【東京喰種】和修常吉の若い頃!うろんの母を倒した?その後は?

「東京喰種:re」に登場した喰種対策局の総議長・和修常吉の若い頃について調べていきます。また、和修常吉が倒したとされるレートSSSの喰種「うろんの母」の正体や、アオギリの樹討伐戦後に和修常吉が死亡した原因などを追っていきます。

【東京喰種】和修常吉の若い頃!うろんの母を倒した?その後は?のイメージ

目次

  1. 1【東京喰種】和修常吉とは
  2. 2東京喰種の和修常吉の若い頃
  3. 3東京喰種の和修常吉はうろんの母を倒した?
  4. 4東京喰種の和修常吉のその後も調査
  5. 5東京喰種の和修常吉は若い頃からSSSレート喰種討伐など実力者のCCG総議長

【東京喰種】和修常吉とは

漫画「東京喰種:re」に登場する和修常吉は、和修 吉時、和修旧多宗太の父親にあたる人物です。喰種対策局「CCG」の総議長を務めており、CCGに対して絶大な影響力を持っています。

和修常吉はその鬼のような厳しい顔つきから「鬼常」と呼ばれ、周囲から恐れられる存在としても知られています。今回は東京喰種に登場する和修常吉について詳しく調べていきます。

アニメや漫画などで人気「東京喰種」の概要

週刊ヤングジャンプで連載された漫画「東京喰種」は連載開始直後から人気が沸騰し、テレビアニメも3シーズンに渡って制作されました。現在漫画「東京喰種」、続編「東京喰種:re」ともに連載を終了しています。

「東京喰種」では人間と人間を捕食する「喰種」との戦い、そして人間と喰種の間で苦悩する主人公・金木研の姿などがリアルに描かれており、2010年代を代表する漫画として現在でもその人気は続いています。

アニメ「東京喰種√A」や「東京喰種:re」も話題に

アニメでは「東京喰種トーキョーグール」「東京喰種トーキョーグール√A」に続き「東京喰種トーキョーグール:re 最終章」が2018年10月より放映され、漫画ファンだけでなくアニメファンにも大好評となりました。

テレビアニメでの限界ギリギリの残酷描写に挑戦した「東京喰種トーキョーグール」は、漫画「東京喰種」の世界観をリアルに表現した作品となっており、放映が終了した現在でも人気は継続しています。

東京喰種の和修常吉の若い頃

「東京喰種:re」に登場する和修家の長・和修常吉ですが、「東京喰種:re」13巻では若い頃の和修常吉が登場し、CCGを率いていた頃のエピソードが描かれました。ここで和修常吉の若い頃について詳しく見ていきましょう。

和修常吉は喰種対策局(CCG)総議長

和修常吉は喰種を取締り駆逐するための組織・喰種対策局(CCG)の総議長を務めています。喰種対策局(CCG)に対するその影響力は絶大で、和修常吉に逆えば潰されると噂されているほどの人物とされています。

和修常吉と言えば和修家

和修常吉はその苗字からもわかるように和修家の人間になります。物語中盤から登場する和修家の正体は深い謎に包まれていますが、喰種対策局(CCG)と深いかかわりにあることがわかっております。

和修家は江戸時代の頃から喰種討伐などを行なっていた一族とされています。したがってその一族の末裔である和修常吉や和修家の人間達も喰種に対抗するだけの力を持っていることがうかがえます。

和修常吉の息子は和修吉時

喰種対策局(CCG)の総議長・和修常吉の息子に和修吉時がいます。和修吉時は喰種対策局(CCG)の本部局長を務めており、また対策Ⅱ課所属捜査官である和修政の父親にあたる人物としても知られています。

和修吉時は「あんていく」掃討戦の際に指揮をとるなどCCG内でもかなりの実力と地位を兼ね備えた人物であり、ここでもまた和修家と喰種対策局(CCG)のつながりの深さをうかがい知ることができます。

和修常吉は若い頃から実力者

喰種対策局(CCG)の総議長・和修常吉は若い頃からその高い実力は知られており、現在の喰種対策局(CCG)の前身の組織「喰種対策院」では局長として実戦にも参加し活躍していたことがわかっています。

若い頃にはSSSレートの喰種討伐経験あり

和修常吉は若い頃「喰種対策院」で局長として喰種討伐をしていました。討伐した喰種の中には「推定駆逐貫度特三度」今で言うところの「SSSレート」の喰種を討伐したことがわかっています。

「喰種対策院」の時代には対喰種用の武器・クインケや、喰種の力を取り込んだクインクス班のような特殊部隊も存在せず、それでもなおSSSレートの喰種を討伐したということは和修常吉にはかなりの戦闘能力があったことがうかがえます。

東京喰種の和修常吉はうろんの母を倒した?

東京喰種に登場する喰種対策局(CCG)の総議長・和修常吉は、若い頃喰種対策院の局長を務めていました。そして喰種対策院当時に暴れ回っていたSSSレートの喰種「うろんの母」を和修常吉が倒していたことが明らかになりました。

ここではSSSレートの喰種「うろんの母」の正体と和修常吉の若い頃について掘り下げていきます。

うろんの母とは

うろんの母の姿は囚人服のような縞模様の服を着て、クモの足のように伸びる6本の手と、大きな口がついたコミカルな顔をしています。一見するとそれほど強くないようにも見えます。

しかしうろんの母の巨大な体格から繰り出されるパワーのある攻撃はCCGの一等捜査官である瓜江や黒磐を圧倒しており、やはりうろんの母にはSSSレートの実力があることは間違いないようです。
 

うろんの母の正体は帆糸ロマ

圧倒的な体格とパワーを誇る「うろんの母」の正体ですが、非常に意外な人物であることがわかりました。うろんの母の正体は「あんていく」の従業員・帆糸ロマだったのです。帆糸ロマは「ドジっ娘キャラ」としても知られている見た目幼い感じの女性です。

しかし、実際に帆糸ロマが赫者化した姿が「うろんの母」であり、しかも謎の喰種集団・ピエロの一員であることもわかりました。

ちなみに「うろんの母」の「うろん」とは漢字では「胡乱」と書きます。この漢字には「あいまいなもの」「うさんくさいもの」という意味があり、行動や素振りなどが怪しげな様子を指します。

帆糸ロマがあんていくの女性店員をしながら、その一方でピエロのメンバーであったり、弱そうなドジっ娘なのに実はSSSレートの喰種であったりするのは、まさに「うろん」という状態といえます。

うろんの母を倒したのは和修常吉が若い頃?

しかしここで一つ疑問な点は、喰種対策局(CCG)の総議長である和修常吉が若い頃に討伐したという「うろんの母」の正体が帆糸ロマだとすれば、帆糸ロマはいったい何歳なのかという事です。

和修常吉が「うろんの母」に若い頃に出会っているということは、帆糸ロマはすでにかなりの年齢に達していると思われ、現在の帆糸ロマの若い見た目からするとだいぶ年齢が合わないように思えます。

実は帆糸ロマの年齢は51歳となっており、和修常吉が若い頃に戦っていたとしてもおかしくない年齢です。帆糸ロマが若い見た目をしているのは喰種の「共食い」を繰り返した結果のようです。

帆糸ロマは「共食い」によって体内のRc値(喰種化しているかどうかの基準となる数値)が上昇し、体が若返っています。そして帆糸ロマが赫者化し「うろんの母」の姿になるのも「共食い」によるRc値の上昇が関係していると思われます。

Thumb【東京喰種】ロマの正体はピエロのボス?強さや性格は?
漫画とアニメと映画が話題の「東京喰種」の後半パートである「東京喰種:re」で活躍したロマは、...

東京喰種の和修常吉のその後も調査

漫画「東京喰種:re」に登場する和修常吉は喰種対策局(CCG)の大ボスともいうべき存在です。和修常吉の若い頃はSSSレートの喰種「うろんの母」を討伐するなど圧倒的な実力と実績を誇っていました。

ここからは和修常吉の「東京喰種:re」でのその後について詳しく調べていきたいと思います。

和修常吉のその後は死亡

喰種対策局の総議長として、また和修家のトップとして君臨していた和修常吉ですが、旧多二福(和修吉福)の企みにより喰種集団・ピエロと謎の組織・V(ヴィー)による和修家襲撃事件の際、死亡が確認されました。

アオギリ討伐作戦で暗殺による死亡

「東京喰種:re」での終盤に行われたアオギリ討伐作戦では、喰種対策局(CCG)が喰種集団・アオギリの樹が拠点としていた「流島(るしま)」に乗り込み、殲滅戦が行われました(流島上陸作戦)。

そして流島上陸作戦が終盤に向かう頃、旧多二福はVやピエロのメンバーとともに和修家に乗り込み、父・和修常吉と和修一族を死亡させています。
 

和修常吉の死亡は旧多二福の陰謀

和修常吉は流島上陸作戦後、謎の組織Vや喰種集団・ピエロの襲撃に遭い命を落としてしまいます。この襲撃事件の首謀者は和修家の分家出身で和修常吉の息子である旧多二福でした。

旧多二福は和修常吉を含む自分以外の和修一族を抹殺することで自分自身を和修家のボスとして君臨させるという陰謀を企てました。旧多二福は和修常吉の死亡後、自身の名前を和修吉福と改名し、CCGの局長に就任します。

東京喰種の和修常吉は若い頃からSSSレート喰種討伐など実力者のCCG総議長

東京喰種に登場する和修常吉は代々喰種討伐を生業としてきた和修家の人間であり、現在は喰種対策局の総議長を務めている人物です。若い頃の和修常吉はクインケなどの武器がない時代にSSSレートの喰種「うろんの母」を討伐するなど、抜きんでた実力の持ち主でした。

しかし和修常吉はその後旧多二福の陰謀によって死亡し、和修家もまた破滅に追い込まれました。和修家や和修常吉については漫画連載やアニメ放映が完結した現在でも様々な推測や考察がなされており、その存在感はいまだにファンの印象に残っているようです。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
ゆすやん
漫画・アニメ・映画大好きの元CGクリエイター・デザイナーです。声優・アイドルなどサブカル全般詳しいです。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ