薬丸隼人(やっくん息子)の現在!所属チームや成績は?プロフィールまとめ

薬丸裕英さんと石川秀美さんを両親に持つ薬丸隼人さんは現在海外でサッカーをしていますが、これまでにどのような経歴を持つのでしょうか?薬丸隼人さんの経歴や現在の様子、身長や家族構成、所属しているサッカーチームや成績について調べてみました。

薬丸隼人(やっくん息子)の現在!所属チームや成績は?プロフィールまとめのイメージ

目次

  1. 1薬丸隼人(薬丸裕英の息子)のプロフィール
  2. 2薬丸隼人の現在
  3. 3薬丸隼人のサッカー所属チームや成績
  4. 4薬丸隼人の身長も調査
  5. 5薬丸隼人の家族について
  6. 6薬丸隼人の現在はサッカー選手として海外で活躍

薬丸隼人(薬丸裕英の息子)のプロフィール

・愛称:不明
・本名:薬丸隼人
・生年月日:1993年4月19日
・年齢:26歳(2019年11月現在)
・出身地:東京都
・血液型:不明
・身長:181cm
・体重:不明
・活動内容:サッカー選手
・所属グループ:なし
・事務所:なし
・家族構成:父(元シブがき隊の薬丸裕英)、母(タレントの石川秀美)、兄(俳優の薬丸翔)、妹(タレントの薬丸玲美)、弟

薬丸隼人の経歴

薬丸隼人さんは元「シブがき隊」の薬丸裕英さんと、元歌手の石川秀美さんとの間に生まれた二世です。薬丸隼人さんは幼少期からサッカーが好きで、薬丸隼人さんは小学1年生から地元のサッカーチームでプレーをしていました。

サッカー少年だった薬丸隼人さんは有名私立校として知られる和光学園に進学し、中学校まで和光学園で過ごします。そんな薬丸隼人さんは中学時代に「東京ヴェルディ」のユースチームに所属するなど、サッカー選手として徐々に頭角を現していきました。

そして薬丸隼人さんは中学卒業後に単身でスペインに留学し、現地の高校に通いながらさらにサッカーの技術を高めていきます。その後はスペインの2部リーグで活躍し、2014年からはドイツのサッカーチームに移籍しました。

薬丸隼人さんは現在もサッカー選手として活躍を続けていますが、薬丸隼人さんの現在の活動状況や詳しい経歴については後ほど改めてご説明します。

薬丸隼人の現在

薬丸裕英さんと石川秀美さんを両親に持つ二世でもある薬丸隼人さんは、現在何をしているのでしょうか?薬丸隼人さんの現在について調べてみました。

2019年の誕生日で年齢26歳の薬丸隼人

薬丸隼人さんは薬丸裕英さんと石川秀美さんの2番目の子供であり、2019年の誕生日を迎えて年齢が26歳になりました。薬丸隼人さんは薬丸裕英さんと石川秀美さんという個性を大事にする素晴らしい両親に育てられ、芯が強く真っ直ぐな性格に育ったそうです。

薬丸隼人は現在サッカー選手として活躍

そんな薬丸隼人さんは先ほどご紹介したように、現在もサッカー選手として海外で活躍をしています。薬丸隼人さんは中学卒業後に単身でスペインに渡ってサッカーの腕を挙げてきましたが、ヨーロッパの選手たちに身体能力では劣る部分が多く、かなり苦労したそうです。

薬丸隼人さんはヨーロッパ人と比較すると身長が低く、身長が理由で好きなポジションを選べなかったという辛いエピソードもあるようです。しかし薬丸隼人さんは自分の長所を生かすことで、異国の地でも活躍できるサッカー選手として成長していきました。

薬丸隼人の現在の顔は?

薬丸隼人さんは薬丸裕英さんと石川秀美さんという芸能人の両親を持ちますが、本人は一般人であり、SNSのアカウントも持っていないため、残念ながらネット上にあまり顔写真などは出回っていません。

しかし薬丸隼人さんはかなり濃い顔をしていて、顎髭を生やしたダンディーな風貌をしているそうで、あまり両親には似ていないと言われています。

薬丸隼人のサッカー所属チームや成績

薬丸裕英さんと石川秀美さんという両親を持ちながらも、芸能界入りはせずにサッカー選手として海外で活躍している薬丸隼人さん。そんな薬丸隼人さんが所属しているサッカーチームはどこなのでしょうか?薬丸隼人さんのサッカーチームや成績について調べてみました。

元サッカー所属チームは「ウーロンゴン・オリンピック」

薬丸隼人さんは中学卒業後に単身でスペインに渡り、現地の学校に通いながらスペインのサッカーチームで1年間プレーをして、その後はイングランドに渡って現地のサッカーチームに移籍しました。

その後も色んなサッカーチームを渡り歩き、薬丸隼人さんは2012年にスペインのサッカーチームであるサバデルフの「ベニールB」に所属が決まったことが報じられています。そして薬丸隼人さんはしばらくの間スペイン2部リーグでプレーをしていました。

このように薬丸隼人さんは海外でも色んなサッカーチームに所属し、サッカーの技術だけでなく語学力も高めていきました。その後薬丸隼人さんはオーストラリアのサッカーチームである「ウーロンゴン・オリンピック」に所属しています。

オーストラリアのセミプロサッカーチーム

薬丸隼人さんがオーストラリアでプレーをしていた「ウーロンゴン・オリンピック」とは、オーストラリアの「セミプロサッカーチーム」と呼ばれています。オーストラリアのサッカーチームには「プロ」と「セミプロ」があるため、これらの違いについてご説明します。

プロサッカーとセミプロサッカーの違いとは

海外のサッカーチームにおける「プロ」と「セミプロ」の定義は諸説あるようですが、一般的に「プロ」はサッカーだけで生活できる高い技術を持った人で、「セミプロ」とはサッカーだけでは生計を立てられず他の仕事をする人のことを言うようです。

日本もサッカーチームはJ1とJ2、J3に別れていますが、かなり給料に差があります。J1の平均年俸は2千万円、J2の平均年俸は400万円、J3はアマチュア契約なので最高年俸でも400万円とも言われており、J3の選手はアルバイトで生計を立てているそうです。

このため、薬丸隼人さんが所属していた「セミプロ」サッカーチームである「ウーロンゴン・オリンピック」は、日本で言うJ3のようなチームなのではないかと考えられます。

2019年6月30日まではドイツ6部リーグ「SSVgハイリゲンハウス」所属

薬丸隼人さんはその後も色んなサッカーチームに移籍を繰り返し、2014年頃からはドイツでプレーをしていたそうです。そして2019年6月30日まではドイツの6部リーグ「SSVgハイリゲンハウス」に所属していました。

「SSVgハイリゲンハウス」ではFW(フォワード)担当

薬丸隼人さんは元々ゴールキーパーでしたが、スペインに渡った後にフォワードに転向しています。そして薬丸隼人さんは「SSVgハイリゲンハウス」では持ち味の足の速さを生かし、チームを引っ張る存在として活躍していました。

薬丸隼人のサッカー成績について

薬丸隼人さんはこれまで色んなサッカーチームに所属してきましたが、一番の武器は足の速さだと言われています。薬丸隼人さんは陸上の短距離選手としても活躍できるレベルの足の速さを持ち、素早い攻撃を仕掛けられる素晴らしい選手として知られています。

そして薬丸隼人さんは何度もチームを移籍したにもかかわらず、どのチームでも仲間や監督たちとすぐに打ち解けられる素晴らしいコミュニケーション能力を持っており、チームメイトたちからも愛されているそうです。

薬丸隼人さんはこれまでオーストラリアのセミプロと、ドイツの6部リーグといういわゆる「下位チーム」にしか所属できていませんが、その優れた身体能力が高く評価されていて、今後の活躍が期待されています。

薬丸隼人の身長も調査

身長が低いという理由で、サッカーチームでフォワードに変更されたというエピソードを持つ薬丸隼人さんですが、身長はどれぐらいあるのでしょうか?薬丸隼人さんの身長について調べてみました。

薬丸隼人は現在身長181cm

薬丸隼人さんの現在の身長は181㎝で、かなりの長身です。薬丸隼人さんの兄も身長が185㎝もあるとのことなので、兄弟そろって高身長であることがわかります。

日本人男性の平均身長と比較

ちなみに日本人の成人男性の平均身長は171㎝なので、薬丸隼人さんは平均身長よりも10㎝程度身長が高いことになります。このため薬丸隼人さんはかなり身長が高い部類に属することが改めてわかりますね。

サッカー修行開始時期は身長180cm以下

しかし薬丸隼人さんは中学卒業後に単身でスペインに渡った当時はまだ身長が170㎝後半で、現地のサッカーチームの監督から「身長が180㎝超えていないとゴールキーパーにはなれない」と言われてしまったそうです。

薬丸隼人さんは長年ゴールキーパーとしてプレーをしていたため、当然ゴールキーパーになるつもりでしたが、身長が理由でゴールキーパーになれず、その後フォワードに転向しました。

ゴールキーパーからフォワードに転向した直後はかなり戸惑いもあったとのことですが、薬丸隼人さんは元々かなり足が速い選手だったため、自分の長所である俊足を生かせると前向きに捉え、練習に励んだそうです。

薬丸隼人の家族について

芸能人である薬丸裕英さんと石川秀美さんを両親に持つ薬丸隼人さんですが、5人兄弟の次男という大家族の中で育っています。薬丸隼人さんの家族構成や、家族たちの経歴についてご紹介します。

薬丸隼人の家族構成

薬丸隼人さんは兄弟が5人もいる7人家族であり、かなりの大家族です。薬丸隼人さんには兄と妹、そして弟がいますが、薬丸隼人さんの家族構成や家族たちのプロフィールや経歴について、詳しく見ていきましょう。

薬丸隼人は元人気アイドル薬丸裕英と石川秀美の息子

何度かご紹介しているように、薬丸隼人さんは人気アイドルだった薬丸裕英さんと石川秀美さんを両親に持つ二世でもあります。このため薬丸隼人さんは幼少期から芸能界入りするのではないかと噂されていましたが、結局は芸能界入りすることはありませんでした。

しかし薬丸隼人さんの兄弟たちはほとんどが芸能界入りをしているため、現在では「親の七光り」や「二世のコネ」といった声も寄せられているようです。薬丸隼人さんの家族たちの経歴について、次から詳しくご紹介します。

家族①父親は薬丸裕英

薬丸隼人さんの家族1人目は、父親の薬丸裕英さんです。薬丸裕英さんは1966年2月生まれの現在53歳で、1981年のドラマ『2年B組仙八先生』で芸能界入りをしています。薬丸裕英さんはその後アイドルグループ「シブがき隊」としてデビューしました。

そして1988年に「シブがき隊」が解散すると、薬丸裕英さんはジャニーズ事務所を退社し、芸能事務所「オールラウンド」に移籍しています。薬丸裕英さんはその後はドラマや映画、バラエティー番組など幅広い分野で「マルチタレント」として活躍しています。

家族②母親は石川秀美

薬丸隼人さんの家族2人目は、母親の石川秀美さんです。石川秀美さんは1966年7月生まれの現在53歳で、中学3年生の時に「新人発掘オーディション」でグランプリを獲得したことをきっかけに、芸能界入りをしています。

石川秀美さんは1982年に歌手デビューを果たし、夫である薬丸裕英さんとは芸能界デビュー年が同じ「同期」でもありました。石川秀美さんは歌手として人気絶頂期だった1989年に薬丸裕英さんとの交際が報じられ、1990年6月に結婚しています。

人気タレント同士の結婚として大きく話題となった薬丸裕英さんと石川秀美さんの結婚ですが、結婚発表時に石川秀美さんが既に妊娠8ヶ月だったことから、ネット上ではバッシングの声もあったようです。

石川秀美さんは結婚を機に芸能界を引退していますが、夫の薬丸裕英さんとこれまで何度もCMで夫婦共演を果たすなど、おしどり夫婦として知られています。

家族③兄は薬丸翔

薬丸隼人さんの家族3人目は、兄の薬丸翔さんです。兄の薬丸翔さんは1990年10月生まれの現在29歳で、2005年に「SHO」という芸名で芸能界デビューを果たしました。2006年には映画『炬燵猫』で俳優デビューし、2007年に芸名を本名に変更しています。

薬丸隼人さんの兄である薬丸翔さんは父親の影響で元々俳優に興味があり、高校時代にアメリカに留学し、その後アメリカの大学に通って演劇を勉強するなど、かなり努力を重ねてきた方です。そんな薬丸翔さんは芸能界デビュー当初は二世であることを伏せていました。

さらに薬丸翔さんは現在では俳優として活動しながら、舞台の演出や脚本を自分で手掛けるなど、脚本家としても活動を始めており、さらに活動の幅を広げています。

家族④妹はRemi(薬丸玲美)

薬丸隼人さんの家族4人目は、妹の薬丸玲美さんです。妹の薬丸玲美さんは1996年4月生まれの現在23歳で、中学卒業後にアメリカに留学してハワイの高校を卒業しています。そして現地で「remi」という芸名でローカルラジオ番組に出演していたそうです。

薬丸玲美さんは日本に帰国後は父親の薬丸裕英さんと同じ事務所に所属し、芸名を「remi」から本名「薬丸玲美」に変えてタレントとして活動しています。

そして薬丸玲美さんは2018年4月にバラエティー番組『踊る!さんま御殿!!』でバラエティーデビューを果たし、「父に認められていつか共演するのが夢」と今後の抱負を語ったことで大きく話題となりました。

家族⑤弟は薬丸宰

薬丸隼人さんの家族5人目は、弟の薬丸宰(つかさ)さんです。薬丸宰さんは1999年4月生まれの現在20歳で、兄の薬丸隼人さんの影響を受けて幼少期からサッカー選手を目指し、兄と同じく東京ヴェルディのユースに所属して関東選抜にも選ばれたこともあります。

薬丸宰さんは小学校卒業後にスペインに3年間留学し、中学卒業後にはアメリカに留学、そしてそのままアメリカの大学に進学しているそうです。そして兄の薬丸隼人さんと同様で、薬丸宰さんも現地のチームでサッカー選手として活躍しています。

家族⑥末っ子の妹はAMI(薬丸愛美)

薬丸隼人さんの家族6人目は、妹の薬丸愛美さんです。妹の薬丸愛美さんは2008年6月生まれの現在11歳で、和光学園系列の学校に通っていると噂されています。薬丸家は「16歳までは顔出し禁止」というルールがあるため、末っ子の愛美さんの顔は公表されていません。

Thumb薬丸翔の現在!高校や大学などの学歴や出演ドラマなどの経歴も!家族も調査
俳優の薬丸翔さんですが、現在はどのような活動をされているのでしょう?薬丸翔さんの出身高校や出...

薬丸隼人の現在はサッカー選手として海外で活躍

薬丸裕英さんと石川秀美さんを両親に持つ二世でもある薬丸隼人さんは、幼い頃からサッカーの才能があり、中学卒業後から海外に留学してサッカーの技術を高めてきました。そして薬丸隼人さんは現在もサッカー選手として海外で活躍しています。

薬丸隼人さんは長年海外で過ごしてきたため5か国語が話せる語学力を持っており、サッカーの技術だけでなくコミュニケーション能力も絶賛されています。今後も薬丸隼人さんのさらなる活躍を期待しましょう。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
ちひろ
元々は総合病院で助産師として働いていましたが、現在は子育て中のため一旦臨床を離れ、空いた時間にライターの仕事をさせ...

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ