【東京喰種】店長(芳村)まとめ!過去から最後まで!名シーンも!

アニメ、漫画共に絶大な人気を博した東京喰種。作品が終了した今なお話題を集めている東京喰種ですが、サブキャラとして登場した店長こと芳村の名シーンが注目を集めているようです。東京喰種に登場する店長こと芳村はどのようなキャラなのか詳しく見て行きましょう。

【東京喰種】店長(芳村)まとめ!過去から最後まで!名シーンも!のイメージ

目次

  1. 1【東京喰種】店長(芳村)とは
  2. 2東京喰種の芳村店長はどんなキャラ?
  3. 3東京喰種の芳村店長の過去から最後まで
  4. 4東京喰種の芳村店長の名シーン
  5. 5東京喰種の芳村店長の正体は梟
  6. 6東京喰種の芳村店長は名シーン多数の元V所属思いやり喰種

【東京喰種】店長(芳村)とは

東京喰種に登場する店長こと芳村とは、サブキャラでありながら物語の行方を左右する重要なキーマンとして登場した人物です。芳村の名シーンも数多く存在しており、作品が終了した今なお芳村が東京喰種ファンの間で話題を集めています。

漫画やアニメなどで人気「東京喰種」の概要

芳村が活躍を見せた東京喰種とはどんなものなのでしょうか?東京喰種とは石田スイが手掛けた漫画で、2011年に「週刊ヤングジャンプ」にて連載がスタートされています。東京喰種は2014年に連載が終了していますが、同年に続編となる「東京喰種:連載re」が連載をスタートし2018年に終了しています。

漫画がヒットした為、東京喰種はアニメ化もされています。東京喰種のアニメは2014年から放送されており、放送が終了した2018年までに「東京喰種」「東京喰種√A」「東京喰種:re」の3作品が放送されています。ちなみにアニメと漫画では多少物語に違いがあるそうで、その違いもファンを喜ばせているそうです。

そんな東京喰種の概要は、東京を舞台にしたダークファンタジーです。東京が舞台となると現実的な物語のように思えますが、物語は「喰種」と呼ばれる人間を食する種族が中心に描かれています。主人公の金木研は元は人間だったものの、半喰種になった事で物語が展開していきます。

東京喰種の芳村店長はどんなキャラ?

ここからは東京喰種に登場するサブキャラ、店長こと芳村について詳しくご紹介していきます。東京喰種はサブキャラにも細かなプロフィールなどが設定されており、芳村についても詳しい情報が分かっています。キーマン的な存在として活躍をした芳村とはどんなキャラだったのでしょうか?

芳村店長のプロフィール

店長こと芳村の本名は「芳村功善(よしむらくぜん)」といいます。年齢や誕生日については設定されていませんが、東京喰種に登場している姿から初老の男性である事が分かっています。店長と呼ばれているのは、主人公の金木研を含める喰種が出入りする喫茶店「あんていく」の店長を務めているからです。

芳村も喰種で、実は喰種としての能力も高くかなりの実力者です。しかし生きている人間を食べる事はせず、「あんていく」に出入りする喰種に死体を回収して分け与えるなど、かなり人間好きの温厚な人物として描かれています。

芳村店長の能力について

芳村も喰種であるとお伝えしましたが、芳村の能力とはどのようなものだったのでしょうか?東京喰種にはかなりの喰種が登場していますが、芳村がどの程度の強さだったのかも気になる方は多いようです。まずは芳村の能力について詳しく見て行きましょう。

芳村店長の赫子は「羽赫」

芳村の赫子は「羽赫」というものです。赫子(かぐね)とは喰種の能力の1つであり、喰種の身体から発生する捕食器官で「羽赫」「甲赫」「鱗赫」「尾赫」の4種類があります。芳村の赫子「羽赫」は、肩部分から発生し羽のように見える赫子として知られています。

赫子「羽赫」の能力とは

赫子「羽赫」の能力とはどのようなものなのでしょうか?「羽赫」はガス状に発生する赫子で、その形態を自由自在に変化させる事の出来る赫子です。芳村はショットガンやブレード、ランス状など様々な形態に変化させ遠近どちらも優れた戦闘能力を見せており、ほぼ完全にその能力をコントロールしていたようです。

芳村店長の強さは弱い?

芳村の能力については分かりましたが、強さとはどのくらいのものなのでしょうか?芳村は、能力をほぼ完全にコントロール出来ており東京喰種の物語の中ではSSSレートと同等の強さであると描かれています。しかし東京喰種のファンからは「実際の強さは弱いのでは?」といった厳しい意見も寄せられているようです。

強さに関する厳しい東京喰種ファンの声も

前述した通り、ネット上では芳村の強さについて厳しい意見も寄せられています。芳村はSSSレート同等とかなりの強さですが、作品中にはボコボコにされた姿が描かれているなど少し強さに疑問を持つ人も多かったようです。しかし、これは戦う相手との相性も関係しているとされており強さには関係ないとの声もあります。

芳村店長は優しい性格

少し触れていますが、芳村は能力のコントロールもほぼ完全にでき、かなりの強さを持っている喰種ながら、人間にも喰種にも優しい性格の人物として描かれています。芳村は「あんていく」で喰種になってしまった事で葛藤している主人公・金木研に優しくも厳しい声をかけ、喰種としての生き方を教えています。

また、物語が進むにつれて人間に対する深い愛情を感じさせる名シーンも見られています。この事から、芳村はかなりの強さを持った喰種ではあるものの、人間を捕食する事のみ考えている他の喰種とは少し違い優しい人物である事が伝わってきます。

東京喰種の芳村店長の過去から最後まで

ここからは東京喰種の店長こと芳村の過去から最後までを見て行きましょう。序盤では芳村は優しい人物として登場していましたが、後に過去に功善という名で「V」に所属し活動していた事が明らかにされています。芳村が功善として活躍をしていた組織「V」とは何なのでしょうか?

過去には功善の名で活動

前述した通り、芳村は過去に功善(くぜん)という名で活動をしていた事が明らかにされています。功善は芳村の名ですが、「V」という組織に所属し活動していた時期は姓は名乗らずに名である功善のみを使用していたようです。

功善時代は喰種組織「V」所属

芳村が功善として活動していたのは、喰種組織「V」に所属していた時期です。芳村は過去に功善として「V」に所属しており、「V」の掃除屋として人間・喰種問わずに屠っていたそうです。この過去は、功善の絶大な強さを認められての活躍だったそうです。

ちなみに、功善が所属していた「V」という組織は「CCG」内に設けられている喰種の組織と考えられています。後にご紹介する「梟」にも関係していたとされていますが、「V」については東京喰種内のキャラクターの発言でしか存在が確認出来ていなく、「V」の詳しい情報は明らかになっていません。

東京喰種第1期での芳村店長の活躍

東京喰種第1期での芳村の活躍を見てみましょう。芳村は東京喰種第1期から登場しており、主人公・金木研の出入りする喫茶店「あんていく」の店長としてかなり登場しています。序盤では喰種になった事を受け入れられない主人公・金木研に喰種としての生き方などを伝えています。

そして後半、東京喰種第1期の最後には「あんていく」が襲撃され、芳村が「梟」となって「CCG」と激突する事となります。この展開には多くの東京喰種ファンも驚いていたようですが、その後「梟」となった芳村はあまり姿を見せずに第1期が終了してしまっています。

東京喰種:reでの芳村店長は?

東京喰種は第1期終了後に:reに突入しますが、なんと「梟」となったはずの芳村が娘のエトに連れ去らわれ実験体として捕えられている事が明らかになります。後ほどご紹介しますが、実は芳村が「梟」となったのは、娘のエトを守る為だったのです。芳村はエトを守る為に自ら「梟」の正体を明かしてエトから目をそらさせたのです。

芳村店長の最後は身柄回収か

:reで娘のエトに連れ去られ実験体として捕えられていた芳村ですが、最後にはどうなったのでしょうか?これは推測ですが、芳村は東京喰種の物語の最後にも身柄は回収されておらずどうなったかは不明です。

東京喰種の最後には芳村を捕えていた集団も壊滅していますが、残念ながら最後のシーンに芳村の姿が映る事はありませんでした。死亡したという訳ではありませんが、恐らく復活する事が出来なかったのではないかとネット上では考察されているようです。

芳村店長の最後は赫包のドナーとして囚人状態?

芳村の最後について曖昧に終わってしまっていた事になりますが、芳村は赫包のドナーとして囚人状態になっていたとも推測する事が出来ます。芳村はエトが所属していた集団の赫包のドナーとして実験体にされており、復活が不可能な状態にまで至らしめられ囚人状態になっていたものと推測されます。

東京喰種の芳村店長の名シーン

芳村は娘のエトの為に自ら「梟」を名乗り囮になっていたものの、その後娘のエトによって捕えられ実験体にされて悲しい最後を迎えていた事が分かりました。ここからは芳村の名シーンについて振り返ってみましょう。芳村がどんな人物だったのかが垣間見えてきます。

芳村店長名シーン①喰種でもヒトが好き

芳村は優しい人物だとご紹介していますが、その優しさは喰種ながらに人を好きでいた事からも伝わってきます。芳村は喫茶店「あんていく」で悲しげな表情で「私は好きなんだよ、ヒトがね」と発言した名シーンがあります。過去に人間と愛し合っていた事を知っているファンの間では、今なお名シーンとして語られています。

芳村店長名シーン②滅多に開かぬ瞳

芳村は細い目のキャラクターとして描かれており、基本的にその目はいつも開かれていません。しかしそんな芳村の目が開かれ瞳が見えた名シーンがあり、芳村は鋭い瞳で主人公・金木研に「空腹を満たす方法は1つしかない」と人間を捕食しなければいけない喰種の生き様を語っています。

芳村店長名シーン③トーカへの言葉

東京喰種のヒロイン、トーカは「あんていく」で働いています。ある時、トーカが復讐に燃えている最中に芳村がかけた言葉が深く名シーンの1つであると話題を集めているようです。店長こと芳村は「復讐に囚われて自分の人生を生きられない事は哀れだ」といったトーカを案ずる発言をしています。

芳村店長名シーン④保護者的な頼れる存在

主人公・金木研が囚われた際、「あんていく」に出入りしていた仲間が一丸となって助けに向かおうとした事があります。そんな時、芳村は「命を掛けなさい」と伝え、「私と四方君が君達を全力で守る」と保護者のように頼れるような発言をしています。このシーンも芳村の優しさが伝わると名シーンの1つに挙げられています。

芳村店長名シーン⑤ヒトと喰種の狭間の心境

芳村は、幾度も主人公・金木研に喰種としての生き方を教えています。その中で、主人公・金木研が喰種としての人生を捨てようとしていた事があります。その際には、芳村が「君の捨てようとしているものは君の半分も占めているものだ」と優しく諭しています。この発言は娘のエトに伝えたかった言葉だったともされています。

芳村店長名シーン⑥「V」に忠義を尽くせ

芳村は「V」に所属していたとご紹介していますが、その「V」に忠義を尽くすよう警告された事があります。しかし、この際にも芳村が自らの意思を曲げる事はなく、娘のエトを守ろうとする姿を見せています。

芳村店長名シーン⑦篠原特等への珈琲

実は敵同士であった事が後に明らかになる、篠原特等へ珈琲を差し出すシーンも名シーンと話題を集めています。2人は無言で珈琲を注文、提供していますが、その後和やかな会話もする事なくそのまま戦闘へと突入しています。2人の行動は、敵同士と知りながらも無駄な話はせずに時間を共有する大人な行動だとファンから人気のようです。

芳村店長名シーン⑧最後の晩餐こと最後の珈琲

「CCG」によって第1期最後に襲撃される「あんていく」ですが、実はその直前に芳村は最後の晩餐ならぬ最後の珈琲を味わっています。どのような味がしたのか、何を考え飲んだのかがファンの間で様々な考察を呼んでいます。

芳村店長名シーン⑨ウナキとの出会い

芳村は過去にウナキという人間の女性と恋に落ちています。ウナキとの間には娘のエトが誕生しますが、芳村は所属していた「V」の指示によりウナキを殺さなければならなくなります。自らが殺されると悟ったウナキですが、最後の最後まで芳村を心配する姿を見せています。

芳村店長名シーン⑩命は悪

芳村は「梟」に扮した際、「命は悪」だと発言しています。これは弱肉強食が世の流れであり逆らえない事と例え、生きているものは生きているものを食べなければ生きていけないとして発言したセリフです。あまりにも真理に近い発言という事で、ファンの間では名シーンとして語り継がれているようです。

芳村店長名シーン⑪赫者化

芳村の強さが1番分かるとファンの間で話題を集めていたのが、芳村が赫者化になった時のシーンです。この時芳村は恐怖すら感じさせる圧倒的な強さを見せつけています。

芳村店長名シーン⑫戦闘中の回想

「梟」に紛し「CCG」と戦闘している最中、芳村が回想していたシーンも名シーンとして語られています。回想では「あんていく」に出入りしていた仲間の姿が映されており、芳村の走馬燈なのではないかとの声もあります。

芳村店長名シーン⑬ひとつの自己防衛

人間を食べ生きていく喰種について語った際に、芳村は「喰種も人の亡き骸の上は普通には歩けないからこそ感情を消す、ひとつの自己防衛だね」と発言しています。矛盾を打ち消して生きていく、悲しい性との葛藤が垣間見えてきます。

芳村店長名シーン⑭トーカの進路に対する助言

東京喰種のヒロイン、トーカが進路に迷った際にした助言も名シーンとして語られています。と芳村は「他人にしっかり怒れるというのは大切な事だよ」と伝えた上で、その怒りが正しい方向に向いているかを再確認させるような発言をしています。

芳村店長名シーン⑮娘のエトとの再会

芳村は娘のエトと再会しています。しかし芳村はこの時エトに破れる事になり、幸せな再会とはならなかったようです。悲しい親子の再会は、芳村の名シーンの中でも最も悲哀に満ちたものだとファンから感想が寄せられています。

エトとは

既に何度もご紹介してしまっていますが、エトは芳村とウナキの間に生まれた娘です。エトは悪の組織「アオギリの樹」の親玉であり、「梟」の正体でもあります。芳村はエトと敵対する立場でしたが、最後まで娘のエトを守ろうと「梟」の正体である事を露にするなど親として努力し続けています。

Thumb【東京喰種】名シーンまとめ!あの熱いシーンを振り返り!ネタバレ注意!
アニメも大人気を博した名作「東京喰種」には多くの名シーンが含まれています。「東京喰種」ファン...

東京喰種の芳村店長の正体は梟

ここからは東京喰種の芳村の正体について詳しく見て行きましょう。芳村の正体は「梟」であるとご紹介していますが、実は「梟」はもう1人いたようです。

芳村店長の正体は梟と判明

芳村の正体は「梟(きょう)」です。「梟」とはSSSレートの強さの喰種で、その姿は強さ以上に恐ろしい姿として描かれています。ちなみに、SSSレートの強さは「梟」のみで喰種最強の強さとされています。

梟は娘のエトも関係?

芳村はエトを守る為に「梟」であると正体を明かしていますが、実は娘のエトの正体も「梟」なのです。東京喰種に登場する「梟」は2人で、芳村の正体が「不殺の梟」・娘のエトの正体が「隻眼の梟」なのです。

滝澤政道に移植され梟に

芳村がなぜSSSレートの強さを誇る「梟」になったのかというと、滝澤政道に移植されたからです。芳村は過去に滝澤政道に移植され、「不殺の梟」という存在になったのです。

Thumb【東京喰種】梟の正体は?隻眼の梟との違いも!ネタバレ注意
東京喰種には梟という強力な喰種が存在します。しかし、その正体は主人公の金木研にとってとても大...

東京喰種の芳村店長は名シーン多数の元V所属思いやり喰種

東京喰種に登場するサブキャラ、店長こと芳村について詳しく見てきました。芳村の正体は「不殺の梟」で、SSSレートの強さを持っていながらも人間を愛した優しい人物です。名シーンも多いキーマン的な存在なので、今なお復活を待ち望む声も挙げられています。東京喰種の新たな作品で登場しないかに期待が高まります。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
yu yamashiro
現在第2子妊娠中のマタママです。エンタメ系の記事を書いていますが、エンタメには全く興味がありませんww

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ