【東京喰種】亜門鋼太郎まとめ!喰種化の理由や最後は?過去も調査

東京喰種に登場する人気キャラ・亜門鋼太郎は1度は死んだと思われていました。しかし、死んだのではなく喰種化しており「東京喰種:re」で再登場しています。亜門鋼太郎の喰種化の理由やアキラ、有馬貴将との関係についても調査。最終回での登場シーンについても紹介します。

【東京喰種】亜門鋼太郎まとめ!喰種化の理由や最後は?過去も調査のイメージ

目次

  1. 1【東京喰種】亜門鋼太郎とは
  2. 2東京喰種の亜門鋼太朗はどんなキャラ?
  3. 3東京喰種の亜門鋼太朗の喰種化の理由
  4. 4東京喰種の亜門鋼太朗の最後は?
  5. 5東京喰種の亜門鋼太朗の過去も調査
  6. 6東京喰種の亜門鋼太朗のアニメ声優や実写映画キャスト
  7. 7東京喰種の亜門鋼太朗は死んだ後に喰種化でアキラとの関係も話題!

【東京喰種】亜門鋼太郎とは

亜門鋼太郎は「東京喰種」、「東京喰種:re」に登場するキャラで「東京喰種」では人間側の主人公とも言われていました。しかし、亜門鋼太郎は「東京喰種:re」には人間ではなく、喰種として登場します。

この記事では死んだと思われていた亜門鋼太郎が喰種となってしまった理由やアキラとの関係、さらには有馬貴将やドナートとの関係についても詳しく調査。亜門鋼太郎の魅力や人気の秘密をさまざまな角度から紹介します!

アニメや漫画などで人気「東京喰種」の概要

亜門鋼太郎の喰種化の理由などについて説明する前に、まずは東京喰種の概要について紹介しましょう。東京喰種は週刊ヤングジャンプに連載されていた漫画のことを指しますが、アニメ化もされているため、アニメ版しか知らないという人もいるかもしれません。

漫画・東京喰種の作者は石田スイさんです。無印の「東京喰種」が完結した後は、続編となる「東京喰種:re」の連載をスタートさせました。この「東京喰種:re」も2018年7月をもって完結しています。

漫画・東京喰種は、無印の「東京喰種」が14巻、続編の「東京喰種:re」が16巻、コミックスとして刊行されています。東京喰種は日本のみならず海外にもファンが多く、コミックスは全世界で累計3700万部が発行されているそうです。

そんな人気漫画・東京喰種がアニメ化されたのは2014年のことでした。アニメは原作とは少し構成が異なり、1期が「東京喰種」、2期が「東京喰種トーキョーグール√A」、3期が「東京喰種:re」となります。

アニメ2期の「東京喰種トーキョーグール√A」は原作とは異なるオリジナルの展開もあり、原作ファンたちの間でも話題となりました。このアニメ2期のストーリー原案は原作者の石田スイさんが手がけていますので、細部まで原作者のこだわりがこめられています。

東京喰種の物語についても少し紹介しましょう。東京喰種は普通の大学生だった金木研が、ある日喰種に襲われてしまうところから物語が動き始めます。喰種に襲われ、病院に運ばれた金木研が目覚めると、人間の食事をまったく受け付けない喰種となっていました。

金木研は自分を襲った喰種・リゼの内臓を移植され、人工半喰種となってしまいます。人工半喰種は、人間でもなければ喰種でもないという特殊な存在です。金木研は人肉への誘惑に苦悩しながらも、喰種としての生き方を学ぶために、喫茶店「あんていく」で店員として働き始めました。

「東京喰種」はそんな金木研が葛藤しつつも喰種として戦うことを決め、CCGや他の喰種組織との戦いに身を投じていく物語、そして「東京喰種:re」は記憶を失った金木研が佐々木琲世という名のCCG捜査官として活躍する物語になっています。

東京喰種の亜門鋼太朗はどんなキャラ?

東京喰種で活躍する亜門鋼太郎はどのようなキャラなのでしょうか?東京喰種でも人気キャラの1人である亜門鋼太郎にはどのような魅力があるのでしょう?東京喰種の主要キャストの1人でもある亜門鋼太郎のキャラについて紹介します。

亜門鋼太朗のプロフィール

亜門鋼太郎は4月7日生まれの牡羊座で、血液型は判明していません。身長191cmの長身ですので、靴のサイズも28cmとかなり大きいようです。また、仕事としては「喰種対策局(CCG)」の捜査官をしており「東京喰種」開始当時の階級は一等捜査官でした。

その後、上等捜査官に昇進し、さらに「東京喰種:re」では特等捜査官になっていたことが明かされていたようです。喰種捜査官は通常、クインケと呼ばれる武器を使用します。しかし、亜門鋼太郎はクインケを使用しなくても、体術だけで喰種と戦うことができるほどに身体能力が優れていたようです。

亜門鋼太朗は有馬貴将と同郷?

亜門鋼太郎と有馬貴将の関係についても見ていきましょう。亜門鋼太郎も有馬貴将も同じCCG捜査官ですが、同郷だという噂もあるようです。亜門鋼太郎が有馬貴将と同郷だという情報は、東京喰種の物語の中に出てくるものではありません。

さまざまな情報を元に、2人が同郷なのではないかと読者たちが予想したということのようです。実力や肩書き的にも有馬貴将のほうが亜門鋼太郎よりも上を行っていますが、2人はよく似ているという読者の意見もあります。それは同郷だからという理由が関係しているのかもしれません。

有馬貴将とは

有馬貴将のプロフィールについても見ていきましょう。有馬貴将は12月20日生まれの射手座で、身長は180cm、血液型は非公開となっています。有馬貴将は少年時代からすでに天才と呼ばれていたようで、CCGには総議長の和修常吉の推薦で入局しました。

有馬貴将は喰種捜査官となったばかりの頃に、最強に分類されるSSSレートの「隻眼の梟」を撃退するなど、数々の伝説を残していることでも知られています。また、有馬貴将は個人的な手柄を立てるばかりでなく、部下に対する指示も適切だとされており、24区捜査指揮を任されているそうです。

有馬貴将と同じ「白日庭」出身と判明

有馬貴将はCCGの中でもエリートを育てる教育機関「白日庭(はくびてい)」の出身だとされています。そして、亜門鋼太郎もこの「白日庭」の出身であるという情報がありました。「白日庭」はただの教育機関ではなく、ある事情を抱えた施設でもありました。

その事情というのは「白日庭」に集められた子供たちは、すべて「半人間」であるということです。「半人間」というのは両親のどちらかが喰種で、人間の食事はできるものの、寿命が短いという特徴があります。

有馬貴将が「白日庭」出身者だということは早くに判明していましたが、亜門鋼太郎が「白日庭」出身だという情報に関しては、東京喰種の物語の中では匂わせる程度のものだったようです。

ただ、後ほど紹介しますが、亜門鋼太郎は喰種のドナートに育てられています。こうしたことからも、彼が半人間である可能性は高く「白日庭」の出身であってもおかしくはないという見方もあるようです。

亜門鋼太朗とアキラの関係も話題に

亜門鋼太郎といえば、同じCCG捜査官である真戸暁ことアキラとの関係も話題になりました。アキラはCCGに入局以前も亜門鋼太郎とはさまざまな縁があり、CCG入局後も深い関わりを持つことになります。

実は亜門鋼太郎は、かつてアキラの父とコンビを組んでいたのです。しかし、アキラの父はラビットという喰種との戦闘で殉職してしまいます。この時、亜門鋼太郎はすぐに駆けつけたものの、その時にはアキラの父は絶命している状態でした。

アキラ(真戸暁)とは

真戸暁ことアキラのプロフィールについても見ていきましょう。アキラは先ほど紹介した喰種捜査官の父だけではなく、母も喰種捜査官で、やはり喰種との戦闘によって殉職しています。両親を喰種に殺されたアキラは、喰種に対しては強い憎しみを抱いていました。

アキラの性格はさっぱりとしていて、上司にも一切敬語は使わないなど、どちらかというと男っぽいところもあります。ただ一方で、お酒に弱かったり体重を気にするなど、可愛らしい一面も見られたようです。

アキラは亜門鋼太朗にとってパートナー

CCGのアカデミーを出席で卒業し、喰種捜査官となったアキラは、亜門鋼太郎とコンビを組むことになりました。亜門鋼太郎にとっては、かつてコンビを組んでいた上司の娘が部下となることになったわけです。

アキラの性格は型にはまらない自由な性格でもあり、コンビを組んだ当初の亜門鋼太郎はかなり手を焼かされたようです。飲み会で酔っ払ったアキラを亜門鋼太郎が家まで送っていったことなどもあり、2人の関係については読者たちも注目していました。

アキラへの恋心や片思い説にも注目が

「東京喰種」の物語の中では、アキラが亜門鋼太郎に想いを寄せる様子が描かれていました。そして、アキラは亜門鋼太郎に自分の想いを打ち明けたこともあります。しかしその時、亜門鋼太郎はアキラへの想いについては口にせず、はぐらかしてしまったのです。

アニメ「東京喰種トーキョーグール√A」では、アキラが亜門鋼太郎のネクタイを引っ張り、キスをしようとする場面も描かれました。しかしこの時、亜門鋼太郎はアキラの口を手で塞いだため、2人がキスをすることはありませんでした。

死んだはずの亜門がアキラと再会

亜門鋼太郎は「東京喰種」のラストで死んだとされていました。この時には20区で隻眼の梟討伐が行われていましたが、亜門鋼太郎の他にも多くの喰種捜査官たちが死んだと報告されています。しかし、死んだとばかり思われていた亜門鋼太郎が「東京喰種:re」の終盤でアキラの前に登場しました。

亜門鋼太郎が死んだと聞かされた時には涙をこぼしてその死を悼んだアキラですが、再会の際には驚いたようです。なぜなら、死んだと思っていた亜門鋼太郎が、半喰種となって現れたからです。亜門鋼太郎が半喰種となった理由については後ほど詳しく紹介します。

東京喰種ファンの亜門鋼太朗に対する評価

東京喰種ファンの亜門鋼太郎に対する評価についても調べてみました。亜門鋼太郎はCCGの捜査官時代も正義の人でしたが、半喰種となった後も正義を貫いています。こうした亜門鋼太郎の揺るがない信念は、東京喰種のファンたちの心にも強く残っていたようです。

ビジュアル的にも「東京喰種」の亜門鋼太郎はスーツが似合うキャラでしたので、スーツ好きの女性からの人気も集めていました。最終回では亜門鋼太郎の最後がはっきりと描かれなかったこともあり、その後の物語が読みたいというファンの感想も多いようです。

Thumb【東京喰種】真戸暁まとめ!亜門とのその後や生い立ちは?能力なども紹介
漫画やアニメが人気の東京喰種に登場するキャラ・真戸暁ことアキラの能力や父などの家族、生い立ち...

東京喰種の亜門鋼太朗の喰種化の理由

「東京喰種:re」では「東京喰種」の最後で死んだと思われていた亜門鋼太郎が半喰種となって生きていたことが判明します。死んだはずの亜門鋼太郎は、なぜ喰種となっていたのでしょうか?「東京喰種:re」での亜門鋼太郎の喰種化の理由について調べてみました。

死んだはずの亜門鋼太朗が喰種化で復活

「東京喰種」の最後で死んだはずの亜門鋼太郎は「東京喰種:re」で生きていたことが判明します。そして、赫子を発動していることから、亜門鋼太郎が喰種化していることを読者たちも知りました。

死んだはずの亜門鋼太郎が生きていたことにもファンは驚いたようですが、CCGのエリート捜査官であった彼が喰種と成り果てていたことに、ファンはもっとも衝撃を受けたようです。

喰種化の理由とは

亜門鋼太郎が「東京喰種:re」で喰種化してしまった理由は何なのでしょうか?調べてみると、どうやら亜門鋼太郎自身が望んで喰種となったわけではなかったようです。また、亜門鋼太郎が以前から喰種であったというのとも違うと見られています。

亜門鋼太郎はその出自から「半人間」であることを疑われてはいましたが、人間の食事も食べていましたので、少なくとも「東京喰種」の最後までは喰種ではなかったと言えるでしょう。

喰種化の理由は嘉納教授の施術

亜門鋼太郎が「東京喰種:re」で喰種化してしまったのは、嘉納教授による施術が原因です。「東京喰種」の最後で描かれた20区での隻眼の梟討伐では、多くの喰種捜査官たちが死んだと発表されていました。

しかし、その多くはアオギリの樹によって拉致され、嘉納教授の半喰種化施術を受けていたのです。中には適正がなく死亡してしまう者がいたり、強力な喰種として覚醒する者もいました。亜門鋼太郎の後輩・滝澤政道は「東京喰種:re」にオウルとして登場しています。

フロッピーの正体が亜門鋼太朗

亜門鋼太郎は「東京喰種:re」で「フロッピー」と呼ばれる喰種になっていました。ただ、同じ施術を受けた滝澤政道とは異なり「フロッピー」は未完全な喰種だったようです。亜門鋼太郎は半喰種化の施術の後、無理に人肉を流し込まれるなど、拷問のような行為を受けていました。

しかし、そんな中でも亜門鋼太郎は自分の信念を貫き、最後まで心が屈することはなかったようです。亜門鋼太郎が不完全な半喰種となったのは、こうした抵抗の意思が強かったことも関係しているのかもしれません。

フロッピーは嘉納教授の半喰種化施術失敗作

亜門鋼太郎こと「フロッピー」は、嘉納教授の半喰種化施術の失敗作とされています。そのため、「東京喰種:re」では廃棄処分されそうになっていたようです。しかし亜門鋼太郎はからくもアオギリの樹の施設を抜け出すことに成功しました。

この「フロッピー」という名称ですが「失敗作」という意味なのだそうです。半喰種化施術の成功例としては金木研や滝澤政道などがいますが、これよりも劣るものは「フロッピー」と呼ばれ、最後は廃棄処分という運命をたどります。

フロッピー時の行動や赫子

「フロッピー」の烙印を押され、アオギリの樹の施設から逃げ出した亜門鋼太郎は、姿を隠し、オークション掃討作戦にも潜入していたようです。そして、亜門鋼太郎はアオギリの樹の喰種を捕食するなど、かつての同僚である捜査官たちを助けるような行動を取っていました。

また、喰種捜査官の後輩である米林才子が危機に陥ったときも、顔を見せないまま敵の死堪を撃退し、彼女の命を救っています。亜門鋼太郎がその姿を見せるのは「東京喰種:re」の終盤に入ってからのことです。

亜門鋼太朗はアオギリの樹から逃走?

亜門鋼太郎はアオギリの樹からの逃走に成功していますが、これは誰か手引きした者がいたのではないかとも言われています。亜門鋼太郎は「東京喰種:re」の主人公である佐々木琲世の記憶を取り戻す鍵になる人物とも言われていましたので、佐々木琲世の関係者が逃がした可能性もあるようです。

具体的に「東京喰種:re」では誰がどのようにして亜門鋼太郎の逃走を助けたのかということについては描写がありませんでしたが、読者たちの間では、育ての父であるドナートなどではないかという意見もあったようです。

東京喰種の亜門鋼太朗の最後は?

東京喰種の物語の最後では亜門鋼太郎はどのように描かれているのでしょうか?最後に亜門鋼太郎はどうなってしまったのでしょう?「東京喰種:re」での最終回など、亜門鋼太郎の最後について調べてみました。

東京喰種:re最終回での亜門鋼太朗

亜門鋼太郎は「フロッピー」と呼ばれる喰種となりながらも、最終回まで生きていたようです。亜門鋼太郎は「東京喰種:re」の最終回に登場しました。「東京喰種:re」の最終回では、亜門鋼太郎がキーマンの1人としての役割を果たしていたようです。

「東京喰種:re」の最終回以前には、「フロッピー」が亜門鋼太郎であることが明かされ、かつての仲間やアキラとも再会しています。一時はCCGに囚われの身となりましたが、その後は再び流浪の身となり、最後までアキラと行動を共にしていたようです。

東京喰種:re最終回でのドナート・ポルポラとの戦闘

「東京喰種:re」の最終回での亜門鋼太郎は、育ての父でもあるドナート・ポルポラと戦います。ドナートは喰種の組織「ピエロ」のメンバーでしたが、主人公の金木研が竜となって暴走しているときに「ピエロ」たちは都内の各区を襲撃し、街は混沌とした状態になっていました。

さらにドナートは金木研らが率いる喰種の組織「黒山羊」にも手を出そうとしますが、それを阻止するために亜門鋼太郎はドナートと戦うことを決めます。亜門鋼太郎はこの最後の戦いで久しぶりにドナートと対面します。

戦闘の最後ではドナート・ポルポラに涙が

「東京喰種:re」の最終回では亜門鋼太郎がドナートを倒します。その際に亜門鋼太郎はドナートに対し「(憎んではいたが)愛していた」ということを告げます。その言葉を聞いたドナートは笑いながら涙を流します。そしてそのまま息を引き取りました。

亜門鋼太郎はドナートが運営する孤児院の出身でしたが、孤児院を出てからも十字架を肌身離さず持っていたようです。そして、ドナートにとどめを刺したのは、巨大十字架の形状にした赫子でした。

ドナート・ポルポラとは

「東京喰種:re」の最終回で死んだドナート・ポルポラについて少し説明しましょう。ドナートは喰種でありながら人間の孤児たちを育てる孤児院を運営していました。その本当の目的は捕食のためだったようでです。

亜門鋼太郎もこの孤児院で育ち、ドナートが孤児院の子供を捕食する場面を見てしまいます。しかし、ドナートは亜門鋼太郎だけは捕食しませんでした。これがなぜだったのかということは「東京喰種:re」が最終回を終えた後も謎で、亜門鋼太郎だけではなく読者にとっても謎のままとなっています。

東京喰種の亜門鋼太朗の過去も調査

東京喰種の人気キャラ・亜門鋼太郎の過去についても見ていきましょう。亜門鋼太郎はどのような生い立ちだったのでしょうか?亜門鋼太郎の過去についても調べてみました。

ドナート・ポルポラに育てられた過去

先ほども紹介しましたが、亜門鋼太郎は「ピエロ」の喰種・ドナートによって育てられました。彼は実は喰種だったわけですが、幼少期の亜門鋼太郎はそんなことも知らず、ドナートを父親として慕っていました。

亜門鋼太朗の過去は孤児院出身

亜門鋼太郎の実際の父はドナートではありません。亜門鋼太郎は孤児となったために、ドナートの運営する孤児院に預けられました。亜門鋼太郎の両親がどのような形で最後を迎えたのかということは「東京喰種:re」の最終回でも語られなかったようです。

ドナートとの過去の関係には疑いも

ドナートは孤児院の子供たちを育てては捕食をしていました。しかし、亜門鋼太郎だけは捕食を免れています。これは、亜門鋼太郎が実はドナートの子供で、人間とドナートの間に生まれた半人間なのではないかという説もあったようです。

ただ、亜門鋼太郎がなぜドナートの捕食を免れたのかという理由については「東京喰種:re」の最終回でも明らかにされていません。亜門鋼太郎の出自の秘密については、今後小説版などで明らかにされるのを待つしかないでしょう。

東京喰種の亜門鋼太朗のアニメ声優や実写映画キャスト

アニメ・東京喰種で亜門鋼太郎を演じた声優についても見ていきましょう。亜門鋼太郎のボイスを担当した声優は誰だったのでしょうか?アニメ・東京喰種で亜門鋼太郎を担当した声優について紹介します。

アニメ「東京喰種」亜門鋼太朗の声優は小西克幸

アニメ・東京喰種で亜門鋼太郎を担当した声優は小西克幸さんです。亜門鋼太郎は東京喰種のキャラの中でも人気キャラでしたので、アニメ化が決定した際にはその声優にも注目が集まりました。小西克幸さんの声質は亜門鋼太郎のイメージの通りだと原作ファンからも絶賛されています。

小西克幸の声優プロフィール

アニメ・東京喰種で亜門鋼太郎を担当した声優・小西克幸さんのプロフィールを見ていきましょう。小西克幸さんは声優事務所「賢プロダクション」に所属する声優で、ナレーターや舞台俳優としても活躍しています。

友人の言葉から声優を目指そうと考えた小西克幸さんは勝田声優学院に入学。卒業後は別の声優養成所にも通い、1996年に「逮捕しちゃうぞ」でテレビアニメの声優としてデビューしました。

小西克幸の東京喰種以外の声優出演アニメ

小西克幸さんの東京喰種以外の出演アニメは「勇者王ガオガイガー」や「妖しのセレス」、「ドラゴンボール改」、「DEAR BOYS」、「ワンパンマン」などがあげられます。

実写映画の亜門鋼太朗役は鈴木伸之

東京喰種は2017年と2019年に実写映画化されています。この実写映画版の東京喰種で亜門鋼太郎を演じたのは鈴木伸之さんでした。主人公の金木研は窪田正孝さんが演じています。

鈴木伸之とは

実写版・東京喰種で亜門鋼太郎を演じた鈴木伸之さんは、劇団EXILEのメンバーでもあります。鈴木伸之さんは1992年10月14日生まれで現在の年齢は27歳、神奈川県出身で、身長185cmの長身も魅力の俳優です。

東京喰種の亜門鋼太朗は死んだ後に喰種化でアキラとの関係も話題!

東京喰種の人間側の主人公とも言われた亜門鋼太郎ですが、死んだとされた後に喰種化して登場したことも話題になりました。「東京喰種:re」の最終回ではアキラとともにいる姿が描かれましたが、その後の2人については不明です。亜門鋼太郎のその後については、小説版などで明かされることを期待しましょう。

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
春日つぼね

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ