梅沢富美男の女形がすごい!若い頃と現在の違いは?評判などまとめ

毒舌コメンテーターとして話題を集めている梅沢富美男さんの女形がすごいと評判になっています。梅沢富美男さんの女形姿の若い頃と現在の違いを見てみましょう。素顔と女形姿のギャップがすごいとも言われる梅沢富美男さんの実力や評判などもご覧下さい。

梅沢富美男の女形がすごい!若い頃と現在の違いは?評判などまとめのイメージ

目次

  1. 1梅沢富美男のプロフィール
  2. 2梅沢富美男の女形がすごい
  3. 3梅沢富美男の女形を若い頃と現在で比較
  4. 4梅沢富美男の世間での評判
  5. 5梅沢富美男以外の女形歌舞伎役者
  6. 6梅沢富美男の女形は若い頃から現在まで美しい

梅沢富美男のプロフィール

・愛称:下町の玉三郎、ミスタープレバト、俳句のおっちゃん
・本名:池田富美男
・生年月日:1950年11月9日
・年齢:71歳(2021年11月現在)
・出身地:福島県福島市
・血液型:B型
・身長:170cm
・体重:非公表
・活動内容:俳優、歌手、タレント、コメンテーター、司会者、俳人
・所属グループ:なし
・事務所:株式会社富美男企画
・家族構成:妻(池田明子)、長女、次女

梅沢富美男の経歴

梅沢富美男さんは、1939年に旗揚げされた剣劇一座「梅沢劇団」創設者の梅沢清さんと娘歌舞伎出身の竹沢龍千代さんの間に生まれ、1歳7ヶ月の時に初舞台に立ちました。女形役者になった後はその美しさが観客を魅了し、「下町の玉三郎」の異名で呼ばれるようになっています。

2000年代に入ってからはバラエティ番組やワイドショーにコメンテーターとして出演する事が増え、その歯に衣着せぬ発言が世間の注目を集めるようになりました。歌手としては1982年に小椋佳さんが作詞作曲を担当した1stシングル「夢芝居」が大ヒットした後数々の楽曲をリリースしています。

梅沢富美男の女形がすごい

梅沢富美男さんの女形がすごいと話題を集めています。「下町の玉三郎」「300年に1人の役者」と称賛されてきた梅沢富美男さんの美しすぎる女形姿と女形としての実力について見ていきましょう。梅沢富美男さんの女形エピソードもご覧下さい。

女形とは

女形(おやま)というのは歌舞伎で女性を演じる役者や職業などを意味する言葉です。歌舞伎は江戸時代に広まりました。

歌舞伎の創始者は女性なので、当初は女性が女性を演じていたのですが、芝居を見た客が贔屓の役者をめぐって乱闘になるといった騒動が頻発したため、男性が女性を演じるという形が定着したのでした。女方(おんなかた)という名称で呼ばれる事もあります。

梅沢富美男の女形がすごいと話題に

梅沢富美男さんの女形がすごいと話題になっています。梅沢富美男さんはメディアでは毒舌コメンテーターとして知られ、現在は言動が以前より穏やかになったものの、やはり「うるさいおっさん」というイメージで見られがちです。しかし、女形として舞台に立つと見違えるほど妖艶で美しい姿を見せます。そうしたギャップがたまらない魅力なのです。

美しすぎる梅沢富美男の女形

美しすぎる梅沢富美男さんの女形は、見た人をことごとく魅了してきました。梅沢富美男さんの素顔は、「女性にしたいようなイケメン」というタイプではありません。しかし、梅沢富美男さんは長年の研究の成果と自身の実力によって、メイク・所作・仕草などで「美しすぎる」と絶賛されるほどの女形役者になったのでした。

梅沢富美男の女形の実力とは

梅沢富美男さんの女形の実力を見てみましょう。梅沢富美男さんの女形は、この章の最初に解説した歌舞伎界での女形ではなく、大衆演劇の女形です。しかし、「大衆演劇こそ芝居の元祖」と考えた梅沢富美男さんは自分の実力で大衆に認められ、歌舞伎界にも認められるほどの存在になっていったのです。

梅沢富美男の女形エピソード

梅沢富美男さんの女形エピソードの数々をご紹介します。梅沢富美男さんが「絶世の美女」と言われるほどに美しい女形になったきっかけのエピソードから全盛期の驚きのエピソードまで、女形としての梅沢富美男さんのエピソードを振り返ってみましょう。

兄の指令を機に女形開始?

梅沢富美男さんが女形を始めたのは、当時座長を務めていた兄の指令でした。子供の頃から舞台に立ってその実力を認められていた梅沢富美男さんは当初は男役を演じていたのですが、25歳の時、兄に「女好きなんだから、付き合ってる女の表情や仕草を研究しろ」と言われた上で女形になるよう申し渡され、座長に逆らう事ができずに渋々始めたのでした。

しかし、女形になった自分の美しさに衝撃を受けた梅沢富美男さんは本腰を入れて女形になる事を決意し、芸者さんを手本に女性の所作を学び始めたのです。

女形の実力のすごさは遊びも関係?

女形の実力のすごさは遊びも関係していると言われています。梅沢富美男さんは若い頃から人一倍女遊びをしていました。結婚後も数え切れないほど浮気をしていたそうです。

しかし、多くの女性と深く関わる事で梅沢富美男さんの女形としての所作や仕草が更に洗練され、実力が更に向上していったという側面もありました。そういうメリットがあったからこそ離婚に発展しなかったのかも知れません。

女形だからこその女性へのアドバイスとは

女形だからこその女性へのアドバイスもありました。2017年5月に『LIVING kyoto』で受けたインタビューの中で「何歳になってもどんな時でも自分が女であるという意識を持つ事が大切」と語っています。

「日頃からファッションに気を配り、機嫌よく過ごしている事で、背筋も伸び、若々しくいられるようになる」という女形ならではの素晴らしいアドバイスでした。

女形でおひねり300万円エピソードも!

女形で300万円のおひねりを受け取ったという驚きのエピソードもありました。現在他分野で活躍している梅沢富美男さんですが、一番お金が入るのは本業の舞台だと明かしています。

正規の収入に加えて、梅沢富美男さんの舞台に観劇したファンからおひねりが飛んでくる事もあり、舞台での最盛期にはおひねりとして300万円という大金が飛んできた事を告白していました。

梅沢富美男の女形を若い頃と現在で比較

梅沢富美男さんの女形を若い頃と現在で比較します。梅沢富美男さんの女形は若い頃と現在でどう違うのでしょうか?若い頃から現在まで梅沢富美男さんの女形を支えてきたメイク術もチェックしてみましょう。

梅沢富美男の若い頃の女形

梅沢富美男さんの若い頃の女形を見てみましょう。梅沢富美男さんの若い頃の女形への評価に見ると、「美しい」のほかに「儚げ」や「妖艶」といった表現が目立ちました。儚げな風情と妖艶な雰囲気が同居しているというのが、梅沢富美男さんの若い頃の女形の真骨頂だったのです。全盛期と言われていた若い頃と現在との違いを見てみましょう。

梅沢富美男の現在の女形

梅沢富美男さんの現在の女形を見てみましょう。現在の梅沢富美男さんの女形も、その美しさは健在です。全体的にふっくらとしたせいか、「儚げ」という形容詞は用いられる事が少なくなりましたが、その代わりに「かわいい」という賛辞が増えてきました。

梅沢富美男さんは年齢を重ねた後は、自分の女形に若い頃とは違った魅力を加味する事に成功しているのです。

現在はあざとかわいい女形?

現在の梅沢富美男さんは流行のあざとかわいい女形を見せて称賛されました。梅沢富美男さんはツイッターでは梅沢富美男としての日常や仕事内容を発信していますが、インスタグラムでは女形姿の画像を中心に更新しています。

その中の「71歳のざとかわいいでございます」というコメントを添えた画像はフォロワーに絶賛されました。梅沢富美男さんは「メイクだけじゃなく、所作でかわいいは作れます」と解説しています。

若い頃から現在まで女形を支えるメイク術とは

梅沢富美男さんの女形姿は「現実には存在し得ないほどの美しさ」とも言われています。現在も新しい美しさを模索して美しさを進化させ続けてきました。

そんな梅沢富美男さんが研究に研究を重ねて作り上げた、若い頃から現在まで女形を支えているるメイク術をご紹介します。女形メイクですが、通常のメイクにも応用が効く技術が含まれているので是非チェックしてみて下さい。

メイク術①白塗り美肌効果

メイク術・その1は白塗り美肌効果です。女性の普段メイクでも「美白効果」をセールスポイントにしている化粧品が多いように、白く見せる美肌効果は美容術の原点とも言えます。

梅沢富美男さんは70歳を過ぎても美しい女形姿で見る人を虜にしていますが、肌を白く塗って美肌効果を出す事で加齢を感じさせない、というのも、女形としての梅沢富美男さんの美しさに大きく作用しているのです。

メイク術②鼻筋を意識

メイク術・その2は鼻筋を意識する事です。梅沢富美男さんは鼻筋を高く見せるために車道を入れています。こちらは女性の普段メイクでも行なわれている技術です。

女性のメイクは女形のメイクが手本になっている部分もあるのがわかります。美しくすっと通った鼻筋を顔の中央に据える事で、顔の他の部分の美しさを更に美しく引き立てる効果も期待できるのです。

メイク術③アイメイク

メイク術・その3はアイメイクです。梅沢富美男さんは目の周りにくっきりとしたアイラインを入れて切れ長の美しい目元に仕上げていました。

上には黒いアイラインを入れて二重まぶたを強調し、ピンクのアイシャドウを入れ、目の下には赤いアイラインを入れて艶っぽい美しさを演出しています。大きなぱっちりとした目を作るのではなく切れ長の目を作るのも女形メイクのポイントです。

メイク術④儚げな眉毛

メイク術・その4は儚げな眉毛です。梅沢富美男さんの女形メイクのポイントは、短めのまっすぐな眉をさっと引く事でした。目の大きさを強調するよりも短めのまっすぐな眉を描く事で、儚げかつ清純そうな女性のイメージを作る事ができるのです。こちらも、女性の普段メイクに応用できるテクニックでしょう。

メイク術⑤ぽってり唇

メイク術・その5はぽってり唇です。梅沢富美男さんは「おちょぼ口」と言われるタイプの小さな口の持ち主ですが、女形メイクの時には輪郭を大きめに描き、ぽってりとしたやわらかい口元を作っています。

女形の美しさの演出には色っぽい口元を作るのもとても重要なポイントなのです。ぽってりとした美しい唇に紅をさす事で梅沢富美男さんの美しい女形メイクが完成するのでした。

梅沢富美男の世間での評判

梅沢富美男さんの世間での評判を調査しました。梅沢富美男さんは世間の人にどう評価されているのでしょうか?梅沢富美男さんの女形としての評判・俳優としての評判・タレントとしての評判に分けてチェックしてみましょう。

梅沢富美男の女形としての世間での評判

梅沢富美男さんの女形としての世間での評判を見てみましょう。女形としての評判はこれまでにご紹介したように「美しい」という賛辞が飛び交っている状態です。タレントとしての梅沢富美男さんが有名になった後は「あんな毒舌の普通のおじさんが絶世の美女になるのがすごすぎる」という評判が加わり、名声は更に上がっています。

梅沢富美男の俳優としての世間での評判

梅沢富美男さんの俳優としての世間での評判を見てみましょう。梅沢富美男さんは俳優として活動する時は素顔で演技をしています。その演技も凄みがあり、独特の存在感を見せる事で高く評価されてきました。ドラマや映画で主役を演じた事はないのですが、「名バイプレイヤーとして作品全体の質を上げている」と言われています。

梅沢富美男のタレントとしての世間での評判

梅沢富美男さんのタレントとしての世間での評判を見てみましょう。中高年の梅沢富美男さんは毒舌がすぎるばかりに、司会業をした事がないにも関わらず「嫌いな司会者」に挙げられる事が多い状態でした。しかし、最近の梅沢富美男さんはCMで演じた「レモン沢富美男」のイメージなどで「口が悪いけど可愛いおっさん」という評価になっています。

梅沢富美男以外の女形歌舞伎役者

梅沢富美男さん以外の著名な女形歌舞伎役者3人をご紹介します。現在歌舞伎界で代表的な存在となっている美しい女形歌舞伎役者の尾上喜之助さん・中村七之助さん・坂東玉三郎さんの経歴をご覧下さい。

女形歌舞伎役者【尾上菊之助】編

現在活躍中の女形で特に注目を集めているのが尾上菊之助さんです。七代目尾上菊五郎さんと富司純子さんの間に生まれ、1984年2月に『絵本牛若丸』の牛若丸役で初舞台に立った尾上菊之助さんは、1996年に後代目尾上菊之助を襲名しました。

蜷川幸雄さんの舞台に立つ事も多く、2005年に蜷川幸雄さんが演出たシェイクスピア戯曲『十二夜』を歌舞伎演目として上演し、海外でも高評価を受けています。

女形歌舞伎役者【中村七之助】編

次にご紹介するのは若手きっての女形と定評がある中村七之助さんです。十八代目中村勘三郎さんの次男として生まれ、1987年上演の歌舞伎座『門出二人桃太郎』に二代目七之助として初舞台に立ちました。

儚げで美しい容姿を称賛され、歌舞伎NEXT『阿弖流為』では鮮やかな立ち回りを見せて喝采を浴びています。俳優として映画にも出演するなどの活躍で将来を嘱望されています。

女形歌舞伎役者【坂東玉三郎】編

最後にご紹介する女形歌舞伎役者は、梅沢富美男さんの異名の元にもなった坂東玉三郎さんです。坂東玉三郎さんは、その美しさと実力によって現代の女形の中では最高峰と呼ばれています。人間国宝にも認定されました。

元来は梨園出身ではなかったのですが、幼少期から習い始めた舞踊の才能が見いだされ、十四代目守田勘彌さんの養子になり、14歳の時に五代目坂東玉三郎を襲名しました。歌舞伎以外でも俳優・監督・演出家としての実力も発揮しています。

梅沢富美男の女形は若い頃から現在まで美しい

梅沢富美男さんの女形は若い頃から現在まで「現実の女性より美しい」と評価されてきました。梅沢富美男さんは若い頃よりタレント活動が増えた事で、女形とのギャップ効果で更に評判が上がっています。梅沢富美男さんは大衆演劇における不世出の女形としてその名を歴史に刻む事でしょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
fuyuhome
漫画とゲームが好きです。 最近は古いドラマを発掘して観るのにはまっています。 昔の俳優、今の俳優、どちらも違う...

新着一覧

最近公開されたまとめ