【東京喰種】面白い?内容や理由などまとめ!口コミや感想も!

漫画からアニメ化・映画化もされた「東京喰種」がおもしろいと話題になっているので、同作の内容やおもしろい理由について調査してみました。「東京喰種:re」までの内容やキャラエピソード・おもしろい理由から口コミ・感想を紹介します。

【東京喰種】面白い?内容や理由などまとめ!口コミや感想も!のイメージ

目次

  1. 1【東京喰種】おもしろいのか徹底調査
  2. 2東京喰種はおもしろい?
  3. 3東京喰種の内容やエピソード
  4. 4東京喰種がおもしろい理由とは
  5. 5東京喰種ファンの口コミや感想を調査
  6. 6東京喰種の今更聞けないマメ知識
  7. 7東京喰種は個性的なキャラエピソードが盛り沢山でおもしろい漫画アニメ

【東京喰種】おもしろいのか徹底調査

石田スイの漫画デビュー作「東京喰種」がおもしろいのか徹底調査してみました。原作漫画は第2部まで発売されており、アニメ版東京喰種は第3期まで放送されるほど圧倒的支持を得ています。

漫画からアニメ化されより多くのファンを惹き込んだ東京喰種ですが、2015年7月には舞台化もされ、2017年・2018年には実写映画化もされています。そんな東京喰種のおもしろい理由を内容・キャラエピソードと共に紹介します。

漫画やアニメで人気「東京喰種」の概要

漫画・アニメで圧倒的人気を得ている東京喰種の概要を簡単に紹介します。東京喰種(トーキョーグール)は石田スイの漫画デビュー作品で、2019年4月時点で発行部数は約4400万部となっています。

現代の東京を舞台に、人の姿をしながらも人間を食べることで生きて行く「喰種(グール)」をテーマにしたダーク・ファンタジー作品です。2013年には小説版が発売されたと同時にスピンオフ漫画・読み切り作品も掲載されました。

2014年にアニメ化された東京喰種ですが、2015年には舞台化・2017年には実写映画化もされた大ヒット作品となっています。少年心をくすぐるストーリーでファンを増やしていますが、女性からの人気も高い作品として知られています。

東京喰種はおもしろい?

大ヒット作品・東京喰種はおもしろいのか詳しく調査してみました。漫画が大ヒットしアニメ化・実写映画化もされた東京喰種ですが、おもしろい理由には石田スイの綺麗な絵や個性的なキャラクターが関係しているようです。

舞台や実写映画を観た人達は「漫画とはまた違った感じでおもしろい」とのコメントを残していました。おもしろいと話題を集めている東京喰種の漫画や舞台・実写映画、キャラクターについて紹介します。

石田スイ作の漫画「東京喰種」がおもしろいと話題に

石田スイの漫画デビュー作品・東京喰種がおもしろいと話題を集めています。東京喰種は「週刊ヤングジャンプ」の2011年41号から始まりました。2014年42号で連載が終了した同作は、全14巻(全143話)まで発売されています。

完結したかと思われた東京喰種ですが、週刊ヤングジャンプの2014年46号からは第2部となる続編「東京喰種トーキョーグール:re(リ)」が始まり、多くのファン達を歓喜させたようです。

「東京喰種:re」は週刊ヤングジャンプ2018年31号まで連載され、全16巻(全179話)で完結しています。東京喰種:reでは主人公が変わっているものの、第1部・東京喰種と少しの繋がりが感じられる部分がおもしろいとされています。

2013年8月には第1部の12年前を描いたスピンオフ作品「JACK」がデジタル漫画雑誌で連載され、「週刊少年ジャンプ」2014年31号では第1部終了後から:reまでの間を描いた読み切り作品「JOKER」が掲載され話題を呼びました。

漫画を始めアニメや実写映画・舞台などもおもしろい東京喰種

漫画作品・東京喰種と:reを始め、アニメや実写映画・舞台もおもしろいと注目を集めています。2014年7月からアニメ1期が始まり、2015年1月には「東京喰種トーキョーグール√A」との名で2期が放送されました。

2018年4月からは第3期となる「東京喰種トーキョーグール:re」が放送され、同年10月からは:reの第2期(最終章)が始まり多くの話題を集めました。

OVAも発売されている東京喰種ですが、2015年7月・2017年6月には舞台も上演され、2017年7月・2018年9月には実写映画も公開されています。「実写化は難しい」とされていた同作ですが、原作にあったキャストでファンを魅了しました。

おもしろい理由には個性的な東京喰種キャラ達も関係

完結後も多くのファンを惹き込んでいる東京喰種ですが、おもしろい理由には作中に出てくる個性的なキャラ達も関係しているようです。「人間のふりをして人間を食べる喰種」という設定・キャラに興味をもつ人も多いでしょう。

喰食の敵とされる人間達「喰種対策局」のキャラは勿論のこと、何だか怪しいオーラを放つ仲間の喰種など、キャラの見た目や性格・過去といったキャラそれぞれの個性もおもしろい理由の一つです。

東京喰種の内容やエピソード

完結後もおもしろいと話題を呼んでいる東京喰種の内容やキャラエピソードを紹介します。漫画デビュー作ながらも1話からファンを惹き込んだ石田スイですが、同作は石田スイの才能ありきの面白さといえるでしょう。

おもしろい内容や惹き込まれるキャラのエピソードには大注目です。東京喰種のおもしろい内容からアニメ3期までの展開、おもしろいキャラ別エピソードを見ていきましょう。

漫画「東京喰種」の内容と言えば人間を喰う喰種の物語

原作漫画・東京喰種の内容と言えば、「人の姿をしながら人間を喰う喰種」の物語とです。アニメや実写映画・舞台も同じ物語ですが、漫画では「現代の東京」を舞台にしており、親近感を沸かせる内容がおもしろいと注目を集めています。

「人間社会に紛れ込み人間を喰う正体不明の怪人・喰種が蔓延する東京」とのキャッチコピーで話題を呼んだ漫画・東京喰種ですが、「もしかしたら自分の周りに喰種がいるかも?」と思わせる心の掴み方も石田スイの才能でしょう。

アニメ「東京喰種」第3期までの展開内容

漫画からアニメ化された東京喰種ですが、アニメ版東京喰種の第3期までの展開内容を紹介します。2014年7月から放送されたアニメ第1期の展開内容は、原作漫画1~8巻までが描かれており、全12話で完結しています。

アニメ第1期は漫画とは少し違いキャラの登場順が変わっており、最終話である12話で主人公「カネキ」こと「金木研(かねき けん)」が喰種として覚醒し終了します。続いてアニメ第2期・第3期の展開内容をみていきましょう。

第2期アニメ「東京喰種√A」

2015年1月から放送されていた第2期アニメ「東京喰種√A(ルートエー)」の展開内容を紹介します。第2期は原作者である石田スイがストーリー原案を手掛け、カネキが「アオギリの樹」に参加するという、漫画とは少し異なる展開が描かれました。

第2期アニメの展開内容は原作漫画8~13巻辺りまでが描かれており、アオギリの樹の喰種一門である「ヤモリ」と闘った後、カネキがアオギリの樹に参加します。このアオギリの樹への参加がアニメ視聴者を驚かせました。

漫画とは少し違う展開を見せた第2期アニメですが、この展開内容には賛否両論もあったようです。その後の気になる展開内容は、アオギリの樹の幹部「アヤト」こと「霧島絢都(きりしま あやと)」がメインとなり、最終決戦を行います。

第3期アニメ「東京喰種:re」

2018年4月から放送されていた第3期アニメ「東京喰種:re(リ)」の展開内容を紹介します。同年10月からは:reの第2期(最終章)が放送され、アニメ版東京喰種は:re(全24話)で完結しました。

第3期アニメ:reの展開内容は、原作漫画:re(第2部)の全16巻が描かれており、:reの主人公「ハイセ」こと「佐々木琲世(ささき はいせ)」をメインに展開され最終回を迎えます。漫画とアニメを比較してみるのも良いでしょう。

おもしろい東京喰種キャラ別エピソード

おもしろい東京喰種のキャラ別エピソードを紹介します。個性的なキャラもおもしろい理由の一つとされている同作ですが、キャラのエピソードを知るだけでももっと面白さに気付くでしょう。おもしろい東京喰種キャラ別エピソードを見ていきましょう。

キャラ別エピソード①金木研(カネキ)

おもしろい東京喰種のキャラ別エピソード1人目は同作の主人公「カネキ」こと「金木研(かねき けん)」です。ごく普通の青年だったカネキは喰種の「リゼ」に襲われ瀕死状態になるも、後にリゼの臓器を移植され「半喰種(はんグール)」になります。

その後カネキは苦悩と恐怖を抱え、闘い方を学び生きていきます。カネキを中心に物語が進む東京喰種ですが、カネキの悩みや葛藤・好意を抱いていたリゼへの気持ち・徐々に自分を失っていくという心情や変化がおもしろいポイントとなっています。

キャラ別エピソード②佐々木琲世(東京喰種:reでの金木研)

おもしろい東京喰種のキャラ別エピソード2人目は:reの主人公で喰種捜査官の「ハイセ」こと「佐々木琲世(ささき はいせ)」です。喰種捜査官の一等捜査官として登場するハイセですが、ハイセにはおもしろい設定が隠されています。

結論から言えばハイセは「東京喰種:reのカネキ」ということです。何故かというともう1人の主人公・カネキは最終回で「捜査官プログラム」により、ハイセとして生まれ変わります。

要は捜査官となった記憶喪失のカネキ(ハイセ)が:reの主人公ということです。:reで登場するハイセ(カネキ)ですが、:reの中でカネキの記憶を思い出すようなハイセの心情・描写、徐々にカネキへと変わって行くハイセが見どころとなっています。

キャラ別エピソード③リゼ

おもしろい東京喰種のキャラ別エピソード3人目は「リゼ」こと「神代利世(かみしろ りぜ)」です。主人公・カネキを半喰種にした人物で、物語のキーパーソンとなるリゼはカネキを襲っている時に鉄骨落下によって死亡した喰種だと言われていました。

喰種の中でも計画性のない「大喰い」と言われているリゼは東京喰種序盤で姿を消し、:reで再び登場しています。そこでおもしろいとされているのがリゼの素性です。

謎が多いキャラとして注目されていたリゼですが、リゼは「V(ヴィー)」と呼ばれる組織に所属していた喰種で、喰種捜査官一家「和集家」の血を引いていたことが:reにて判明しています。

和集家にはそれぞれの役割があり、リゼは「和集家の半喰種を作る為の子生み」でした。物語終盤で明かされたリゼの過去ですが、序盤に伏線をはっておいて終盤で回収されるという内容がおもしろい・恐ろしいと話題を集めました。

キャラ別エピソード④四方蓮示(ヨモ)

おもしろい東京喰種のキャラ別エピソード4人目は「ヨモ」こと「四方蓮示(よも れんじ)」です。喰種が集う喫茶店「あんていく」の店員で、情報収集や遺体集めなどの任務を任されています。

リゼと同様に謎が多いキャラとして注目されていたヨモですが、ヨモの発言には多々伏線がはられており、漫画・アニメを見返すと「そういう事だったの⁉」という発見ができます。ヨモの行動や発言全てがおもしろい見所となっています。

キャラ別エピソード⑤霧島董香(トーカ)

おもしろい東京喰種のキャラ別エピソード5人目は同作のヒロイン「トーカ」こと「霧島董香(きりしま とうか)」です。あんていくでアルバイトをしており、戦闘する際には大好きな兎のマスコットにちなんで「ウサギのマスク」を被っています。

喰種は人間が食べる普通の食事を食べると戦闘能力が低下しますが、トーカの場合は親友の「依子(よりこ)」が持ってくる手料理を普通の顔で食べたりと、強く芯の通った性格が魅力的だと言われています。

魅力的な一面が多いトーカですが、東京喰種終盤では主人公・カネキとの間に子供ができ、最終話では第二子を妊娠している様子が伺えました。序盤では微妙な仲だったトーカとカネキですが、2人の言い合いが微笑ましくおもしろいと言われています。

キャラ別エピソード⑥永近英良(ヒデ)

おもしろい東京喰種のキャラ別エピソード6人目は「ヒデ」こと「永近英良(ながちか ひでよし)」です。主人公・カネキの唯一の親友で、常にカネキの心配をしている重要キャラとなっています。

テンションが高いおちゃらけキャラとして「おもしろい」と言われていたヒデですが、実はカネキが半喰種だということを知っていながらも知らないふりをしており、終盤でカネキと再会した時には自分を捕食させ、カネキを助けたかっこいい男です。

キャラ別エピソード⑦月山習

おもしろい東京喰種のキャラ別エピソード7人目は「月山習(つきやま しゅう)」です。Sレートの喰種で美食家(グルメ)とされている月山習は、捕食する人間を厳選し美しい食べ物(人間・喰種)だけを食べています。

月山習のおもしろいポイントは、主人公・カネキへの異常な執着や変態チックな言動にあります。登場時はカネキと戦闘態勢に入りましたが、後にカネキの側に居たいという下心みえみえな言動を繰り返していました。

キャラ別エピソード⑧エト

おもしろい東京喰種のキャラ別エピソード8人目は「エト」こと「芳村愛支(よしむら えと)」です。小説家「高槻泉(たかつき せん)」という姿も持つエトは、あんていくの店長「芳村」の娘であり半喰種です。

全身に包帯を巻いた可愛い小柄な少女・エトですが、戦闘能力はSSSレートとされ最も恐れられている喰種「隻眼の梟(せきがんのふくろう)」と呼ばれています。アオギリの樹を結成した人物だと言われており「隻眼の王」の王座をカネキに託した人物でもあります。

キャラ別エピソード⑨有馬貴将

おもしろい東京喰種のキャラ別エピソード9人目は「有馬貴将(ありま きしょう)」です。特等捜査官の中で最も戦闘能力が高く、「CCG(喰種対策局)の死神」と呼ばれています。

そこでおもしろいとされているのが、特等捜査官でありながらVに所属する「半人間」にしてアオギリの樹首領の隻眼の王だということです。主人公・カネキが隻眼の王になると見込み、カネキを殺さず捕獲していた人物です。

キャラ別エピソード⑩カナエ

おもしろい東京喰種のキャラ別エピソード10人目は「叶(カナエ)」こと「カナエ=フォン・ロゼヴァルト」です。:reから登場した月山家の使用人ですが、本名は「カレン」で男装をしている女性です。

月山習を愛しており、主人公・カネキが亡くなり落ち込んでいる月山習の為にハイセ(カネキ)の私物を集めたり人間オークションに参加するなどして、歪んだ愛情・少しの人間らしさを見せました。

キャラ別エピソード⑪アオギリの樹

おもしろい東京喰種のキャラ別エピソード11人目(11番目)はアオギリの樹です。SS~レートの喰種・隻眼の王の下に集った最強喰種集団・アオギリの樹は、喰種捜査官を連れ去り半喰種を作りだしているとされています。

ヒロイン・トーカの弟であるアヤトがリーダー的存在となっており、リーダーとされる隻眼の王は完結後も謎のままとなっています。隻眼の王を推測するのがおもしろいと話題になり、今もなおファンによるあらゆる推測が続いています。

キャラ別エピソード⑫ナキ

おもしろい東京喰種のキャラ別エピソード12人目は「ナキ」です。アオギリの樹のメンバーであり重要なキャラとして話題を呼んだナキですが、可愛くもありカッコ良くもある姿勢がファンの心を鷲掴みにしました。

涙脆く頭も悪いナキは「憎めない愛されキャラ」として注目されており、仲間の為なら号泣しながらでも敵に向かっていくという人間らしいキャラです。

キャラ別エピソード⑬ピエロ

おもしろい東京喰種のキャラ別エピソード13人目(13番目)は「道化師(ピエロ)」です。メンバー全員がマスクを被っており謎多き組織とされているピエロですが、同作の人気キャラ「ウタ」がピエロの一員だという事が分かりました。

カネキに憧れてあんていくにやってきた「ロマ」こと「帆糸ロマ(ほいと ロマ)」がピエロの創設者であり、ロマはハイセを殺しカネキを取り戻そうと企んでいるようですが、完結後の今も他の情報は謎に包まれています。

キャラ別エピソード⑭鈴屋什造(ジューゾー)

おもしろい東京喰種のキャラ別エピソード14人目は「ジューゾー」こと「鈴屋什造(すずや じゅうぞう)」です。中性的な見た目をしている男性喰種捜査官で、ジューゾーの成長過程がおもしろいと言われています。

第1部では幼少期に虐待を受けていた事がきっかけとなり人の感情や痛みなどが分からなかったジューゾーですが、:reでは人を思いやる気持ちや感情に気付く事が出来ました。

キャラ別エピソード⑮クインクス

おもしろい東京喰種のキャラ別エピソード15人目(15番目)は「クインクス」です。:reから登場した主人公・ハイセをリーダーとした問題児の集まりとされる捜査官集団です。

クインクスは喰種殲滅用武器「クインケ」を体に内蔵した兵士とされており、内臓することで喰種がもつ高い戦闘能力を手に入れることができます。兵士「だった」ハイセ(カネキ)が徐々に変わって行く描写がおもしろいポイントです。

Thumb【東京喰種】リゼの正体や強さは?和修家との関係や最後は?:reまでネタバレ
「東京喰種」の登場人物リゼの実態に迫ります。リゼの正体と強さ、リゼと和修家との関係やリゼの最...

東京喰種がおもしろい理由とは

東京喰種がおもしろい理由について徹底調査してみました。先ほど紹介した通り、個性的なキャラもおもしろい理由の一つとなっていますが、石田スイによる画力や表現がおもしろい理由に関係しているようです。東京喰種のおもしろい理由を順を追って紹介します。

おもしろい理由①期待を裏切らないアクション描写

東京喰種がおもしろい理由一つ目は、ファンの期待を裏切らないアクション描写にあります。テンポが良く惹き込まれるアクション描写ですが、石田スイによる迫力のある描写がファンの心を鷲掴みにします。

おもしろい理由②キャラの感情や表情

東京喰種がおもしろい理由二つ目は、キャラそれぞれの感情や表現にあります。儚くも美しい石田スイの感情や表現は一度見ただけで頭から離れないでしょう。石田スイの素敵な画力もおもしろい理由の一つとなっています。

おもしろい理由③漫画アニメから映画や舞台と幅広く楽しめる

東京喰種がおもしろい理由三つ目は、漫画やアニメ・舞台から実写映画まで幅広く楽しめる部分にあります。原作とは少し違う展開があるアニメや実写映画ですが、新しい展開を見る事ができるといった点もおもしろい理由の一つとなっています。

Thumb【東京喰種】映画や舞台などのキャスト一覧!もちろん声優も!
「東京喰種」のアニメや映画などのキャストについて調査してみました。実写映画や舞台にもなってい...

東京喰種ファンの口コミや感想を調査

東京喰種ファンの口コミや感想を調査してみました。以前から賛否両論がある同作ですが、一部では厳しい感想も確認することができました。おもしろいと話題の東京喰種の気になる口コミや感想を紹介します。

口コミの東京喰種に関する評価は賛否両論

おもしろいと話題を集めている東京喰種ですが、:reに関する評価は賛否両論のようです。「原作未読者は置いてけぼりって感じ」「原作シーンはほぼカットされてて怒りを覚えるレベル」との声が挙がっていました。

「悪い部分は感じなかったけどストーリーはまとまってなかった」との声も挙がっており、心から「おもしろい」と思ったファンはごくわずかという結果になっていました。

プロットや展開に対する厳しい口コミや感想も

「つまらない」との声が多く挙がっていた:reですが、第1期・東京喰種と第2期・√Aに対しては「おもしろい」との声が多く挙がっていました。そんな中、プロット・展開に対する厳しい口コミ・感想も確認することができました。

「伏線はるだけはって回収しきれてない」「展開早すぎてよくわかんない」という厳しい感想がSNS上で呟かれています。回収しきれていない伏線や謎は今後スピンオフ作品として掲載してくれることを願いましょう。

漫画読者の心を掴むキャラの過去と最後

賛否両論の意見があった東京喰種ですが、キャラそれぞれの過去・最後には漫画読者も心を鷲掴みにされています。内容としてはバラバラな部分もあった同作ですが、キャラそれぞれにはちゃんとした設定があり、キャラに中心をあててみると見かたも変わるでしょう。

東京喰種の今更聞けないマメ知識

東京喰種の今更聞けないマメ知識を紹介します。タイトルの意味や喰種の日常生活について、キャラ別の赫子などの能力について改めて知っていきましょう。

東京喰種のタイトルの意味

東京喰種のタイトルの意味を紹介します。現代の東京を舞台に描かれている同作ですが、「東京に蔓延している喰種」というそのままの意味がタイトルになっています。

喰種達の日常生活の特徴

喰種達の日常生活の特徴について紹介します。見た目が普通の人間とされる喰種は人間と同じ生活を送っています。人間と変わりのない喰種ですが、一つの問題として人間と同じ食べ物を食べる事ができないという点があります。

人間の食べ物は「腐った魚の腸みたい」だと作中で明かされており、人間が食べる食べ物を口にすると戦闘能力も低下してしまいます。そのため、喰種達は日常生活のどこかで隠れながら人間を食べています。

キャラ別の赫子など能力の特徴

キャラ別の赫子(かぐね)など能力の特徴について紹介します。赫子は戦闘・捕食の際に使用するRc細胞から作られる喰種だけの武器です。赫子には「羽赫(うかく)」「甲赫(こうかく)」「鱗赫(りんかく)」「尾赫(びかく)」の4種類が存在しています。

羽赫は肩辺りから羽のように見えるRc細胞が出る赫子で、持ち主はトーカ・アヤト・ヨモです。甲赫は肩甲骨辺りに出現する金属のような赫子で、持ち主は月山習・ナキ・笛口リョーコなどがいます。

鱗赫は腰部分から鱗のような触手が出現する赫子で、持ち主はカネキ・リゼ・ヤモリとなっています。尾赫は尻尾のように出現する最も能力が高い赫子とされており、持ち主はニシキです。

映画版の東京喰種でも赫子使用シーンに注目が

映画版・東京喰種では美しくかっこいい赫子使用シーンが多々あり、映画公開前から注目を集めていました。赫子も実写化は不可能だと言われていましたが、CGながらにリアルな作りとなっています。

東京喰種は個性的なキャラエピソードが盛り沢山でおもしろい漫画アニメ

東京喰種の内容やエピソード・おもしろい理由から口コミ・マメ知識について紹介しました。賛否両論があった同作でしたが、東京喰種は個性的なキャラエピソードが盛り沢山の今までにはないようなおもしろい漫画・アニメ作品です。

完結後も伏線や謎が残っている東京喰種ですが、もう一度漫画やアニメを見返して隠されている謎を推測してみるのもおもしろいでしょう。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
佐々木
閲覧して下さって有難う御座います。猫と料理と音楽、映画からゲームまで色んなものが好きな佐々木です。皆様を楽しませる...

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ