山田裕貴の父は山田和利!プロ野球時代の成績や経歴は?

俳優として活躍している山田裕貴の父親が話題になっています。山田裕貴の父親は広島の1軍コーチの山田和利です。山田和利の若い頃は山田裕貴にそっくりと評判で、イケメンの野球選手でした。元プロ野球選手だった山田和利のプロ野球時代の成績や経歴をご紹介しましょう。

山田裕貴の父は山田和利!プロ野球時代の成績や経歴は?のイメージ

目次

  1. 1山田裕貴のプロフィール
  2. 2山田裕貴の父は山田和利
  3. 3山田裕貴の父(山田和利)のプロ野球時代の成績や経歴
  4. 4山田裕貴の父(山田和利)や母など家族エピソード
  5. 5山田裕貴以外のプロ野球選手の父を持つ芸能人
  6. 6山田裕貴の父(山田和利)は元プロ野球選手

山田裕貴のプロフィール

・愛称:不明
・本名:山田裕貴(やまだゆうき)
・生年月日:1990年9月18日
・年齢:30歳(2020年12月時点)
・出身地:愛知県名古屋市
・血液型:O型
・身長:178cm
・体重:不明
・活動内容:俳優
・所属グループ:なし
・事務所:ワタナベエンターテインメント
・家族構成:父、母、妹

山田裕貴の経歴

山田裕貴の経歴をご紹介しましょう。山田裕貴は1990年9月18日に愛知県名古屋市で生まれました。子供の頃はスポーツが得意で、小学校と中学校では野球をしていました。高校では野球をやめてしまったようです。

東邦高校を卒業後、ワタナベエンターテイメントカレッジに入ります。2010年に「D☆DATE新メンバーオーディション」のファイナリストになりましたが、残念ながら新メンバーには選ばれませんでした。しかし、事前投票で1位だったので、急遽開催された「D-BOYS部門」でグランプリに輝きます。

その後、ワタナベエンターテインメントに所属しています。2012年にはD2に加入しました。2011年、テレビドラマ『海賊戦隊ゴーカイジャー』で俳優としてデビューを果たします。2012年6月にはテレビドラマ『D×TOWN「ボクらが恋愛できない理由」』で初主演を務めました。

2013年10月にD2がD-BOYSに加入したので、山田裕貴はD-BOYSのメンバーとなりました。2014年には『ライヴ』で映画初主演を務めています。2017年には『おんな城主 直虎』で大河初出演を果たしました。数多くの作品に出演し、様々な役柄をこなすことから「カメレオン俳優」と呼ばれています。

山田裕貴の家族構成

山田裕貴の家族構成についてご紹介しましょう。山田裕貴の家族構成は父親、母親、本人、妹の4人家族です。山田裕貴の妹は2歳年下で、Twitterで妹との動画が投稿され、話題になりました。山田裕貴と妹はとても仲が良く、山田裕貴を「祐くん」と呼んでいるようです。

Thumb山田裕貴の歴代熱愛彼女一覧!現在は?恋愛観なども調査!
イケメン俳優と呼ばれる山田裕貴さんの歴代熱愛彼女一覧をご覧下さい。山田裕貴さんと熱愛の噂が立...

山田裕貴の父は山田和利

山田裕貴の父親は、かつて広島東洋カープや中日ドラゴンズで活躍した元プロ野球選手の山田和利です。山田裕貴の父、山田和利はどのような人なのでしょうか?山田和利についてご紹介しましょう。

父の山田和利とは

山田裕貴の父、山田和利は元プロ野球選手で、現役時代はドラフト4位で中日ドラゴンズに入団しました。その後、広島東洋カープで活躍しています。パワーがある打者としても有名で、1試合に3本塁打を放ったこともあります。

1984年から1990年まで中日ドラゴンズで活躍し、1991年から1995年までは広島東洋カープで活躍しました。1996年からは再度、中日ドラゴンズで活躍し、同年にケガで故障し引退しています。セカンド・ファーストの内野手として活躍し、12年という長いキャリアに惜しまれながらの引退となりました。

現役を引退してからは、広島東洋カープや中日ドラゴンズで走塁のコーチとして活躍しています。1997年から2010年までは中日ドラゴンズで活動し、2011年から現在までは広島東洋カープで活動しています。

広島東洋カープでは2軍コーチとして野球の育成に励んでいます。山田裕貴の父、山田和利は野球ファンならば誰もが知っている有名な人です。

山田裕貴と山田和利は似てる?

山田裕貴と父親の山田和利はとてもよく似ています。山田和利の若い頃の写真を見ると、山田裕貴にそっくりと話題になっています。父親も山田裕貴同様、端正な顔立ちをしていて、イケメンです。

父の山田和利に対する世間の声

山田裕貴の父、山田和利に対する世間の声をご紹介しましょう。山田和利と息子は素敵な父息子で、息子のNHK連続テレビ小説「なつぞら」で朝ドラデビューをしたのをきっかけにさらなる飛躍を願っているのはとても微笑ましいことです。

息子同様、山田和利の本業に期待が込められているコメントが見られました。親子で支えあい、励ましあって、野球も盛り上げて言ってほしいという声が聞こえてきました。

山田裕貴の父(山田和利)のプロ野球時代の成績や経歴

山田裕貴の父、山田和利のプロ野球時代の成績や経歴についてご紹介しましょう。山田和利はかつてプロ野球選手として活躍していました。その時の成績や経歴について調査してみました。

父(山田和利)のプロ野球時代の成績

山田裕貴の父、山田和利のプロ野球時代の成績をご紹介しましょう。年度別の打撃成績やプロ野球選手で出した記録について調べてみました。

成績①年度別の打撃成績

山田裕貴の父、山田和利の年度別の打撃成績をご紹介しましょう。1987年度の打率は.238、本塁打0、打点2、盗塁1、試合12、安打5、出塁率.273、長打率.238です。1988年度の打率は.268、本塁打2、打点7、盗塁10、試合82、安打41、出塁率.313、長打率.392です。

1990年度の打率は.200、本塁打0、打点3、盗塁1、試合29、安打8、出塁率.304、長打率.225です。1991年度の打率は.200、本塁打0、打点1、盗塁0、試合6、安打2、出塁率.200、長打率.200です。

1992年度の打率は.282、本塁打8、打点29、盗塁6、試合93、安打75、出塁率.387、長打率.410です。1994年度の打率は.200、本塁打0、打点7、盗塁1、試合49、安打14、出塁率.296、長打率.229です。

1995年度の打率は.270、本塁打12、打点53、盗塁2、試合94、安打82、出塁率.336、長打率.444です。

成績②プロ野球選手で出した記録

山田裕貴の父、山田和利がプロ野球選手で出した記録についてご紹介しましょう。山田和利は366の試合に出場し、打率は262と大活躍しました。1989年には1試合に3本塁打を記録しています。

父(山田和利)の経歴を振り返り

山田裕貴の父、山田和利の経歴を振り返ってみました。山田和利にはどのような経歴があるのでしょうか?山田和利の経歴についてご紹介しましょう。

経歴①プロ野球ドラフト会議を経て中日ドラゴンズ入団

山田裕貴の父、山田和利は1983年に東邦高校でプロ野球ドラフト会議で4位になり、中日ドラゴンズに入団しました。右投右打で、セカンド・ファーストの内野手として活躍しています。

経歴②広島東洋カープに移籍

山田和利は1991年に長嶋清幸とトレードで広島東洋カープに移籍しています。その後、12年間、広島東洋カープで活躍しました。

経歴③中日ドラゴンズ復帰も引退

1996年に再び中日ドラゴンズに復帰しましたが、ケガで故障し、同年に惜しまれながら引退しました。12年間と長い野球人生に幕を下ろしました。

父(山田和利)のプロ野球引退後の経歴は?

山田和利のプロ野球引退後の経歴についてご紹介しましょう。山田和利は引退後、中日ドラゴンズのコーチに就任しています。二軍の打撃コーチから始まり、1998年には一軍の内野守備・走塁コーチになりました。2005年にはフロント入りしています。

2011年には広島カープの二軍守備・走塁コーチに就任しました。2012年からは球団編成を担当し、活動の場を広げています。2015年からは再度現場に復帰し、広島カープの二軍・走塁コーチに就任しています。

山田裕貴の父(山田和利)や母など家族エピソード

山田裕貴の父、山田和利や母など、山田裕貴の家族エピソードについてご紹介しましょう。山田裕貴の家族関係について調査してみました。

家族エピソード①山田裕貴の野球挫折

山田裕貴は父親の影響で、小学校ではリトルリーグに入り、中学時代はシニアリーグで野球漬けの日々を送っていました。しかし、プロ野球選手にはなれないと思い、野球を挫折してしまいます。現実とのギャップや周囲からの期待とプレッシャーで心がくだけてしまったようです。

父親は野球を辞めたことよりも、「自分でやりたいと言ったことをなぜ最後までやり遂げなかったのか」と叱ったそうです。

山田裕貴の野球少年時代がイケメン?

山田裕貴の野球少年時代がイケメンと話題になっています。中学時代は野球チームに所属していたので、髪型は丸刈りでしたが、引退後に髪の毛を伸ばしたら、なんとバレンタインにチョコレートを7個ももらえたそうです。

野球挫折の理由は林檎説の真相

山田裕貴はテレビ「行列のできる法律相談所 3時間スペシャル」に出演した際に、父親が元プロ野球選手なのに、自分は野球の道を選ばなかった理由を打ち明けています。

山田裕貴は小中学校時代、野球に打ち込んでいて、プロ野球選手を目指していました。山田裕貴のチームメイトに中学生でりんごを握りつぶす子がいて、勝てないと思って野球を辞めたと語っています。山田裕貴は圧倒的な力を見せつけられて、野球を断念したそうです。

俳優の道に対して父からアドバイスや後押しも

山田裕貴は俳優の道に対して父からアドバイスや後押しされたそうです。山田裕貴が俳優を目指したきっかけは、野球をやめたときに父親から言われた一言です。その一言というのは「やると言ったことをなぜ最後まで続けなかったんだ」ということでした。この言葉が胸に刺さり、父親を超える術が俳優を目指すことだったそうです。

山田裕貴がドラマ「HIGH&LOW」に出演したとき、野球一筋の父親から「お前の演技が良かったのではなく、ハマリ役だっただけだ」と厳しいアドバイスを受けました。
 

家族エピソード②天然キャラな母とのプラムって?

山田裕貴の母親は天然キャラでおちゃめな人です。山田裕貴はツイッターで、母親が「プラム買っといたよ!」と言うので「プラム?」と思ったら、アイスの「パルム」だったというエピソードを語っています。

母についても調査

山田裕貴の母親についても調査してみました。山田裕貴の母親は一般人で、山田和利とは高校1年生の頃から付き合い結婚しました。母親は山田裕貴の大ファンで、出演している舞台や映画は家族で見に行くそうです。

山田裕貴の母親はとてもおちゃめで、漢字を間違えたりするエピソードなど、母親に関することをよく語っています。

家族エピソード③妹とは仲良し関係

山田裕貴と妹はとても仲が良いと評判です。山田裕貴の妹は2つ年下で、自身のツイッターで妹との写真を公開し、話題になっています。妹は山田裕貴を「裕くん」と呼び、ほほえましい兄弟仲が伺えます。

妹とはTV共演も!

山田裕貴は妹とテレビでも共演しています。2020年1月26日に放送されたテレビ番組「情熱大陸」で妹と一緒に出演し、妹がとてもかわいいと注目されました。妹が舞台を見に来た後に、楽屋で兄妹で会話している様子が放送されています。

妹の特技は絵?

山田裕貴のツイッターでは妹から送られてきた絵が公開されています。その絵には「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」というコメントと共に意味深な絵が描かれていました。

家族エピソード④父の名に懸けて始球式に参加

山田裕貴は2018年に公開された映画「あの頃、君を追いかけた」の上映に先駆けて8月10日に開催された始球式に参加しました。「中日ドラゴンズ・東京ヤクルトスワローズ戦」の始球式で、父親と同じ背番号をつけてマウンドに立ちました。山田裕貴は終了後に涙を流し、話題になります。

始球式は山田裕貴の地元、名古屋市にあるナゴヤドームで開催されました。父親が選手時代に着けていた背番号30のユニフォームを着用して始球式に望み、父親の背中を追いかけていた頃を思い出して男泣きしたそうです。

山田裕貴以外のプロ野球選手の父を持つ芸能人

山田裕貴以外のプロ野球選手の父を持つ芸能人をご紹介しましょう。芸能人として活躍している人の中には父親がプロ野球選手という人も見られます。山田裕貴以外にどのような芸能人がいるのでしょうか?

最近では2世タレントや2世俳優がメディアでよく活躍しています。父親や母親が有名な役者だったり、歌手だったり、プロの選手だったりする2世タレントや2世俳優が注目されています。

プロ野球選手の父を持つ芸能人【工藤阿須賀】

プロ野球選手の父を持つ芸能人の1人に工藤阿須賀がいます。工藤阿須賀は俳優として活躍していて、父親は元プロ野球選手で投手として活躍した工藤公康です。工藤公康は現在、福岡ソフトバンクホークスで監督をしています。

工藤公康は日本シリーズで通算最多奪三振記録保持者で、現役時代には14度優勝し、11度日本一に輝いています。

プロ野球選手の父を持つ芸能人【IZAM】

元ヴィジュアル系ロックバンドSHAZNAのボーカルのIZAMはプロ野球選手の父を持つ芸能人の1人です。父親は元プロ野球選手の日根紘三で、国鉄スワローズに入団しましたが、一軍公式戦に出場経験はありませんでした。たった1年間だけ在籍していたようです。

プロ野球選手の父を持つ芸能人【杉浦太陽】

杉浦太陽の父親は杉浦三六で、元プロ野球選手として活躍していました。杉浦三六は1972年に南海ホークスに2度目のテストで合格し、その後入団しています。

しかし、実力が及ばなかったので、一軍の公式戦に出場できませんでした。1年間で退団し、引退しました。引退後は不動産業等を行い、やしきたかじんや星野仙一と交流がありました。2014年4月に死去されています。

山田裕貴の父(山田和利)は元プロ野球選手

山田裕貴の父、山田和利は元プロ野球選手だったことについてご紹介しました。俳優として人気急上昇中の山田裕貴のこれからの活躍に期待が高まります。父親の山田和利のコーチとしての活躍や妹とのエピソードについてもこれからも注目していきましょう!

関連するまとめ

関連するキーワード

Missing
この記事のライター
maki

新着一覧

最近公開されたまとめ