ウィルスミスの歴代吹き替え声優まとめ!作品ごとに紹介!

映画「アラジン」が公開され、ジーニー役を演じたウィルスミスに注目が集まっています。ウィルスミスと言えば歴代の吹き替えを豪華な声優が務めている事で有名ですが、作品によって吹き替え声優は違うようです。ウィルスミスの吹き替え声優について詳しく見て行きましょう。

ウィルスミスの歴代吹き替え声優まとめ!作品ごとに紹介!のイメージ

目次

  1. 1ウィルスミスのプロフィール
  2. 2ウィルスミスの歴代吹き替え声優と言えば山寺宏一?
  3. 3ウィルスミス代表作品「メン・イン・ブラック」の吹き替え声優は?
  4. 4ウィルスミス映画「バッドボーイズ」の吹き替え声優は?
  5. 5ウィルスミスの吹き替え歴代声優は実力派ぞろい

ウィルスミスのプロフィール

・愛称:???
・本名:“ウィル”ウィラード・キャロル・スミス・ジュニア(Willard Carroll "Will" Smith Jr.)
・生年月日:1968年9月25日
・年齢:50歳(2019年9月現在)
・出身地:アメリカ合衆国 ペンシルベニア州フィラデルフィア
・血液型:B型
・身長:188㎝
・体重:???
・活動内容:俳優、映画プロデューサー、ラッパー
・所属グループ:なし
・事務所:???
・家族構成:ジェイダ・ピンケット=スミス(妻)、ジェイデン・スミス(息子)、ウィロー・スミス(娘)

ウィルスミスの経歴

まずはウィルスミスの簡単な経歴から見て行きましょう。アメリカを代表するハリウッドスターとして知られているウィルスミスですが、実は幼少期からパーティーなどでラッパーとして活動を行っていたそうです。当時、ウィルスミスはラッパーとして、DJ・ジャジー・ジェフ&ザ・フレッシュ・プリンスを名乗って活動をしていたそうです。

ラッパーとして才能があったウィルスミスは、1987年にアルバム「Rock The House」をリリースしてデビューを果たします。翌年に発売されたシングル「Parents Just Don't Understand」はヒットを記録し、瞬く間にウィルスミスの名が世界中へと広まっています。

ラッパーとして人気を博したウィルスミスは、1990年にテレビに進出し俳優としても活動を開始しています。1992年には映画デビューも果たしており、1995年には「バッドボーイズ」1996年には「インデペンデンス・デイ」と立て続けにヒット映画に主要キャラクターとして出演し、ハリウッドスターとして知られるようになっていきます。

現在もウィルスミスの活躍は留まる事を知らず、2019年に世界中から注目を浴びながら公開された映画「アラジン」ではジーニー役を演じるなど、今なおハリウッドスターとして不動の地位を築きあげています。また、ウィルスミスの妻や子供2人も女優や俳優として活躍をしており、世界中から注目を集めている家族とも言えます。

Thumbウィルスミス出演映画一覧!おすすめや人気は?アラジンなど最新作も!
誰もが知る人気ハリウッド俳優のウィルスミスは数多くの映画作品に出演しています。どの出演作も人...

ウィルスミスの歴代吹き替え声優と言えば山寺宏一?

ここからは、ウィルスミスの吹き替えを担当した声優についてご紹介していきます。ウィルスミスの吹き替えを担当した歴代の声優の中で最も有名なのが、国内のアニメの吹き替えでも人気を得ている声優・山寺宏一です。山寺宏一はウィルスミスのどの作品の吹き替えを担当していたのでしょうか?

山寺宏一とは

まずは、ウィルスミスの歴代の吹き替えを担当した声優の中で、最も有名な山寺宏一について簡単にご紹介しておきましょう。山寺宏一はやまちゃんの愛称で親しまれている人気声優で、タレントやナレーター、司会者や俳優、ものまねタレントなど幅広く活躍をしている人物です。

山寺宏一が吹き替えをした映画最新作品は「アラジン」

山寺宏一がウィルスミスの吹き替えを担当した作品は何があるのでしょうか?ウィルスミスの最新映画作品の中から山寺宏一が吹き替えを担当した作品を調べてみると、2019年に公開されたばかりの映画「アラジン」の吹き替えを担当していた事が分かりました。ちなみに、ウィルスミスは主要キャラクターのジーニーを演じています。

また、「アラジン」の影に薄れてしまっていますが、2019年に公開された映画「ジェニマン」でも、山寺宏一がウィルスミスの吹き替えを担当しているようです。こちらも最新作品ではありますが、「アラジン」があまりにも注目されている為に少し知名度は低いようです。

映画「アラジン」とは

2019年に公開された映画「アラジン」は、ディズニー映画の実写版として作成され、現在もヒットを記録している最新の映画です。日本では女優の菅野美穂も吹き替えの声優として出演し、公開前からかなり注目を集めていた作品でもあります。

インデペンデンス・デイも山寺宏一が吹き替え

山寺宏一は「アラジン」以外でもウィルスミスの映画作品の吹き替えを担当していたようです。最も有名なものでは、1996年に公開され今なお世界中で支持されている映画「インディペンデンス・デイ」があります。ウィルスミスはスティーヴン・ヒラー大尉役という主要キャラクターで出演をしています。

アイ,ロボットのデル刑事役も

山寺宏一がウィルスミスの吹き替えを担当した作品はまだあります。2004年に公開された映画「アイ,ロボット」のウィルスミスの吹き替えも、山寺宏一が担当していた事が報告されています。ちなみに、ウィルスミスはデル・スプーナー刑事と言う主要キャラクターを演じています。

この他にも、2007年に公開された映画「アイ・アム・レジェンド」で山寺宏一がウィルスミスの吹き替えを担当しています。山寺宏一がウィルスミスの吹き替えを担当した歴代の声優の中で最も有名なのは、吹き替えを担当した作品がどれも世界的ヒットを記録していたからのようです。

ウィルスミス代表作品「メン・イン・ブラック」の吹き替え声優は?

ウィルスミスの代表作品と言えば、老若男女問わず人気を得ている映画「メン・イン・ブラック」があります。日本でもロードショーで放送されるなど今なお人気の作品ですが、「メン・イン・ブラック」でのウィルスミスの吹き替えを担当した声優は一体誰だったのでしょうか?

映画「メン・イン・ブラック」とは

映画「メン・イン・ブラック」は1997年にシリーズ1作品目が公開されており、2002年には2作品目が、2013年には3作品目が公開されており、そのどれもが世界的ヒットを記録しています。

劇場版・ソフト版の吹き替え俳優は江原正士

劇場版とソフト版の「メン・イン・ブラック」でウィルスミスの吹き替えを担当したのは、江原正士です。「メン・イン・ブラック」シリーズでウィルスミスはジェームズ・エドワーズと言うコミカルな刑事を演じており、声優を担当した江原正士の吹き替えも素晴らしいと国内で評価されています。

江原正士とは

ここで江原正士について簡単にご紹介しておきましょう。江原正士は声優や俳優、ナレーターとして活躍をしている人物で、青二プロダクションに所属しています。洋画の吹き替えを多く担当しており、ウィルスミスの他にもトム・ハンクスやエディー・マーフィーの吹き替えも担当しています。

地上波テレビの吹き替え俳優は東地宏樹

「メン・イン・ブラック」はロードショーなど地上波テレビでも数多く放送されていますが、実は劇場版と地上波テレビでは吹き替えを担当した声優は違うそうです。地上波テレビの吹き替えを担当したのは、東地宏樹との事です。

東地宏樹とは

ここで東地宏樹について簡単にご紹介しておきましょう。東地宏樹は声優やナレーター、俳優として活躍をしている人物で、大沢事務所に所属しています。東地宏樹は「メン・イン・ブラック」の地上波テレビの吹き替えを募集していた際に、ウィルスミスのファンである事から応募したそうです。

ウィルスミス映画「バッドボーイズ」の吹き替え声優は?

ウィルスミスがハリウッドスターとして知られるようになったのは、1995年に公開された映画「バッドボーイズ」であると言えるでしょう。世界的ヒットを記録した映画「バッドボーイズ」のウィルスミスの吹き替えを担当したのは、実はこれまでにご紹介した声優ではなかったようです。

劇場版・ソフト版の吹き替え俳優は菅原正志

映画「バッドボーイズ」のウィルスミスの吹き替えを担当したのは、菅原正志なんだそうです。菅原正志が担当したのは、劇場版とソフト版で地上波テレビの吹き替えではなかったようです。映画「バッドボーイズ」では、ウィルスミスはマイク・ローリー役を演じています。

菅原正志とは

劇場版やソフト版で吹き替えを担当した菅原正志について簡単にご紹介しておきましょう。菅原正志は声優やナレーター、俳優として活躍をしている人物で、大沢事務所に所属しています。アニメの吹き替えで有名な声優で、「マクロス」シリーズのレイ・ラブロックや、「機動戦士ガンダム」のサウス・バニングの声優として知られています。

地上波テレビの吹き替え俳優は大塚明夫

映画「バッドボーイズ」は地上波テレビでも放送されていますが、地上波テレビの吹き替えを担当したのは大塚明夫なのだそうです。地上波テレビで放送された映画「バッドボーイズ」のウィルスミスの吹き替えは、少し低めの声でいつもとは違った印象を受けた人も多かったようです。

大塚明夫とは

ここで大塚明夫についても簡単にご紹介しておきましょう。大塚明夫は声優やナレーター、俳優として活躍をしている人物で、マウスプロモーションに所属しています。ウィルスミスの他にも、スティーヴン・セガール、ニコラス・ケイジなどの大物ハリウッドスターの吹き替えを担当しています。

バッドボーイズは2020年にも公開予定

1995年にヒットを記録した映画「バッドボーイズ」ですが、実は2020年に新たなシリーズが公開される予定なのだそうです。2020年には「バッドボーイズ フォー・ライフ」というタイトルで公開予定されており、ウィルスミスは15年ぶりにマイク・ローリー役を演じます。ちなみに、まだ吹き替えの担当声優は発表されていません。

ウィルスミスの吹き替え歴代声優は実力派ぞろい

ウィルスミスの歴代の吹き替え声優についてご紹介してきましたが、いずれも実力派の有名声優ばかりが吹き替えを担当していた事が分かりました。今回はご紹介していませんが、過去には香取慎吾や小山力也も吹き替えを担当しています。

ウィルスミスは今なおハリウッドスターとして活躍を続けているので、今後新たな映画が公開される事は間違いありません。その際には、どんな声優が吹き替えを担当するのかにも注目をしていきましょう。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
yu yamashiro
現在第2子妊娠中のマタママです。エンタメ系の記事を書いていますが、エンタメには全く興味がありませんww

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ