魚住勉と嫁の浅野温子の結婚の馴れ初めは?息子は魚住優アナ!

コピーライターなどとして活躍する魚住勉さんですが、嫁の浅野温子さんとの馴れ初めは判明しているのでしょうか?息子がNHKの魚住優アナウンサーというのは本当なのでしょうか?藤井フミヤさんとの関係も気になるところです。魚住勉さんの年齢や現在についても紹介します。

魚住勉と嫁の浅野温子の結婚の馴れ初めは?息子は魚住優アナ!のイメージ

目次

  1. 1魚住勉さんのプロフィール
  2. 2魚住勉さんと嫁・浅野温子さんの結婚について
  3. 3魚住勉さんと浅野温子さんの息子は魚住優アナ
  4. 4魚住勉さんの現在は?
  5. 5魚住勉さんの作品
  6. 6魚住勉さんと浅野温子さんの馴れ初めは謎で息子の活躍にも期待

魚住勉さんのプロフィール

年齢や現在の活動も気になる魚住勉さんですが、どのような人なのでしょうか?魚住勉さんはこれまでどのような活動をしてきたのでしょう?魚住勉さんのプロフィールについて詳しく見ていきましょう。

魚住勉さんの経歴

・愛称:???
・本名:魚住勉
・生年月日:1947年1月1日
・現在年齢:72歳
・出身地:熊本県
・血液型:???
・身長:???
・体重:???
・活動内容:コピーライター、作詞家
・所属グループ:なし
・事務所:???
・家族構成:妻(浅野温子)、息子(魚住優)

魚住勉さんは地元の熊本県立熊本高等学校へ進学しますが、実はこの高校の同級生が都知事選にも出馬して話題になった宇都宮健児さんなのだとか。高校を卒業された魚住勉さんは慶應義塾大学経済学部に進学し、卒業されます。

大学を卒業した魚住勉さんは、日本デザインセンターやサン・アドなどの広告代理店でコピーライターとして活躍しました。

1979年に魚住勉さんは独立し、その仕事内容もさらに多岐にわたるようになりました。この頃から魚住勉さんはコピーライターとしてだけではなく、作詞家としても活躍するようになっています。魚住勉さんの作詞家としての作品については、後ほど詳しく紹介します。

また、魚住勉さんは作家としての活動もされているようで、これまでに2作の著作を発売しているようです。

魚住勉さんと嫁・浅野温子さんの結婚について

魚住勉さんの嫁は女優の浅野温子さんです。二人はどのような馴れ初めで出会い、結婚されたのでしょうか?二人の馴れ初めや結婚の経緯について調べてみました。

嫁・浅野温子さんのプロフィール

まずは浅野温子さんのプロフィールから見ていきましょう。浅野温子さんは1961年3月4日生まれで現在の年齢は58歳です。ただ、とてもその年齢には見えないほど、現在も若々しい美貌を保っていることで知られています。

浅野温子さんは1980年代には「あぶない刑事」や「パパはニュースキャスター」などのドラマで活躍し、1991年には「101回目のプロポーズ」で注目を集めました。

魚住勉さんと浅野温子さんの馴れ初めは?

魚住勉さんと浅野温子さんの馴れ初めはどのようなものだったのでしょうか?浅野温子さんは女優ですし、魚住勉さんは当時コピーライターです。そんな二人に馴れ初めとなるような接点はあったのでしょうか?

コピーライターと女優に馴れ初めとなるような出会いがあるとすれば、CMや広告の撮影現場という可能性はありそうです。

実は魚住勉さんと浅野温子さんの馴れ初めについては、はっきりとしたことは判明していないようです。二人の年齢差が14歳もあるということなども踏まえると、知人の紹介などよりは、仕事関係で馴れ初めがあった可能性のほうが高そうです。

魚住勉さんと浅野温子さんが同じ仕事に関わったこともあるようなのですが、調べてみたところ、それはすべて結婚後のことでした。

企業のパーティや宴会などの席であれば、同じ仕事に関わっていなくても、二人が顔を合わせる可能性もあり、それが馴れ初めとなったということもあるでしょう。

ただ、すべては想像の範疇に過ぎず、夫婦のどちらも馴れ初めについて明かしていないということもあり、現在も魚住勉さんと浅野温子さんの馴れ初めについては不明というのが正しいようです。

1983年に浅野温子さんと結婚

馴れ初めは不明ではありますが、1983年に魚住勉さんは浅野温子さんと結婚されます。結婚した時の二人の年齢ですが、浅野温子さんが22歳、魚住勉さんが36歳でした。

浅野温子さんはトレンディドラマで大活躍中の時期のことでもあり、二人の年齢差も当時は話題になりましたが、特に結婚の記者会見などが行われたということもなかったようです。二人のツーショット画像なども見つかりませんでした。

魚住勉さんと浅野温子さんの息子は魚住優アナ

魚住勉さんと浅野温子さん夫婦の間には、息子が一人います。その息子の名前は魚住優といい、現在はNHKのアナウンサーをしています。二人の息子である魚住優さんいついて紹介しましょう。

浅野温子さんが年齢24歳で息子出産

息子の魚住優さんが生まれたのは1984年10月5日のことで、浅野温子さんの出産時の年齢は24歳でした。魚住優さんの年齢は現在36歳になります。

実は魚住優さんの母が浅野温子さんであることを多くの人が知ったのは2018年のことで、ごく最近の話だったようです。自身が担当する生放送番組で浅野温子さんの息子であることを公表した魚住優さんに、スタジオでは驚きの声があがったそうです。

息子・魚住優さんのプロフィール

息子の魚住優さんのプロフィールについて、簡単に紹介しましょう。魚住優さんは2009年にNHKに入局しますが、最初に赴任した先は岡山放送局でした。この時、魚住優さんは岡山・香川地区の地上デジタル放送推進大使をつとめています。

その後、盛岡放送局に転勤となり、さらに東京アナウンス室勤務を経て、現在は福岡放送局でニュース番組などを担当しているようです。

浅野温子さんが育児放棄の過去を告白?

実は浅野温子さんは息子の育児放棄を告白したことがあったそうです。息子を出産したとき、浅野温子さんは24歳と若かったことや、それまで女優としての経験しかなかったということもあり、一時的に育児ノイローゼのような状態になってしまったのかもしれません。

この時には浅野温子さんの母が息子の面倒を見ていたそうで、浅野温子さんはテレビドラマなどの撮影で忙しい日々を送っていたようです。

息子・魚住優さんは期待のNHKアナウンサー

現在、息子の魚住優さんは各地の放送局に転勤しながらも、NHKの期待のアナウンサーとして爽やかな魅力で活躍しています。

また、2017年には魚住優さんが結婚していたことも発覚しています。この魚住優さんの結婚した妻ですが、同い年の一般女性ということです。二人の間に子供がいるのかどうかについては、今のところいるという情報はないようです。

息子・魚住優さんは魚住勉さんと同じ慶應義塾大学卒業

息子の魚住優さんの学歴ですが、かなりの高学歴であることが判明しています。高校までは芸能人の息子が多く通う和光学園で過ごしたようです。和光学園にはダウンタウンの浜田雅功さんの息子なども通っていました。

和光高等学校を卒業した後は、父の魚住勉さんと同じ慶應義塾大学に進みます。大学卒業後、日刊スポーツ新聞社勤務を経て2008年にNHKに入局されました。

魚住勉さんの現在は?

魚住勉さんの現在はどうなっているのでしょうか?現在も魚住勉さんはコピーライターや作詞家として活動されているのでしょうか?魚住勉さんの現在について調べてみました。

2019年の誕生日で年齢72歳を迎えた魚住勉さん

魚住勉さんの現在ですが、年齢は72歳を迎えられたようです。浅野温子さんと結婚された時が36歳でしたので、現在は結婚36年目ということになります。

最近の仕事について調べてみたのですが、ここ数年の仕事の履歴については判明しませんでした。おおやけにしていないだけで仕事をされている可能性はあるかもしれませんが、年齢を考えて仕事を減らしている可能性もあるでしょう。

現在は病気で認知症の噂も浮上

実は魚住勉さんには現在、気になる噂があるそうです。それは病気に罹っているのではないかという噂や、認知症ではないかという噂だそうです。

しかし、調べてみたところ、魚住勉さんが病気や認知症を患っているという情報は見つかりませんでした。おそらく、最近は目立った仕事をしていないということもあり、こうした噂が立ってしまったものと考えられます。

現在も浅野温子さんとの夫婦仲は健在

魚住勉さんと浅野温子さんの夫婦仲についても調べてみましたが、現在のところ、不仲などの噂もなく、夫婦仲は良好のようです。

結婚から36年が経っていますが、魚住勉さんと浅野温子さんの夫婦は、一度も離婚危機などを報じられたことがありません。おそらく現在も夫婦円満でおしどり夫婦として過ごされているのではないかと考えられます。

魚住勉さんの作品

魚住勉さんは若い頃からコピーライターとして活躍し、さまざまな作品を残してきました。また、浅野温子さんと結婚後は作詞家として多くの楽曲の制作にも関わっています。そんな魚住勉さんの作品についても紹介しましょう。

伊勢丹の作品でコピーライターの新人賞を獲得

魚住勉さんがコピーライターとして活動を始めたのは1970年ですが、その2年後の1972年に伊勢丹の新聞広告ののキャッチコピーで新人賞を獲得します。この時のキャッチコピーが「ヒップとヒップとヒップとヒップとヒップとヒップ。」でした。

これをきっかけとして、魚住勉さんは多くの企業のコピーライティングに関わるようになり、コピーライターとしての知名度も上がっていきました。この当時は眞木準さんや糸井重里さんなど、数多くの著名コピーライターが活躍する時代でもありました。

その後はCMや広告などのコピーライトを担当

魚住勉さんはコピーライターとしてこれまで数多くの作品を世に送り出してきました。サントリーのギフトCMとして「男の気持ちです。」や、サントリー・オールドの「みんな、ひとりなんだ。」などが有名です。

他にも、丸井の「ひとりよりふたり。」や高橋酒造・白岳しろの「もうクラブ行かない。」、パルコの「はじめは恋、あとで愛。」などがあります。

作詞担当「男と女のラブゲーム」が大ヒット

魚住勉さんは1986年頃からは作詞家としても活動を始めます。最初の大ヒット曲となったのが「男と女のラブゲーム」でした。

この曲の歌詞は当初は武田薬品の「タケダ胃腸薬21」のCM用にサビの部分だけが作られたそうですが、問い合わせが殺到したためにフルバージョンの曲が急遽作られたという経緯があるそうです。発売されたレコードは大ヒットし、社会現象とまでなりました。

さらに魚住勉さんは人気バンドWANDSの最大のヒット曲である「もっと強く抱きしめたなら」の作詞にも関わっています。

この曲は妻の浅野温子さんが出演する三井生命CMソングとしても使用されました。最終的な売上枚数は166.3万枚を記録したのだそうです。この作品の作詞は上杉昇さんとの共同制作で作られたものでした。

山瀬まみさんのヒット曲でもある「星空のエトランゼ」も魚住勉さんの作詞によるものです。この楽曲は1988年4月15日から1989年3月28日までテレビ東京系で放送された人気アニメ「ホワッツマイケル」のエンディングテーマとして使用されました。

他にも魚住勉さんは、このアニメ「ホワッツマイケル」の主題歌やエンディングテーマなどの作詞を複数手がけています。

藤井フミヤさんも絶賛する「魚住勉の一行の恋」

魚住勉さんが2014年に発売された著書「魚住勉の一行の恋」も話題になりました。これは藤井フミヤさんが推薦したということで、藤井フミヤさんのファンなども購入したということもあり、人気となったようです。

この「魚住勉の一行の恋」は魚住勉さんが「恋」にまつわる名コピーを全編書き下ろした作品となっています。

藤井フミヤさんのプロフィール

魚住勉さんの著書を絶賛したという藤井フミヤんですが、元チェッカーズのボーカリストでもあり、現在はソロでミュージシャンや俳優として活躍しています。藤井フミヤさんのソロでのヒット曲には「TRUE LOVE」や「タイムマシーン」などがあります。

藤井フミヤさんの弟はサックス奏者でもある藤井尚之さんで、息子はフジテレビのアナウンサーでもある藤井弘輝さんとしても知られています。

その恋ぜんぶ自分のためじゃん

藤井フミヤさんが「魚住勉の一行の恋」の中で特に絶賛しているのが「その恋ぜんぶ自分のためじゃん」というものです。

たった一行ですが、藤井フミヤさんが絶賛するだけあり、恋というものの正体を見事に言い当てているフレーズだといえるでしょう。藤井フミヤさんはこの「魚住勉の一行の恋」を「言葉の針が心のツボを突く」とコメントされているそうです。

犬も歩けば恋に当たる

藤井フミヤさんも絶賛したこの「魚住勉の一行の恋」には、短くても心に響く名フレーズが数多く掲載されていますが「犬も歩けば恋に当たる」もそのうちのひとつでしょう。

レビューなどでも「一行なのに奥が深い」などといったコメントが寄せられているようです。魚住勉さんは、恋を探している人のために、この本を書かれたと言っており、まさに恋を知るのにはぴったりの本だと言えるかもしれません。

恋を見るな恋をしろ

「恋を見るな恋をしろ」も「魚住勉の一行の恋」の名フレーズのひとつといえるでしょう。恋に迷っている人も、このフレーズで解決してしまうこともあるかもしれません。

世の中に「恋」を扱った作品は数多とありますが、魚住勉さんは、『恋には「一行」が似合う。カンタンで短い「ひと言」がいい。』とこの著書の中でコメントされています。

魚住勉さんと浅野温子さんの馴れ初めは謎で息子の活躍にも期待

コピーライターとして活躍し、その後は作詞家としてもヒット曲を数多く世に送り出した魚住勉さんについて紹介してきました。魚住勉さんの妻は浅野温子さんで、現在も夫婦仲は円満なのだそうです。

夫婦の息子である魚住優さんも、NHKのアナウンサーとして将来を期待される人材なのだとか。魚住勉さんや息子の今後の活躍にも注目していきましょう!

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
春日つぼね

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ