【東京喰種】カネキこと金木研まとめ!最初から最終回とその後も!

東京喰種の主人公・カネキこと金木研にはどのような能力があるのでしょう?また「東京喰種:re」には金木研の子供が登場するというのは本当なのでしょうか?カネキこと金木研の覚醒した能力や、アニメ・東京喰種での声優についても併せて紹介します。

【東京喰種】カネキこと金木研まとめ!最初から最終回とその後も!のイメージ

目次

  1. 1【東京喰種】カネキこと金木研を徹底調査
  2. 2東京喰種の主人公カネキ(金木研)とは
  3. 3東京喰種の金木研の最初から最終回までを調査
  4. 4東京喰種の金木研のその後は?
  5. 5東京喰種の金木研と他キャラとの関係
  6. 6東京喰種の金木研の声優も調査
  7. 7東京喰種の金木研は最終回まで覚醒能力も凄い主人公キャラ

【東京喰種】カネキこと金木研を徹底調査

金木研ことカネキは東京喰種の主人公でもあります。彼は元は人間だったのが喰種になったということもあり、視聴者にとっては感情移入をしやすいキャラであると言えるかもしれません。端正な顔だちやアニメ版での穏やかな声とも相まって「カネキ」には女性ファンも多いようです。

この記事では、東京喰種の主人公であり象徴とも言うべき金木研の能力やビジュアル、さらには物語の中での活躍について、ネタバレも含む内容でご紹介します。また「東京喰種:re」の主人公・佐々木琲世の情報についても併せて見ていきましょう。

アニメ「東京喰種」の概要

アニメ「東京喰種」の概要についても紹介しましょう。アニメ「東京喰種」は石田スイさんの漫画を原作とし、3期まで制作されて完結しています。1期が「東京喰種」、2期は「東京喰種トーキョーグール√A」、3期が「東京喰種トーキョーグール:re」です。

2期の「東京喰種トーキョーグール√A」は漫画とは異なるアニメ版のオリジナル展開となっており、原作者の石田スイさんもストーリー原案で参加しています。「東京喰種」、「東京喰種トーキョーグール√A」はカネキこと金木研が主人公、「東京喰種トーキョーグール:re」は佐々木琲世が主人公です。

Thumb【東京喰種】エトが可愛い!正体や目的は?和修家との繋がりも
漫画やアニメが人気の東京喰種に登場するエトが可愛いと評判のようです。エトの正体や目的、その生...

東京喰種の主人公カネキ(金木研)とは

東京喰種の主人公であるカネキこと金木研のキャラについて詳しく見ていきましょう。金木研はどのような人物なのでしょうか?東京喰種の主人公・カネキこと金木研のキャラについて紹介します。

主人公カネキ(金木研)のプロフィール

まずは金木研のプロフィールから見ていきましょう。金木研は12月20日生まれのいて座で、血液型はAB型となっています。東京喰種の物語が始まった当初の年齢は18歳で、東京都内にある上井大学文学部国文科に通う大学生でもありました。

東京喰種に登場する喰種の中には、生まれついての喰種というキャラもいますが、金木研は生まれついての喰種ではありません。物語開始当初は人間として登場し、その後、喰種となったという経緯があります。金木研が喰種となった経緯については後ほど詳しく紹介します。

マスク姿が印象的なカネキ(金木研)

東京喰種の主人公・金木研といえば、一見不気味とも思えるマスク姿が印象的です。実はこれはマスクのようで眼帯なのだとか。東京喰種に登場する喰種キャラたちは、ほとんどがこのようなマスクをつけています。

彼らがマスクを付けているのは「喰種対策局(CCG)」に素性がばれないようにするためです。金木研のマスクはコスプレでも人気があるようで、ネット通販などでも2000円から3000円程度で購入することができます。

金木研のマスクコラボのウエストポーチも発売

金木研のマスクは東京喰種の主人公ということもあり、特に印象的なようで、彼のマスクをイメージしたさまざまなグッズが発売されています。たとえば、金木研のマスクをイメージしたウエストバッグは、見た目は少し不気味ですが、東京喰種のファンたちに人気のようです。

他にも、金木研のマスクをイメージしたパーカーやTシャツ、リュック、keyチェーンなども販売されており、見た目のインパクトとともに、ファンたちから人気を集めています。

主人公カネキ(金木研)の性格

東京喰種の主人公・金木研の性格についても見ていきましょう。金木研の性格は、登場当初は穏やかな性格をしていたようです。また、内向的で、自己犠牲を尊ぶようなところもありました。

ただ、自身が喰種となり、さまざまな出来事を経て、金木研の性格も少しずつ変化していきます。喰種として生きることの厳しさを知った金木研は、敵には容赦をせず、時には残酷で攻撃的な一面も見せるようになりました。

主人公カネキ(金木研)の趣味や好きな物

金木研の趣味や好きなものについても見ていきましょう。東京喰種の主人公である金木研はどのような趣味があるのでしょうか?調べてみたところ、金木研の趣味は読書なのだそうです。中でも特に高槻泉の小説を好んで読んでいました。

また、金木研は好きな食べ物としてハンバーグをあげているようです。他には知的な女性や綺麗な言葉なども好きなのだとか。こうしたことから、金木研はどちらかというとインドア志向だったのではないかと考えられます。

東京喰種:reのカフェも話題に!

東京喰種といえば、イベントとして展開されていた東京喰種カフェも人気でした。東京喰種カフェでは、東京喰種にちなんださまざまなメニューが用意されていたようです。

たとえば、金木研のマスクをイメージしたクッキーサンドや「カネキの隻眼カレー」、「キジマの断末魔レアチーズケーキ」、「美食家・月山のローストビーフ」など、少し不気味で、なおかつ美味しいメニューが人気を集めていました。

東京喰種の金木研の最初から最終回までを調査

東京喰種の主人公・金木研の物語はどのようなものだったのでしょうか?金木研の最初から最終回までを調査してみました。東京喰種の物語の中で金木研がどのように描かれていたのかについて紹介します。

アニメ最初の頃は上井大学文学部国文科1年生の普通の青年

「東京喰種」の初回登場時、金木研は上井大学文学部国文科1年生の普通の青年でした。声を荒げたりするようなこともなく、仲の良い友達と談笑したり、静かに本を読んでいるような印象のキャラだったようです。

知能指数は初回登場時から非常に高かったようで、東京喰種に登場する全キャラの中でもトップクラスの知能を誇るのだとか。大学生らしく恋もしていたようで、喫茶店「あんていく」の常連客・リゼに密かに想いを寄せていました。

両親は他界しており20区内で一人暮らし

東京喰種の物語開始当時、金木研の両親はすでに他界しています。そのため、金木研は20区で1人暮らしをしていました。金木研の父親は彼の幼少期に事故で亡くなります。母は女手ひとつで金木研を育てていたものの、働き過ぎが原因で亡くなってしまいました。

その後、金木研は母の姉である伯母に引き取られましたが、伯母は実子ばかりを可愛がり、金木研には愛情を注ぐことはなかったようです。金木研の内向的な性格は、こうした生い立ちから生まれたものと考えられます。

最初は金木研の姿は人間

東京喰種といえば、その主人公である金木研が喰種だと思いつく人も多いでしょう。しかし、金木研の初回登場時は人間の姿をしていました。金木研は最初から喰種というわけではなく、途中で喰種となってしまった人工半喰種なのです。

物語の主人公である金木研が最初は人間だったということもあり、その後の彼の性格や印象の変化に対しても、読者はスムーズに受け入れることができたのかもしれません。

神代利世(リゼ)により喰種の臓器移植で半喰種に

金木研が喰種として覚醒した経緯について、もう少し詳しく見ていきましょう。金木研は喫茶店「あんていく」の常連客である、神代利世ことリゼに想いを寄せていて、ある日2人はデートをすることになります。

そのデートの際にリゼは金木研を襲い、彼は瀕死の重傷となりました。襲われている最中にリゼに鉄骨が落ちてきたことで金木研はかろうじて命が助かります。しかしその後、運ばれた病院でリゼの内臓を移植されたことにより半喰種となってしまいました。

神代利世(リゼ)とは

金木研が喰種となるきっかけを作った、リゼこと神代利世についても少し紹介しましょう。リゼは普段は読書好きの知的な女性として振る舞っており、金木研も彼女に惹かれていました。

しかし、喰種仲間たちからは「大喰い」の喰種として認識されており、無差別に人を襲っては「食事」をしていたようです。このため、CCGの介入を恐れる喰種仲間たちからは煙たがられる存在でもありました。

東京喰種:reまでの覚醒歴も凄い金木研

東京喰種の最終章ともいえるのが「東京喰種:re」になります。「東京喰種」で喰種となった金木研は、さまざまな葛藤や出来事を経てその能力を覚醒させ「東京喰種:re」では恐るべき能力を身につけていました。そんな金木研の能力について紹介します。

黒カネキの能力

金木研は黒カネキと喚ばれる時代を経て、少しずつ能力を覚醒させていきます。つまり、黒カネキというのは、金木研が喰種となって間もない頃のことを指していると言えるでしょう。

金木研が黒カネキの時代には、人間を食べることを拒絶するなど、まだ喰種としての生活に慣れていない部分もありました。ですので、当然喰種としての能力ももっとも低い状態です。

白カネキの能力

白カネキというのは、文字通り、髪の色が黒髪から白髪へと変化した金木研のことを指します。金木研の髪の色が白髪となってしまったのには、ある出来事が関連しているようです。

その出来事というのは、喰種たちの組織「アオギリの樹」による執拗な拷問でした。金木研はこの拷問のストレスによって、元は黒髪だったのが完全に白髪になってしまったのです。

ムカデ覚醒で能力UP?

金木研は度重なる拷問で、死ぬことと同じぐらいの痛みと苦痛を味わい、さらには仲間を目の前で無残に殺されるという場面を見て、精神的にも追い詰められてしまいます。

この時に金木研は自分の中に存在したリゼの残滓を喰い、喰種としての能力を覚醒させました。喰種として覚醒した金木研は、ムカデのような赫子をまとい、驚異的なスピードとパワーで敵を圧倒する能力を見せつけます。

東京喰種:re登場ハイセ(佐々木琲世)の能力

「東京喰種:re」の主人公はハイセこと佐々木琲世ですが、実は彼は記憶を失った金木研でもあるのです。金木研は「東京喰種」の最後に描かれた「20区隻眼の梟討伐戦」で行方不明となってしまいます。

そして「東京喰種:re」ではハイセが主人公となりました。ハイセと金木研は顔はよく似ているものの、性格が少し異なり、髪の色もハイセは白と黒のツートンカラーとなっています。強さはCCGからSSレートと認定されており、金木研よりはやや劣る能力とされていたようです。

闇カネキの能力

闇カネキというのは「東京喰種:re」でハイセが金木研として覚醒した状態のことを言います。闇カネキという呼び名は読者が付けたもので、ハイセから覚醒した金木研の発言が、あまりにもダークなものが多かったためにつけられたようです。

闇カネキは敵に対する攻撃も容赦なく、棒で眼球を潰すなどしています。闇カネキの覚醒状態での強さはSSS級レートとされ、同じSSS級レートとされる「隻眼の梟」の下半身を吹き飛ばしたこともありました。覚醒した闇カネキは通称「黒い死神」とも呼ばれています。

竜カネキの能力

「東京喰種:re」の終盤では、金木研の能力はさらに覚醒し、竜カネキとなります。竜カネキは文字通り竜の形をしており、もはや人間の面影はありません。金木研の仲間たちは、この竜カネキから彼を元に戻そうとしてさまざまに奔走しました。金木研が完全に覚醒した竜カネキの強さはラスボス級だと言われています。

最終回で隻眼の王に?

「東京喰種:re」の最終回で、金木研は自らを「隻眼の王」と名乗ったとされています。「隻眼の王」というのはどのような存在なのでしょうか?「東京喰種:re」に登場する「隻眼の王」について調べてみました。

隻眼の王とは

「隻眼の王」というのは「アオギリの樹」という喰種たちの組織を率いているとされていた人物のことで、その正体は不明とされていました。「アオギリの樹」のメンバーにとって「隻眼の王」は半喰種たちの王で、喰種たちの希望の存在だという認識があったようです。

実は初代の「隻眼の王」は、CCGに所属する特等捜査官・有馬貴将でした。そして「東京喰種:re」ではその有馬貴将から引き継ぐ形で金木研が「隻眼の王」を名乗るようになります。

東京喰種の金木研のその後は?

「東京喰種:re」の最終回では、さまざまな戦いが終わったその後が描かれています。具体的には最後の決戦から6年後です。この6年後にはキャラたちにも大きな変化がありました。「東京喰種:re」で描かれた金木研のその後について紹介します。

その後は霧嶋董香(トーカ)との関係にも注目が

金木研のその後といえば、東京喰種の初期からの読者なら、霧嶋董香ことトーカとの関係を思い浮かべるでしょう。金木研とトーカは喫茶店「あんていく」で出会いますが、その出会いの当初はあまり良い関係ではありませんでした。

喰種になったばかりの金木研は、人間を食べるということを受け入れることができず、そんな彼に対してトーカは厳しい言葉を放っています。ただ、その関係も物語が進について変化していったようでした。

霧嶋董香とは

霧嶋董香ことトーカは、東京喰種の物語開始当初は清巳高等学校の2年生でした。金木研とは異なり、彼女は生まれながらの喰種で、喫茶店「あんていく」でアルバイトをしながら高校生活を送っていたようです。

トーカには父と弟がいましたが、父は喰種捜査官によって殺されてしまいます。弟とは父の死後、共にCCGと戦ってきたものの、トーカが高校に通い始めたことから疎遠になってしまいました。

霧嶋董香との間に子供誕生

「東京喰種:re」の最終回では、金木研とトーカは結婚します。この時、トーカのお腹の中には金木研の子供がいました。2人は子供ができたから結婚したというわけではなく、子供ができる以前から結婚を意識していたようです。

子供の名前は「金木一花」

金木研とトーカの子供は名前を「金木一花(かねきいちか)」といいます。2人の子供は漫画版でもアニメ版でも登場し、とても可愛いとネット上などでも話題になりました。

トーカが金木研との子供を身ごもったのは6年前ということになっていて、二人の子供「金木一花」は初登場時には5歳になっています。ちょうどお転婆ざかりの子供ということもあり、最終回で「金木一花」は生き生きとした姿を見せていたようです。

子供は半喰種

金木研とトーカの子供「金木一花」は、半喰種です。ただ、この子供は人間の食べ物を食べることができます。これは、トーカが子供を妊娠中に、ハンバーガーなどの人間の食べ物を必死に食べたからだとされています。子供の目は隻眼で、髪の色は黒と白のツートンカラーになっていました。

その後はラスボス(リゼの正体)に勝利

金木研のその後についてさらに見ていきましょう。金木研は竜カネキとして覚醒後、仲間たちの力を借りて元の姿に戻ることができました。そして、ラスボスでもあるリゼが変化した竜と戦います。

金木研は竜のリゼを倒しますが、最後に「ありがとう」と告げました。これは、金木研が半喰種となるきっかけを作った彼女に対する謝意で、彼が半喰種である自分を幸せだと感じていたことから出た言葉でもあったようです。

東京喰種の金木研と他キャラとの関係

金木研と東京喰種に登場する他のキャラとの関係はどのようなものだったのでしょうか?金木研と特に関わりの深かったキャラとの関係について調査しましたので紹介します。

金木研とヒデの関係

まずは金木研と永近英良ことヒデとの関係について見ていきましょう。ヒデと金木研は幼少期からの幼なじみであり親友でもあります。東京喰種の物語開始当初、ヒデは金木研と同じ大学に通っていました。

喰種としての能力が覚醒した後も、ヒデの存在が傍にいることで金木研は人間としての感情を持つことができていたようです。そんな金木研を、ヒデは献身的に支え続けました。

ヒデとは

金木研と深い関わりのあるヒデのプロフィールについても少し紹介しましょう。ヒデは小学生の時に金木研と同じ小学校に転校してきますが、その時に初めて話しかけたクラスメートが金木研だったようです。

ヒデの家族構成については不明となっています。また、喫茶店「あんていく」の常連であるということから、人間だけではなく喰種の友人も多いというキャラでもあるようです。

金木研と有馬貴将の関係

金木研と関わりの深いキャラとしては有馬貴将もあげられるでしょう。有馬貴将はCCGの特等捜査官でもあり「東京喰種:re」では佐々木琲世の上司、さらには初代「隻眼の王」でもあった人物です。佐々木琲世は彼のことを「お父さん」と呼んで慕っていました。

実は有馬貴将は人間ではなく半人間で、喰種と人間のハーフでもあります。半人間はその寿命がとても短いということもあり、有馬貴将は「隻眼の王」を継ぐ人物を探していました。そして、その候補として金木研に目を付け、記憶を失った彼に「佐々木琲世」の名を付けて部下にしていたのです。

黒髪から白髪に変化で有馬との共通点も

有馬貴将もかつては金木研のように黒髪だったことがありました。ですので、黒髪から白髪になったという部分でも、金木研と有馬貴将は共通しているところがあるようです。

東京喰種の金木研の声優も調査

アニメ・東京喰種で金木研を演じていた声優についても見ていきましょう。アニメは合計で3期放送されています。アニメ・東京喰種金木研を演じていた声優は誰だったのでしょうか?

アニメ「東京喰種」金木研の声優は花江夏樹

アニメ・東京喰種で金木研を演じていた声優は花江夏樹さんです。東京喰種のアニメ化が決定されたとき、ファンたちは金木研を誰が演じるのかということに注目していました。

そして、担当声優が花江夏樹さんだと判明すると、イメージ通りだという声が上がっていたようです。金木研は喰種になったことで性格も変化し、さまざまな顔を見せるようになります。花江夏樹さんは声優として、こうした金木研の繊細な部分を巧みに演じていました。

花江夏樹の声優プロフィール

アニメ・東京喰種で金木研を担当する声優・花江夏樹さんのプロフィールについても見ていきましょう。花江夏樹さんは大学時代に放送されていたアニメ「桜蘭高校ホスト部」を見たことをきっかけに声優を志そうと考えたそうです。

通常、声優になろうと思うと養成所に通いますが、花江夏樹さんの場合は、憧れの声優である山寺宏一さんの事務所に直接ボイスサンプルを送ったのだとか。その後、ワークショップとオーディションを経て、アクロス エンタテインメントの預かりとなりました。

花江夏樹さんの声優としてのデビューは2011年のことで、テレビアニメ「ゴールデン☆キッズ」の俊太役が初仕事だったようです。その後の花江夏樹さんは下積み時代が続きますが、2012年には正式にアクロス エンタテインメントの所属となりました。

現在の花江夏樹さんは声優としてだけではなく、歌手やYouTuberなどとしても活躍しています。2018年から始めたゲーム実況のYouTubeチャンネルは、現在50万人以上の視聴者が登録する人気チャンネルです。

花江夏樹の東京喰種以外の声優出演アニメ

花江夏樹さんの東京喰種以外の出演アニメについても見ていきましょう。花江夏樹さんが初めてレギュラー出演したアニメは、2012年に放送された「TARI TARI」でウィーン役を演じていました。

その後、2013年に放送された「凪のあすから」では主役の先島光役を演じます。これはオーディションを経て決定した役で、花江夏樹さんにとっては初めての主演作品となりました。

東京喰種とともに花江夏樹さんを代表する出演作品として名前があげられているのが「四月は君の嘘」です。この作品は2014年に放送されたもので、花江夏樹さんは主人公の中学生・有馬公生役を演じていました。この有馬公生役は東京喰種の金木研役と共に、花江夏樹さんの当たり役とされています。

他にも花江夏樹さんは「斉木楠雄のΨ難」の鳥束零太役や「アルドノア・ゼロ」の界塚伊奈帆役、「政宗くんのリベンジ」の真壁政宗役などを演じていました。

東京喰種の金木研は最終回まで覚醒能力も凄い主人公キャラ

人気アニメ・東京喰種の主人公・金木研について紹介してきました。金木研は生まれつきではなく、後天的に半喰種となりましたが、能力覚醒後は圧倒的な強さを誇る喰種となります。

最終回には金木研とトーカの子供が登場していることから、この子供が主人公となった続編に期待する声もファンには多いようです。東京喰種の続編については現在のところアナウンスがありませんが、今後の情報に期待しましょう!

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
春日つぼね

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ