【東京喰種】クロナの生い立ちから死亡する最後は?半喰種の能力も

2011年から週刊ヤングジャンプで連載されていた人気漫画の東京喰種。そこに登場する半喰種のクロナが可愛いと注目を集めました。それでは、両目赫眼化の噂や双子のナシロとの関係、最後は死亡したのではないかと言われている東京喰種のクロナの真相に迫っていきます!

【東京喰種】クロナの生い立ちから死亡する最後は?半喰種の能力ものイメージ

目次

  1. 1【東京喰種】クロナとは
  2. 2東京喰種クロナはどんなキャラ?
  3. 3東京喰種クロナの生い立ちから死亡する最後は?
  4. 4東京喰種クロナの声優も調査
  5. 5東京喰種クロナはナシロを双子の妹に持つ両目赫眼化の半喰種

【東京喰種】クロナとは

皆さんも「東京喰種」という漫画を一度くらいは見たことがあるのではないでしょうか?そこに登場する「安久黒菜」。後ほど詳しくご紹介しますが、安久黒菜は作品中では「クロナ」と呼ばれ、「半喰種」として東京喰種では欠かせない存在となっています。

双子の妹である「ナシロ」と共に戦い、普段の可愛らしいクロナからは想像もつかない激しい戦闘シーンを見せ、東京喰種ファンをうならせています。

漫画やアニメで人気「東京喰種」の概要

今や漫画やアニメで大人気となっている東京喰種。2011年から2014年までが「東京喰種」、2014年から2018までは「東京喰種トーキョーグール:re」として「週刊ヤングジャンプ」で連載されていました。

東京喰種の世界では人の姿でありながら人肉を食べる喰種という生物が存在し、半喰種となってしまった主人公の「金木研」が「ヒト」と「喰種」の共存のために戦いを続けるというストーリーとなっています。

東京喰種クロナはどんなキャラ?

半喰種として東京喰種に登場するクロナ。普段のクロナは影が見え隠れするものの可愛らしさがあり、東京喰種を見たことがない人にとってはクロナは「守られる役」と思ってしまうのではないでしょうか?

ここでは、東京喰種を見たことがないという人のために、クロナがどんなキャラなのかについてみていくことにします。

クロナ(安久黒奈)のプロフィール

まずはクロナのプロフィールからみていきましょう。7月7日生まれでかに座のAB型、喰種である「神代利世」の赫包を移植されたことにより半喰種となりました。

縦じまのマスクと黒いフードをかぶっているのが特徴で、「鱗赫」を使い妹のナシロとのコンビネーションで敵を圧倒していきます。

クロナは元CCGアカデミー候補生の半喰種

東京喰種の世界では、人間と喰種の両方の特徴を持つ者を半喰種と言い、半喰種であるクロナも赫包を移植されるまでは普通の人間として生活をしていました。ナシロと共に「CCG」と呼ばれる機関で、アカデミー候補生として優秀な一面をみせていたそうです。

剣道を得意とし、東京喰種では重要な役どころの「亜門鋼太朗」にも優秀な喰種捜査官になれるかなどの質問をしていたことから、性格は真面目であることがわかります。

CCGは喰種捜査官

東京喰種では圧倒的な力を誇る喰種が人肉を求め、人を襲うというシーンが度々お目見えするのですが、やはりその喰種を取り締まるための「CCG」と呼ばれる機関も存在しています。倒した喰種から取り出した赫包を使って「クインケ」という武器を作り、そのクインケを駆使して喰種との戦いに臨んでいます。

クロナの強さも調査

元々はCCGの喰種捜査官として活躍することを夢見ていたクロナですが、半喰種となってしまった以上はCCGと戦わなければなりません。そこで気になってくるのはクロナの強さについてではないでしょうか?

東京喰種において度々登場するクロナが、どれほどの強さを誇っているのかファンでなくとも気になってしまうものです。ここでは、クロナの強さがわかる戦いのシーンなどを交えてご説明します。

河原半兵衛を行動不能に追い込む強さ

巷では普段の可愛らしさからは想像もつかないほど強いと言われているクロナ。その強さが如実に表れているシーンがあります。それは「流島」での「阿原半兵衛」との戦いでした。

かねてからCCG捜査官である「鈴屋什造」を嫌っていたクロナは、阿原半兵衛が鈴屋什造の部下であると知ると、赫子を剣のようにして阿原半兵衛の足に突き刺します。これにより阿原半兵衛は行動不能に陥ってしまいました。

鈴屋什造には敗北

阿原半兵衛との戦いにおいて圧倒的な強さを見せつけたクロナですが、鈴屋什造には敗北を喫してしまいます。共食いに共食いを重ねて「半赫者」となっていたクロナは、鈴屋什造の胸を貫き一度は勝ったと思われました。

しかし、鈴屋什造のクインケである「アラタJOKER」により手足を切断されるという傷を負わされてしまい、撤退を余儀なくされてしまいます。

ロマや死堪との戦闘で西尾錦(ニシキ)と共闘

神代利世の赫包をクロナに移植した医師でもある「嘉納教授」を追って、流島へとたどり着いたクロナ。そこで嘉納教授を捕えようと試みるのですが、逆に「ロマ」や「死堪」といった喰種と対峙することとなってしまいます。

そんな折、嘉納教授を追っていた「西尾錦(ニシキ)」と出会い共闘することとなりました。クロナとニシキは見事なコンビネーションを発揮して、見事にロマと死堪を返り討ちにします。

クロナの双子の妹はナシロ(安久奈白)

これまで東京喰種の中で度々登場してくるクロナの双子の妹であるナシロ。ここまでくると、クロナの妹のナシロについても気になってしまうのではないでしょうか?姉であるクロナがあれだけ可愛くて強いのですから、ナシロも可愛くて強いと思ってしまうのは当然のことでしょう。

ナシロ(安久奈白)のプロフィール

クロナの妹として登場するナシロは、姉であるクロナと同じ7月7日生まれのかに座のAB型で、クロナと同じく神代利世の赫包を移植されたことにより半喰種となりました。横シマのマスクに白いフードが特徴で、姉のクロナとの絶妙のコンビネーションによって敵を倒していきます。

東京喰種クロナの生い立ちから死亡する最後は?

東京喰種において可愛らしい風貌と、冷徹なイメージとのギャップが人気となっているクロナ。かつてCCGで喰種捜査官になるために訓練を受けていたクロナが、なぜ半喰種になってしまったのか疑問に思った人もいたのではないでしょうか?

ここでは、クロナがナシロと共に半喰種となるに至った生い立ちや、死亡すると言われた最後までをみていくことにします。

クロナはナシロと共に資産家の安久家に誕生

東京喰種では衝撃的な戦闘シーンがクローズアップされることの多いクロナとナシロですが、先述したように生まれた時から半喰種ではありませんでした。貿易関係の会社を営む「安久家」という資産家の家に誕生します。

裕福な家庭で育つのですが、突如父親の会社が傾き多額の借金を抱えることになってしまいました。それにより父親はCCGと関わりを持つようになります。

喰種の殺害による両親死亡でCCGアカデミーへ

資産家の娘として生まれ、何一つ不自由なく育ってきたであろうクロナ。父親が借金を背負ってしまったことで、運命が大きく変わってしまいます。借金によってCCGとの関わりを持つようになってしまった両親は喰種によって殺害されてしまいます。

両親が死亡してしまい孤児となってしまったクロナとナシロは、孤児を保護するという役割も持っているCCGへ行くことになりました。

その後は嘉納教授が喰種化施術で半喰種化に

両親が死亡したことでCCGへと行くことになったクロナとナシロ。両親の死について真相を知る日がやってきてしまいます。当初は単純に喰種に殺害されたのだと思っていたクロナとナシロでしたが、実はCCGが放った喰種によって殺害されていたのです。

この事実を知ったクロナとナシロは絶望してしまい、医師である嘉納教授によって半喰種となることを決心したのでした。

妹のナシロは鈴屋什造に殺害され死亡

両親が死亡したことをきっかけとして半喰種となったクロナとナシロですが、ナシロは喰種捜査官である鈴屋什造の手によって殺害されてしまいます。姉のクロナを助けようとして深手を負い、そのまま絶命してしまったのです。

鈴屋什造とは

喰種を駆逐するために多くの捜査官が登場する東京喰種。その中でも異彩を放つ捜査官であるのが鈴屋什造でしょう。男性でありながら中性的な容姿を持つことから、鈴屋什造のファンだという人も多いのではないでしょうか?

その可愛らしい風貌とは打って変わって冷徹な一面を持ち、さらに小柄な体からは想像もつかないような身体能力を持っています。

ナシロ死亡で嘉納教授に殺意を抱く

東京喰種において、重要な役割を果たしていると言われるのが嘉納教授です。当初はクロナもナシロも嘉納教授のことを慕っていたのですが、前述した鈴屋什造との戦闘で負傷したナシロを助けてほしいと頼むものの、断られたことで不信感を抱くようになります。

さらにナシロのことをぞんざいに扱うようなことを言われ、クロナは嘉納教授に対して殺意すら覚えるようになりました。

クロナは半喰種で両目は赫眼化

一般的に半喰種は片目だけが赫眼化しています。東京喰種ファンであれば当然のことでしょう。しかし、クロナはある日を境にして両目が赫眼化するようになります。この両目の赫眼化については、東京喰種ファンの間で様々な憶測が飛び交いました。

両目赫眼化の理由はナシロの目の移植が関係か

東京喰種ファンの間で様々な憶測が飛び交ったクロナの両目赫眼化。クロナの両目が赫眼化した理由としてはナシロの目をクロナへ移植したか、もしくはクロナがナシロを捕食したためではないかと言われているようです。

アオギリの樹の喰種共喰い

ある日を境にして両目が赫眼化したクロナ。その後はしばらく姿を見ることがなかったのですが、「オークション編」において「アオギリの樹」の共食い死体が発見されたことで、再び表舞台へと登場してくるようになります。

現場にいたフードをかぶった男が「安久」とつぶやいたことから、共食いはクロナの仕業であることが判明しました。久々のクロナの登場をにおわすシーンに東京喰種ファンは喜んだことでしょう。

金木研がクロナ救出?

ナシロの一件があってから人間不信に陥り心を閉ざしてしまっていたクロナですが、「東京喰種:re」で金木研が作った「黒山羊(ゴート)」に入り、徐々に変化を見せはじめます。クロナのことを認めてくれる金木研に対し、少しづつ心を開くようになりました。

最後は嘉納教授(嘉納明博)と再会で死亡?

ナシロを見捨られて激しく嘉納教授を恨んでいたクロナですが、最後に嘉納教授と再会し死亡したと言われているそうです。ここでは、あれほど強かったクロナが死亡してしまったのかについてみていきます。

死亡するのは嘉納教授

実は最後に死亡してしまうのはクロナではなく嘉納教授の方でした。最後までクロナと戦って死ぬのかと思いきや、クロナに謝罪の言葉を述べて自殺をするという最後に驚かれた人も多かったことでしょう。

東京喰種クロナの声優も調査

東京喰種ファンであれば、可愛いクロナの声を担当している声優について一度は気になったことがあるのではないでしょうか?巷では可愛いクロナの声にぴったりだと評判になっていました。ここでは、東京喰種を語るうえで欠かせないクロナの声優についてみていきます。

アニメ「東京喰種」クロナの声優は悠木碧

2014年から「TOKYO MX」において放送されていた東京喰種。期間をあけながら第3期まで放送され、多くの東京喰種ファンを喜ばせました。そんな人気の東京喰種でクロナの声を担当していたのが、人気声優の「悠木碧」さんです。

悠木碧の声優プロフィール

東京喰種のクロナの声を担当していた人気声優の悠木碧さん。1996年に子役としてデビューし、2003年から声優としての活動を始められました。2012年からは歌手活動も行っており、マルチな才能を発揮している声優の一人と言えます。

悠木碧の東京喰種以外の声優出演アニメ

声優の他に歌手活動などマルチな才能を発揮している悠木碧さんですが、出演作品は東京喰種だけではありません。「魔法少女まどか☆マギカ」の「鹿目まどか」役や「君の名は」の「名取早耶香」役など数多くの作品に出演をしています。

Thumb【東京喰種】キャラ一覧!強さをランキング形式で!声優などの情報も
石田スイさんが綴った名作「東京喰種」のメインキャラ一覧をご紹介します。更に数多くの喰種と人間...

東京喰種クロナはナシロを双子の妹に持つ両目赫眼化の半喰種

ヒトと喰種の戦いを描いた東京喰種。その中でひときわ可愛さを誇っているのがクロナとナシロです。両目が赫眼化し強くて冷徹でありながら、可愛さも併せ持つクロナのファンだという人も多いことでしょう。

東京喰種を見たという人も、もう一度見てみるのもいいかもしれません。きっとクロナの魅力にはまってしまい、ますます東京喰種の虜になってしまうことでしょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
大橋類太郎
北海道の田舎に住んでいる大橋類太郎です。 ドライブが好きで暇さえあれば広い北海道を走り回っています。 コツ...

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ