【東京喰種】アラタは死亡?生存説も!伏線や過去なども考察

アニメ「東京喰種」のアラタは、謎の多い人物です。死亡しているのか生存しているのか不明で、伏線なども多いキャラクターとして知られています。「東京喰種」や「東京喰種:re」に登場するアラタに関する謎や過去などの考察を紹介していきます。

【東京喰種】アラタは死亡?生存説も!伏線や過去なども考察のイメージ

目次

  1. 1【東京喰種】アラタとは
  2. 2東京喰種アラタはどんなキャラ?
  3. 3東京喰種アラタの死亡や生存説の真相
  4. 4東京喰種アラタの伏線や過去なども考察
  5. 5東京喰種アラタのアニメ声優も調査
  6. 6東京喰種アラタは死亡か生存か謎で復讐に燃えるキャラ

【東京喰種】アラタとは

アニメや実写映画にもなった人気コミック「東京喰種」には、魅力的なキャラクターが数多く登場します。いろいろな能力を持ったキャラクターの中でも、生存しているのか死亡しているのか謎の多いアラタについて詳しく紹介していきます。

アニメ「東京喰種」の概要

アニメ「東京喰種」は、石田スイが『週刊ヤングジャンプ』に連載していた同名の漫画を原作にしたアニメです。第1期のアニメは、2014年7月から9月に放送されました。第2期のアニメは「東京喰種トーキョーグール√A」として、2015年1月より3月に放送されています。

第2期のアニメは原作者がストーリー原案を手掛けて、漫画版とは異なる展開をしたことで話題になりました。2018年4月から6月には第3期の「東京喰種トーキョーグール:re」、2018年10月から12月には「re」の最終章がアニメ放送されて話題になっています。

アニメ「東京喰種」はテレビ放送だけでなく、インターネット配信されたことも話題になりました。さらに、豪華な声優陣や物語の雰囲気にあった主題歌もアニメファンから支持されています。

Thumb【東京喰種】面白い?内容や理由などまとめ!口コミや感想も!
漫画からアニメ化・映画化もされた「東京喰種」がおもしろいと話題になっているので、同作の内容や...

東京喰種アラタはどんなキャラ?

東京喰種アラタはは、謎の多いキャラクターとして「東京喰種トーキョーグール」および「東京喰種トーキョーグール:re」の物語に登場しています。漫画だけでなくアニメでも人気の高いキャラクターで、能力などに注目が集まることが多いです。

アラタこと霧嶋新のプロフィール

アラタは、「東京喰種」に登場する甲赫の赫者です。本名は、霧嶋新と言います。穏やかそうな性格ですが、死亡した妻の復讐の機会を狙って捜査官狩りや多くの共食いをしていました。容姿や性格は、カネキに似ていると「東京喰種」の中で明言されています。

喰種捜査官の間では、骸拾いのアラタという名前で呼ばれています。復讐に燃えていたアラタですが、喰種捜査官の篠原幸紀、真戸呉緒によって捕獲され、生存しているのか死亡しているのか謎に包まれています。

アラタが戦う時には、黒色の西洋甲冑をイメージさせるの赫子が出てきます。「東京喰種」シリーズでも特に人気の高いキャラクターですが、生存に関しては謎が残されたまま物語が終了してしまいました。

アラタはトーカとアヤトの父親

アラタは、「東京喰種」や「東京喰種:re」でも活躍するトーカとアヤトの父で、子供の前では男手1つで育てている温厚な性格のキャラクターとして描かれていました。生存しているのか謎に包まれていますが、トーカとアヤトは死亡したという認識でいます。

トーカとは

トーカは、「東京喰種」や「東京喰種:re」のヒロインです。本名は霧嶋董香と言います。実写映画版では、1作目は清水富美加、2作目では山本舞香が演じました。正体は、喫茶店あんていくでアルバイトをしている喰種です。

「東京喰種」の時は人間の親友からもらった食事をしていたことで戦闘能力を十分に発揮出来ませんでしたが、『:re』では本来の能力を発揮し戦闘に参加しています。最終的には、カネキの子供も妊娠し母親になっています。

トーカは両親の名前が入った指輪を大事にしているなど、父親であるアラタに対して愛情を持っている様子が見受けられます。物語の当初は、父親を連れて行った白鳩に強い恨みの気持ちを持っていました。

アヤトとは

アヤトは、トーカの弟でアオギリの幹部です。アニメに登場していますが、実写映画には、登場していません。トーカやカネキとは敵対していますが、心の中ではトーカを慕っており、トーカを守るような言動が多いです。

アヤトは父親が喰種捜査官に捕捉されたことをきっかけに、人間に対して不信感を抱くようになりました。黒ウサギのマスクを使って喰種捜査官を多数殺害しています。カネキのことは、父親のアラタに似ているのであまり好意的な気持ちを持っていなかったようです。

アラタの能力と言えばクインケ

生存しているか謎であるアラタですが、アラタの能力はクインケに活かされています。クインケとは、対喰種用生体兵器のことです。クインケは赫包を加工して作られています。「東京喰種」ではアラタのクインケは進化を続けていて、アラタが生存していることの伏線ではないかという見方が有力です。

能力①アラタproto

アラタprotoは、篠原幸紀が使っていた装着型のクインケです。このクインケはアラタを捕まえた時に作られていた初期もので、制御が完全に出来る物ではありません。自分の体の一部をアラタの食べさせることで能力がアップするため、この時点でアラタは死亡していない確率が高いです。

能力②アラタβ0.8

アラタβ0.8は、アラタprotoを改良させたクインケです。篠原幸紀が使っていて、腰の部分まで赫子で包まれています。半赫者に覚醒したカネキを追いつめる程強い能力がありますが、最後は残念ながら破壊されていました。

能力③アラタ弐

アラタ弐は、アラタ能力を使ったとしてクインケとして「東京喰種」の24区戦で登場しました。アラタ弐は、アラタ弐protoの完成形です。フェイスが髑髏のような形になっていて、「東京喰種」のアニメファンからも支持されています。使用していたのは阿原半兵衛で、その強さに金木も追い詰められました。

能力④アラタ弐proto

アラタ弐protoは、量産モデルとして開発されました。アラタ弐は、アラタ弐protoの能力や性能をより高めたものです。自動着脱式で、アタッシュケースからすぐに取り出すことが出来ます。この時点では進化したクインケが作られているため、アラタは生存している可能性が高いです。

能力⑤アラタJOKER

アラタJOKERは、鈴屋什造が使っているクインケです。近接攻撃も得意で、流島上陸作戦時にクロを追いつめることに成功しました。さらに24区戦では能力の高い金木を戦闘不能するなどの活躍ぶりをみせています。

東京喰種アラタの死亡や生存説の真相

「東京喰種」では、謎の多いアラタは生存している可能性が高いという見方が多いです。アラタを使ったクインケが開発され続けているので、直接的な描写はありませんが生存した状態でどこかに捉えられているのではないかと言われています。

東京喰種:reでアラタは死亡か謎のまま

漫画やアニメ「東京喰種」の続編にあたる「東京喰種:re」でも、アラタは死亡か謎のままです。さらに「東京喰種:re」の中ではクインケとしての登場が遅く、登場したのがアラタJOKERのみであることから生存に関しては絶望的ではないかという見方もありました。

その上アラタの子供達は、アラタは亡くなってしまったという考え方をしています。「東京喰種:re」では、最終回にも生存か死亡か明確な描写はありません。アラタが、子供達と再会するシーンもありませんでした。

死亡ではなく生存説も浮上

公式でアラタの生存が明言されていないので、いろいろな考察がされています。そのためアニメ「東京喰種:re」の中では死亡したのではなく、生存している可能性があるという指摘をする人も少なくありません。

理由としては同じような境遇であるリゼや芳村は、実験のために生かされ続けています。アラタも実験のために何らかの形で生存しているのではないかという説が有力です。

東京喰種:reでカプセルに浸かり生存か

アニメ「東京喰種」や「東京喰種:re」では、カプセルの中で生存し続けるリゼの描写があります。リゼの様子を見ていると、喰種は強い生命力を持っていると考えられます。そのため、アラタもカプセルの中で生存している確率が高いのではないかと考える人も多いです。

東京喰種アラタの伏線や過去なども考察

アラタは、アニメ「東京喰種:re」の中で壮絶な過去が明かされました。さらにアラタを巡る謎の伏線も多いです。伏線を読みとけば、アラタの死亡や生存の謎に迫ることが出来るでしょう。気になるアラタの伏線や過去に関する考察を紹介していきます。

アラタの死亡や生存の謎に纏わる伏線とは

まずアラタが敵に捕まった時の伏線をチェックしていきましょう。ある捜査官がアラタに関して死闘の末に確保したという発言をしています。もし死亡していれば、確保という言葉は使わないと考えるのが自然です。この発言が伏線となって、アラタは生存しているという説が有力視されています。

さらにアラタのクインケは、作られ続けています。クインケは生存している喰種の赫包を加工して作られています。そのため、アラタのクインケがバージョンアップして登場しているのは、アラタが生きている伏線ではないかという見方が出来ます。

有馬貴将の「アラタの代替媒体の件ですが」のセリフに伏線の鍵

さらに謎の伏線として、「東京喰種:re」の中で有馬貴将が和修吉時に「アラタの代替媒体の件ですが」という話を持ち掛けています。そのため、クインケを作ることが出来なくなったアラタが処分されるのではないかという見方が有力視されています。

このセリフの伏線の謎を考えると、アラタはこの時点では何らかの形で生存しているという捉え方をすることも可能です。ただ最終回まで、この伏線の謎は明らかにされることはありませんでした。

東京喰種:reで過去の妻とのストーリーが判明

アラタは、「東京喰種」の中では子供想いの優しい父親だというイメージで描かれていました。しかし、続編の「東京喰種:re」では、妻を殺され復讐の鬼として生きる男だったということが明かされ、驚いたファンも少なくありませんでした。

アラタの妻は、あんていくにいる喰種の四方の姉のヒカリでした。アラタとヒカリは子供にも恵まれて幸せな生活をしていましたが、捜査官の有馬がヒカリを殺してしまいます。その後2人の子供を育て上げたアラタですが、その裏には捜査官に対する復讐心もあったようです。

過去に妻を殺害され復讐に燃えるアラタ

アラタは、温厚な性格で子供のために強くなろうとしていると考えられていました。しかし、最愛の妻を失ったアラタは復讐に燃え、捜査官を次々と殺害していきます。CCGに目を付けられたのは、このような復讐心が原因だったと推測出来ます。

止まらぬアラタの復讐は共喰い状態に

アラタの復讐は、喰種も人も食い漁るという行動にも繋がりました。共喰い状態で力を付けたアラタは、食べるためではなく復讐のために捜査官を襲っています。その結果、駆逐されるという最悪の事態を招いてしまいました。

アラタは子供と大人しく生活をしていれば、駆逐されることもなかったのではないかと言われています。子供には人間と共存するよう教えていましたが、裏では共喰い状態になるほど復讐に燃えて生死不明になってしまいました。

東京喰種アラタのアニメ声優も調査

東京喰種のキャラクターの声は、今をときめく人気アニメ声優が担当しています。アラタも「東京喰種」の中でも人気の高いキャラクターなので、アニメ化される時には誰がアラタの声をするのかということにも注目が集まりました。気になるアニメ声優の情報を紹介していきます。

アニメ「東京喰種」アラタ(霧嶋新)の声優は内田夕夜

アニメ「東京喰種」でアラタの声を担当したのは、人気声優の内田夕夜です。内田夕夜は、「東京喰種」以外にも数多くのアニメ作品や吹き替え作品に登場しています。元々は、舞台俳優としても活躍していました。

内田夕夜の声優プロフィール

内田夕夜は、1991年から声優として活動しています。声優をスタートした頃は海外ドラマや洋楽の吹き替えを担当することが多く、ライアン・ゴズリングやジェームズ・マカヴォイ、レオナルド・ディカプリオなどの声を担当してきました。

2008年に放送された「二十面相の娘」の出演をきっかけに、アニメ作品に出演する機会も増えています。アニメ作品では全く違うタイプのキャラクターを演じることも多く、作品によって内田夕夜の違った魅力を感じる人が多いです。幅広い層から支持されている声優の1人と言えます。

内田夕夜は、劇団俳優座に所属しています。内田夕夜が声優になったのは、同じ俳優が声優として活躍している姿に憧れを抱いたからだそうです。同じ事務所の小山力也が声優として評価を受けていたこともあり、内田夕夜も声優としてのキャリアをスタートさせました。

内田夕夜の東京喰種以外の声優出演アニメ

東京喰種以外の内田夕夜の声優出演アニメは、「ヘボット!」や「魔法つかいプリキュア!」、「文豪ストレイドッグス」、「キラキラハッピー★ ひらけ!ここたま」など多岐に渡ります。それぞれの演じ分けが素晴らしいと評価されています。

さらに内田夕夜は、アニメ作品だけでなく数多くのゲーム作品にも登場しています。「金色のコルダ」シリーズや「デトロイトビカムヒューマン」、「ウォッチドッグス2」などが有名です。内田夕夜は、幅広い分野で活躍する声優だと言えるでしょう。

東京喰種アラタは死亡か生存か謎で復讐に燃えるキャラ

人気キャラクターであるアラタは、「東京喰種」シリーズの最終回でも生存か死亡かについて言及されることはありませんでした。温厚そうに見えて復讐に燃えるキャラクターでもあり、「東京喰種」の物語でも重要なキーマンの1人です。

アラタに注目して、「東京喰種」シリーズを再び読み直してみるとまた違った考察が出来るでしょう。またアラタの声を担当した内田夕夜の今後の活躍からも目が離せません。

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
さとひろろ
ゴシップ大好きアラサー!2人の子供のママです。イケメンの話題が心の生きがい

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ