【トンボ鉛筆事件】佐藤佳弘と長尾弘司のその後や現在は?クビとの噂も

2011年に起きたトンボ鉛筆事件。トンボ鉛筆事件を起こした佐藤佳弘は会社をクビになったとの噂もありますが、佐藤佳弘のその後や現在はどうなっているのでしょうか。また、トンボ鉛筆事件を鎮静化させた長尾弘司氏のその後についても調べてみました。

【トンボ鉛筆事件】佐藤佳弘と長尾弘司のその後や現在は?クビとの噂も	のイメージ

目次

  1. 1トンボ鉛筆事件とは
  2. 2トンボ鉛筆事件の詳しい経緯
  3. 3佐藤佳弘と長尾弘司のその後は?
  4. 4トンボ鉛筆事件は佐藤佳弘の独断行動?
  5. 5トンボ鉛筆事件後の佐藤佳弘と長尾弘司の現在
  6. 6トンボ鉛筆事件から学ぶ危機管理体制
  7. 7トンボ鉛筆事件は多くの企業に影響する事件

トンボ鉛筆事件とは

トンボ鉛筆事件は、2011年3月11日に東日本で発生した大地震の直後に起こりました。日本が誇る大手文具メーカートンボ鉛筆の人事担当者である佐藤佳弘が、就活生に対して送った不適切なメールが批判を浴びることになったトンボ鉛筆事件。

その後ゼネラルマネジャーの長尾弘司氏が迅速かつ丁寧な対応でトンボ鉛筆事件を収束させましたが、トンボ鉛筆事件を起こした佐藤佳弘はその後会社をクビになっているようです。今回はそのトンボ鉛筆事件の詳細をまとめてみました。

東日本大震災直後の事件

2011年3月11日14時46分頃、宮城県牡鹿半島東南東沖130㎞を震源とする東北地方太平洋沖地震が発生しました。地震の規模はマグニチュード9.0で、日本周辺では観測史最大の地震となっています。またこの地震の震源域は、岩手県沖から宮城県沖までと広範囲に及びました。

最大震度は宮城県栗原市で観測された震度7で、他地域でも震度6強を記録しています。またこの地震による巨大津波が発生し、多くの地域が壊滅的な被害を受けることとなりました。

警視庁によるとこの地震による被害者の数は、2018年時点で死者1万5,896人、重軽傷者6,157人、行方不明者は2,536人に上ると発表しています。日本で起きた自然災害で死者と行方不明者が合計1万人を超えたのは戦後初めてとなっており、改めてこの大地震がどれほどの被害を生み出したのか考えさせられる事態となりました。

トンボ鉛筆事件とは、この大地震の被害が多発している最中に、株式会社トンボ鉛筆の人事担当である佐藤佳弘により引き起こされた事件なのです。トンボ鉛筆事件が発生した詳細について説明していきましょう。

事件の発端・株式会社トンボ鉛筆の概要

トンボ鉛筆事件が発生する発端となった佐藤佳弘が所属していた株式会社トンボ鉛筆とはどのような会社なのでしょうか。株式会社トンボ鉛筆の概要や現在までの歴史についてご説明しましょう。株式会社トンボ鉛筆とは、文具市場において、「書く」「消す」「貼る」「育む」を中心に製造・販売する、日本が誇る大手の文具メーカーです。

株式会社トンボ鉛筆は、1913年に「小川春之助商店」を開業したところから始まります。1927年にはトンボ印を商標登録にして鉛筆を販売。その後1939年には商店から会社組織に移行し、製造部門を株式会社トンボ鉛筆製作所、販売部門をトンボ鉛筆商事株式会社に変更しました。

1967年には最高級鉛筆MONO100を発売。この鉛筆にノベルティとして消しゴムを付け販売すると、その消しゴムに反響が集まり、MONO消しゴムを単体で販売することになります。

トンボ鉛筆商事株式会社は、MONO消しゴムのヒットにより、消しゴムのトップブランドに君臨することになりました。その後1971年には、国内初となるスティックタイプの糊「Pit」を発売し注目を集めます。

その後消しくずがまとまる消しゴム「NON DUST」や修正テープ「修正テープMONO」などの前衛商品を数々発表し続けます。現在では、国内産鉛筆のシェアは最大手の三菱鉛筆と合わせて約9割のシェアを誇っており、特にテープ糊のシェアは国内トップクラスとなり日本に留まらず、世界中で愛用されるブランドとなっています。

2013年2月にはトンボ鉛筆株式会社が創業100周年を迎え、同年3月25日にトンボ鉛筆創業100周年を記念してムック本「トンボ鉛筆完全ブック」を発売しています。株式会社トンボ鉛筆は、創業100年以上経った現在でも私たちの生活に欠かせない文具用品メーカーとして根付いています。

人事担当・佐藤佳弘の就活生達へのメール炎上

株式会社トンボ鉛筆は2011年には新しいロゴマークを採用し、表記を『Tombow』に変更します。トンボ鉛筆のシンボルでもあるトンボは、「お客様に深く頭を垂れる商の姿勢」を表すという意味でトンボの頭が下を向いていましたが、この年からは「トップを目指す」という意味で、トンボの頭が上を向くシンボルに変更されました。

シンボルがリニューアルされ、心機一転またここからという矢先に、トンボ鉛筆事件は起こります。トンボ鉛筆の人事担当佐藤佳弘が、就活生達へ送ったメールがあまりに不適切だと注目が集まり、批判を浴びる原因となってしまいました。トンボ鉛筆事件を起こした佐藤佳弘が送ったメールの内容とは一体どのようなものだったのでしょうか。

トンボ鉛筆事件の詳しい経緯

ここからはトンボ鉛筆事件がなぜ起きてしまったのか、トンボ鉛筆事件とはどのようなものだったのか、トンボ鉛筆事件の詳しい詳細をまとめてみました。

地震直後の非常識なメール

2011年3月11日14時46分に東北地方を中心に発生した巨大地震。その地震の直後に佐藤佳弘は就活生達に非常識なメールを送っているのです。未曾有の大災害が起こった直後に佐藤佳弘が送ったメールとは一体どのようなものだったのでしょうか。

2011年3月11日に佐藤佳弘からメール

2011年3月11日大地震が起こった直後に佐藤佳弘は、全く緊急性のない内容のメールを就活生達に送っていたといいます。そのメールの内容とは、「地震大丈夫ですか?怪我とかないですか?」というもの。地震発生直後は回線が混乱することから通信が制限され、緊急性のないメールや通信は控えるべきです。

安否確認など本当に必要な連絡が取れなくなってしまっては困りますよね。そのような状況にも関わらず、佐藤佳弘は不必要なメールを送っていたのです。

2011年3月13日に佐藤佳弘から採用関係のメール

佐藤佳弘は大地震が発生した2日後の2011年3月13日未明に、再び就活生達に向けてメールを送信しました。そのメールでは、”被災をされている方もいるでしょう”と理解を示す文章から始まりましたが、佐藤佳弘自身が、震災後に東京から埼玉にある自宅まで8時間掛けて歩いて帰ったということが記されていました。

そして地震の直後に送信したメールは咄嗟に送ったメールなので返信不要という旨や、株式会社トンボ鉛筆には大きな被害は無かったということも報告されています。

株式会社トンボ鉛筆は、大地震の10日前、2011年3月1日に就活生達に向けて説明会の予約を開始していました。人事担当の佐藤佳弘は予約が取れた就活生だけにエントリーシートを事前配布します。

早い者順という方法については「運であろうとなんであろうと他人よりも先に一歩出たという事実に対してのメリットを私は皆さんに与えたいと思っています」と述べ、この時点で予約が取れなかった学生にはいつエントリーシートが配られるか分からないという状態でした。

そして13日に佐藤佳弘が学生へ送ったメールでは、「予約出来なかった学生には説明会直前の14日にエントリーシートを公開する予定だったけど、地震で大変な状況なので今日公開してあげます」と綴り、続けて「トンボ鉛筆に対する熱意があれば被災地区で家族と連絡が取れない学生でも、郵便局が破壊された地域の学生でも、最高のエントリーシートが書けるはずです」と現在の状況を理解していないかのような非常識なメールを送り付けたのです。

そしてエントリーシートの締め切りは3月15日までという期限も決め、「どうにかしてエントリーシートをダウンロードして、どうにかして郵便局に出してくださいね」と述べ、「熱意があれば出来ますから、出来ない場合は、その先は言う必要はありませんよね。自分で考えてみてください」という投げやりな言葉でメールを締めくくりました。

佐藤佳弘からのメールがSNSで炎上

佐藤佳弘から送られてきたメールは瞬く間にSNSで拡散されました。就活生に限らずこのメールを目にした人からは批判の声が溢れ、炎上する騒ぎとなりました。大地震が発生し被害は拡大の一途を辿り、日本中が混乱と恐怖に包まれていた最中、このような不適切極まりないメールを送ることが出来る神経に驚愕した人も多かったでしょう。

また物理的に連絡手段が得られなくなってしまった学生や、家族の安否確認が取れず就職活動どころではなかった学生もいたことでしょう。佐藤佳弘は、熱意があれば出来るという次元の問題では無い程の大災害が起きていたという事をなぜ理解出来ていなかったのでしょうか。

2011年3月14日にGM・長尾弘司から謝罪文

佐藤佳弘が不適切なメールを送った翌日、株式会社トンボ鉛筆には批判や抗議の声が殺到しました。抗議の声を受けてトンボ鉛筆は、「トンボ鉛筆選考専用履歴書・エントリー送付に関するお詫び」と題して、ゼネラルマネジャー長尾弘司氏による謝罪コメントをホームページ上に掲載。

「平成23年3月13日付けで弊社人事グループ担当社員により発信しました弊社採用活動に関する文章の中に不適切かつ配慮に欠く表現が多々ありましたことを深くお詫び申し上げます」と謝罪の意を述べました。

東日本大地震の2日後に罹災した地域への配慮を欠いたかたちでメールを配布したことや、締め切りを15日までとしたことについて謝罪し、また佐藤佳弘の立場上の驕り昂ぶりが現れた言葉遣いが随所にあったと認め、詫びる旨を記載しました。

その後、長尾弘司氏はメールが送られた全ての学生に個別で謝罪メールを送っています。謝罪メールには会社説明会を延期する事や、3月15日の締め切りを無効にする事、またトンボ鉛筆は定時採用を重んじているということが記載されていました。

こうして起こったトンボ鉛筆事件ですが、このゼネラルマネジャー長尾弘司氏の迅速かつ丁寧な対応により、トンボ鉛筆事件は収束を迎えることとなりました。佐藤佳弘本人の謝罪ではなく、ゼネラルマネジャーである長尾弘司氏の謝罪が功を奏したと言えるでしょう。

佐藤佳弘と長尾弘司のその後は?

佐藤佳弘が不適切なメールを送り炎上騒ぎとなったトンボ鉛筆事件。トンボ鉛筆事件は長尾弘司氏の真摯な対応で収束することとなりました。トンボ鉛筆事件のその後、当事者佐藤佳弘は会社をクビになったという噂がありますが、実際はどうだったのでしょうか。また、トンボ鉛筆事件を収束させたゼネラルマネジャー長尾弘司氏のその後も追ってみました。

長尾弘司謝罪後の株式会社トンボ鉛筆の姿勢とは

ゼネラルマネジャーの長尾弘司氏が収束させたトンボ鉛筆事件。トンボ鉛筆事件を起こした佐藤佳弘は会社をクビになったのでしょうか。またトンボ鉛筆事件のその後、株式会社トンボ鉛筆はどのような姿勢を見せてきたのでしょうか。

トンボ鉛筆事件で佐藤佳弘はクビに

トンボ鉛筆事件を起こした佐藤佳弘はその後会社をクビになっています。長尾弘司氏の謝罪メールには佐藤佳弘を厳しく指導したとありましたが、実際佐藤佳弘はトンボ鉛筆事件のすぐ後に会社をクビになったようです。

クビというのは、会社員として一番重い処分なのではないでしょうか。しかし佐藤佳弘の配慮に欠いた言動はクビにする程の重い罪だったと考えるのは当然のことかも知れません。

トンボ鉛筆事件は、長尾弘司氏の神対応と、問題を起こした佐藤佳弘をクビにするという重い処分を下すことにより、収束したと言えるでしょう。佐藤佳弘をクビにすることで株式会社トンボ鉛筆のイメージ低下が免れ、トンボ鉛筆事件が起きた現在でも株式会社トンボ鉛筆は、日本が誇る文具メーカーとして皆に愛される企業となっています。

メールによる言葉の傷は癒えないまま

トンボ鉛筆事件は収束し、世間的な企業イメージ低下は免れましたが、メールが送られてきた学生たちの傷が癒えることはないでしょう。

大地震という恐怖と混乱の中で必死に生きようとしなければならない中、”どうにか出来ないのは自分の努力が足りないだけ”と、まるでどうにも出来ないこの状況が自分達のせいなのかと思わされるような言葉が、学生達に深い傷として残っているようです。

トンボ鉛筆事件は佐藤佳弘の独断行動?

トンボ鉛筆事件が起きた背景にはどのような事があったのでしょうか。トンボ鉛筆事件は採用担当の佐藤佳弘が独断で行動したことだったのでしょうか。トンボ鉛筆事件が起きた背景に迫ってみたいと思います。

採用側の立場の認識の違い

トンボ鉛筆事件が起きた背景には、採用する側の認識の違いがあったことが考えられます。就職活動には、採用する側と採用される側という図式から、どうしても企業の立場の方が上であるという認識が生まれてしまうのです。

しかし、本来採用する側である企業と採用される側は、対等な立場であるはずです。採用される側も自身が働きたい会社を選ぶ権利があります。

会社側は企業にとってより良い人材を選び、採用するという考えがあるのは当然のことながら、その立場を利用し、驕りや昂ぶりを見せることは賢明な判断ではないと言えるでしょう。

トンボ鉛筆事件を起こした佐藤佳弘は、度々就活生に対してトンボ鉛筆に対する熱意を試すような行動を取ってきた人物です。今回のトンボ鉛筆事件はその背景が如実に現れた事件なのです。

現在には通用しないと言われる会社至上主義

過去の日本社会では長時間労働や休日出勤など、どれだけ会社に貢献したかということが出世に影響を与えるという背景がありました。出世をしたければプライベートも捨て、会社に尽くし、会社のために働くという会社至上主義という考えだったのです。

しかし長時間労働の末、過労死やうつ病で自殺する人が増え、現在はそれまでの企業の在り方や働き方を改革しようという動きが起こっています。

パワハラも関係?

現在の日本においては、働き方改革などにより企業の体質は大きく変わってきています。しかし、そのような愛社主義を貫き、出世してきた人が現在役員などになっているという事実があります。自分達の時代を考えると現在の若い人の考えは生ぬるいと感じてしまうのかも知れません。

トンボ鉛筆事件が起こった背景にはそういった時代背景に背く人たちによるパワハラがあったと推測されます。トンボ鉛筆事件とは、愛社主義精神が蔓延っていた時代の名残が引き起こした事件なのかも知れません。

トンボ鉛筆事件後の佐藤佳弘と長尾弘司の現在

トンボ鉛筆事件のその後、佐藤佳弘と長尾弘司氏はどうなっているのでしょうか。佐藤佳弘と長尾弘司氏の現在について調べてみました。

佐藤佳弘が「ネットでやって良いこと悪いこと」を出版?

2011年6月に「ネットでやって良いこと悪いこと」と題する書籍が発売になりました。この本の作者は佐藤佳弘という名前だったことからトンボ鉛筆事件で会社をクビになった佐藤佳弘なのではないかという噂が広がりましたが、実際は全く別の人物だったようです。

この本は同姓同名の武蔵野大学教授による著書だったのですが、トンボ鉛筆事件を連想させるタイトルが付けられていたことから、クビになった佐藤佳弘が書いたのではという憶測が広がる事になったようです。

現在明かされる佐藤佳弘のメールの真実とは

トンボ鉛筆事件で送られたメールについて現在は、佐藤佳弘が独断で送ったメールであると認識されています。佐藤佳弘は愛社精神から、自身のように熱意を持った人材を探そうとしていたが故に、あのようなメールを送ってしまったと考えられています。

長尾弘司は現在も株式会社トンボ鉛筆に勤務?

トンボ鉛筆事件を迅速な対応で収束させた長尾弘司氏は現在はどうなっているのでしょうか。現在の長尾弘司氏についての詳細は明らかにはなっていませんが、トンボ鉛筆事件当時ゼネラルマネジャーだったことから現在も株式会社トンボ鉛筆で働き、出世していると考えられます。

トンボ鉛筆事件から学ぶ危機管理体制

現在はインターネットの普及により、トンボ鉛筆事件のような不祥事が瞬く間に広がってしまう時代となりました。何かが起きてしまった時にどう対応するのかが、事態を迅速に収束させるカギとなるのではないでしょうか。

トンボ鉛筆事件では、ゼネラルマネジャーの長尾弘司氏の素早い対応や佐藤佳弘をクビにするという重い処分により事態が早急に鎮静化しました。トンボ鉛筆事件からは現在の日本において必要な危機管理体制が学べるのではないでしょうか。

危機管理体制①会社へのリスクに対し速やかな対応

トンボ鉛筆事件では、速やかな対応が事態を早い段階で鎮静化させることに繋がりました。現在は企業などの不祥事や不適切な事象が発覚した場合、瞬く間に世間に広がりバッシングを浴びることになります。

顔の見えないネット上では、必要以上に批判が殺到することも多く、会社の倒産に繋がることや自殺に追い込まれる人もいます。そうした事象が多発している現在社会では、トンボ鉛筆事件のような迅速な対応が求められているのです。

危機管理体制②正確な内容と謝罪

トンボ鉛筆事件では、事態が悪化する前に長尾弘司氏の迅速な対応が功を奏したと言えるでしょう。事態を正確に把握し、包み隠さず事実を伝え、その上で誠意を持って謝罪するということが大きなポイントとなったのではないでしょうか。このことはトンボ鉛筆事件から学べる危機管理体制の一つとなっています。

危機管理体制③社会的責任

トンボ鉛筆事件から学べることの一つとして企業の社会的責任が挙げられるでしょう。現在の企業の社会的責任とは、事業活動を通して自主的に社会に貢献する責任のことです。

企業には利益を追求するだけではなく、会社が社会に与える影響に責任を持ち、消費者や社会全体からの要求に対して適切に対応するということが求められているのです。

「企業の社会的責任」という言葉は日本では1970年代から使われていましたが、一般的に日本企業が求めるものとは”企業の持続的発展”であり、社会的貢献や企業イメージの向上を図る慈善事業のようなものだと捉えられていました。

そのため現在においても企業の社会的責任とは、利益実現が主な目的と捉えている企業経営者も多く、小さな企業における社会的責任の取り組みはあまり進んでいないのが現状のようです。

現在の日本おいては、企業の社会的責任が及ぼす影響についての考え方が昔とは変わってきているようです。これまでの社会に対する利益還元として行われていた商品サービスの品質向上や、地域環境保護などから、現在では従業員の在り方が含まれるようになってきており、従業員自体の品質向上を図る企業も増えてきています。

従業員が起こした問題は企業の責任であるという考え方がベースとなっており、現在のネット社会においての危機管理が顕著に表れたものであると言えるでしょう。

トンボ鉛筆事件から多くのことを学ぶことが出来たのではないでしょうか。現在の社会ではリスクマネジメントをしっかりとすることが大切です。トンボ鉛筆事件は佐藤佳弘という一社員が招いた事件ではありますが、企業全体の危機管理体制が試されることとなりました。

トンボ鉛筆事件は多くの企業に影響する事件

2011年に起きたトンボ鉛筆事件についてまとめてみました。トンボ鉛筆事件は多くの企業に多大な影響を与えることになりました。トンボ鉛筆事件から多くの企業が、現在の企業の在り方を考え直すきっかけを与えられたのではないでしょうか。

佐藤佳弘にはトンボ鉛筆事件のその後、会社をクビになるという重い処分が下されています。長尾弘司氏の神対応で事態は鎮静化しましたが、東日本の巨大地震発生から8年が経った現在でもトンボ鉛筆事件は語り継がれています。

地震が起きる度にトンボ鉛筆事件を思い出すという人や、3月11日になると地震発生の記憶と共にトンボ鉛筆事件の記憶が蘇るという声もあります。

それだけトンボ鉛筆事件が社会に与えた影響が大きかったということなのでしょう。現在はインターネットの普及により、簡単に個人の特定が出来てしまう時代です。現在社会では、企業や個人が危機管理をしっかりとしていくことが大事だと言えるでしょう。

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
vivichan0430

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ