上原美優の遺書や自殺の真相まとめ!メモは本人のじゃない?

2011年にこの世を去った上原美優。彼女が残したメモ書きの様な遺書にはまるで意味不明な内容が記されていました。今回はその上原美優の遺書の内容についての不審点や彼女の自殺の真相について、画像を交えながら検証して参ります。種子島の母の死が上原美優の自殺の原因か?

上原美優の遺書や自殺の真相まとめ!メモは本人のじゃない?のイメージ

目次

  1. 1上原美優とは
  2. 2上原美優が遺書を残し突然の自殺
  3. 3上原美優の遺書の画像と意味とは
  4. 4上原美優の遺書は本人の物ではない?
  5. 5上原美優が自殺した理由とは
  6. 6上原美優には自殺未遂の過去が
  7. 7上原美優の自殺の原因は有吉?
  8. 8上原美優の闇と自殺に隠された真相
  9. 9上原美優の遺書は他人の物だった

上原美優とは

上原美優の画像&プロフィール

・愛称:みゅうみゅう
・本名:藤崎 睦美(ふじさき むつみ)
・生年月日:1987年5月2日
・没年月日:2011年5月12日
・没年齢:24歳
・出身地:鹿児島県種子島
・血液型:A型
・身長:152㎝
・体重:非公開
・活動内容:タレント、レースクイーン
・所属グループ:なし
・事務所:プラチナムプロダクション
・家族構成:兄、姉

上原美優の経歴

上原美優(うえはらみゆ)は鹿児島県熊毛郡中種子町の出身で、生前は芸能事務所プラチナムプロダクションに所属し、主にタレントやグラビアアイドルとして活動を行っておりました。

おバカ系タレントとして数多くのバラエティ番組に出演していた彼女の知名度は高く、そんな上原美優が僅か24歳で自ら死を選んだという報道に対し、当時はマスコミを始め世間は驚きを隠せない状態でした。

上原美優は1987年5月2日に藤崎家の10人兄弟(4男6女)の末っ子として誕生しました。本名である睦美(むつみ)は六女という事に因んで付けられたそうです。因みにこの時父親は55歳、母親は43歳と共にかなりの年齢だった様ですね。

大家族で有るため常に生活は厳しく、いわゆる貧乏生活が日常だった上原美優。後に芸能界入りしてから彼女の持ちネタと成っていた貧乏エピソードの数々は、この種子島での生活で実際に彼女が体験してきた日常のエピソードでした。

 

給食費を支払いが半年間も遅れたり、下着が足りず中学までノーパンで通学したり、また「種子島宇宙センターでのロケット打ち上げ時には振動で家が揺れるため、家族全員で家具を支えた」なんてエピソードも。

勿論それだけ家計が苦しいと幼稚園にも通うことが出来ず、上原美優は幼い頃から友達が殆どいなかったそうで、彼女にとって唯一心が安らぐ場所は「家族」だったという事に成ります。

そんな藤崎家では中学を卒業と共に自立するのがルールで、そのルールに則る形で上原美優も種子島を離れて鹿児島市内の高校へ進学。自ら生活費を稼いで学校に通う事に成ったのですが、そんな彼女に突然悲劇が訪れます。

上原美優は高校入学後に突然2人組の暴漢に襲われるという暴行被害に遭遇してしまったのです。この事件が原因と成って上原美優高校を退学する事に成ります。

そこから紆余曲折を経て、上京した彼女はレースクイーンとして活動を開始。2006年に桜井ひな、藤崎まやと共にフォーミュラ・ニッポン「ディレクシブレーシングガールズ」としてレースクイーンデビューを果たします。

やがて「種子島出身の貧乏アイドル」として人気と知名度を獲得し、広くお茶の間に知られる存在となっていった上原美優。そんな彼女が僅か24歳でこの世を去ることに成るとは、多くの人々にとって思いも見なかった事でしょう。

上原美優が遺書を残し突然の自殺

突然の自殺によってこの世を去った上原美優

2011年5月11日、上原美優は突然自殺によってこの世を去りました。この日の午後11時頃、東京都目黒区にある自宅マンションの一室で当時交際中であった男性と過ごしていた上原美優は、突然「2時間ほど一人にしてほしい」と男性を外出させたそうです。

その後、外出先の男性の携帯電話には上原美優からの死をほのめかす様な内容のメールが送られて来たそうです。直ぐに男性が折り返し電話を掛けたそうですが、幾らコールしても上原美優からの応答はありませんでした。

男性は上原美優の自宅に取り急ぎ向かいましたが、マンションに着いた頃には時既に遅く、上原美優はもう帰らぬ人と成っていたそうです。その後5月12日午前3時37分に病院で上原美優の死亡が確認され、葬儀は上原美優の地元である種子島で同年5月15日に執り行われました。

彼女の自殺が突発的なモノだったのか、それとも計画的なモノだったのかは今となれば知る由もありません。ただ、24歳というまさにこれからというタイミングで彼女は自らの命を断つ事を選びました。事実としてはそれ以上でもそれ以下でもありません。

死因は首吊り自殺による窒息死

上原美優の死因は首吊り自殺による窒息死と発表されています。彼女は自宅マンションの自室のドアを使い、スカーフとベルトで首を吊って亡くなっていたそうです。

首吊り自殺は苦しみながら死んでいくと言われており、最後の顔は文字通り苦悶の表情を浮かべているそうです。自ら死を選んだということは「楽になりたい」という一心からだったのでしょうが、最後まで苦しみながら死んでいくのでは本当に報われない感じがします。

殴り書きの様なメモが発見される

亡くなった上原美優の自室からは殴り書きの様なメモが発見されたと言われています。このメモに関しては後程詳しく説明して参りますが、そのメモは文字通りの殴り書きのような物で、何か意味不明な文章が記されていたそうです。

殴り書きのメモは上原美優の遺書?

この殴り書きメモが上原美優の遺書ではないか?と言われています。但し先程申し上げた通りそのメモに記された文章はまるで意味不明な内容で、上原美優が残した遺書だとすると彼女は何を遺書として残したかったのかがまるで分からない内容でした。

もしかするとそのメモも読む人が読めば意味が分かる内容なのかも知れませんが、一見したところではとてもそのメモに遺書としての意味が記されているとは思えない、そんな内容の文章でしか無かったのです。

ただ、もし上原美優が自殺を図る前に何らかの薬を服用し、意識が朦朧とした状態でメモに遺書を残そうとしていたのだとしたら、そういった意味不明な内容の文章を残した可能性もあります。

ですが、もし上原美優の死が突発的な自殺であったとしても、「遺書を書き忘れたから書いておこう」とはならないと思われますし、そう考えるとやはりこのメモ書きとその内容には違和感を覚えざるを得ない訳です。

上原美優の遺書の画像と意味とは

上原美優の遺書を画像で検証

それではココからは謎の残る上原美優の遺書(メモ書き)について検証して行きたいと思います。先ずはその上原美優の自宅から発見されたとされるメモ書きの画像を実際にご覧頂きましょう。

こちらがその上原美優の自宅から発見されたとされるメモ書きです。コレが上原美優の遺書だとするには幾つか謎が残ります。先ずは「内容の意味」です。画像を見てもお分かりかと思いますが、このメモには何が書かれているかが分かりません。

余程彼女が朦朧としていたという説は先程申し上げた通りですが、これから死に行く覚悟を決めた人間があとから思いついた様に遺書を書くとは考えにくいですし、やはりこのメモの内容とこれを遺書とするのは無理があるという感じがしますね。

意味が不明だった遺書の内容が解読される

上原美優の死後、このメモ書き遺書の内容について様々な憶測が飛び交った様です。各マスコミがこのメモ書きに記された内容や意味について、アレヤコレヤと持論を展開する日々が続いたのは皆さんも記憶に新しいところでは無いでしょうか?

そんな中で、このメモ書き遺書に記された内容が解読されたという一報が飛び込んで来たのです。果たしてこのメモ書きには一体何が記されていたのでしょうか?そしてこのメモ書きは本当に上原美優の遺書だったのでしょうか?

上原美優の遺書に隠されていた真相とは

結果から申し上げると、このメモ書きは上原美優の物ではありませんでした。つまり上原美優の遺書では無かったという事です。では何故このメモ書きが上原美優の遺書ではないか?と言われていたのでしょうか?

そもそも上原美優が残した遺書であるとされるこのメモ書きは、上原美優の自宅から発見されたということでしたが、一体誰がそのメモ書きを上原美優の自宅に残していったのでしょうか?調べれば調べるほどに謎は深まるばかりです。

上原美優の遺書は本人の物ではない?

上原美優の遺書ではなく漫画家赤星たみこの父の遺書だった

先ずこのメモ書きの内容が解読された経緯についてご説明しておきます。専門家によってこのメモ書きの筆跡鑑定が行われた結果、このメモ書きが上原美優の手によって書かれた物では無い事が明らかに成りました。

また、画像でも分かるようにメモ書きに書かれていた意味不明な文字は種子島で使われている一種の土着の刻印の様な物で、この刻印は上原美優の地元である種子島では割と普通に見る事が出来るものなのだそうです。

では肝心のこのメモ書きを書いた人物についてですが、このメモ書きは上原美優ではなく漫画家の赤星たみこさんの父親が残された遺書だったのです。

然しながら赤星たみこと上原美優の間には一切の親交は無かったという事ですので、それだと全くの赤の他人の遺書が上原美優の自宅に置いてあったという事に成ります。さすがにそれはおかしいですよね。

という訳で、何故この画像のメモ書きが上原美優の自宅から見つかったのか?という点について掘り下げて調べてみた所、どうやら「上原美優の自宅から発見された」という事自体が間違いだったという事が分かったのです。

このメモを発表したのは警察ではなくマスコミです。そのマスコミが間違った認識でこのメモ書きを「上原美優の自宅から発見された」と報じたという事なのでしょうか?それにしてもそれはそれで違和感が残ります。何故画像つきでそのメモ書きを公表することが出来たのでしょうか?

メモの画像は赤星たみこが撮影したもの

どうやらこのメモ書きの画像は、先の赤星たみこさんが自ら撮影した物なのだそうです。赤星たみこさんは自分の父が残したこのメモ書きに何が書かれているか意味が分からず、誰か解読できる人はいないか?とブログにアップしたそうなのです。

その画像が上原美優の自宅から発見された遺書として使用されていたという事に成ります。赤星たみこさんもこの画像が上原美優の自宅から出てきた彼女の遺書だとされている事に驚き、事実と経緯を発表したそうです。

何故か画像の遺書が上原美優の遺書であると間違って広まった

「何故か画像の遺書が上原美優の遺書であると間違って広まった」という事に形上は成る訳ですが、それにしてもやはり違和感が残ります。これがネット発の噂話であれば悪質なイタズラと取れなくも無いですが、コレを最初に報じたのはマスコミだったと言う話です。

但し、いわゆる大手マスコミではなくゴシップや闇記事をメインに扱う様な3流芸能誌だったそうですので、ネットのガセネタをさも本当の話の様に記事にしたか、それとも自らがこの画像を使い話を捏造したかでしょう。いずれにせよ不自然である点はやはり拭えないといった印象があります。

上原美優が自殺した理由とは

上原美優が自殺した理由は種子島の母の死に原因が?

では上原美優が何故自殺を選んだのか?という根源的な理由について検証して行きたいと思います。先ず考えられるのは地元種子島に済んでいた上原美優の母の死が理由という説についてです。

上原美優の最大の心の拠り所になっていたのは種子島に済む最愛の母でした。その母が亡くなった事で上原美優が生きる気力を無くしてしまったのではないか?という事です。

これは確かに全くの無関係であるとは言えないかも知れません。彼女にとって母親は本当にかけがえのない存在だった様ですし、直接的な自殺理由には成らなくとも少なからず影響を与えたのは間違いないでしょう。

種子島時代の上原美優は友達もおらず、いつも兄弟と遊んでいたと言います。なので種子島に済む母や父、そして兄弟たちに対する絆は他の家族よりも強いのかも知れません。

然しながら彼女が種子島の母を亡くしたために自殺したという事では無いと思います。ありえなくもない話ではありますが、彼女の性格上もし自殺を選ぶとしたら母親の死ではなく、もっと自身に直接的な何かが原因と成っている筈だからです。

種子島の母が亡くなったのは確かにショックだったでしょう。しかし種子島の母の死が彼女の直接的な自殺理由に成るには理由として弱いのです。人が死を選ぶという事はそれだけの理由が必要に成るという事で、彼女の場合それが種子島の母では無く、もっと違った物だったのでは無いでしょうか?

島田紳助との関係が自殺の原因に?

画像に挙げられたメモが上原美優の遺書として報道されたのは、実は本当の遺書が存在していたからで、それを隠す為だったのではないか?という説もあるそうです。

その本当の遺書には有る真相が書かれていて、そこには島田紳助の名が記されていたと言われています。現在既に芸能界から追放された形と成っているあの島田紳助が、上原美優の死に関係があるというのです。

上原美優は芸能界に入ってからも友達が出来なかったそうです。それについては後程ご説明しますが、彼女のある交友関係や環境が原因で、上原美優の周りには人が寄り付かなかったと言われているのです。

そんな中唯一近づいてきた人物が島田紳助で、彼女は島田紳助に気を許し、次第に退っ引きならない関係と成っていったとされています。その島田紳助への恨み辛みが上原美優の遺書に記されているというのです。

確かに話の流れ的には無くもない話の様な気もしますが、余りにも昼ドラの様な話の展開で少々出来すぎな気もします。こうしたドラマでありがちな噂話は大概捏造であるケースが多く信憑性に乏しいものです。

また、本当の遺書があるというのは一体誰が確認したモノなのでしょうか?その人間が何故島田紳助の事をリークしたのかにも不自然な点が残りますし、そもそも本当の遺書と言っても画像が有るわけでは無く、証拠は一切ないのです。

情緒不安定な一面も原因に?

上原美優は生前情緒不安定な部分を見せる事があり、それが突発的に彼女を自殺へと導いたのではないか?とも言われていますが、これは正しいでしょう。

但しコレのみが原因という事ではなく、あるトリガーが発動した際に、こうした彼女の性質が自殺衝動を導き出す事に成ったという話です。

精神的に情緒不安定な部分を持っている芸能人は多いそうです。特殊な業界である以上、どこか精神のバランスにも影響を与えてしまうのかも知れません。

実際に過去にも上原美優と同じ様に自殺という形で自らの人生の幕を下ろしている芸能人は多いですし、その芸能人の多くに精神的な情緒不安定が見られるとも言われています。そんな彼女たちの声に成らない声を聞き取るのはかなり難しい事なのかも知れませんね。

上原美優には自殺未遂の過去が

上原美優は2007年にも一度自殺未遂を計っている

実は上原美優は過去にも一度自殺未遂を図った事があります。彼女は2007年のクリスマスに恋人に振られた寂しさから睡眠薬を服用し自殺を図りました。幸いにも一命は取り止めたのですが、この時から彼女は自殺に逃げる性質が有ったということが垣間見えます。

自殺を図った理由は彼氏との別れが原因だった

当時20歳の上原美優にとって、彼氏との別れは確かにショックだった事でしょう。然しながら幾らショックだと言っても自殺にまで辿り着く人はそうはいません。失恋など一時の事であると誰もが心の中では認識しているからです。

然し中には上原美優の様に失恋のショックで生きる気力を無くし、本当に自殺を試みる人たちもいるのです。この違いは何か?といえば、「恋愛依存」若しくは「他人依存」という性質の有無にあると考えられます。

恋愛に対し悩みすぎる性格だった上原美優

上原美優は恋愛に悩みすぎる正確であったと言われていますが、何故そうまでして恋愛に対し彼女は悩んでしまうのでしょうか?それは彼女が他者に対しての依存によって自らの存在意義を定義していたからです。

一般的には自己の存在意義という物の根源は自身に置くモノです。「我生きる故に我也」という言葉がありますが、哲学的にはまさしくコレが人間の本質で、自己は自己であり自己以外の何物でもなく、また自己以外の何物も自己に勝るモノは無いのです。

哲学的に言うと解りにくくなりますので端的に説明すると、誰もが皆自分が可愛く自分が大切だという事です。なので自分との決別を意味する失恋も、悲しくはあれどやはり自分が大切ですから終わりを認識した時点で終わるわけです。

然し他者依存によって定義されている人は、失恋とは自らの存在意義を否定されると同じ行為であり、そうした思考回路を持つ人にとっては失恋は「打首獄門」と同意義なのです。

なので他者依存する人にとっては、恋愛は何よりも大切なモノと成りますし、失恋とも成れば自身の存在価値が無くなったと悲観し、事と次第によっては最悪の手段である自殺をも考える様に成るのです。

これには育ってきた環境が大きく影響を与えていると言われています。彼女が幼少期に素直に出せなかった本心が、そのまま屈折した形の愛情表現へと変化し、やがては他者依存する事で自分を見出す様に成って行ったのかも知れません。

上原美優の自殺の原因は有吉?

自殺の原因は有吉弘行との噂?

実は上原美優の自殺した裏には有吉弘行の存在があるという噂も有るようです。有吉弘行といえば毒舌で有名な人気お笑い芸人ですが、その有吉が上原美優の自殺の原因だというのです。

これはどういった意味なのか?という事で噂の真相について調べてみたのですが、どうやら有吉が番組で上原美優に対していつもの暴言を吐き、それが原因で上原美優が自殺してのではないか?という事の様です。

さすがに自殺の真相が有吉弘行の暴言に有るというのは無理があるでしょう。有吉弘行も上原美優も芸能人として同じ番組に携わっている以上、共に「プロ」である訳です。

そんなプロが番組内で暴言を吐かれたからといって、それを苦にして自殺を図るなんて事があるでしょうか?これが自殺の真相だというのは余りにも無理が有ると言えます。

Twitterで有吉が上原美優の自殺の原因だという噂が広まった

そもそもこの噂の真相とやらが何処から出回って来たのかを調べた所、「嘘捏造製造工場」として有名なTwitterで出回りだした話だったと言うことが分かりました。ということはこの噂も察するべしといったところでしょう。

テレビでの暴言と言っても有吉弘行のキャラがあのキャラであることは上原美優も重々承知している事です。それを真に受けるのはテレビ画面のコチラ側で見ている僅か一握りの視聴者のみ。

どの番組にも必ず構成というものが有ると言うことが理解できず、有吉の暴言がリアルだと感じてしまう人がいたのでしょう。その人間が「有吉の暴言が原因で上原美優が自殺した」という噂を真相としてTwitterで拡散したと言う訳です。

SNSの普及は様々な恩恵をもたらしていますが、こうした負の部分もそれと同様に浮かび上がっているのが問題です。人の死の真相なんて話を簡単に妄想でTweet出来る時代ですから、人としてのモラルもそれと合わせて低下しているのかも知れません。

有吉の暴言は上原美優が自殺する理由とはなっていない

という事で有吉弘行の暴言はいつもの事であり、上原美優の自殺の要因とは成っていないであろうと思われます。噂の真相というのはどの様な噂もこの程度の事が多いものです。ただ、次の章でご紹介する真相についてはかなり深い部分にまで切り込んでいる内容と成っています。

上原美優の闇と自殺に隠された真相

ここまでご紹介してきた上原美優の自殺理由や真相には、どれも確証に近いと言えるモノはありませんでした。然しここからご紹介する件に関してはかなり真相に近いと言える内容と成っています。

遺書などに不審点が多いのは誰かが工作を行った可能性も

上原美優の自殺。そこに残されていたとされる意味不明なメモ書きが上原美優とは全く関係のない他者のモノだった事、そしてメモ書き自体が本当はそこに存在しなかった事など、明らかに不自然な点があるこの一件。これは誰かが工作を行った可能性があると言えます。

赤星たみこさんが自身が撮った画像であると名乗り出る迄、このメモ画像は上原美優が書き残した遺書とされており、他のマスコミも異口同音にこのメモの謎についての報道を行っていました。

しかしそもそもこのメモ自体が上原美優の自室に存在しなかったという事が明らかとなった以上、誰かが意図的にこの情報を流した可能性が高いと考えられるのでは無いでしょうか?

つまり上原美優の自殺に何らかの関係がある人物がいる人物がいて、その人物には上原美優の自殺に関して知られたくない事実があるのではないか?という事です。

それこそ事の真相や工作を行った意味は不明ですが、当たり前に考えてもそこに存在しなかったメモを存在したかの様に導いたのは、やはり人為的な何かが有ったと考えるしかありません。

それには上原美優の死によって何らかの影響がある可能性がある人物が裏にいるからでは無いでしょうか?あくまでも憶測にしか過ぎないのですが、この自殺騒動にはそれだけ深い真相が隠されている可能性があるのです。

上原美優はある不良グループのリーダーと交際していた

上原美優は生前ある男性と交際していたと言います。その男性にぞっこんだった上原美優は、とにかくその男性に愛されようと賢明に尽くしたと言われています。

その男性は関東で有名はある不良グループの元リーダーだった人物で、現在はある事件によって長期の服役生活を余儀なくされています。

この不良グループと一部芸能界関係者とのズブズブの関係は割と知られた事実です。このグループと関わりのある芸能人は数多く、麻布や六本木界隈で遊んでいる芸能人であれば、大概はこの不良グループと繋がりを持っているとさえ言われています。

そのグループの有力メンバーの1人と上原美優は交際していたと言います。それが彼女の直接的な死に繋がったかは分かりませんが、上原美優の影にこの不良グループの存在が有ったことは確かなのです。

村西とおる監督が上原美優の自殺の真相を語る

セクシービデオ業界の大御所として知られる村西とおる監督。彼が以前自身のブログにて上原美優の自殺についての真相を語った事があります。

その内容はかなり的を得た内容で、上原美優とその彼氏、そして不良グループと芸能界の関係性を知り得た上で語っているというのがよく分かる内容と成っています。

この不良グループの存在と芸能界との関係性をご存じない方からすると、そこに書かれている内容には意味不明な部分も多々有ると思いますが、意味の分かる方が読めば、そこに書かれている内容は本当に真相なのでは無いだろうか?と考えてしまう様な内容が記されているのです。

つまりは上原美優の自殺は現在の芸能界が生み出した闇の部分に有ると言う訳で、この不良グループの存在が「芸能界の闇そのもの」という事なのです。

芸能界とも密接な関係を持つ「半グレ集団」とは

いわゆる「半グレ集団」であるこの不良グループの存在がクローズアップされる様に成ったのは、今から10年程位前からでしょうか。

彼らは元々東京に存在する暴走族連合の元メンバー達で、闇ビジネスを行うものや現役暴力団員などそれぞれに特化したジャンルで生計を立てています。そしてこの不良グループの中には芸能プロダクションを経営する者も含まれているのです。

そのプロダクションは名の知れた芸能プロダクションとして有名で、在籍タレントには有名な女性芸能人の名が数多く並びます。勿論表向きには真っ当な芸能事務所なのですが、裏では相当な悪評が立っている事で有名です。

だからといってこの芸能プロダクションが「悪の巣窟」という訳ではないのですが、このプロダクションと上原美優の自殺に大きな因果関係があるのは間違いないと見られているようです。それが本当だとしたら一体どの様な意味なのか?そればかりはごく限られた者でしか知りえないでしょう。

第一発見者はその上原美優の彼氏だった

因みに自殺の第一発見者である男性、つまりは上原美優の彼氏ですが、報道には飲食店に勤務する黒服の男性従業員とされていますが、この人物は先程ご紹介した上原美優の彼氏であり、例の不良グループの元リーダーだった人物です。

この人物は黒服従業員などではなく、実際には会社役員という肩書を持っており、例の芸能プロダクションの幹部でも有ったと言われています。その人物が何故「黒服従業員」と報道されたのかは定かではありません。

この彼氏は上原美優から「二時間ほど1人にして欲しい」と言われて外出した人物ですが、外出先で彼女から自殺を仄めかす内容のメールが届き、急ぎ駆けつけた所彼女が既に息絶えているのを発見したということなのです。

これら一連の事を踏まえると幾つもの矛盾点が浮かんでくると思いませんか?因みにこの人物はその後六本木のクラブで発生した殺人事件に関与した疑いと、別件の詐欺事件で現在20年を超える懲役刑の執行中にあります。

この人物が上原美優の自殺に直接的な関わりが有ったかどうかは分かりませんが、何らかの関わりが有ったと見ても間違いないというのが大方の見解の様です。

最も有力なのは、「この人物と別の女性との関係性を疑った上原美優が、精神的に不安定な状態に陥り自ら命を絶った。」というモノです。

もしかすると上原美優の自殺によって、そこで知られてはいけない何かが露見する可能性が有ったのかも知れません。例のメモへの殴り書きが本当に誰かの手による工作だったとしたら、それはその「何か」が露見することを防ぐために行われた事だった可能性もあると考えられます。

いずれにせよ本人が既にこの世にいない以上、彼女の死の真相について知る術は残されておりません。彼女は一体何を思い、何に患ってこの世を後にしてしまったのでしょうか?

上原美優の遺書は他人の物だった

今回はタレント・上原美優の死の真相や、残されていたとされるメモ紙についてご紹介して参りました。結局あのメモは他人の遺書だった事が明らかになりましたが、それに伴い幾つかの不可解な点が浮上するという形と成ってしまいました。

この自殺に関して、この先真相が公にされる日が来ることは恐らく無いでしょう。何よりも死者に鞭打つ事は有ってはならない事ですので、このままそっとしておく事もまた必要な事なのかも知れませんね。上原美優に安らかなる眠りが訪れる事を祈りましょう。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ