【東京喰種】ヒデの正体は人間?喰種?最終回までのネタバレも!

東京喰種に登場するヒデの正体が話題になっていたようです。ヒデの正体は人間なのでしょうか?それとも喰種なのでしょうか?ヒデと金木研の関係やヒデが隻眼の王という噂、さらにはヒデが口を隠している理由も調査。アニメ・東京喰種でのヒデ担当声優の情報も併せて紹介します。

【東京喰種】ヒデの正体は人間?喰種?最終回までのネタバレも!のイメージ

目次

  1. 1【東京喰種】ヒデとは
  2. 2東京喰種ヒデはどんなキャラ?
  3. 3東京喰種ヒデの正体は人間?喰種?
  4. 4東京喰種ヒデの正体スケアクロウとは
  5. 5東京喰種ヒデの最終回までのネタバレ
  6. 6東京喰種ヒデのアニメ声優も調査
  7. 7東京喰種ヒデの正体の考察は人間で金木研を見守るキャラ

【東京喰種】ヒデとは

東京喰種のヒデは、物語の主人公である金木研ことカネキと深い繋がりのあるキャラです。顔や口をいつも隠していることからミステリアスな印象もありますが、彼が顔や口を隠している理由については後ほど詳しく紹介します。

また、ヒデが人間なのか喰種なのかが気になっている人も多いようです。主人公に近しいキャラということで物語の終盤まで登場回数は多いものの、その正体を含めてヒデは謎が多いキャラと言えるでしょう。この記事ではそんなヒデの正体についても迫っていきます。

アニメ「東京喰種」の概要

アニメ・東京喰種は、石田スイさんによる漫画が原作のサスペンス・ホラー、ダーク・ファンタジー作品となっています。東京喰種は現代の東京を舞台にした物語で、人間の姿をしながら人間を食べるという喰種を取り巻く物語が描かれています。

テレビアニメは2014年から2018年まで放送されており、その声優の豪華さも話題になりました。アニメ・東京喰種は人間を食べるという描写などがあることから放送時間は深夜枠となっていますが、多くのファンを魅了したアニメとして知られています。

番外編「東京喰種JACK」は東京喰種前の話

東京喰種のアニメはテレビアニメばかりではなくOVAとしても制作されています。「東京喰種JACK」は2015年に発売されたOVAで、制作はテレビアニメと同じstudioぴえろとなっており、声優陣もテレビアニメ版と同じキャストです。

「東京喰種JACK」はスピンオフ作品となっており、東京喰種本編が始まる12年前の話となっています。「東京喰種JACK」には金木研は登場しませんが、富良太志と有馬貴将が登場しました。

番外編「東京喰種JOKER」は「東京喰種:re」の前の話

「東京喰種JOKER」も東京喰種のスピンオフ作品となっています。こちらはアニメ化はされていませんが「東京喰種トーキョーグール:re」の始まる前の物語が展開されています。登場人物は阿原半兵衛と鈴屋什造が中心となっており「スカルマスク」という集団に関わる物語となっているようです。

「東京喰種JOKER」は、阿原半兵衛や鈴屋什造のファンたちに絶賛されている作品で、アニメ化を希望する声も多いのだとか。東京喰種の原作は最終回を迎えましたが、「東京喰種JOKER」は今後、OVAなどの形でアニメ化される可能性もあるかもしれません。

東京喰種ヒデはどんなキャラ?

東京喰種の物語の中でヒデがどのようなキャラなのかについても見ていきましょう。主人公の金木研との距離も近いとされるヒデですが、顔や口を隠す理由などについても調べてみました。

ヒデの名前は「永近英良」

まず、ヒデの名前ですが「永近英良」といいます。金木研と同じ大学に通う大学生です。人当たりの良い性格ということもあり、友人には人間ばかりではなく喰種も多くいます。性格は陽気で大ざっぱなところもありますが、繊細な部分もあるようです。

ヒデは親友である金木研を必死に守ろうとする姿が東京喰種のファンたちの共感を呼び、読者に愛されるキャラでもあるようです。それを証明するかのように、SNSなどにはヒデのイラストやコスプレなどが数多く投稿されています。

ヒデと金木研は親友

先ほどからも紹介していますが、ヒデと東京喰種の主人公である金木研は深い関わりがあり、親友であるとも言えるでしょう。同じ大学に通う大学生ということもありますが、ヒデは喰種となってしまった金木研を何かと影から支える存在です。

また、金木研が喰種となったことを知りながらもそれを追求したりはせず、周囲の人間にも彼にかけられた喰種疑惑を晴らそうとしたこともありました。金木研が喰種となった後も人間としての感情を持ち続けることができたのは、ヒデのおかげと言えるかもしれません。

金木研は東京喰種の主人公キャラ

金木研についても少し紹介しましょう。金木研は生まれついての喰種というわけではなく、元は普通の人間で、後天的にある出来事がきっかけで喰種となりました。金木研は喰種といっても、人間と喰種のハーフである半喰種です。

もとは人間だったこともあり、人間の肉を食べなければ生きられないという喰種の宿命に、金木研は苦しむことになります。ただ、さまざまな出来事や葛藤の後、金木研は大切な人たちを守るために戦うという道を選びました。

ヒデは顔や口を隠す特徴が

ヒデの特徴としては、顔の口元付近を大きく隠しているということがあります。そのため、普段のヒデは顔は目元しか見えないという状態になっています。ネット上などでヒデのイラストを描いているファンたちも、ヒデが口元を隠したイラストを描くことが多いようです。

ヒデが顔の半分を覆うほどの大きな布で口元を隠すスタイルは、ファッションというわけではありません。実はヒデが顔や口を隠しているのには、大きな理由があったようです。

ヒデが顔や口を隠す理由とは

ヒデが顔や口を隠す理由ですが、これは親友である金木研に関係しています。かつてのヒデは顔や口を隠したりすることはなく、すべてを晒していました。しかし、金木研に関わるある出来事で、顔や口元を隠さなければならない状態になってしまいます。

そのある出来事というのは、喰種である金木研に顔の半分を食べられてしまったということのようです。これは金木研が負傷したときに起こった出来事で、ヒデが自分を食べて回復させるようにと言い、その時の描写はされていません。そしてその後、ヒデの姿が金木研の前から消えていたということが紹介されていました。

顔や口は昔のヒデと違うのか

ヒデが金木研に食べられてしまった後の顔ですが、鼻から下の口の部分、そして喉にかけて大きく皮膚が抉られたような状態になっています。ちょうどヒデが布で覆っている部分が金木研に食べられた部分ということになるのでしょう。

その後、ヒデと再会した金木研は、彼に対して顔を見せて欲しいと言います。そして、金木研は自分のしたことを確認しました。口元を覆う布を外して顔を見せてくれたヒデに、金木研は「ありがとう」と告げます。

東京喰種ヒデの正体は人間?喰種?

東京喰種ヒデの正体は人間なのでしょうか?それとも喰種なのでしょうか?そんな議論が読者たちの間でされていたようです。果たしてヒデの正体は人間と喰種、どちらなのでしょう?

デの正体は人間or喰種?

ヒデはかつては間違いなく人間でした。ただ、金木研に顔を食べられて姿を消して以降、人間なのか喰種なのかという議論が出てきたようです。また、ヒデが本当に金木研の味方なのか敵なのか分からないような行動を取ることもあり、その時には喰種ではないかという説も流れました。

ヒデに関しては最終回までその正体に謎が多く、彼が人間なのか喰種なのかという議論は、東京喰種が最終回を迎えた今もはっきりとした結論が出ていないようです。

ヒデはスケアクロウ?

東京喰種には「スケアクロウ」という喰種が登場します。この「スケアクロウ」がヒデではないかという噂があるようです。「スケアクロウ」は顔に「へのへのもへじ」と書かれた布をかぶり、まるで案山子のように見えることからこの名前で呼ばれているようです。

「スケアクロウ」という名前には「案山子」や「みすぼらしい人」などの意味もあります。果たしてこの「スケアクロウ」という名の喰種は、本当にヒデだったのでしょうか?

東京喰種138話でスケアクロウはヒデと発覚

東京喰種の138話で「スケアクロウ」がヒデであったことが明かされました。「スケアクロウ」の強さはCレートですのでそれほど脅威のある喰種ではなく、またその素性や目的なども一切不明とされてきました。

ただ「スケアクロウ」は何かと金木研に関わることが多かったために、読者たちの間では途中からその正体はヒデではないかという噂が流れていたようです。スケアクロウは発声能力に問題があるとされてきましたが、これも金木研に喉まで食べられてしまったことが原因でした。

ヒデは隻眼の王なのかも話題に

実はヒデには「隻眼の王」ではないかという噂もあったようです。「隻眼の王」というのは、半喰種たちの王とされる人物で、その正体は一切明かされていませんでした。

ただ「隻眼の王」はアオギリの樹の首領ともされ、ヒデはたびたびアオギリの樹を脅かすような行動を取っていましたので、ヒデが「隻眼の王」であるという説を疑問視する声もあったようです。そして、結果的に「隻眼の王」はヒデではなく、後に金木研がこの「隻眼の王」を名乗るようになります。

最終回でヒデの正体が人間と確定

ヒデの正体は喰種ではなく人間だということが、東京喰種の最終話で明らかになったようです。東京喰種の最終話では、ヒデの父が喰種ではなく人間であったこと、さらにはヒデがハンバーグを食べているシーンが描かれていました。

もしもヒデが喰種ならば、父が喰種のはずですし、さらにハンバーグなどの人間が食べるものを受け付けません。ですので東京喰種の最終話をもって、ヒデは人間と断定されたと考える読者が多いようです。

ヒデの正体確定も父親が喰種捜査官で謎?

ヒデの家族についてはずっとその素性が明らかにされませんでした。しかし、最終回でヒデの父は喰種捜査官だったことが明らかにされます。ただ、この父はヒデが小学生の時に亡くなってしまっているのだそうです。

それ以来、ヒデは施設で暮らしていたようですが、その後養父に引き取られました。ヒデの亡くなった父がどのような喰種捜査官だったのか、どのような喰種に殺されてしまったのかということについては謎のままとなっているようです。

ヒデの正体は地下の王との噂も過去に浮上

ヒデの正体についての噂はもうひとつありました。ヒデが「地下の王」ではないかというものです。「地下の王」というのは東京喰種の151話で明かされた存在で、隻眼の喰種とされています。ヒデがずっと消息不明だったことから、彼が「地下の王」ではと考える読者が多かったようです。

ただ、この「地下の王」は100年前に現れたとされているため、ヒデは「地下の王」ではありえません。そして、最終的には「地下の王」の正体は和修家の隻眼の喰種だということが判明していたようです。

東京喰種ヒデの正体スケアクロウとは

東京喰種ヒデの正体が実は「スケアクロウ」であるということは先に紹介しました。ヒデの正体である「スケアクロウ」についてもう少し詳しく見ていきましょう。「スケアクロウ」はどのような存在だったのでしょうか?

スケアクロウの漫画やアニメの初登場について

「スケアクロウ」が東京喰種の原作の漫画に初登場したのは「東京喰種トーキョーグール:re」のコミックスでは1巻、話数としては17話での登場でした。この時には主人公にとって敵なのか味方なのか分からない登場の仕方をしていたようです。

また、アニメ・東京喰種での「スケアクロウ」の初登場は「東京喰種トーキョーグール:re」の6話でのことでした。「スケアクロウ」はアニメ「東京喰種トーキョーグール:re」のOPにも登場しており、物語の重要人物であることが示唆されています。

かかしの意味を持つスケアクロウ

「スケアクロウ」は見た目は案山子(かかし)そのものですが、その名前には確かに案山子の意味もあります。案山子は田んぼなどに鳥などの害獣を追い払う目的で立てられているものです。人間のように見えるので、鳥などが田んぼや畑に降りてこないという昔の人の知恵だと言われています。

この案山子には通常は顔がありませんが、人間の顔に似せるために「へのへのもへじ」と書くことがありました。「スケアクロウ」の顔にもこの「へのへのもへじ」が描かれています。

ヒデがスケアクロウ時は言葉が話せない

ヒデは「スケアクロウ」の時には言葉を上手く話せないことになっています。これは発声能力に問題があると見られていたのですが、実は金木研によって喉を食べられてしまい、声を出すことができなくなってしまっていたようです。

その後、ヒデとしての姿で金木研の前に現れたときにはきちんと話すことができていました。これはヒデが喉の辺りにある装置をつけたことによって会話が可能になったためだったようです。

スケアクロウの強さや謎めいた行動とは

「スケアクロウ」の行動には謎めいたものが多く、登場した当初には敵か味方か分からないという状態でした。ただ「スケアクロウ」は考えなしに動いているようで、実は綿密に計画して動いているのが分かります。

また、「スケアクロウ」の強さはCレートとされていますが、Cレート程度の強さだったということで、敵から見逃されてきたところもあるようです。ヒデが「スケアクロウ」として行動し続けていた理由については次で詳しく紹介します。

東京喰種ヒデの最終回までのネタバレ

東京喰種に登場するヒデの最終回までのネタバレについても見ていきましょう。ヒデは当初は主人公の金木研の親友として登場しますが、その後は謎の喰種「スケアクロウ」として登場します。その理由やヒデの目的などについて調べてみました。

ヒデことスケアクロウは金木研を守る存在

「東京喰種トーキョーグール:re」に登場するヒデこと「スケアクロウ」は、登場した当初こそ金木研の敵か味方か分かりませんでしたが、実はその行動は常に彼を助けるものとなっていました。

こうしたことから「スケアクロウ」の正体はヒデではないかという噂が読者達の間でも広まったようです。「東京喰種トーキョーグール:re」では主人公は金木研ではなく佐々木琲世となっていますが、実は彼は記憶を失った金木研でした。

ヒデがスケアクロウの姿でいた理由とは

ヒデがなぜ「スケアクロウ」の格好をし、その正体を隠していたのかという謎も読者たちの間で話題となりました。実はヒデは和修家から狙われており、その姿を晒すことができなかったという事情があります。

さらに、ヒデは自分の素性が悟られないようにすることで、記憶をなくした金木研の味方となってくれる人物を見定めるような行動も取っていました。こうしたことなどから、ヒデにとっては「スケアクロウ」の姿でいることが、金木研をサポートするためには最適だと考えていたことが読み取れます。

金木研を心配しオークション掃討作戦にも

Cレートという強さで戦闘での活躍がほとんど期待できないとされていた「スケアクロウ」ですが、オークション掃討作戦の際にはオークション会場に潜入していました。これは金木研が佐々木琲世としてオークション会場に来ていることを心配してのことだと考えられます。

オークション掃討作戦で、ヒデこと「スケアクロウ」は戦闘には参加しませんでしたが、「スケアクロウ」は佐々木琲世が敵に襲われている音声を放送室から流し、彼の仲間たちにその危機を知らせていました。

保険の有無を確かめに流島に行く

「東京喰種トーキョーグール:re」では「スケアクロウ」が流島に行く場面も描かれています。これはあらかじめヒデこと「スケアクロウ」が金木研の危機に備え、かけておいた保険の有無を確かめに行ったということのようです。

その保険というのは、お金などの保障ではなく「竜の専門家」の確保でした。実はこのとき、金木研は敵によって竜にされてしまっている状態で、仲間たちにはお手上げの状態となっています。そんな中「スケアクロウ」はあらかじめかけておいた保険「竜の専門家」に会いに行き、金木研の危機を救いました。

スケアクロウからヒデになり会話可能に

ずっと「スケアクロウ」の姿のまま金木研を支え続けたヒデですが、東京喰種148話でようやく会話ができるようになったことで元のヒデの姿に戻りました。これはCCGの知行博士の技術で発声器官に取り付ける装置が完成したためです。

ただ、声は元に戻っても、金木研に食べられた場所まで回復したわけではないために、ヒデは顔の半分を布で覆った姿で登場します。そして、金木研とも再会を果たしたのでした。

金木研への本プレゼント

「東京喰種トーキョーグール:re」では、ヒデから金木研への本のプレゼントも話題になりました。実は金木研は、東京喰種の世界での売れっ子作家・高槻泉のファンであることを公言しています。ヒデは金木研に気づかれないように、高槻泉の「金木研」宛のサイン本を入手していました。

そして、記憶をなくし、佐々木琲世として生きる金木研にそのサイン本をプレゼントしたのです。これはかつて好きだった作家の本と自分の本名である「金木研」の名を見て、彼に記憶を取り戻して欲しいというヒデの願いのこもったプレゼントでもありました。

最終回ではヒデの家族も判明?

先ほども紹介しましたが「東京喰種トーキョーグール:re」の最終回では、これまで謎とされてきたヒデの家族についても明かされました。ヒデの父が喰種捜査官であったことが明かされると、彼が情報収集能力や分析能力に長けているのは父譲りなのではないか、という読者の分析などもネット上には投稿されていたようです。

ヒデは父を喰種との戦いで亡くしていますが、その後は施設に預けられ、養父に引き取られます。ヒデの養父がどのような人物かなどについては「東京喰種トーキョーグール:re」の中では語られなかったようです。

ヒデの母に関する情報は最終回も無し?

ヒデの父についての情報は「東京喰種トーキョーグール:re」の最終回で明かされましたが、彼の母については最後まで明かされることはありませんでした。このため、ヒデの母が喰種なのではないかという憶測もあったようです。

もしもヒデの母が喰種だった場合、ヒデは半人間である可能性もあります。半人間は人間と喰種のハーフですが、人間が食べるものを食べることができますので、最終回にヒデがハンバーグを食べていたこととも矛盾しません。ただ、真相がどうなのかについては本編では明かされていませんので推測するしかなさそうです。

最終回での6年後のシーンのネタバレ

「東京喰種トーキョーグール:re」の最終回では6年後のシーンが描かれていたようですが、ヒデは生きているのでしょうか?「東京喰種トーキョーグール:re」最終回でのヒデの登場シーンについて調べてみました。

ヒデは死亡していなかった?

6年後の世界で、東京喰種の主人公である金木研は結婚をして子供も生まれています。その金木研の家に、友人たちが遊びに来るシーンがあるのですが、ここにヒデも含まれていたため、6年後も彼は死亡していなかったことが明らかになりました。

ヒデの顔の怪我も随分と治療されていたようで、6年後には普通のマスクで隠れる程度になっていました。むき出しになっていた喉の部分はかなり綺麗になっており、いつかマスクも必要なくなる日が来るのではないかと読者たちは思ったようです。

東京喰種ヒデのアニメ声優も調査

アニメ・東京喰種でのヒデを担当する声優についても見ていきましょう。常に主人公・金木研の味方であり続けたヒデの声は、どの声優が担当していたのでしょうか?アニメ・東京喰種でのヒデ役の声優について紹介します。

アニメ「東京喰種」ヒデの声優は豊永利行

アニメ・東京喰種でヒデを担当していた声優は豊永利行さんです。豊永利行さんは柔らかな声質の声優として知られていてます。豊永利行さんのヒデ役は、その優しい性格にぴったりの声だと原作のファンたちからも好評だったようです。

「東京喰種トーキョーグール:re」に登場した「スケアクロウ」の正体はヒデでしたが、その声優は公表されていませんでした。しかし「スケアクロウ」の声優もヒデを演じた豊永利行さんだったのではないかと見られています。

豊永利行の声優プロフィール

豊永利行さんの声優としてのプロフィールについても見ていきましょう。豊永利行さんは1984年4月28日生まれで現在の年齢は35歳、東京都八王子市出身です。豊永利行さんは声優事務所ではなく(株)スーパーエキセントリックシアターという劇団に所属しています。

子供の頃から役者になりたいと考えていた豊永利行さんは、1995年にミュージカルで子役としてデビュー。2002年には「ヨコハマ買い出し紀行-Quiet Country Cafe-」のタカヒロ役で声優としてもデビューを果たしました。

豊永利行の東京喰種以外の声優出演アニメ

豊永利行さんの東京喰種以外の声優としての出演アニメについても見ていきましょう。豊永利行さんが初めてアニメの声優として出演した作品は「テニスの王子様」です。その後「ふたつのスピカ」や「Get Ride! アムドライバー」などで主要キャストを演じています。

さらに豊永利行さんは「絶園のテンペスト」の不破真広役や「ユーリ!!! on ICE」の勝生勇利などで声優としての知名度をあげました。2019年放送のアニメでも「真夜中のオカルト公務員」の千草健二役や「星合の空」の曽我翅役として出演するなど、豊永利行さんはさまざまな作品に引っ張りだこの人気声優です。

東京喰種ヒデの正体の考察は人間で金木研を見守るキャラ

東京喰種に登場するキャラ・ヒデについて紹介してきました。ヒデは東京喰種の主人公である金木研の親友で、彼に顔を食べられてしまったということもあり、顔の半分を布で隠しています。顔を食べられた後も、ヒデはどんな時にも金木研の味方であり続けました。

一時は消息不明となり、死亡説も流れたヒデですが「東京喰種トーキョーグール:re」では案山子の姿をした喰種「スケアクロウ」として記憶をなくした金木研を影から支え続けます。そんな友人思いのヒデは、東京喰種の読者たちからも愛されるキャラでした。

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
春日つぼね

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ