所属する事務所のオーディションに合格し、2010年から声優としての活動をスタートさせました。この2010年に瀬戸麻沙美さんはテレビアニメ「放浪息子」の高槻よしの役に抜擢され、声優デビューを果たします。

瀬戸麻沙美さんにはさまざまな特技があるようで、高校時代には新体操部に所属していました。また、趣味としてピアノや歌などもあげており、漢検3級の取得も公表しています。

瀬戸麻沙美の東京喰種以外の声優出演アニメ

瀬戸麻沙美さんの東京喰種以外の出演アニメについても見ていきましょう。瀬戸麻沙美さんの代表作とも言えるのが「ちはやふる」の主人公・綾瀬千早役でしょう。瀬戸麻沙美さんはこの作品でエンディング曲の歌唱も担当されています。

他にも瀬戸麻沙美さんは「マクロスΔ」のミラージュ・ファリーナ・ジーナス役や「刀使ノ巫女」の折神紫役、「すのはら荘の管理人さん」の月見里菫役などを演じていました。

Thumb【東京喰種】映画の評判は?キャストとその役や続編の噂も調査
映画「東京喰種」は石田スイ原作の漫画を映画化したものです。人気漫画だけに映画版のキャストがど...

東京喰種のアキラと亜門鋼太朗のその後

東京喰種の物語の中で、アキラと亜門鋼太朗の関係が気になるという人も多いでしょう。アキラと亜門鋼太朗は恋人同士だったのでしょうか?アキラと亜門鋼太朗の関係と「東京喰種:re」で描かれたその後について調べてみました。

亜門鋼太朗はCCG本局所属の喰種捜査官

まずは亜門鋼太朗のプロフィールから見ていきましょう。亜門鋼太朗はアキラと同じ喰種捜査官でした。ただ、亜門鋼太朗は上等捜査官でしたのでアキラの上司ということになります。アキラが20区を担当することになると、2人はパートナーとして喰種対策に当たることになりました。

亜門鋼太朗もアキラと同じでアカデミーを首席で卒業しています。亜門鋼太朗の趣味はトレーニングで好きなものは甘味なのだとか。甘味の中でも特にドーナツを好んで食べていたようです。

アキラと亜門鋼太朗は恋愛関係?

アキラと亜門鋼太朗の関係は上司と部下というだけでなかったようです。アキラは亜門鋼太朗に対して恋愛感情を抱いていました。ただ、2人がCCGで上司と部下の関係だったときには亜門鋼太朗の気持ちはよく分からない状態だったようです。

「東京喰種」ではお酒の弱いアキラが酔っ払ってしまい、それを亜門鋼太朗が介抱するという場面もありました。2人の雰囲気はとても良かったようですが「東京喰種」ではその関係が一歩進むということはなかったようです。

亜門鋼太朗とその後はキスも

アニメ「東京喰種」のその後が描かれた「東京喰種√A」では、アキラと亜門鋼太朗のキス寸前のシーンがありました。アキラはずっと胸に秘めていた想いを伝えようと、亜門鋼太朗のネクタイを引っ張ってキスを促そうとします。しかし、亜門鋼太朗はそんなアキラの口を手で塞いでしまいました。

この亜門鋼太朗の行動で、アキラは自分の想いを拒まれてしまったと考えます。その後、亜門鋼太朗はアキラに対して「君らしい」と言いますが、彼女の想いに対する返答はありませんでした。

読者にも伝わる亜門鋼太朗の存在の大きさ

亜門鋼太朗のアキラへの気持ちははっきりとしない状態でしたが、その後、20区の「隻眼の梟討伐戦」でアキラは亜門鋼太朗が殉職したと知られされます。この時のアキラは涙をぼろぼろと流し「好きだった」と呟きました。

実はこの時、亜門鋼太朗は死んでおらず、敵である「アオギリの樹」に捕らえられている状態でした。そして、嘉納教授によって半喰種化施術を受けます。ただ、この施術は失敗だったようで、その後、亜門鋼太朗は失敗作として廃棄されてしまいそうになりますが、隙を見て逃亡しました。

亜門鋼太朗が表舞台から去ったことにより、その存在の大きさが改めて認識されたようです。亜門鋼太朗はアキラにとって大きな存在でしたが、CCGにとっても、そして東京喰種の読者たちにとっても大きな存在であったようです。喰種捜査官として活動していた頃の亜門鋼太朗は「東京喰種の人間側の主人公」とも言われていました。

その後は「東京喰種:re」にて再会

死んだとされていた亜門鋼太朗ですが、その後「東京喰種:re」でアキラとの再会を果たします。半喰種化した亜門鋼太朗の変わり果てた姿に、アキラは驚いたようでした。後ほど紹介しますが、アキラの両親はそれぞれ喰種によって殺されています。

亜門鋼太朗が半喰種となっていたことは、アキラにとってはショックなことだったはずです。しかし、アキラは半喰種となった亜門鋼太朗とキスをします。そして、亜門鋼太朗を支えていくことを決め、2人で逃亡することになりました。

アニメ「東京喰種:re」は√Aに続く第3期作品

アキラと亜門鋼太朗が再会を果たした「東京喰種:re」は「東京喰種√A」に続くアニメの第3期になります。アニメの2期である「東京喰種√A」は漫画版とは異なる展開になっており、亜門鋼太朗が行方不明になる経緯も漫画版とは少し違いました。

「東京喰種:re」に関してはほぼ原作の漫画と同じだとされていますが「東京喰種√A」を挟んだことによる矛盾点については解消されているようです。「東京喰種:re」は2018年の4月から6月と10月から12月の2度に分けて放送されました。

半喰種になった亜門鋼太朗との再会のその後は?

「東京喰種:re」で再会を果たし、ともに逃亡することになったアキラと亜門鋼太朗ですが、その後はどうなったのでしょうか?調べてみると、2人のその後については具体的な描写はなかったようです。

ただ、2人のその後と思われるシルエットが「東京喰種:re」の最終回で描かれていました。そのシルエットは、2人が寄り添うようにしているもので、どこにいるのか、どのような状態かは分かりませんが、その後も2人で生きていくのだろうと想像させるものだったようです。

東京喰種のアキラの生い立ち

アキラの生い立ちについても見ていきましょう。アキラの父母はどのような人だったのでしょうか?また、アキラはどのような生い立ちをたどってきたのでしょう?東京喰種で優秀な喰種捜査官として活躍したアキラの生い立ちについて調べてみました。

悲運で壮絶な生い立ちのアキラ

実はアキラの生い立ちは壮絶だと言われています。先にも少し紹介しましたが、アキラの父と母は喰種によって殺されています。アキラが喰種捜査官を目指したのも、父母を殺されたからという理由も大きかったのかもしれません。

喰種捜査官の父母のもとに生まれたアキラは、どのような生い立ちをたどってきたのでしょう?また、アキラの父母はどのような人たちでどのような死に方をしたのでしょうか?

母(真戸微)と父(真戸呉緒)の間に誕生

アキラはCCG准特等捜査官の母・真戸微(まどかすか)と同じくCCGの上等捜査官・真戸呉緒(まどくれお)の間に生まれました。アキラは喰種捜査官の仕事につくに当たって、この父と母をリスペクトしていたとされています。

母の真戸微とは

アキラの母である真戸微は、その顔も含めて情報は非常に少なくなっています。真戸微の能力やクインケ、その功績などもはっきりしたことは分かっていません。ただ、判明はしていないもののCCGの准特等捜査官としてかなりの功績をあげていたのではないかと見られています。

父の真戸呉緒とは

アキラの父の真戸呉緒は亜門鋼太朗の師匠であったとされています。真戸呉緒はベテラン喰種捜査官として多くの喰種を殺害してきました。妻を喰種に殺害されたということに対する復讐心もあり、真戸呉緒は殺害の際には喰種に対して苦痛を与えることも厭わないやり方をしていたようです。

また、真戸呉緒は喰種の身体を使用したクインケ作りに執着していたことでも知られ、多数のクインケを所持していました。アキラのクインケ作りの趣味は、父のクインケに対する執着も影響しているのかもしれません。

母(真戸微)は隻眼の梟により殺害

アキラの母の真戸微は喰種捜査官として巡回中に「隻眼の梟」に遭遇し、この喰種によって殺されてしまったようです。その死の経緯について詳しい情報はありませんが「隻眼の梟」によってなぶり殺しにされたと真戸呉緒は語っていました。

父(真戸呉緒)はラビットとフエグチにより殺害

アキラの父はラビットとフエグチという喰種によって殺されたとされています。ラビットはトーカこと霧嶋董香、フエグチはヒナミこと笛口雛実です。実はフエグチの両親を殺したのがアキラの父で、さらにフエグチをも手にかけようとしたところ、反撃に遭ってしまいます。

さらに友人の危機を救おうと乱入したラビットことトーカがとどめをさす形でアキラの父は殺されました。アキラの父はいつも白い手袋をはめていましたが、その手袋の下の指には亡き妻との結婚指輪がはめてあったそうです。

東京喰種のアキラの能力

東京喰種で人気のキャラ・アキラの能力は判明しているのでしょうか?アキラにはどのような能力があるのでしょう?喰種捜査官として活躍したアキラの能力について調べてみました。

アキラの能力クインケにも注目が

アキラは喰種ではなく人間ですので、特殊能力というのはありません。しかし、アキラはクインケ作りが趣味で、しかも専門家が認めるほどの知識やセンスがあったとされています。

このクインケというのは、喰種のように特殊能力を持たない人間が、通常の武器が通用しない喰種と戦うのに役立つ武器です。アキラはどのようなクインケを使いこなしていたのでしょうか?アキラのクインケについて調べてみました。

アキラ試作のクインケ「尾」の能力とは

アキラのクインケ「尾」はアカデミー時代にオーダーしたものだそうです。これは試作品ということで詳しい能力などは不明ですが、使用劣化で破損してしていることが判明しています。

また、アキラは二等捜査官就任後にもクインケ「尾」をオーダーしています。こちらには変形機能を追加したようなのですが、あまり実用的ではなかったようで、ほどなく破損したようです。

その他のアキラ使用クインケ

他にもアキラが使用していたクインケとしては、アマツとフエグチがあります。アマツは「甲/尾」でフエグチは「鱗赫」となっており、どちらもアキラが喰種捜査官時代にメインで使用していたクインケになるようです。

「甲/尾」の能力

まずはアキラのクインケ・アマツの能力について見ていきましょう。アマツは「甲赫」と「尾赫」の能力を持つ少し特殊なクインケとなるようです。普段は鞭のような形をしています。

アマツは使用するときには形状を変え、柄の部分から刃を取り出すことができるようです。このクインケはキメラクインケとも呼ばれ、ナキとの戦いの際に披露されました。

「鱗赫」の能力

アキラのもうひとつのクインケ・フエグチは、亡き父から受け継いだものでもあります。このクインケはヒナミの父から作られたもので、扱いが非常に難しいクインケでもあるようです。

フエグチの能力は「鱗赫」で、かなり大型のクインケになります。そのため、フエグチは狭い場所や障害物があるところでは使用が難しいという欠点があるようです。

東京喰種のアキラの父やハイセなどとの関係

アキラの父との関係や「東京喰種:re」の主人公・ハイセとの関係についても見ていきましょう。アキラは父とはどのような関係にあったのでしょうか?また、ハイセとはどのような関係にあったのでしょう?アキラと関係のあったキャラについて調べてみました。

父(真戸呉緒)の弟子は亜門鋼太朗

アキラは母を先に亡くしており、父・真戸呉緒と2人で過ごした時間が長かったようです。そしてその父の弟子であったのが、アキラが想いを寄せる亜門鋼太朗でした。

亜門鋼太朗はアキラの父が殉職した際、コンビを組んでいましたが、その場に駆けつけたときには彼はすでに死んでいました。そのため、亜門鋼太朗はアキラの父の死に対して強い責任を感じているところがあるようです。

滝澤政道とは同期

アキラは「東京喰種:re」でオウルとして登場した滝澤政道とは同期の関係でした。滝澤政道と対峙したとき、アキラは彼に対して「人殺しの喰種」と言ってしまいます。

しかしその後、アキラは殺されそうになった滝澤政道をかばって負傷してしまいます。アキラは滝澤政道をかばったことでCCGにとっては裏切り者となり、亜門鋼太朗とともに逃亡することになったようです。

金木研の喰種化したハイセとの関係

「東京喰種:re」の主人公である佐々木琲世とアキラの関係も少し複雑なものがありました。アキラは佐々木琲世ことハイセの教育係を任されており、彼からは「お母さん」と呼ばれる存在でもあったようです。

父、そして亜門鋼太朗を喰種に奪われたということもあり、半喰種であるハイセに対して、アキラは複雑な想いを抱いていました。しかし、最後は母性を発揮し、ハイセを慈しむようになったようです。

東京喰種:reにてアキラの心の穴埋め役に

「東京喰種:re」では最終的にアキラは喰種となった亜門鋼太朗と再会しますが、物語の開始当初は亜門鋼太朗を失い、その心の穴を埋めるものを求めていました。アキラはハイセに対して母性を発揮することで、亜門鋼太朗を失った心の穴を埋めようとしていたところがあったようです。

東京喰種のアキラは真戸呉緒を父に持ち壮絶な生い立ちのキャラ

東京喰種に登場するキャラ・アキラについて紹介してきました。アキラは喰種捜査官だった真戸呉緒を父に持ちますが、その父も母も喰種に殺されてしまうという壮絶な生い立ちがありました。

最終回ではアキラのその後についてはっきりとしたことは描かれていなかったものの、想い人であった亜門鋼太朗と添い遂げたのではないかと見られています。アキラのその後については、小説版などで明かされるのを期待しましょう!

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
春日つぼね

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ