辻希美の犬関連まとめ!飼い方などで度々炎上!その理由や内容は?

辻希美の愛犬・クックとモカについて調査してみました。普段から度々炎上している辻希美は犬関連でも炎上していたようです。愛犬・クックの涙ヤケや出産・死骸問題、先代犬・モカの行方や放置問題など、大炎上している辻希美の愛犬情報について紹介していきます。

辻希美の犬関連まとめ!飼い方などで度々炎上!その理由や内容は?のイメージ

目次

  1. 1辻希美のプロフィール
  2. 2辻希美の犬が話題!
  3. 3辻希美の犬の飼い方などに対する炎上
  4. 4辻希美の犬関連の炎上理由や内容とは
  5. 5辻希美の犬クックが出産も死産?
  6. 6辻希美の犬モカの行方
  7. 7辻希美の犬たちの今後の健やかな姿に期待

辻希美のプロフィール

・愛称:辻ちゃん・のの
・本名:杉浦希美(すぎうら のぞみ)旧姓は辻(つじ)
・生年月日:1987年6月17日
・年齢:32歳(2020年6月3日時点)
・出身地:東京都板橋区
・血液型:O型
・身長:153cm
・体重:45kg
・活動内容:タレント
・所属グループ:元モーニング娘。・元ハロー!プロジェクト
・事務所:アップフロントクリエイト
・家族構成:夫(俳優の杉浦太陽)・子供4人

辻希美の経歴

辻希美は2000年5月にモーニング娘。の9thシングル「ハッピーサマーウェディング」でCDデビューを飾り、同年7月に矢口真里・加護亜依・ミカと共に「ミニモニ。」を結成しました。

2001年1月にミニモニ。として「ミニモニ。ジャンケンぴょん!」でデビューを果たした辻希美は、2003年11月に初のソロ写真集「のの」を発売し、多くの女性を魅了したようです。2004年3月には加護亜依とのユニット「W(ダブルユー)」を結成しました。

2004年5月にWとして「恋のバカンス」でデビューを果たした辻希美は、同年8月にモーニング娘。を卒業し、2006年頃からソロタレントとしての活動を開始したようです。

辻希美は2007年5月に俳優の杉浦太陽と結婚することを発表したと共に第1子を妊娠していることを報告しました。同年同月にソロ歌手デビューを果たした辻希美は、同年11月に第1子の女児を出産したことを報告しています。

辻希美は2009年1月にアメーバブログでブログを開始し、同年10月に初の単独著作本「辻ちゃんのリボンDays」を発売しました。2010年12月に第2子となる男児を出産し、2013年3月には第3子となる男児を出産しています。

2018年12月には第4子となる男児を出産した辻希美は、2019年5月にYouTubeチャンネル「辻ちゃんネル」を開設し、昔からのファンや多くの女性からより多くの注目を集めました。

Thumb辻希美の子供は何人?4人目を出産のその後は?名前や年齢や顔なども!
元モーニング娘。からママタレントに転身して何かと話題の辻希美。ブログが炎上したり議論になって...

辻希美の犬が話題!

子供の足と犬

辻希美の犬が話題になっているようです。辻希美の家には「クック」と「モカ」の2匹の犬がおり、公式ブログや公式インスタにも度々登場しています。第4子の男児・幸空くんを出産した際には、愛犬・クックが幸空くんの見張りをしていたようです。

なんだか微笑ましい辻希美と幸空くん、愛犬・クックのエピソードですが、それ以前から色んな意味で愛犬・クックとモカが話題になってしまいました。辻希美の気になる犬事情を順を追って確認していきましょう。

辻希美の愛犬クックが話題に

上記で紹介した通り、辻希美の愛犬・クックが話題になっていました。残念ながら愛犬・クックの画像はほぼ出回っていなかったので、仮の画像や動画で愛犬・クックについて紹介していきます。上記動画にチラチラうつっているのが辻希美の愛犬・クックです。

愛犬・クックは辻希美のYouTubeチャンネル「辻ちゃんネル」に多々登場しており、リスナーからは「可愛い~!」との声が多く挙がっています。辻希美とかわいい愛犬・クックに癒される男女も多いでしょう。

愛犬クックとの出会いはペットショップ

辻希美と愛犬・クックの出会いはペットショップです。2016年10月30日に「夫とペットショップに行ったときに出会っちゃいました」と自身の公式ブログを更新した辻希美は、その後家族会議を重ね愛犬・クックを新しい家族として迎え入れました。

辻希美の公式ブログにも愛犬登場

上記でも紹介した通り、辻希美の愛犬・クックは公式ブログにも登場しています。公式ブログだけではなく公式YouTubeチャンネルや公式インスタにも度々登場しているようです。辻希美の夫・杉浦太陽の公式インスタにも登場しています。

辻希美の愛犬・クックは動物バラエティ番組にも出演したことがあり、視聴者からは「可愛すぎる」との声が多く挙がっていました。辻希美・杉浦太陽ファンは2人のSNSで愛犬・クックを見て癒されていることでしょう。

愛犬クックはマルチーズとトイプードルのミックス犬

辻希美の愛犬・クックはマルチーズとトイプードル(マルプー)のミックス犬です。マルプーはミックス犬の中でも人気で、一般的な価格は25万~45万程だと言われています。上記動画では愛犬・クックが掃除機を追いかけており、見ていて癒される人も多いでしょう。

世の中には種類にこだわって犬を飼う家庭も多いようですが、辻希美と夫・杉浦太陽は種類などは気にせず愛犬・クックに一目惚れして家族に招き入れたようです。

辻希美の犬の飼い方などに対する炎上

座っている女性

日頃から様々なことで炎上している辻希美は、犬の飼い方などでも炎上していました。多くの愛犬家からは「犬をアクセサリーみたいにしているのではないか」との意見も多々挙がっており、辻希美ファンからも「犬がかわいそう」との声が挙がっていました。

最近では「辻希美炎上クイズ」なるものがネット上で流行っており、ネットユーザーからは「こいついつも炎上してんな」とのコメントもテンプレートになっているようです。週に1度は炎上している辻希美の犬に関する炎上事情を確認していきましょう。

犬だけでなくウサギも飼っている辻希美

辻希美は犬だけではなくウサギも2匹飼っているようです。辻希美は愛犬・クックが家族になる前の2015年5月6日にホーランドロップの「ミク(未空)」を飼い、2016年1月には同じホーランドロップの「ミルク」を飼いました。

辻希美はウサギの本を購入しウサギについて勉強しながらミクとミルクを大事にお世話していたようですが、その後愛犬クックを飼い炎上してしまったようです。

ウサギ2匹

愛犬・クックが家族になる前には、公式ブログにミクとミルクの写真を多々投稿していた辻希美でしたが、愛犬・クックを迎え入れてからはミクとミルクは公式ブログに登場しなくなったようです。

ミクとミルクが登場しなくなったことを知ったネットユーザーやブログ読者は「うさぎは?」「なんでうさぎ飼ってるのに犬飼ったの?」との声を挙げ炎上してしまいました。

たんぽぽをくわえているウサギ2匹

ホーランドロップの平均寿命は7年~10年だと言われており、最長だと13年~15年程生きるようです。辻希美はミクとミルクの行方についても触れておらず、多くのネットユーザーがミクとミルクの心配をしています。

YouTubeチャンネルの動画にもミクとミルクは登場していませんが、寿命と愛犬・クックの迎え入れ時期を考えると2020年6月現在もどこかで生きている可能性が高いです。ミクとミルクは亡くなったのではなく親しい友人に譲ったのだと信じましょう。

犬の飼い方やケアに対する炎上も多い?

辻希美には犬の飼い方やケアに対する炎上も多いようです。辻希美は2019年9月13日に夫・杉浦太陽と子供達が一緒に遊んでいる姿を公式ブログに投稿しました。微笑ましいブログ内容ですが、写真にチラッと写った愛犬・クックの姿に批判が殺到したようです。

室内犬・小型犬を飼っている家庭には大きなケージがあると思いますが、ケージにいれず犬を自由にさせている愛犬家も多いでしょう。そんな家庭に比べ、辻希美は狭く小さなケージに愛犬・クックをいれたままでした。

そんな愛犬・クックの様子を見たブログ読者やネットユーザーは辻希美に対し「ケージは必要だけど狭すぎる。かわいそう」「ケージの中に寝る場所ないじゃん」「虐待に近い」との声を挙げていたようです。

その他にも愛犬・クックの毛並みを見て「ちゃんとトリミング行ってる?」「犬のケアなんもしてないね。飼い主失格」との声を挙げるネットユーザーも多く確認できました。

犬への愛情が感じられないとの声も

辻希美に対し「犬への愛情が全く感じられない」との声も多く挙がっているようです。ウサギのミクとミルクが公式ブログに登場しなくなったときは「ブログのネタとして動物飼ってるだけじゃん」とのコメントも確認できました。

辻希美の愛犬・クックのケージや毛並み問題に対しても「犬に対してマジで愛情ないんだね」との声が挙がっています。愛犬・クックの涙ヤケややつれた姿を見て「辻希美もだけど杉浦太陽もどうかと思う」との厳しい声も多々挙がっているようです。

辻希美の犬関連の炎上理由や内容とは

辻希美の犬関連の炎上理由や内容について調査してみました。上記でも紹介した通り辻希美は普段から炎上しており、犬関連でも度々炎上しています。犬関連の炎上理由にはケージや涙ヤケ・抱き方や出産などがあるようです。

上記は辻希美の「とある休日の出発準備」動画ですが、動画を視聴した多くのネットユーザーからは「外出前なのに犬には何もせず放置なの?」との声が挙がっていました。辻希美の犬関連の炎上理由や内容ついて詳しく確認していきましょう。

炎上理由①ケージ

辻希美の炎上理由1つ目は「ケージ」です。上記動画を確認すると、辻希美は朝に1度だけ愛犬・クックとモカをケージから出しているようですが、愛犬2匹のご飯の準備ができたらすぐにケージにいれケージをしめています。

辻希美のYouTube動画には度々愛犬2匹の鳴き声が入っていますが、鳴き声を聞いた視聴者は「犬の躾してるの?」との声を挙げていました。そんな辻希美の炎上理由・ケージについて詳しく確認していきましょう。

愛犬2匹のケージ環境に対する炎上

辻希美には愛犬・クックとモカのケージ環境に対する批判が殺到しています。辻希美は2019年10月6日に、第4子の幸空くんが愛犬・モカを撫でている姿を公式ブログに投稿しました。

微笑ましいブログ内容に思えますが、幸空くんはケージに入ったままの愛犬・モカを撫でており「なんで直接撫でさせてあげないの?なんでケージに入れたままなの?」と炎上してしまったようです。

その他にも、愛犬・クックとモカのケージが2段重ねになっていることに対し批判の声が殺到しました。「高いところが苦手な犬もいるのに理解してないの?」「ペットショップみたい」との声も挙がっています。

辻希美には愛犬・クックとモカのケージに対する批判コメントが多々殺到していますが、当の本人は何のコメントも残していません。

炎上理由②愛犬クックの涙ヤケ

辻希美の炎上理由2つ目は「愛犬・クックの涙ヤケ」です。涙ヤケは、犬だけではなく猫や人間にもおこるものだと言われています。犬・猫の涙ヤケとは目頭から目の周り、鼻にかけて発症する被毛の変色のことです。

犬における涙ヤケの原因は、なんらかの理由で目から涙が溢れ、涙の成分が赤茶色に変化することでおきると言われています。炎症をおこしていたり、老廃物が溜まりやすい性質だと涙ヤケをおこすことが多いようです。

涙ヤケをおこしやすい犬の種類はマルチーズやトイプードルだと言われています。マルチーズとトイプードルのミックス犬である辻希美の愛犬・クックの涙ヤケについて確認していきましょう。

テレビに愛犬クック登場も涙ヤケに心配の声

寝ころんでいる犬

辻希美の愛犬・クックは2018年4月にテレビデビューを果たし話題を集めましたが、愛犬・クックの涙ヤケに視聴者からは心配の声が多々挙がっていました。やつれた姿で登場した辻希美の愛犬・クックは涙ヤケで目の周りが真っ黒だったようです。

当時2歳だった愛犬・クックには涙ヤケのひどさから「(見た目が)老犬みたい・・・かわいそう」との声が挙がり、辻希美に対し「なんで綺麗にケアしてあげてないの」「異常」といった批判の声が殺到していました。

涙ヤケだけでなく杉浦太陽の抱き方にも炎上?

愛犬・クックの涙ヤケだけではなく、辻希美の夫・杉浦太陽の抱き方も炎上していたようです。愛犬・クックは杉浦太陽と一緒にテレビデビューを果たしたものの、杉浦太陽の抱き方が「おかしい」として批判が殺到しました。

辻希美と夫・杉浦太陽は愛犬2匹を放置して旅行に行くなど、以前から愛犬2匹への扱いが問題視されていたようです。そんな中杉浦太陽は愛犬・クックを雑に抱き、「頭に負担がかかる抱き方するな!」として炎上しました。

炎上理由③愛犬クックの出産

辻希美の炎上理由3つ目は「愛犬・クックの出産」です。犬や猫を飼っている人はしっかりと去勢や避妊手術を獣医さんにお願いしていると思いますが、辻希美は愛犬・クックの避妊手術をしていませんでした。

「人生で1番炎上したのではないか」と言われている辻希美の炎上理由・愛犬クックの出産について詳しく確認していきましょう。

辻希美の犬クックが出産も死産?

2匹の犬

辻希美の愛犬・クックの出産ですが、案の定炎上してしまいました。人間だけではなく動物の出産も命がけですが、辻希美は愛犬・クックの出産を軽く見過ぎて炎上してしまったようです。

愛犬・クックは出産するも子犬1匹を死産してしまいました。辻希美は愛犬・クックが妊娠した時点で炎上しており、その後子犬の死骸を公式ブログに投稿し更に炎上しています。辻希美の愛犬・クックの妊娠や出産・死骸事情について確認していきましょう。

1歳半の愛犬クックが妊娠で炎上

当時1歳半だった愛犬・クックが妊娠して辻希美が炎上しました。辻希美は2017年11月に愛犬・クックが妊娠したことを発表したと共にエコー写真を公式ブログに投稿し炎上したようです。

出産に適している犬の年齢は2歳~4歳だと言われています。リスクが大きい1歳半での愛犬・クックの妊娠に対し「辻希美はなんで1歳になったばかりの犬を交配させるの!?」との声が多数挙がっていました。

妊娠して体を休めている愛犬・クックを無理やり座らせ写真を撮ったり、無理やり抱いたりと、辻希美の行動には多くの批判コメントが殺到していたようです。「おバカキャラ」で売っている辻希美と言えど、こればっかりは救いがないでしょう。

愛犬クックは出産するも1匹は死産に

悲しそうな顔の子犬

辻希美の愛犬・クックは2017年12月に子犬を出産しましたが、1匹は死産してしまったようです。辻希美は死産したことも公式ブログに投稿し、多くのネットユーザーが「専門知識ないくせに。病院なら助かったかもしれないのに」との声を挙げていました。

辻希美の愛犬・クックの出産・死産に対し、世の愛犬家や動物愛護団体からも批判が殺到したようです。

亡くなった子犬の死因は腹壁破裂

犬の鼻

亡くなった子犬の死因は先天性の病気「腹壁破裂」でした。腹壁破裂とは病名の通り、お腹(腹壁)に穴が開いていることです。人間の赤ちゃんの場合は処置により治ることもありますが、犬の場合は亡くなることが多いと言われています。

子犬の死骸をブログ投稿で更に炎上

愛犬・クックの妊娠や出産・死産で散々炎上していた辻希美は、懲りずに子犬の死骸を公式ブログに投稿し更に大炎上しました。2020年現在は子犬の死骸が投稿されているブログ記事は削除されています。

子犬の死骸を軽々と投稿した辻希美に対しネット掲示板には「流石に頭やばい」「動物はダメ。ましてや死骸はもっとダメ。炎上して当然」との声が多く挙がっていました。辻希美の死骸写真投稿は許されるものではありません。

子犬の死骸だけでなく子供の泣く姿も投稿

辻希美は子犬の死骸だけではなく、子犬の死骸を抱いたまま号泣している第1子の希空ちゃんの写真も公式ブロクに投稿し再び炎上しました。子犬の死骸だけでも大問題なのに、愛娘・希空ちゃんまで投稿してしまう辻希美に怒りを感じる人も多いでしょう。

2020年現在は子犬の死骸写真同様に、子犬の死骸を抱いている希空ちゃんが掲載されているブログ記事は削除されています。「死骸に娘、ここまでくると炎上商法だろ」との声も多く挙がっていたようです。

Thumb辻希美にアンチが多い理由は?掲示板やブログなど炎上祭り!
元モーニング娘。の辻希美は芸能界でも屈指のブログ売上がある事で知られていますが、アンチが多い...

辻希美の犬モカの行方

辻希美の愛犬・モカの行方について調査してみました。辻希美の愛犬・モカはクックの子供で、死産してしまった子犬の後に誕生しています。辻希美は愛犬・クックの出産後に「クックもモカも自分の子供だと思って大事にする!」とのコメントを残していました。

そんなコメントを残していながら、辻希美の公式ブログには全くと言っていいほど愛犬・モカが登場しておらず、ネット上には「もう1匹の犬(モカ)は放置?」との声が多く挙がっています。辻希美の愛犬・モカの行方について詳しく確認していきましょう。

先代犬のモカは放置状態?

辻希美の愛犬・クックの子供・モカが「放置状態」だと噂されています。上記でも紹介した通り、愛犬・クックは度々公式ブログに登場しているものの、もう1匹の愛犬・モカは全くと言っていいほど公式ブログに登場していません。

放置されていた愛犬・モカでしたが、辻希美は2018年4月27日に愛犬・モカの初トリミングの様子を公式ブログに投稿し、はじめて愛犬・モカの全身・正面からの顔を披露しました。

マルチーズとトイプードルのミックス犬・クックから誕生したモカは、母犬・クックと同じくミックス犬ですが、辻希美は愛犬・モカの種類を「モップみたいでもじゃもじゃだからモップ」だと発言し、更に炎上しています。

愛犬・モカがもじゃもじゃになった原因は辻希美がトリミングに行かなかったせいです。それらのことから「モカが放置されてる」「死骸写真載せるは大事にするとか言った割にモカ放置。動物愛護団体さんこっちですよ」との声が多く挙がっていました。

モカが放置と言われる理由はブログに登場しないから?

上記でも紹介した通り、辻希美の愛犬・モカが放置されていると言われている理由は公式ブログに一切登場していないからです。辻希美の公式ブログには愛犬・クックばかりが登場していることから「モカは放置なの?」との声が多々挙がっています。

辻希美のモカの放置疑惑に対し、多くのネットユーザーが「モカもう家にいないとかないよね?」「毎日ブログ更新する暇あるならモカの写真だって撮れるだろうに。やっぱり放置なのかね」とのコメントを残していました。

愛犬モカは行方不明?

辻希美の愛犬・モカに行方不明疑惑が浮上しているようです。2020年現在も辻希美に対し「絶対放置してるよね」「ウサギと同じくモカも放置だったら絶対に許さない」との声が挙がっており、「この家行方不明になる動物多過ぎ・・・」との声も挙がっていました。

辻希美がはじめて飼ったウサギのミクとミルクも行方不明で、愛犬・モカも行方不明です。辻希美は愛犬・クックの出産や死産・死骸投稿で大炎上して以来、詳しい愛犬情報を投稿しなくなりました。

湖を見ている犬

愛犬情報を投稿しなくなったものの、やはり愛犬・モカの写真だけが辻希美の公式ブログに投稿されていないのはおかしいでしょう。ネット上には「辻希美家の行方不明者:ウサギ2匹・犬1匹」とのコメントも残っていました。

2019年12月にはクックとモカがブログに揃って登場

放置疑惑・行方不明疑惑が浮上していた愛犬・モカでしたが、2019年12月のクリスマスに親犬・クックと共に辻希美の公式ブログに登場したようです。愛犬・クックとモカはお揃いの服を着て辻希美特製・クリスマスディナーを食べていました。

久々の愛犬・モカの登場に多くのネットユーザーが安堵したようですが、親犬・クックよりもモカの体が大きいことから「このモカ、本当にモカ?」と疑うネットユーザーも多かったようです。

辻希美の犬たちの今後の健やかな姿に期待

辻希美の犬情報や犬関連の炎上理由、愛犬・クックの出産や愛犬・モカ情報について紹介しました。辻希美のお世話には心配しかありませんでしたが、愛犬・クックとモカ、そしてウサギのミクとミルクの幸せを願うばかりです。

辻希美が愛犬・クックの亡くなった子犬の死骸や死骸を抱いた希空ちゃんを公式ブログに投稿したことは許されるものではありません。色々言いたいネットユーザーも多いかと思いますが、今後も陰ながら愛犬・ウサギの幸せを願っていきましょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
佐々木
閲覧して下さって有難う御座います。猫と料理と音楽、映画からゲームまで色んなものが好きな佐々木です。皆様を楽しませる...

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ