ワラビ採り事件の真相!残虐な犯行や犯人の詳細!【未解決事件】

世の中には未解決事件が多数存在していますが、そのひとつが1979年に京都・長岡京市内で発生したワラビ採り事件です。被害者となった主婦が悲惨な状態で発見され、世間を震撼させました。今回は、捜査線上に犯人として浮上した人物など、ワラビ採り事件について振り返ります。

ワラビ採り事件の真相!残虐な犯行や犯人の詳細!【未解決事件】        のイメージ

目次

  1. 1ワラビ採り事件とは
  2. 2ワラビ採り事件の概要
  3. 3ワラビ採り事件の犯人候補
  4. 4ワラビ採り事件の5年後に殺人事件
  5. 5ワラビ採り事件のその後
  6. 6ワラビ採り事件は謎が多く残る未解決事件

ワラビ採り事件とは

未解決事件のひとつであるワラビ採り事件。まずは、このワラビ採り事件のことを簡単に説明していきます。

長岡京殺人事件とも呼ばれる未解決事件

ワラビ採り事件は1979年5月23日に京都府長岡京市の山中で発生した未解決事件です。この事件によって2人の罪のない主婦が犠牲になりました。殺害現場が長岡京だったため、長岡京殺人事件または長岡京2主婦殺害事件とも呼ばれています。

ワラビ採り事件の概要

ワラビ採り事件が発生した山はどのような場所だったのでしょうか?現場となった山の評判や遺体の状況など、ワラビ採り事件についての詳細を振り返ってみましょう。

事件発生は奥海印寺の通称「野山」

事件が起きたのは奥海印寺と呼ばれる標高約230メートルの里山の山頂付近で、周囲の住民からは「野山」と呼ばれているところです。このあたりはタケノコや山菜が採れる地域ということもあり、普段から多くの方が山菜採りやピクニックに訪れていたようです。

レイプ事件が起きていた?

多くの方が訪れていた場所とはいえ、現場付近は木や竹が生い茂っており、昼間でも薄暗いところが多かったのだそう。そのため、ワラビ採り事件が発生する前からレイプなどの犯罪が起きる治安の悪い場所でもあったといいます。

ワラビ採り中の主婦2人が殺害される

ワラビ採り事件の被害者は長岡京市内のスーパーでパートをしていた当時43歳の主婦Aさんと、当時32歳だった主婦Bさんです。

2人は1979年5月23日の午前6時から10時までパートの仕事を行った後、勤務先で昼食の弁当を購入し、自転車で野山へワラビ採りに出かけたのだそうです。

この日主婦Bさんは午後3時半頃に保育園へ子供を迎えに行く予定になっていましたが、その時間になっても保育園に現れず、家にも帰宅しなかったため、夫が心配して野山に探しに行ったのだそう。

しかし、主婦Bさんの夫は妻と主婦Aさんを見つけることができず、翌朝当直明けの主婦Aさんの夫も捜索に加わります。それでも妻たちを発見できなかったため、警察による捜査が開始されたといいます。

24日は深夜まで捜索が続けられましたが、この日は警察も2人を見つけることができませんでした。そして、25日になって警察犬を導入したところ、野山の山頂付近で主婦Aさんと主婦Bさんの遺体が発見されたのです。

2人の遺体には複数の傷跡があり、何者かによって殺害されたというのは一目瞭然だったようです。まず、主婦Aさんの死因は両手で首を絞められたことによる窒息死だった模様。

さらに遺体には全身を複数回殴打された痕もあり、肋骨は9本も骨折しており、肝臓は破裂していたそうです。主婦Aさんの着衣にはそれほど乱れはなかったようですが、体内に犯人のものと思われる体液が残っていたようです。

次に、主婦Bさんですが、死因は刃物で刺されたことによる失血死だった模様。遺体の胸には包丁が突き刺さったままだったうえ、主婦Aさんと同様に複数の打撲跡があったため、執拗に殴る蹴るの暴行を受けたものとみられています。

主婦Bさんは犯人と激しく争ったのか、履いていたジーパンが脱げて下着が引き裂かれるなど、着衣にはかなり乱れがあったようです。

しかし、主婦Aさんと違って犯人の体液などは遺体から検出されなかったとのこと。ただ、主婦Bさんの遺体には犯人のものと思われる体毛が付着しており、女性器に異物を入れられたような傷跡もあったそうです。

また、2人の胃の内容物などを調べた結果、2人が23日の午後1時半から2時の間に殺害されたということも分かっています。

アキレス腱が切られていた

遺体の状況からも被害者は激しい暴行の末に殺害されたということが窺えますが、2人の遺体がアキレス腱を切られていたという話も浮上しています。犯人が被害者を逃がさないため、最初にアキレス腱を切ったのではないかと考えられているようです。

金品は盗まれなかった

殺害された被害者2人のリュックからは、空の弁当箱や採ったワラビ、現金の入った財布が見つかったそうです。金品が盗まれた形跡がなかったことから、物取りによる犯行ではないと考えられています。

不可解なメモが衣服から発見

殺害された主婦Aさんのジーパンのポケットからは「オワレている たすけて下さい この男の人わるい人」と書かれた不可解なメモが発見されています。メモは鉛筆で走り書きされており、筆跡鑑定した結果、このメモを書いたのは主婦Aさんだと判明しています。

主婦Aさんが殺害されてしまったため、このメモの真意は分からないままですが、主婦Aさんが犯人の隙をついて逃げ出し、その道中でメモを落として誰かに見つけてもらおうと考え、こうした内容のメモを書いたのではないかと考えられているようです。

メモを書いた鉛筆は遺体周辺からは見つからず、遺体から少し離れた場所で鉛筆の芯だけが発見されたといいます。

また、主婦Aさんがメモを書く時間があったということから、警察では犯人が単独犯ではないかと考えていたようです。

主婦Bさんが暴行されている間に主婦Aさんがメモを書いたものの、犯人に脅されたため、逃げ出すこともメモを落とすこともできなかったのではないかと推測されています。

有力な情報がなく未解決事件に

主婦Aさんが書いたメモは見つかったものの、それ以外の有力な情報はありませんでした。そのため、犯人が特定できず、ワラビ採り事件は未解決事件になってしまったのです。

ワラビ採り事件の犯人候補

未解決のままのワラビ採り事件ですが、当時は複数の人物が容疑者として捜査線上に浮上していました。ワラビ採り事件の容疑者とされた人物や、容疑者だと疑われた理由を見ていきましょう。

犯人の血液型はO型

犯人が残した体液や体毛を鑑定した結果、犯人の血液型がO型であることが判明しています。そして、遺体の状況などから力の強い男性が犯人だろうと推測されています。

遺体に拳で殴られた痕があったことからも、警察は犯人が空手の有段者ではないかとも考えていたようです。

容疑者として挙げられた人物達

ワラビ採り事件の犯人だと疑われていた人物が複数名存在します。どんな人物が犯人だと疑われていたのか、その理由とともに見ていきましょう。

犯人説①不良2人組

重要参考人として調べられていたのは、当時長岡京市内に住んでいた建設作業員の不良2人組でした。この2人は事件前日に犬を連れて現場付近をうろつく姿や、事件当日の14時頃に逃げるようにして野山を下りていくところを目撃されています。

さらに、これまで態度の悪かった2人が事件後に突然真面目になったりと不自然な様子もあったようです。また、2人のうち1人が空手を習っていたということもあり、犯人ではないかと疑われていた模様。

こうした状況だけを見れば疑惑が高まるのは納得できますが、この2人が犯人だという確固たる証拠はなかったのだそう。また、実際には事件当日2人が別の場所にいたということを彼らが勤務していた建設会社の社長が証言していたようです。

犯人説②25歳~30歳位の男性2人組

不良2人組の他に、25歳から30歳くらいの男性2人組の目撃情報もありました。この2人組を目撃したのは近くの竹やぶで作業をしていた山林所有者の方で、その人曰く男性2人はジーンズに白いシャツという軽装で、ハイキング客のようには見えなかったそうです。

この2人組は主婦たちが野山に入山した10分くらい後に野山に入山したのだそう。しかし、この2人組に関しては身元不明であり、詳しく捜査することができなかったようです。

犯人説③40代の男性

事件当日ではありませんが、ワラビ採り事件の約1年前に事件現場から約300メートルほど離れたところで不審人物が目撃されていました。

目撃したのは夫と子供とともにワラビ採りに来ていた主婦で、作業着姿の40代くらいの男に「奥さん、ワラビ採れますか?」と声をかけられたのだそうです。

それだけなら不審人物というほどではありませんが、その男は手に30センチほどの長さの包丁を持っていたといいます。

驚いた主婦は少し離れた場所にいた夫と子供のところへ走って逃げたということで、その時は特にトラブルには発展しなかったようです。

しかし、この男に似た人物が事件の6日前にも目撃されていたため、似顔絵が作成され、事件後に一般公開されることになりました。

犯人説④殺害された主婦の夫

ワラビ採り事件の被害者遺族であるはずの主婦Aさんの夫も警察に疑いの目を向けられていたようです。というのも、主婦Aさんの夫はワラビ採り事件の後に妻の保険金で新車を購入したり、恋人を作ったりしていたのだそう。

一方、主婦Bさんの夫は妻の保険金をワラビ採り事件の捜査のために京都府警に寄付していたという話があります。

同じワラビ採り事件の被害者遺族でありながら、双方の対応が全く異なっていたため、警察は主婦Aさんの夫が保険金目当てでワラビ採り事件を起こしたのではないかと疑っていたようです。しかし、主婦Aさんの夫が犯人だという証拠はありませんでした。

犯人説⑤人攫いの一族

ワラビ採り事件の犯人が人攫いの一族だという噂も浮上しているようです。事件現場付近に住む人によると、野山界隈には昔から人攫いの一族というのが住んでいるという噂があり、これまでに何百人もの女性がいなくなっているという話もあるのだそうです。

しかし、人攫いの一族というのは人前に姿を現さず、人数も顔も分からないため、周囲の住民は対策ができず、怯えて暮らすしかないのだそう。ワラビ採り事件の現場付近の住民は、今でも人攫いの一族による犯行だと思っているそうです。

犯人に関するその他の情報

ワラビ採り事件では上記で紹介したように、不審人物の目撃情報などが複数寄せられていましたが、犯人に繋がりそうな情報は他にもありました。

情報①タケノコ泥棒が関係?

ワラビ採り事件が発生する数年前から現場の竹林ではタケノコが刃物で切り取られるという被害が続出していたそうです。

しかし、ワラビ採り事件の後はその被害が一切なくなったため、タケノコ泥棒が主婦たちと遭遇し、タケノコを切り取るために持っていた刃物で殺害したのではないかとも噂されていました。

情報②被害者主婦への怨恨説

ワラビ採り事件の犯人の動機が怨恨によるものだという意見も浮上していたようです。遺体が異常なまでに痛めつけられており、性的暴行まで受けていたからです。

ワラビ採り事件の被害者たちは周囲の人からいい印象を持たれていたようですが、一部で被害者2人がいじめをしていたという話もあったようです。

ワラビ採り事件の5年後に殺人事件

ワラビ採り事件の5年後に別の殺人事件が発生したのですが、この事件がワラビ採り事件と関係しているといわれています。

実はワラビ採りしていた主婦は3人いた

ワラビ採り事件の被害者は2人でしたが、実は被害者以外にもう1人ワラビ採りに来ていた主婦Cがいたという話があります。

主婦Cは被害にあった2人より先に下山していたため、被害にあわなかったそうですが、捕まらないままの犯人に主婦Cが狙われるのを危惧した警察がこの事実を公表しなかったのだそうです。

3人目の主婦が殺害される

主婦Cさんの存在が判明したのはワラビ採り事件から5年後の1984年5月15日のことです。主婦Cさんの自宅が火事になり、焼け跡から刺殺された主婦Cさんが見つかったのです。警察はこの事件とワラビ採り事件の関連を調べていたそうです。

女性の遺体は悲惨だった

主婦Cさんもワラビ採り事件の被害者同様、遺体は悲惨な状態だったそうです。首や背中は何度も刃物で刺され、首を絞められていたことが分かっています。さらに、主婦Cさんは布団や衣類をかぶせられ、その上から火をつけられていたようです。

犯人の血液型はO型

主婦Cさんが殺害された事件も未解決のままですが、この事件の犯人も血液型がO型だったことが分かっています。

ワラビ採り事件のその後

残虐な犯行で世間を震撼させたワラビ採り事件。ワラビ採り事件はその後どうなったのでしょうか?

未解決事件のまま時効

2010年には殺人などの凶悪犯罪の時効が撤廃、延長されることになりましたが、ワラビ採り事件が発生したのはそれよりも約30年前の1979年5月23日でした。そのため、ワラビ採り事件は未解決のまま1994年5月24日に公訴時効が成立してしまいました。

殺害された主婦の幽霊がでる噂

ワラビ採り事件の現場付近では幽霊が出るという噂も浮上しているようです。近くを阪急バスが通っているのですが、そのバスの最終便の後部座席に被害者2人の幽霊が乗っているのを見たという運転手が何名もいるのだそうです。

また、現場付近をバイクで通りがかった人は、後ろに乗っていた彼女が突然バイクから落ち、「誰かに押された」といっていたのだそう。そして、彼女が押されたという部分を見ると、黒い手形のような跡もついていたといいます。

殺害された主婦の夫は?

上記でも紹介したように、ワラビ採り事件の後、主婦Aの夫は保険金で新車を購入し、恋人を作っていたといわれています。主婦Bの夫は保険金を警察に寄付したということで、事件解決を誰よりも望んでいたのではないでしょうか?

事件をモデルとしたドラマ

2015年にはドラマ「天使と悪魔ー未解決事件匿名交渉課」の中でワラビ採り事件をもとにしたストーリーが放送されていたようです。

ワラビ採り事件は謎が多く残る未解決事件

今回は、1979年に発生したワラビ採り事件について紹介しました。不審人物の目撃情報や犯人の体液などは残されていたものの、捜査は進展せず、1994年に時効を迎えてしまいました。

しかし、このままでは無残に殺害された被害者たちが浮かばれません。今後何らかの形で真相が解明されることを願っていましょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

編集部
この記事のライター
Windy編集部

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ