【東京喰種】死堪の正体はリオ?最後や最終回の内容とその後も!

この記事では東京喰種に登場する喰種・死堪についての情報をまとめています。死堪の正体はゲーム「東京喰種JAIL」に登場する主人公・リオであるという説の真偽や、死堪の最後や東京喰種の最終回についても取り上げ、死堪のその後に迫っていきます。

【東京喰種】死堪の正体はリオ?最後や最終回の内容とその後も!のイメージ

目次

  1. 1【東京喰種】死堪とは
  2. 2東京喰種の死堪の正体はリオ?
  3. 3東京喰種の死堪の最後や最終回の内容やその後
  4. 4東京喰種の死堪の名言や強さ
  5. 5東京喰種の死堪のアニメ声優も調査
  6. 6東京喰種の死堪の正体はリオで最終回その後も暴れ続ける喰種

【東京喰種】死堪とは

死堪(しこらえ)は、大人気のアニメ「東京喰種」に登場した喰種です。その不気味な見た目で読者の目を引いたキャラクターです。一説によると死堪の正体はプレイステーションVita用ゲームソフト「東京喰種JAIL」の主人公・リオであるという噂があります。

この記事では死堪の初登場シーンやプロフィールなど詳しい情報についてまとめ、「東京喰種JAIL」の主人公・リオが死堪であるという説の真偽などを確かめます。さらに、死堪が作中で死亡したのかどうかについても検証します。

アニメや漫画などで人気「東京喰種」の概要

「東京喰種」は石田スイが週刊ヤングジャンプに連載していた漫画で、現在ではアニメや実写映画など様々なメディアミックスも積極的に行われている人気作品です。

「東京喰種」の世界では、人間に紛れる形で異形の怪物「喰種」が存在しており、人間を襲います。主人公の金木研(かねきけん)は、元は人間でしたが喰種に襲われた一件によって半喰種になってしまったことから、裏の世界で繰り広げられる戦いに巻き込まれていきます。

東京喰種の死堪の正体はリオ?

東京喰種ファンの間では「死堪の正体はリオ」と連載当時からずっと話題になっていました。ここからは死堪について基本的な情報を挙げた上で、リオとの共通点を探り、死堪の正体がリオである根拠についてまとめます。

死堪(シコラエ)のプロフィール

死堪(しこらえ)は人気作品「東京喰種」シリーズの完結作品に当たる「東京喰種:Re」において登場した喰種です。隻眼の王の下に集う喰種で構成された集団「アオギリの樹」に所属しています。レートはA+で、作中ではそこまで強い喰種ではありません。

死堪は東京喰種:reに登場の喰種キャラ

「東京喰種:re」に死堪は登場しましたが、体格はシュッとした細身の体をしており、縞模様の服を着ています。話す言葉は非常にたどたどしく、思考がマトモに出来ているのか怪しい場面が多々あります。語尾に特殊な記号を付けて話すのが特徴です。

米林才子襲撃シーンで初登場

死堪は「東京喰種:Re」で月山家の使用人・叶に雇われる形で、クインケを体に内蔵した異能の集団・クインクス班を襲撃するシーンで登場しました。死堪は米林才子の腕を捕食するほどに彼女を追い詰め「もちもちもちもち」などの名言で強い印象を残しました。

しかし、手助けに現れた亜門鋼太朗と思わしき半喰種によって妨害されてしまい、一瞬で吹き飛ばされて敗北してしまいます。この一連の様子から死堪は作中でもそこまで強いキャラクターとはされていません。

死堪はゲームから逆輸入キャラでもある

死堪は「東京喰種:Re」において初登場したキャラクターではありますが、実はゲームからの逆輸入キャラでもあるという噂があります。

これに関しては今回の記事の核心的な部分のネタバレになってしまいますが、ゲーム「東京喰種JAIL」には死堪と関係のあるキャラクターが登場しているのです。詳しくはこの後取り上げていきます。

死堪の死亡した兄の存在とは

プレイステーションVita用ソフト「東京喰種JAIL」の主人公・リオの目的は、端的に言えばコクリアに囚われた兄を助け出すことです。原作の主人公である金木研と協力し、カギになる喰種"JAIL"を探すリオですが、衝撃の事実が明らかになりました。

実は探していた喰種"JAIL"の正体はリオ自身であり、救おうとしていた兄もとうの昔に殺されていました。リオ=死堪と考えると、死堪の兄は死亡しているということになります。

死亡した兄との衝撃的な再会

自分自身が"JAIL"であり、既に兄も死んでしまっていることを知ってしまったリオ(死堪)ですが、彼にさらに追い打ちをかける出来事が起こります。喰種捜査官であるキジマの使っているクインケが兄の赫包から作り出されたものだったのです。

兄を探して救い出すことが目的の全てであったリオですが、悲しくも兄の変わり果てた姿と対面するという衝撃的な再会をすることになってしまいました。こういった内容から「東京喰種JAIL」は救いのない物語と言われています。

死堪の正体はリオと判明

「東京喰種:Re」に登場した死堪の正体は、話が進んでいくにつれてリオであるという説の信憑性が高まっていきました。この話が確定した理由は、東京喰種の物語の元凶である旧多が死堪に向かって「リオ」と呼んだからです。

これまで数々の伏線から「東京喰種JAIL」の主人公・リオではないかと言われていた死堪ではありますが、この旧多の発言によって疑惑は終結を迎えました。なぜリオは死堪のような姿になり果ててしまったのかは後で取り上げます。

正体リオは東京喰種JAIL主人公

死堪の正体は、ifストーリーとして描かれたプレイステーションVita用ソフト「東京喰種JAIL」の主人公・リオです。東京喰種:Reに登場した死堪とはあまりにも容姿が変わっているのは、アオギリの樹のエトによって壮絶な拷問を受けた結果だと言われています。

死堪の正体がリオの理由とは

死堪の正体がリオであると確定したのは「東京喰種:Re」における旧多の発言ですが、実はそれ以外にも様々な伏線が散りばめられていました。そのため、読者の中には早々に死堪の正体がリオであると見抜いているファンもかなりいたようです。

正体がリオの理由①東京喰種JAILシナリオブック表紙

死堪の正体がリオである理由の1つとして「東京喰種JAIL」のシナリオブックの裏表紙に掲載されているイラストが挙げられます。

表紙に描かれている縞模様の異形の姿はまさに死堪そのものであり、死堪が「東京喰種JAIL」に出てきていないことなどを考えると、かつての死堪の姿が描かれている可能性があると考えられました。

正体がリオの理由②目元のアザ

また、死堪の正体がリオであるという理由として、多くの読者が気付いたのが目の周囲に浮かび上がる痣です。「東京喰種JAIL」の主人公・リオは自身の赫子を出す時に非常に特徴的な檻のような痣が浮かび上がるのですが、死堪にも似たような痣が浮かび上がるのです。

このような痣が浮かび上がるキャラクターはリオと死堪をおいて他になく、あまりに特徴が酷似していることから死堪は早々にリオではないかという噂が立ちました。作者の石田スイも意図してこのような伏線を散りばめていたと思われます。

正体がリオの理由③死と堪の意味深な表現

ゲーム「東京喰種JAIL」にはリオがコクリアから脱出するシーンが描かれています。その場面には死堪の「死」と「堪」という漢字が不気味に表示されており、死堪とリオの関係を裏付ける理由の1つとなっています。

正体がリオの理由④東京喰種JAILシナリオラストのエトの姿も関係か

死堪の正体がリオである理由の最後にゲーム「東京喰種JAIL」のシナリオがあります。シナリオブックの最後には目的を失ったリオと、エトと思われる人物が会話しているシーンが描かれています。

この事からリオはアオギリの樹の幹部であるエトに連れ去られ、拷問の末に死堪のような姿へと変えられてしまった可能性が非常に高いです。求めていたものを得る事ができず、絶望したリオが辿った結果が死堪だとすると悲惨です。

東京喰種の死堪の最後や最終回の内容やその後

ここまでアニメ「東京喰種:Re」に登場した死堪の正体が「東京喰種JAIL」の主人公・リオであることや、死亡した兄との衝撃的な再会について取り上げました。リオの最後の姿が死堪であるという悲壮な事実は、多くのファンを悲しませました。

ここからは「東京喰種:Re」における死堪の活躍や、死堪としての最後、最終回後の生存についての情報をまとめます。死堪は「東京喰種:Re」において死亡したと思われていましたが、実は生存しているという噂もありました。

死堪の最後は死亡か調査

「東京喰種:Re」に登場した死堪は、最後には死亡してしまったのかどうかを調査してみました。正体は東京喰種JAILの主人公・リオであり、SSSレートになる可能性も秘めていた死堪ではありますが、レートはA+止まりでそこまで活躍の場は多くありませんでした。

死堪に最後はピエロとして登場?

「東京喰種:Re」において、死堪は旧多の手下として登場しましたが、ピエロに属していたロマと一緒でした。組織関係などが非常に複雑な東京喰種ですが、実は死堪はピエロに属していた可能性が高いです。死堪は最後には本局の窓から落ちてしまい、最終回まで消息不明とされていました。

東京喰種:re最終回の死堪について

死堪は最後に本局の窓から落ちることで消息不明となり、大多数の読者の間では死亡したと思われていました。外伝作品とはいえ主人公であった人物の最後と考えると、あまりにあっけない最後です。

しかし死亡したと思われていた死堪は「東京喰種:Re」の最終回に登場し、死亡説を覆すことになりました。アニメ「東京喰種:Re」の最終回では尺の都合か死堪は登場せず、ファンの間では少し不満が残る出来となってしまったようです。

最終回のその後は死堪がボス化

実は「東京喰種:Re」の最終回において、覚醒した瓜江に殺害されたと思われていた死堪が登場しました。これによって、死堪は最終回の後も生存していることが明らかになりました。

「東京喰種:Re」の最終回では、人類と喰種が歪な形で共存していく様子が描かれています。しかし死堪に平穏は訪れることなく、人間を襲う「敵性喰種」に分類されるだけでなく、敵性喰種のボス的な存在になっています。

東京喰種の死堪の名言や強さ

死亡したと思われていた死堪が「東京喰種:Re」の最後で生存していたことが明らかになりました。死堪といえば、その特徴的な語尾や、特異的な強さが話題に挙がります。ここからは死堪の名言や強さについて取り上げます。

死堪の名言と言えば「もちもちもちもちもち」

死堪の名言といえば、初登場した際の「もちもちもちもちもち…」です。米林才子たちクインクス班を襲撃し、米林才子の腕を捕食する際に発した言葉です。死堪のおどろおどろしい姿と印象的なこの言葉が記憶に強く焼き付いているファンも少なくないようです。

死堪は3種類の赫子を所持

これは死堪の正体が「東京喰種JAIL」の主人公・リオである理由と結びつく話題ですが、死堪は作中において赫子を少なくとも3つは所持していることが明らかになっています。赫子を複数所持している事自体が珍しいので、死堪の正体がリオであるという事実をさらに裏付けるものです。

死堪の正体と言われるリオは4種類の赫子を扱う

死堪の最後の姿であると判明した「東京喰種JAIL」の主人公・リオですが、彼は赫子を4種類扱えることが明らかになっています。リオが成長し続ければ、隻眼の梟に並ぶSSSレートになり得たため、死堪となり果ててしまったことを残念がるファンも多いようです。

東京喰種の死堪のアニメ声優も調査

ここまでは東京喰種の人気キャラクター・死堪についての様々な情報や伏線についてまとめてきました。ここからは東京喰種のアニメにおいて死堪の声を担当している声優の情報や、その声優が演じている他のアニメのキャラクターなどを取り上げます。

アニメ「東京喰種:re」死堪の声優は小野賢章

アニメ「東京喰種:Re」に登場した死堪の声優は、人気声優として話題によく挙がっている小野賢章です。まずは小野賢章について軽くプロフィールを取り上げた上で、声優として出演しているアニメなどの情報をまとめていきます。

小野賢章の声優プロフィール

小野賢章は1989年10月5日生まれ、福岡県出身の男性声優です。子供の頃から芸能界で活動しており、特に「ハリーポッターシリーズ」の主人公・ハリーの吹き替え声優としてその名を知られています。

声変わりしてからも声優としての活動を続けており、2010年代には様々なアニメで人気キャラクターを演じるようになりました。現在では、人気声優としての地位を確立しており、ゲーム実況や歌などの活動にも挑戦しているようです。

小野賢章の魅力は幼少期からの俳優としての経験を活かした、リアルな息遣いの演技です。小野賢章は元は俳優としての活動を行っており、さらには現在でも関智一が主宰している劇団の舞台に出演するなどの演技活動をしています。

声だけで表現する声優にとって、息遣いの上手さは演技の上手さに直結します。本当にキャラクターが動いているようなリアル感のある小野賢章の演技は多くの関係者から絶賛されており、引く手あまたになっているようです。

小野賢章の東京喰種:re以外の声優出演アニメ

小野賢章はアニメ「黒子のバスケ」の黒子テツヤ、「ダイヤのA」の轟雷市、「BORUTO」の奈良シカダイ、「アイドリッシュセブン」の七瀬陸など人気のあるアニメキャラクターを多く演じています。

また、小野賢章は2019年に放送された「ジョジョの奇妙な冒険・第5部」の主人公ジョルノ・ジョヴァーナ役を演じ、その演技力の高さなどが大きく話題になりました。自身もジョジョの大ファンで、外伝にあたる「恥知らずのパープルヘイズ」も読んでいるそうです。

東京喰種の死堪の正体はリオで最終回その後も暴れ続ける喰種

この記事では、「東京喰種:re」に登場する死堪の情報やその正体について取り上げました。死堪の正体はゲーム「東京喰種JAIL」の主人公・リオで、その事実は多くのファンに衝撃を与えたと言われています。

また、瓜江に倒されて窓から落ち死亡したかに思われていた死堪ですが、東京喰種の最終回において生きていることが明らかになりました。しかしかつては主人公キャラであった人物の姿としては喜ばしい姿ではなく、敵性喰種として人間を脅かす存在に分類されているようです。

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
まるすけ
1993年東京生まれ広島育ちの20代男。 基本的にドラマや映画、漫画などの娯楽に日常的に触れています。 特にア...

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ