【東京喰種】松前まとめ!月山家室長の能力や最後は?死亡するまでを紹介

漫画やアニメで人気の「東京喰種」には様々なキャラクターが登場しますが、今回はその中から可愛いと話題になっている松前というキャラクターを紹介します。月山家室長の松前が「東京喰種」に登場してから死亡するまで、どんな活躍を見せていたのかチェックしてしてみましょう。

【東京喰種】松前まとめ!月山家室長の能力や最後は?死亡するまでを紹介のイメージ

目次

  1. 1【東京喰種】松前とは
  2. 2東京喰種の松前は可愛い月山家室長
  3. 3東京喰種の松前の能力について
  4. 4東京喰種の松前の最後や死亡するまで
  5. 5東京喰種の松前は可愛い月山家使用人兼室長で最後は死亡

【東京喰種】松前とは

松前はアニメや漫画の「東京喰種」に登場するキャラクターです。物静かで和風な女性ですが、「東京喰種」のファンの間では可愛いと人気になっています。脇役ですが、登場シーンも多く、戦闘能力も高いと話題です。

アニメや漫画などで人気「東京喰種」の概要

「東京喰種」は2011年から2018年まで「週刊ヤングジャンプ」で連載されていた漫画です。漫画家・石田スイさんのデビュー作品で、物語は「東京喰種」と「東京喰種:re」の2つに分かれています。

「東京喰種」は喰種(グール)と呼ばれる人間を捕食する生き物と人間との関係性を描いたダークファンタジー作品となっており、完結した現在も様々なところで話題を集めています。

アニメ「東京喰種√A」や「東京喰種:re」も話題に

「東京喰種」は漫画のほか、小説や実写映画、舞台やアニメが制作されています。アニメは第1期の「東京喰種」、第2期の「東京喰種√A」、第3期・最終章の「東京喰種:re」があり、現在も有料動画サイトやDVDで見ることができます。

東京喰種の松前は可愛い月山家室長

松前は小説の「東京喰種」や漫画第2部の「東京喰種:re」に登場します。まずは、松前のキャラクター設定やアニメでの声優など、松前に関する基本情報を見ていきましょう。

松前のプロフィール

「東京喰種」には人間のほかに、人間を捕食して生きる喰種と呼ばれる生き物が存在します。松前は人間ではなく喰種です。喰種でも見た目は人間と変わらず、松前も見たところは黒髪ショートボブの可愛い女性です。

松前は月山家の使用人であり室長

物語の中での松前は、財閥である月山家の使用人で室長という立場です。可愛い見た目からは意外なほどに戦闘能力が高く、他の使用人からも信頼されており、主人である月山家の人間に対しては従順な態度で接しています。

可愛い松前は東京喰種:reの時点で年齢何歳?

松前の年齢ははっきりと明かされていませんが、月山家の御曹司・月山習が高校生の時に彼の高校で教師をしていたことがあります。そのため、月山習よりも最低6歳は上だと考えられ、「東京喰種:re」で登場した時点では30~35歳ほどだと推測されています。

小説版の東京喰種第1巻で初登場の可愛いキャラ

松前は「東京喰種:re」のキャラクターですが、それ以前に小説版の「東京喰種 日々」で初登場しています。小説では「東京喰種」に登場するキャラクターの過去の話や日常生活などが描かれているのですが、松前は月山習の高校時代を描いたエピソードで登場しており、その時は彼の担任教師として高校に潜入していました。

アニメ「東京喰種」松前の声優は中村千絵

松前はアニメの「東京喰種:re」にも登場しており、アニメでの松前の声は声優の中村千絵さんが担当しています。「東京喰種」はOVAもいくつか制作されており、そのひとつの「東京喰種 PINTO」でも中村千絵さんが松前役を演じています。

中村千絵の声優プロフィール

中村千絵さんはアクセルワン所属の声優です。幼少期から演劇や歌の世界に興味があった中村千絵さんは、児童劇団や学校の演劇部などで様々なレッスンを積んでいたようです。そんな中村千絵さんは高校の時に本格的に声優を目指すようになり、声優事務所・オフィス薫の養成所に入学しています。

そして、そのままオフィス薫の所属となり、声優として活動するようになりました。その後、オフィス薫は2012年4月に退所しており、2012年7月からは現在所属のアクセルワンに所属しています。

中村千絵の東京喰種以外の声優出演アニメ

中村千絵さんは上品な高い声が魅力の声優です。「東京喰種:re」の松前役以外には、「NARUTO-ナルト-」の春野サクラ役や「まじっく快斗1412」の今泉麗子役などを演じています。

東京喰種の松前の能力について

月山家の使用人の中でも戦闘能力が高いとされている松前。喰種は人間と違って特殊な能力を持っていますが、松前の能力はどんなものなのでしょうか?松前の能力について調査しました。

松前の赫子は甲赫

松前は甲赫(こうかく)の赫子(かぐね)を持っています。甲赫は肩甲骨あたりに出現する赫子で、金属質の見た目をしており、頑丈で耐久性に優れているというのが特徴です。重さがあるので俊敏性は劣りますが、赫子のもとであるRc細胞の燃費が良く、長期戦に向いています。

赫子とは

赫子とは喰種が持つ捕食器官です。普段は体の外には出ていませんが、興奮した時や戦闘時などに皮膚を突き破って出現します。赫子を構成しているのはRc細胞と呼ばれる細胞です。喰種と人間とでは体内に含まれているRc細胞の量が全く違うため、喰種捜査官はRc値を測定することで喰種と人間を見分けています。

赫子の強さはこのRc細胞に比例するため、Rc細胞が多い喰種ほど赫子の能力も高いということになります。喰種は基本的に人間を食べてRc細胞を摂取していますが、喰種同士で共食いすると多量のRc細胞が摂取できるため、共食いをしている喰種はかなり強力な赫子を所持しています。

また、赫子は松前が持つ甲赫以外に、羽赫(うかく)、麟赫(りんかく)、尾赫(びかく)という種類があります。羽赫は肩付近に出現する羽のような見た目をした赫子で、俊敏性に優れており、遠距離戦も近距離戦もどちらにも対応することができます。

麟赫は腰付近に出現する触手のような赫子で、壊れやすいという弱点はあるものの、高い再生力と威力を持つ赫子です。そして、尾赫は尾てい骨あたりに出現する尻尾のような赫子で、突出した能力はないものの、バランスのとれた扱いやすい赫子となっています。

松前所有の甲赫の能力とは

赫子の種類が同じでも喰種によってその赫子の特徴は様々です。松前の持つ甲赫は剣と盾に分離させることができるため、防御にも攻撃にも優れています。また、赫子を茨のような形で出現させ、行く手を阻む壁を作るなど、多様性に富んだ赫子の使い方ができるようです。

東京喰種の松前の最後や死亡するまで

なかなかの強さを持っていた松前ですが、最後は戦闘中に敵の攻撃を受け、死亡しています。松前を死亡させた相手や、死亡するまでの松前について振り返ってみましょう。

松前の最後は旧多二福に殺害され死亡

松前は月山習を守るために自身の命を張って戦いに挑んでおり、伊丙入(いへいはいる)やキジマ式など、上位の喰種捜査官をも倒す強さを持っていました。しかし、その後に交戦した旧多二福(ふるたにむら)の攻撃により、最後はあっけなく死亡しています。

旧多二福とは

旧多二福はCCG一等捜査官です。見た目は中性的な美男子であり、物語序盤は穏やかで戦闘能力も低いような描写がされていましたが、松前との戦いでは先輩を盾にしたり、松前の目を潰してチェーンソー型クインケで容赦なく殺害するなど、サイコパスな人格であることが発覚しています。

死亡するまでの松前の生涯①月山習の姉的存在

松前は月山家の御曹司である月山習を弟のように愛していました。月山習が幼い頃の回想では「早く戻れるか?」と問う月山習に対し、彼の手の甲に口づけを交わして約束するなど、主人である彼に対しては昔から強い忠誠心を持っていたようです。そんな松前は月山習を守るために訓練を受けて能力を鍛え上げてきました。

東京喰種:reで注目キャラ月山習とは

月山習は月山財閥の御曹司という喰種です。人間の食べ方に強いこだわりを持っているため、喰種捜査官からは「美食家(グルメ)」という異名をつけられています。

特に半喰種の金木研には異常なほどの執着心を見せており、金木研を食べるために人間を人質にしたこともありました。ただ、その時には霧嶋董香(きりしまとうか)や西尾錦の反撃にあい、敗北しています。

「東京喰種:re」では喰種捜査官の襲撃により窮地に立たされますが、仲間の助けもあり一命を取りとめ、その後は人間との共存を目指す「黒山羊(ゴート)」と呼ばれる組織の一員として活躍していました。

死亡するまでの松前の生涯②オークション時のマスク姿も話題に

「東京喰種:re」での松前は、月山家使用人のカナエ=フォン・ロゼヴァルトとともに人間オークションに参加しています。この時期の月山習は金木研を失ったことでかなり憔悴していたため、月山習を元気づけるために魅力的な食材を調達しようとしていたようです。

人間オークションに参加した松前はベールのようなマスクをつけていました。CCGの攻撃により、食材は調達できなかったものの、やられかけたカナエ=フォン・ロゼヴァルトを助けつつ、上手くオークション会場から脱出しています。

Thumb【東京喰種】月山まとめ!能力は?数々の変態行動や発言などもおさらい
アニメや漫画で人気の東京喰種に登場するキャラ・月山習が人気を集めています。東京喰種の登場キャ...

東京喰種の松前は可愛い月山家使用人兼室長で最後は死亡

今回は、「東京喰種:re」に登場する松前というキャラクターを紹介しました。松前は月山家でもトップクラスの強さを持つ喰種でしたが、最後は旧多二福の攻撃により、死亡してしまいました。

そんな松前は月山習に強い忠誠心を持ち、最後まで忠実な使用人として活躍しています。「東京喰種:re」を見る際には、松前と月山習の絆にも注目しておきましょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

編集部
この記事のライター
Windy編集部

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ