【東京喰種】ナッツクラッカーの能力や強さは?死亡するまでまとめ

「東京喰種:re」のオークション編に登場するナッツクラッカーですが、ナッツクラッカーはどのような能力や強さを持っているのでしょうか?「東京喰種:re」の概要や、ナッツクラッカーの強さや能力、また死亡に至るまでの経緯をご紹介します。

【東京喰種】ナッツクラッカーの能力や強さは?死亡するまでまとめのイメージ

目次

  1. 1【東京喰種】ナッツクラッカーとは
  2. 2東京喰種ナッツクラッカーはどんなキャラ?
  3. 3東京喰種ナッツクラッカーの能力や強さ
  4. 4東京喰種ナッツクラッカー死亡までを調査
  5. 5東京喰種ナッツクラッカーとビッグマダムの関係
  6. 6東京喰種ナッツクラッカーのコスプレやグッズが人気
  7. 7東京喰種ナッツクラッカーの声優
  8. 8東京喰種ナッツクラッカーはレートSの強さで複数の能力を持つセクシーキャラ

【東京喰種】ナッツクラッカーとは

大人気漫画「東京喰種」に登場するキャラクターの中で、特に女性から人気の高いキャラとして挙げられるのが、ナッツクラッカーです。ナッツクラッカーは第2章「東京喰種:re」から登場しているセクシーなスタイルを持つお歯黒の喰種で、複数の赫子(かぐね)を持っていることからSレートに認定されています。

しかし自分の意志で起爆出来ない赫子を持っているという弱点を突かれ、不知吟士(しらずぎんし)によってとどめを刺されたナッツクラッカー。死亡する際にはナッツクラッカーが幼少期から美に対する執着心が強く、それによって偏食や金銭欲が強かったことも明かされています。

今回は「東京喰種:re」に登場する人気キャラ・ナッツクラッカーの強さや能力、また死亡に至るまでの経緯をご紹介していきたいと思います。また”ナッツクラッカー”という呼び名の由来や本名、マダム界の重鎮・ビッグマダムとの関係についても調査してみました。

アニメや漫画などで人気「東京喰種」の概要

ナッツクラッカーの強さや能力をご紹介する前に、漫画「東京喰種」の概要を簡単にご紹介したいと思います。世界中で大人気となっている「東京喰種」は、2011年から2018年まで『週刊ヤングジャンプ』にて連載されていたダーク・ファンタジー作品。

東京喰種は、「東京喰種」と「東京喰種:re」の2章に分かれており、東京の街を舞台にした喰種(グール)と人間の戦いが描かれています。まずは第1章「東京喰種」の概要を簡単にご説明したいと思います。

東京の大学に通う主人公・金木研(カネキケン)は、好意を寄せていた女性・神代利世(カミシロリゼ)とデートをすることになるのですが、実は神代利世は、人肉を喰らって生きる喰種だったことが判明したのです。

神代利世に襲われた金木研は瀕死の状態になりますが、直後に鉄骨の落下事故が起こり、捕食を免れました。しかし運ばれた病院で神代利世の臓器を移植された金木研は、人間と喰種のハーフである”半喰種”になってしまったのです。

「東京喰種」では半喰種になってしまった金木研の葛藤や、仲間を守るために戦っていく様が描かれています。第2章「東京喰種:re」では、金木研としての記憶を失い、喰種捜査官となった佐々木琲世(ササキハイセ)を主人公に物語がスタートします。

佐々木琲世はクインクス班を率いて喰種捜査官を続けていましたが、昔の仲間たちと再会していく中で徐々に金木研としての記憶を取り戻していくのです。金木研は”黒山羊(ゴート)”という組織を設立して、喰種と人間が共存できる世界を目指します。

戦いを終え平和な世界が訪れた後、金木研は霧嶋董香(キリシマトウカ)と結婚し、2人の間には子供も誕生しました。最終話では第2子の妊娠も明かされ、7年間に渡り連載されてきた「東京喰種」は、ハッピーエンドで幕を下ろしています。

アニメ「東京喰種√A」や「東京喰種:re」も話題に

漫画「東京喰種」は累計発行部数が4400万部を突破し、世界的人気漫画となりました。「東京喰種」はその人気の高さからアニメ化、映画化、ゲーム化などもされており、どの作品も高い人気を誇っています。

アニメ版は、2014年に放送された第1期「東京喰種」、2015年に放送された第2期「東京喰種√A」、2018年に放送された第3期「東京喰種:re」、最終章「東京喰種:re」の全4期に渡って制作されました。

特に第2期「東京喰種√A」は、原作漫画とは異なるアニメオリジナルストーリーとして制作され、大きな話題となりました。大まかなストーリーは原作と同様ですが、アニメ版は違う視点から描いた内容となっています。アニメ版第2期「東京喰種√A」は、主人公の金木研がアオギリの樹のヤモリを倒したところから物語がスタートします。

原作ではヤモリを倒した金木研は、バンジョーや月山たちと行動を共にするのですが、「東京喰種√A」では大切なものを守るためにアオギリの樹に加入するのです。アニメ版のタイトル『√A』というのは、”ルートアオギリ”という意味で付けられたようです。

原作では反アオギリを掲げていた金木研が、アオギリの樹の一員として行動するというアニメ版ならではの面白さが話題となっています。このように原作とは違った視点から描いたアニメ「東京喰種√A」は、原作ファンの間でも注目され話題となりました。

東京喰種ナッツクラッカーはどんなキャラ?

「東京喰種:re」のオークション編から登場した女性喰種・ナッツクラッカーですが、ナッツクラッカーは「東京喰種:re」の中でどのようなキャラクターなのでしょうか?

数多くいる「東京喰種」の登場人物の中でも、高い人気を誇っているナッツクラッカー。キャラクターの詳細や”ナッツクラッカー”という名前の由来についても調べてみました。

ナッツクラッカーは男性の睾丸好きキャラ

ナッツクラッカーとは本来”くるみ割り器”という意味を持っていますが、「東京喰種:re」に登場するナッツクラッカーが砕くものはクルミではないようです。実はナッツクラッカーが好んで砕くのは男性の睾丸で、”美容に良い”という理由で睾丸ばかりを狙っているそう。

「東京喰種:re」の作中でも2度ほど男性の睾丸を砕いて食べるシーンが出てきており、ナッツクラッカーはかなり偏食の喰種であると言えます。この男性の睾丸を好む習性から、喰種捜査官の間で”ナッツクラッカー”と呼ばれるようになったのです。

東京喰種:reに登場するナッツクラッカー

「東京喰種:re」の2話から人間オークション編が始まるのですが、ナッツクラッカーは調達した人間をオークションに流すなど、人身売買の斡旋業を行っている喰種として登場しています。

ナッツクラッカーはボンテージ姿にお歯黒、またジッパーが付いた目隠しを着用するというセクシーな姿で登場します。オークション編は登場人物が多く、話の展開も複雑で分かりづらかったという声も多くあったようですが、その中でもナッツクラッカーのキャラはかなりのインパクトがあり、話題となったようです。

東京喰種:reで登場以来かわいいと人気

ナッツクラッカーが「東京喰種:re」に登場すると、読者の間では「ナッツクラッカーかわいい 好き」「ナッツクラッカーまじで美形」「めちゃかわいい」と話題になりました。「東京喰種」には沢山の個性豊かなキャラクターが登場するのですが、その中でもナッツクラッカーは美女キャラとして人気が高いようです。

日本ではお馴染みのコスプレですが、近年では世界的に日本のアニメや漫画の人気が高まっていることから、外国人の間でもコスプレ人口は増え続けています。そのため、日本人だけではなく外国人コスプレイヤーの間でも、セクシーなボンテージ姿のナッツクラッカーは人気のキャラとなっているようです。

東京喰種ナッツクラッカーの能力や強さ

「東京喰種」には、人間と同じ姿をしながら人肉を喰らって生きる喰種(グール)が登場します。その喰種はみな赫子(かぐね)と呼ばれる能力を持っており、その赫子を使って戦闘を行うのです。喰種が持っている赫子にも様々な種類があり、強さや能力はそれぞれです。

偏食やボンテージ姿が特徴的なナッツクラッカーですが、ナッツクラッカーは喰種の中では珍しいタイプの赫子を持っていることが明かされています。ナッツクラッカーの赫子や、強さや能力をご紹介していきましょう。

ナッツクラッカーは2種類の赫子を所有

「東京喰種」に登場する喰種が持っている赫子とは、喰種から放出されるRc細胞のことです。所有している喰種が自由自在に操ることが可能で、戦闘の際や人間を捕食する際にもこの赫子を使います。

喰種は普段は人間と何ら変わらない姿をしているのですが、赫子を使用したり、人間を捕食する際には両目が赤く変化する”赫眼(かくがん)”と呼ばれる状態になるのです。この赫眼の姿を目撃されると、喰種と判断され駆逐の対象となります。

喰種が持っている赫子は、肩辺りに出現し羽のようにうねる特徴を持つ『羽赫(うかく)』、肩甲骨下辺りに出現し、重量のある頑強さが特徴の『甲赫(こうかく)』、腰辺りに出現し鱗の触手を彷彿とさせる『鱗赫(りんかく)』、尾てい骨辺りに出現するしっぽのような『尾赫(びかく)』の4種類に分けられます。

しかしながらこの4つに分類されない珍しい赫子を持っている喰種もいるのです。ナッツクラッカーもそのうちの一人で、2種類の赫子を所有しています。

それぞれ違う赫子を所有していた両親から生まれた場合、ナッツクラッカーのように一人で複数の赫子を所有している喰種が生まれる可能性があるようです。

甲赫と尾赫の能力を使い分けるナッツクラッカー

2種類の赫子を所有しているナッツクラッカーは、甲赫と尾赫の能力を使い分けることが出来ます。甲赫は金属質の赫子で、4種類の赫子の中でも最も頑強と言われていますが、重量があるためスピードは劣っているのです。

尾てい骨辺りに出現する尾赫はバランス型と言われており、中距離の中では最も力を発揮する赫子でもあります。ナッツクラッカーはこの2種類の赫子を操ることが可能で、さらに尾赫は分離してトラップとして使用することも出来るのです。

大まかには4種類に分けられる赫子ですが、甲赫は羽赫には強いが鱗赫には弱く、鱗赫は甲赫には強いが尾赫には弱いなど、その種類ごとに優劣がハッキリしています。そのため相性の悪い赫子と戦う際には致命傷を負う場合もあるのです。

ナッツクラッカーの強さはレートAからSに格上げ

人間と同じ姿をしながら人肉を喰らって生きる喰種は、人間の敵であるとみなされ駆逐対象になります。

喰種との戦闘や駆除活動を行っている喰種対策局”CCG"は、喰種に対して脅威度を示すランク付けを行っているのですが、最低レートを示す『Cレート』から最高位である『SSSレート』までの7段階に分けられています。
 

CCGは当初ナッツクラッカーに対してレート”A”の評価を付けていました。このAレートは、CCGの上等捜査官と同じレベルの能力があると判断された喰種に対して付けられるレートです。

しかしオークション会場に攻め込んで来た上等捜査官を含む喰種捜査官の一団を、ナッツクラッカーが2種類の赫子を使い分け、壊滅させたことから急遽Sレートに格上げされることとなりました。ナッツクラッカーが認定されたSレートは、CCGの特等捜査官と同じレベルの能力があると判断された場合に付けられるレートです。

ナッツクラッカーと同じSレートに認定された喰種には、西尾錦(にしおにしき)や、ナキ、ミザなどがいます。また最高位のレートであるSSSレートに認定された喰種には、あんていくの店長・芳村功善(よしむらくぜん)や、娘の芳村エト、ロマの正体・うろんの母がいます。

SSSレートに認定されている喰種は、複数のCCG特等捜査官でも討伐が困難であるとされていますが、認定される基準は不明となっており、”なぜうろんの母がSSSレートなのか?”という疑問の声も上がっているようです。

Thumb【東京喰種】CCG最強は誰?強さをランキング形式で!喰種捜査官まとめ
「東京喰種」には、高い戦闘能力を持つCCGのメンバーが数多く登場します。気になる喰種捜査官の...

東京喰種ナッツクラッカー死亡までを調査

攻め込んできた喰種捜査官の一団を単騎で壊滅させ、AレートからSレートに急遽格上げされたナッツクラッカーでしたが、ナッツクラッカーはその後クインクス班との戦いの最中に、弱点を突かれ死亡してしまうのです。

死亡する間際には幼少期からの願いを口にして死亡したナッツクラッカー。ナッツクラッカーの最後の戦いや死亡に至るまでの経緯を調査してみました。

ナッツクラッカーの最期は死亡

ナッツクラッカーはクインクス班との戦いの末に、最後は死亡してしまうのです。ナッツクラッカーが死亡する際には、幼少期の回想が描かれたのですが、ナッツクラッカーは幼少期に貧しい家庭で育ち、綺麗な洋服に憧れを抱いていた過去が明かされています。

この幼少期の経験から、ナッツクラッカーは人一倍美やお金に執着を持つようになったようです。”美容に良し!”と呟きながら砕いた男性の睾丸を食べるのも、貧しかった幼少期の体験があってこそなのかもしれません。

不知吟士や米林才子に敗北で死亡

ナッツクラッカーが死亡したのは、クインクス班の不知吟士や米林才子との戦いで敗北したからでした。人間オークションで対峙したナッツクラッカーとクインクス班ですが、Sレートのナッツクラッカーは不知吟士や米林才子に対してもかなり優位な戦闘を繰り広げていました。

何度も窮地に立たされた不知吟士でしたが、戦闘能力の高い不知吟士はナッツクラッカーの戦闘パターンを見抜き、逆転するのです。ナッツクラッカーの尾赫は分離してトラップとして使用できるのですが、自分の意志では起爆することが出来ず、接近してきたものに自動的に反応する仕組みでした。

この弱点に気付いた不知吟士に仕掛けられ、ナッツクラッカーは窮地に追い込まれました。ナッツクラッカーは米林才子の鱗赫によって致命傷を負い、その後不知吟士にとどめを刺され死亡したのです。

ナッツクラッカーは最期に、幼少期からの願いであった「キレイに…なりたい…」と呟き、死亡しました。

死亡後には不知吟士所有のキメラクインケに

ナッツクラッカーの死亡後、赫包(かくほう)は、キメラクインケの材料として使用され、所有者は不知吟士になっています。CCGが持っている対喰種用の武器・クインケとは、喰種の赫子を利用して作られており、通常の武器では倒せない喰種に対して傷を与えることが出来ます。

クインケの製造には喰種の臓器にしか存在しない赫包が必要になってきます。CCGは加工した赫包に電気を流すことによって、赫子を人工的に発生させるという公に出来ない方法でクインケを製造しているのです。

クインケは、喰種の赫子のタイプによって強さや能力が変わってきます。喰種の持っている赫子に相性や優劣があるように、クインケも同じく羽赫、甲赫、鱗赫、尾赫の4つのタイプに分かれ、それぞれの強さや能力を発揮するのです。

しかしこの4つのタイプに当てはまらない、異なる種類の赫子を組み合わせた”キメラクインケ”と呼ばれる特殊なクインケも存在します。試作品のみで完成品には至っていないキメラクインケですが、その所有者が名前を付けることが出来るため、ハイセンスなネーミングを付けているCCGもいるようです。

ナッツクラッカーの甲赫と尾赫を組み合わせたキメラクインケを所有することになった不知吟士でしたが、ナッツクラッカーの存在がトラウマとなり、クインケにすることに戸惑いがあったようです。

不知吟士はナッツクラッカーの死亡後、悪夢に悩まされることもありましたが、その姿を見た瓜江等に叱責され、戸惑いが消えたよう。そのため、不知吟士がナッツクラッカーをキメラクインケにするのは時間の問題なのではないかと考えられていました。

東京喰種ナッツクラッカーとビッグマダムの関係

ナッツクラッカーは美しさだけではなく、金銭への欲も人一倍強かったようで、高額な金銭を得るために人身売買の斡旋業にも手を出しています。

オークション編から登場したナッツクラッカーですが、オークション編を語る上で欠かせない人物にビッグマダムがいます。ナッツクラッカーとビッグマダムはどのような関係なのでしょうか?「東京喰種:re」の登場人物であるナッツクラッカーとビックマダムの関係について調べてみました。

ビッグマダムとは

ビッグマダムは第1章「東京喰種」から登場しているキャラで、喰種の富裕層「マダム界」の重鎮です。ビッグマダムは”マダム”と言われていますが、肥満体のニューハーフでもあります。

CCGがビッグマダムに付けているランクはSSレートで、7段階あるレートの中で上から2番目に高いランクとなっています。SSレートに認定される喰種は、複数の特等捜査官で対処に当たるほどの能力や強さがある喰種です。しかしビッグマダムについては、戦闘能力や強さではなく他の喰種への影響力が加味された結果なのだそうです。

ビッグマダムは第1章「東京喰種」の中で、幼少期の鈴屋玲(すずやれい)を”飼いビト”として調教していたことが明かされています。ビッグマダムは鈴屋玲に「什造(じゅうぞう)」という名前を与え、解体屋として育てました。

鈴屋什造はビッグマダムに、長年に渡る虐待行為を受けていたため、多重人格の症状が見られるようになります。またビッグマダムは鈴屋什造に、いつまでも可愛く女の子のようであってほしいとの願いから男性器をハンマーで切り落とすという残虐な行為に及ぶのです。

そのような劣悪な環境で育った鈴屋什造ですが、ビッグマダムを母として慕っていました。しかしCCGの介入により、ビッグマダムは逃亡し、鈴屋什造とは離れ離れになるのです。

その後第2章「東京喰種:re」のオークション編で再登場することになったビッグマダム。ビッグマダムは人間オークションの主催者の一人でもあり、オークションに参加する側でもあります。

ビッグマダムはナッツクラッカーを人間オークションで利用?

ビッグマダムのようなお金持ちの喰種は、食用としてだけではなく、上等な”飼いビト”を探してオークションに参加しています。ナッツクラッカーはお金のために人身売買を行っており、ビッグマダムの依頼を受けてオークションに出品する人間集めをしていたようです。

ビッグマダムは、人間オークションに潜入捜査のために出品されていた三等捜査官・六月透(むつきとおる)を飼いビトにするために2億円で落札しました。六月透は隻眼の喰種だったためにこのような高値が付いたようです。しかし落札直後に始まったCCGによる掃討戦により、オークション会場は混乱を極めます。

ビッグマダムはオークションに参加するに当たって「アオギリの樹」のメンバーに護衛をさせており、掃討戦が始まった時には護衛たちと一緒に地下大倉庫まで避難しました。

ビッグマダムが護衛させていたアオギリの樹とは、”隻眼の王”の下に集まった戦いを好む喰種集団で、力ずくで人間や弱い喰種を支配しようとする組織です。アオギリの樹のメンバーにはCCGが束になっても叶わないような強さや能力を持った喰種もいます。

オークション会場ではビッグマダムの護衛として会場にいたアヤトやヒナミ、オウルらもCCGとの戦いに参戦しました。地下大倉庫に逃げたビッグマダムですが、追ってきた瓜江久生(うりえくき)と六月透(むつきとおる)と交戦します。

ビッグマダムは圧倒的な強さと能力で2人を追い詰めるのですが、そこで2人の援護にきた鈴屋什造と再開を果たしました。CCGに追われビッグマダムが逃走した後、鈴屋什造はCCGに保護され二等捜査官になっていたのです。

瓜江久生と六月透を圧倒していたビッグマダムですが、2人の援護に来た鈴屋班の連携により、形勢逆転となりました。そして鈴屋什造の所持しているクインケ・13’sジェイソンの攻撃を受け、深手を負います。

致命傷を負ったビッグマダムは鈴屋什造に命乞いをしますが、「今まであなたを恨んだことはない、ビッグマダムの駆逐はあくまで仕事」という言葉と共に、総攻撃を受けて死亡しました。

東京喰種:re第6話でのビッグマダムの行動にも注目が

ビッグマダムがかつての飼いビト・鈴屋什造に総攻撃を受けて死亡する場面が描かれたのは、「東京喰種:re」の第6話でしたが、死亡する直前のビッグマダムの行動が注目を集めていたようです。

鈴屋什造に命乞いをした後に、聞き入れてもらえなかったビッグマダムが態度を一変させて「お前なんか愛したことはない」と暴言を吐くのですが、その際に口に中に”lie(嘘)”という文字があるように見えるため、実際には愛情はあったのではないかと考えられています。

「東京喰種」の作中には、このような伏線や隠れたメッセージなどが沢山散りばめられており、読者の間で様々な考察が盛り上がる作品でもあるのです。

東京喰種ナッツクラッカーのコスプレやグッズが人気

「東京喰種:re」に登場するナッツクラッカーは、作中に登場するなり読者の間で「かわいい」と話題になりました。特に女性からの人気が高いナッツクラッカーは、コスプレしたいキャラとしても人気となっているのです。

またナッツクラッカーのフィギュアやカレンダーなど、グッズも売り切れ続出となっています。そんな大人気キャラであるナッツクラッカーのコスプレやグッズについての情報と、「東京喰種」のカレンダーの中で公開されたナッツクラッカーの本名をご紹介したいと思います。

ナッツクラッカーのセクシーコスプレも人気

コスプレイヤーの間でもナッツクラッカーは人気のキャラとなっています。「東京喰種:re」に登場するナッツクラッカーはボンテージ姿にお歯黒、さらにジッパー付きのマスクといったセクシーな格好なのですが、完璧なまでのコスプレを披露している人も多くいるようです。

またネット上には、外国人女性がアップしているナッツクラッカーのコスプレ写真などもあり、「東京喰種」の世界的人気がうかがえます。

ナッツクラッカーのカレンダーも話題に

「東京喰種」には沢山のキャラクターが登場し、人気投票ランキングが開催されるなどの盛り上がりをみせています。「東京喰種:re」の人間オークション編のみの登場となったナッツクラッカーですが、その存在感やインパクトのあるキャラクターで注目されました。

ボンテージ姿にジッパー付きのマスクといったインパクトのある姿のナッツクラッカーは、フィギュアでも人気となっており、売り切れが続出しているようです。またナッツクラッカーのカレンダーも、発売と同時に大きな話題となりました。

2016年カレンダーで本名公開?

「東京喰種」の2016年のカレンダーで、ナッツクラッカーの本名が公開されていたというのです。ナッツクラッカーは前述の通り、男性の睾丸を好んで食べる偏食家ということからCCGの間で”ナッツクラッカー”という呼び名が付けられました。

「東京喰種:re」の作中ではナッツクラッカーの本名が公開されることはなかったので、本当の名前が気になっていた読者も多かったのではないでしょうか?「東京喰種」の2016年のカレンダーにキャラクターの設定資料が掲載されていたようです。

その資料ではナッツクラッカーの本名は”痲ユ(マユ)”であることが明かされています。また不知吟士の誕生日である3月8日のページには、墓場を背に冷めた表情の不知吟士と微笑を浮かべるナッツクラッカーが描かれており、”たんじょうび”という文字が書かれています。

不知吟士の手によってとどめを刺されたナッツクラッカーが不知吟士の誕生日を祝っているという、作中では絶対に見ることが出来ないシーンが見られることもグッズの魅力となっているのではないでしょうか?

東京喰種ナッツクラッカーの声優

人気漫画「東京喰種」はアニメや映画も制作されていますが、アニメ版に登場するナッツクラッカーの声優は誰が担当しているのでしょうか?「東京喰種:re」に登場するナッツクラッカーの声優について調べてみました。

アニメ「東京喰種:re」ナッツクラッカーの声優は三日尻望

アニメ「東京喰種:re」に登場するナッツクラッカーの声優担当は、三日尻望(みかじりのぞみ)さんです。三日尻望さんは、声優スクールであるスクールデュオ17期アッパークラスの出身。

賢プロダクションに所属している声優たちが、子供たちに絵本の読み聞かせをするために作った「けんけんぱーく」のメンバーでもあります。けんけんぱーくは、絵本が好きな子供たちだけではなく、ママやパパにも楽しんでもらいたいとの思いから、絵本の読み聞かせを行っている声優陣グループです。

三日尻望さんのプロフィールによると、バスケットボールやダンス、ヨガを趣味としており、身体を動かすのが得意なようです。また社会人に必要な仕事の能力を客観的に評価する「ビジネス能力検定試験」の3級の資格も所持しているようです。

三日尻望の声優プロフィール

・愛称:のんちゃん
・本名:三日尻望(みかじりのぞみ)
・生年月日:8月28日
・年齢:非公開
・出身地:東京都
・血液型:不明
・身長:非公開
・体重:非公開
・活動内容:声優
・事務所:賢プロダクション
・所属グループ:なし
・家族構成:不明

三日尻望の東京喰種:re以外の声優出演アニメ

アニメ「東京喰種:re」でナッツクラッカーの声優を担当している三日尻望さんですが、三日尻望さんはナッツクラッカー以外にはどのような役柄を演じているのでしょうか?三日尻望さんの「東京喰種」以外の声優出演アニメについて調べてみました。

三日尻望さんは、2018年に放送されたアニメ「僕のヒーローアカデミア」で”誠刃高校の生徒役”や、海外アニメ「ビッグシティ・グリーン」の”レジ係り”役、「ボージャック・ホースマン」の”ヨランダ母”役など、様々な役柄を演じています。

また三日尻望さんは海外ドラマの吹き替えを担当していることも多く、「ウェントワース女子刑務所」の”ルビー・ミッチェル”役や、「フィアー・ザ・ウォーキング・デッド」の”サラ”役、「コーチ・スヌープ」では”タミカ”、”Jロック”、”シェイディ”の3役をこなしています。

東京喰種ナッツクラッカーはレートSの強さで複数の能力を持つセクシーキャラ

「東京喰種:re」に登場するセクシーな美女・ナッツクラッカーの強さや能力についてご紹介しました。ナッツクラッカーはCCGによるランクはAレートでしたが、2種類の赫子を使い分けることができる能力や強さを持っていたため、Sレートに認定されています。

しかしクインクス班の不知吟士に弱点を見抜かれ、戦いの末に死亡しました。ナッツクラッカーのキメラクインケはナッツクラッカーにとどめを刺した不知吟士が所有することとなりましたが、不知吟士の死亡後の所有者は不明のままとなっています。

関連するまとめ

関連するキーワード

Missing
この記事のライター
vivichan0430

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ