ウクライナ21とは?犯人や裁判の判決とその後も!【殺人動画】

トラウマ必至のスナッフ動画「ウクライナ21」。今回はこのウクライナ21について、事件に関与した犯人の生い立ちから裁判と判決等をまとめました。「世界史上最悪のサイコパス」として知られるこのウクライナ21の犯人達はその後どうなったのでしょうか?

ウクライナ21とは?犯人や裁判の判決とその後も!【殺人動画】のイメージ

目次

  1. 1ウクライナ21とは
  2. 2ウクライナ21殺人事件の概要
  3. 3ウクライナ21殺人事件の犯人の生い立ち
  4. 4ウクライナ21殺人事件の裁判と判決
  5. 5ウクライナ21殺人事件のその後
  6. 6ウクライナ21の殺人動画とは
  7. 7ウクライナ21はあってはならない残虐殺人事件

ウクライナ21とは

先ず始めに申し上げておく必要がありますが、耐性のない方や心臓の弱い方は本記事の閲覧を控える様おすすめ致します。動画や画像に関しては関連するモノを一切使用しておりませんが、事実関係を文章として読み進めて行くだけでもストレスを感じる可能性は高いです。

また、本記事は「ウクライナ21」という史上類を見ない極めて残酷で無慈悲な殺人事件が実在した事実を残す為だけにまとめております。この記事を読んだ事がきっかけで、ウクライナ21の実物動画を観てしまったなんて事には成って欲しくはありません。

誠に残念ながら、ウクライナ21の動画は現在も視聴可能です。この様な動画が誰にでも視聴できる事自体が極めて有害である事に違いないのですが、インターネットという世界に解き放たれてしまった以上、これを100%規制することは現状では不可能です。

なのであくまでも事件の概要を知るというだけに留め、実際のウクライナ21の動画は絶対に観ない様にして頂きたい。ウクライナ21は好奇心で観てはいけないモノであり、あの様な動画を観ても何のプラスにも成りませんので、其処だけはお約束頂く様お願い致します。

ウクライナ21が検索NGの理由とは

もう随分前の話に成りますが、ネットで「検索してはいけない言葉」というのが流行っていた事がありました。その時の記事などは現在でも「ググってはいけない言葉」等で検索するHITすると思いますが、その中で「最も検索してはいけない言葉」に選ばれてた言葉が今回ご紹介する「ウクライナ21」でした。

では、何故この「ウクライナ21」というワードを検索してはいけないのでしょうか?「〇〇してはいけない」等と言われると却ってしてしまいたく成るのが人間の性です。そもそも「ググってはいけない言葉」なんてモノを検索してしまう位ですから、ダメだと言われたら逆に検索してしまうのは明白です。

勿論「ググってはいけない言葉」というのは、それを見越した上で記事にしている訳ですから、実際に検索してみると其処には知的好奇心を満たす様なワードや事件、現象等が列挙されています。但し、その中にはこのウクライナ21の様に「本当に知ってはいけないモノ」が含まれている可能性もあるのです。

では具体的に何故このウクライナ21が「検索してはいけないワード」の1位として選ばれているのでしょうか?それはこのウクライナ21を検索することで、非常に有害なとある動画に辿り着いてしまう可能性が有るからです。

「ウクライナ21」とは残虐殺人動画に繋がるキーワードだった

実は「ウクライナ21」とは、ある残虐な殺人動画の通称なのです。このウクライナ21を検索するとその動画に辿り着いてしまうという事で、この言葉が検索してはいけないワードの1位に選ばれているというのが真相です。

この記事をご覧に成っている方の中には、ネットサーフィンが趣味という方も少なからずいらっしゃる事でしょう。そうした方なら「ネット上には絶対に目にしてはいけない動画」も。ごく当たり前に存在するという事は御存知の事だと思います。

思わず目を背けてしまうような、そんな動画がインターネットでは簡単に閲覧する事が出来てしまう。これはネット社会と成った事で生じた負の側面であり、非常に大きな問題です。人間は影響を受けやすい生き物ですから、こうした動画から少なからず影響を受ける事が、社会全体の歪みの原因と成りかねません。

ネット化される前はそうした影響を与えるモノが不特定多数の目に晒される機会はほぼありませんでした。しかし、ネット化によってオープンワールド化された現在では「見なくても良いものが見えてしまう社会」と成りつつあります。これがどれだけ危険な事であるかという事を今一度考える必要があるのではないでしょうか?

ウクライナ21殺人事件の概要

では早速ウクライナ21についてご説明して参りたいと思います。先ずこのウクライナ21という名称についてですが、これは日本で付けられた通称であり、英語圏では「3guys 1hummer」として知られています。

このタイトルが示す通り、3人の少年がハンマーで1人の男性を撲殺するというのがこの動画の内容です。日本でこの動画を「ウクライナ21」と呼ぶのは、この3人の犯人たちが計21人を殺害したからで、其処からウクライナの21人殺人事件という名称の略である「ウクライナ21」と成ったと言われています。

2007年6月26日にウクライナ21最初の事件が発生

では事件の概要を説明して参りたいと思います。最初の事件が発生したのは2007年6月26日の早朝5時の事でした。

被害者は当時33歳の女性

ウクライナ21最初の被害者と成ってしまった当時33歳のエカチェリーナ・イルチェンコは、友人の家から帰宅する途中に襲われたモノと見られています。帰宅の遅い娘を心配した彼女の母親が探しに出たところ、無残な姿に変わり果てた娘を発見。すぐさま警察に通報を行いました。

エカチェリーナ・イルチェンコの死因は撲殺で、頭部を執拗に鈍器のようなモノで殴られており、その頭部は原型を留めない程破壊されて居たと言います。また、被害者が女性という事でレイプ目的の可能性も考えられましたが、そうした形跡も見られなかったとの事でした。

その後すぐに当時33歳の男性の死体が発見される

その直後、今度は最初の死体発見現場近くの公園のベンチで男性の死体が発見されました。その男性の名前はロマン・タタレヴィチで、彼の死体が発見された公園は何と地方検察局の向かいだったそうです。

この男性もエカチェリーナ・イルチェンコと同じ33歳で、こちらも同様に頭部の損傷は原型をとどめない程の有様であったそうです。

2007年7月1日に今度は2人が遺体で発見される

最初の死体発見から1週間も経っていない2007年7月1日に、今度は2人の遺体が発見されています。今度の死体は路上で発見されており、その後の調べで被害者の身元はユージン・グリシェンコとニコラス・サーチェクと判明。

身に付けていた貴金属がそのままである事から警察は物取りの可能性は薄いとし、犯人は快楽殺人目的である可能性が高いと判断します。また、貴重品はそのままであるにも関わらず、携帯電話だけが見当たらない点にも警察は着目していたそうです。

その数日後には新たに3人の犠牲者が発見される

そのわずか数日後には新たに3人の犠牲者が発見されています。一人目の犠牲者は退役軍人であったイゴール・ネクヴォロダで、彼はナイトクラブから帰り道で殺害され、その翌日にボフダン・フメリニツキー通りのアパート近くで遺体となって発見されています。

二人目の犠牲者と成ったのは夜間警備員だったエレナ・シュラムで、街の通りの角で遺体となって発見されています。そして三人目の犠牲者は、障害を持つ夫と3人の子供を持つ母親であったヴァレンティナ・ハンザでした。

マスコミが「ドニプロペトロウシクの狂人」と報道

僅か1週間にも満たない期間で、次々と7人もの命が奪われるという状況に市民は当然ながら騒然と成りました。そしてマスコミはこの犯人の事を「ドニプロペトロウシクの狂人」として報道するなど、市民はこの姿の見えない殺人鬼に怯えて過ごす日々を余儀なくされたのです。

その後白昼の殺人事件が発生

更にその後、今度は白昼堂々と殺人事件が発生します。それまでの犯行は何れも深夜や明け方といった人目に付かない時間帯で行われていたのですが、遂に日中の時間帯にも犯行が行われてしまったのです。

2007年7月7日、アンドレイ・シダックとヴァディム・リャオフは自転車に乗って釣りに行く途中、何者かによって鈍器で襲われます。シダックは昏倒しそのまま意識を失うも、リャホフは自転車で逃げだす事に成功。
 

然し犯人もリャホフを逃すまいとしてすぐさま車で追ってきたのですが、リャホフには土地勘が有った為、どうにか犯人たちから逃げ延びる事に成功します。

彼は急ぎシダックの元に駆けつけると、彼を抱き上げて助けを求めます。ようやく一台の車が止まりシダックを病院へと運ぶことが出来ましたが、残念な事にその後シダックは息を引き取りました・

当初は警察もリャホフをシダック殺害の犯人として疑っていた様ですが、話の辻褄などを併せて考えると彼が犯人である可能性が薄いという事は明白であり、また犯行の手口が一連の猟奇殺人事件に似ていた為、この事件を「ドニプロペトロウシクの狂人」による新たな犯行と断定します。

そして唯一犯人たちの姿を見た生存者であるリャホフから、犯人グループの顔や特徴等の情報を聞き出し、似顔絵を作る事が出来ました。これがその後の犯人逮捕の大きな第一歩と成ります。

携帯電話の転売がきっかけで3人の容疑者が逮捕

その後も犯人は次々と殺人事件を起こして行きましたが、何れの事件でも犯人の逮捕には及びませんでした。しかし警察は犯人が携帯電話を収集している点に目を付け、その携帯電話が転売に出されていないかを調査。

すると似顔絵によく似た少年が携帯電話を転売した事が発覚。これにより犯人とみられる3人の少年の逮捕に成功したのでした。

犯人逮捕までの間に彼等の犠牲になった被害者は21人。何れも女性やホームレス等といった社会的弱者であり、彼等は非常に惨たらしい方法で殺害されています。バラバラにされたり、生きたまま目を抉り取られたり、殺害された後に腹の赤ん坊を取り出され持ち去られた妊婦も居たと言います。

これらの犯罪を何と少年たちが行っていたという事実に、ウクライナの人々は愕然としたそうです。こうしてウクライナ市民を恐怖に陥れた殺人鬼は、法廷での裁判という明るみへと引きずり出される事と成りました。

ウクライナ21殺人事件の犯人の生い立ち

ウクライナ21殺人事件の犯人3人とその生い立ち

では続いてウクライナ21の犯人たちの生い立ちについてです。彼等3人の少年はどの様な生い立ちを経てこの様な殺人事件を起こしたのでしょうか?彼等の生い立ちがこの事件に何らかの影響を及ぼしているのでしょうか?犯人の生い立ちを振り返りながら検証して行きたいと思います。

ウクライナ21殺人事件主犯格のシュプルンヤクの生い立ち

先ずはウクライナ21殺人事件の主犯格であるシュプルンヤクの生い立ちからです。シュプルンヤクは元々他の二人が住むドニプロペトロウシクの住人ではありませんでしたが、後にこのドニプロペトロウシクに引越して来たらしく、同じ学校に通うことでサエンコとハンザとも仲良くなったそうです。

シュプルンヤクの父親は有名な弁護士で有ることから、その息子であるシュプルンヤクもまた名士の息子として扱われていたものと考えられます。またシュプルンヤクの両親は息子を溺愛していたようで、これが彼が犯行を行う動機の1つと成ったものと考えられています(詳細は後程)

ウクライナ21殺人事件2人目の犯人サエンコの生い立ち

続いてウクライナ21殺人事件2人目の犯人であるサエンコの生い立ちですが、サエンコの父親もまたシュプルンヤク同様に弁護士でした。サエンコとハンザは幼い頃からの友人で、共に学校でも成績優秀な児童として知られていたようです。

然しシュプルンヤクが転校してきて共につるむように成ってからは2人の成績もガタ落ち。次第に落ちぶれて行ったと言われています。

ウクライナ21殺人事件3人目の犯人ハンザの生い立ち

最後にウクライナ21殺人事件3人目の犯人であるハンザの生い立ちですが、ハンザもまた父親が検察官であるというお家柄。皮肉なことに3人の猟奇殺人犯の親は何れも法曹関係者という事に成ります。高校卒業後は職にも着かずプラプラとしていた様です。

犯人である3人は裕福な家庭で育っている

この3人の生い立ちを見てお分かりの通り、3人は何れも法曹関係者の親を持ち裕福な家庭に育っています。「犯罪は貧困が生み出すモノである」という言葉もありますが、必ずしも金持ちが犯罪を侵さないという訳ではありません。

彼等は裕福な家庭に育ち、何不自由の無い生い立ちを過ごしています。願えば大抵の物は何でも買い与えられる様な環境で育った彼等は、次第に何でも好き勝手しても良いという考え方に成って言ったのではないか?と、彼等をそう見る向きもあるそうです。

主犯格のシュプルンヤクは学校で問題児だった

また彼等の生い立ちの中で特徴的なのが主犯格であるシュプルンヤクの存在です。他の2人はシュプルンヤクとつるむ様に成ってから成績がガタ落ちしている事から、このシュプルンヤクがグループの中で相当な影響力を持っていたと考えられます。

実際に彼等が犯行を始めるきっかけを作ったのもシュプルンヤクで、3人の中にはシュプルンヤクを頂点としてヒエラルキーが存在していたのではないでしょうか?学校時代のシュプルンヤクは問題児として知られており、それが他の2人にも悪い影響を与えた事は明白です。

犯人3人にはそれぞれ恐怖症が

またウクライナ21の犯人3人はそれぞれが何らかの恐怖症を持っていました。シュプルンヤクとサエンコは高所恐怖症を、そしてハンザもまた血液恐怖症と火傷恐怖症を持っていたそうです。また彼等はいじめっ子の影に怯えていたらしいので、学校での彼等の立場はイジメられる側のグループであったようです。

3人はその恐怖症等を克服しなければ成らないと考え、その為に彼等が採った行動というのが「動物虐待」でした。彼等は野良犬や野良猫を虐待し、木に逆さ吊りにして内臓を引きずり出して記念写真を撮ったのです。これは後程また詳しくご説明致しますが、この時既に彼等のサイコパスとも言える行動原理が垣間見えています。

犯人3人にはウクライナ21の前にも前科が

ウクライナ21の犯人3人は、ウクライナ21殺人事件を起こす前にも事件を起こしていた様です。彼等3人が17歳の頃、シュプルンヤクが地元の少年に暴行を働いて自転車を奪い、それをサエンコに売りつけるという事件がありました。この時売りつけられたサエンコも含めて逮捕されたそうですが、結局未成年という事で懲役には成らなかったそうです。

ただ、こうした事件からも分かるように、当時の彼等が既にかなりの暴力性・犯罪性を秘めていた間違いないようです。この後も無免許でのタクシー営業や、タクシー客に対する強盗と、次々に犯罪がエスカレートしていった犯人3人。そうしてウクライナ21が引き起こされる事に成っていったのです。

ウクライナ21殺人事件の裁判と判決

ウクライナ21殺人事件の裁判について

それではここからはウクライナ21殺人事件の裁判とその判決についてです。未曾有の犯罪を引き起こした彼等は果たして裁判でどの様な主張を行ったのでしょうか?そしてその裁判の結果、彼等にはどの様な判決が下されたのか?裁判とその判決の全貌に迫ります。

主犯格の犯人であるシュプルンヤクは無罪を主張

先ずは主犯格であるシュプルンヤクですが、彼は第一級殺人21件、武装強盗8件、動物虐待1件の罪で起訴されました。最初は罪を認めたそうですが、その後は供述を翻して無罪を主張。「真犯人は他に「警察の違法捜査」「心神喪失に拠る責任能力の欠如」等、ありとあらゆる詭弁で以て裁判に臨んだそうです。

同じく犯人のサエンコは弁護士に父親を指名

続いてサエンコですが、彼は殺人18件、強盗5件、動物虐待1件での起訴と成ります。彼は裁判所が決めた弁護士が新米だった事に不満を示し、自らの父親を弁護人に指名。サエンコの父は「サエンコがシュプルンヤクの恐怖によって支配されていた為の犯行だ」という主張を行います。

同じく犯人のハンザは罪を認める戦略に

最後にハンザですが、彼は殺人未遂が1件と武装強盗で1件という他の二人よりは軽い罪状での起訴と成った為、彼は裁判では罪を全面的に認める方針を取りました。

ウクライナ21殺人事件の犯行動機が裁判で明らかに⁉

彼等が何故この様な猟奇的な殺人事件を行ったかのか?その犯行の動機について注目が集まりましたが、結局彼等の犯行動機についてはその後の裁判でも明らかになることはありませんでした。そもそも彼等には明確な犯罪動機すら無かったのではないか?と、裁判を進めていくに連れ、多くの人々がそう感じたと言います。

犯人である3人はサイコパスだったのか⁉

結局の所彼等3人はサイコパスだったのでしょうか?彼等3人が犯した犯罪は有る一面ではまさにサイコパスそのものです。然しながら、サイコパスと呼ぶには些かという部分もあり、単純にシリアルキラーで有った可能性が高いとも考えられます。

大量殺人・猟奇的殺人等の事件の犯人は、決まって「サイコパス」と言われる傾向にありますが、何でもかんでもサイコパスといって片付ければ済む話ではありません。一口にサイコパスと言っても、それはどの側面から見るかでも大きく見方が変わるものなのです。
 

今回の事件の場合、シュプルンヤクはサイコパスであったと考えられますが、他の2人に関してはサイコパスであったと断定することは難しいのではないかと思います。ただサイコパスとしての要素はいずれも満たしていた事は事実であり、結局の所は「モノの見方次第」といったところでしょうか。

まあサイコパスだったとしても、サイコパスでは無かったとしても、それによって裁判の方向性が変わるわけではありませんし、当然ながら判決に影響を及ぼす事でもありません。サイコパスは病気といえば病気ですが、責任能力が問えない病気ではないからです。

サイコパスとは

そもそもサイコパスとは反社会的人格の一種を意味する心理学用語であり、病名としては「反社会性パーソナリティ障害」と呼ぶのが正しいかと思います。簡単に言うと異常人格者であります。

特徴としては「良心が異常なまでに欠如」「他者への共感がない」「嘘付き」「行動に対する責任が全く取れない」「罪悪感が皆無」「自尊心が過大」「自己中心的」「口が達者」「表面的には魅力的な人物」といった特徴があります。

サイコパスを凶悪犯罪者とイコールで結びつける傾向がありますが、それは大きな間違いです、サイコパスは只の異常人格者であるというだけであり、それだけでは犯罪者ではありません。ただ、サイコパスがその性質から凶悪犯罪等の犯罪を起こしやすい傾向にあるというのは紛れもない事実です。

ウクライナ21殺人事件の裁判で下された判決とは

シュプルンヤクとサエンコには終身刑の判決が下された

最終的にその後の彼等に下された判決ですが、裁判の結果シュプルンヤクとサエンコには終身刑の判決が下されました。実はウクライナは死刑を数年前に廃止しており、その結果どの様な犯罪を犯したとしても裁判での判決で終身刑以上の判決が下ることは絶対にありません。

ハンザには懲役刑の判決

一方のハンザは直接殺人を犯していなかった為、他の2人とは異なり懲役刑の判決が下されました。一味であった事には変わりないとは思いますが、この差は大きく出たようですね。

ウクライナ21殺人事件のその後

判決結果に対する市民の反応は?

ウクライナ21の裁判を終えたその後の市民の反応ですが、当時の世論調査では市民の50.3%が公正な判決だったと回答している一方で、48.6%の市民は「判決はより重いはずである」と回答したそうです。要は死を以て償う以外にないという事でしょう。

もしこの事件が日本で起きたなら犯人は間違いなく死刑でしょう。世論も「死刑やむなし」という事に成るのは明白です。ただ、ウクライナには死刑がありません。「どの様な犯罪を犯しても命は奪われない」という事が、この様な想像を絶する犯罪の引き金と成ってしまうのでしょうか?

ウクライナ21殺人事件の判決に対する海外の反応

またウクライナ以外の人々もこの事件の判決には様々な反応を見せた様です。ただ、こちらも死刑の有る国と無い国では意見がはっきりと別れたとか。

ウクライナ21殺人事件が与えた影響

ウクライナ21殺人事件を模倣した殺人事件も

ウクライナ21はその後世界に拡散され、それを見た者が彼等の犯罪を模倣するという殺人事件も発生しています。

「アカデミーマニアックス」もウクライナ21の影響を受けたとの噂が

ロシアの残虐殺戮動画「アカデミーマニアックス」もウクライナ21の影響を受けたとの噂があります。「俺もやろう」という感覚が理解できませんが、同様の周波数を持つ特性の人間にとってこの「ウクライナ21」は、何らかのシンボルと成ったのかも知れません。

ウクライナ21の殺人動画とは

ウクライナ21とスナッフフィルムの関係性

ウクライナ21が撮影され、それがその後世界中に拡散され本日に至る訳ですが、では何故この様な動画が拡散されてしまうのでしょうか?それは人間の本質に深く起因しているのではないかと言われています。

スナッフフィルムとは

この様な殺人を収めた動画を「スナッフフィルム」と呼びますが、こうしたスナッフフィルムへの需要は確実に存在します。これは最近始まった話ではありません。なのでこうした需要がある限りスナッフフィルムは作り続けられるのです。

殺人動画を基にした映画や小説も

映画「悪の法則」

リドリー・スコット監督の映画「悪の法則」では、マフィアのトラブルに巻き込まれた主人公が妻を誘拐され、その妻の出演するスナッフフィルムが主人公の元へ届けられるといったシーンがあります。

小説「天使の囀り」

貴志祐介さんの小説「天使の囀り」の中にも、「死んだ恋人の部屋にスナッフフィルムがあった」というシーンがあります。こうしてプロットの中にスナッフフィルムが登場するのは珍しい事ではありません。

ウクライナ21はあってはならない残虐殺人事件

今回はウクライナ21についてのまとめをご紹介させて頂きました。当たり前ですが、こんな事件は絶対に有っては成らない事件です。ただ、人間にはこうした狂気の一面があるという事も悲しいかな事実であるようです。

関連するまとめ

編集部
この記事のライター
Windy編集部

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ