山城新伍の娘は南夕花!職業は女優?経歴は?娘の現在についても調査!

山城新伍の娘である南夕花について解説します。俳優や司会者として活躍した山城新伍と娘の関係について解説。また、娘の南夕花の経歴や現在、そして父親との最期についてまとめました。山城新伍と娘の複雑な関係性について注目しましょう。

山城新伍の娘は南夕花!職業は女優?経歴は?娘の現在についても調査!のイメージ

目次

  1. 1山城新伍のプロフィール
  2. 2山城新伍の娘は南夕花
  3. 3山城新伍の娘(南夕花)の職業は女優?経歴は?
  4. 4山城新伍の娘(南夕花)の現在
  5. 5山城新伍の親族が語る最期とは
  6. 6山城新伍の娘は南夕花で元女優兼タレント

山城新伍のプロフィール

・愛称:???
・本名:渡辺安治(わたなべやすじ)
・生年月日:1938年11月10日
・年齢:享年70歳(2009年8月12日没)
・出身地:京都府京都市上京区
・血液型:O型
・身長:174cm
・体重:???
・活動内容:俳優、司会者、タレント
・所属グループ:なし
・事務所:オフィス・タッチ
・家族構成:元妻(花園ひろみ)、長女(南夕花)※分籍

山城新伍の経歴

山城新伍は京都府京都市上京区出身の俳優です。父親は開業医で母親は看護師。また、弟も医師として勤務しています。とにかくモテたかったそうで、学生時代は女子トイレに「渡辺くん(山城新伍の本名)、かっこいい、好き」などと個室に書き込んでいたことを明かしています。

豪快な性格とキツい関西弁がトレードマーク。しかし、それ故に芸能界では嫌われることも多く、やしきたかじん、川谷拓三などからは名指しで「嫌いだ」と言われるほどでした。逆に松方弘樹や梅宮辰夫とはプライベートも含めて仲が良かったそうです。

そんな山城新伍は、家業も関係して医師を目指していたものの医大受験に失敗。時代劇スターに憧れていたこともあり、東映ニューフェイス第4期に応募して、1957年に東映に入社しました。

1958年に映画「台風」でデビューし、翌年にテレビ時代劇「風小僧」で主役を演じました。また、1960年にテレビ時代劇「白馬童子」でも主演を務めており、大人だけでなく、子供たちの人気者になっています。

時代が変わる中で古典的な時代劇は人気を潜め、東映も任侠映画やギャング映画を中心に制作することに。山城新伍もその流れに合わせて、1968年から「不良番長」シリーズに出演しています。また、1973年には深作欣二監督の「仁義なき戦い」にも出演し、多くの作品で活躍しました。

また、俳優としてだけでなくバラエティ番組にも出演。司会やパネリストとして活躍し、いわゆる「ちょい悪オヤジ」として、時には下ネタやセクハラまがいの発言もありました。とはいえ、そのタレント性は番組を盛り上げ、人気があったのです。

しかし、時代の変化だけでなく、2005年々頃から糖尿病を患い、痩せた姿が目立ちました。テレビ出演も減り、自身の父親も重度の糖尿病で亡くなったことから、遺伝と考えていたそうです。

後ほど詳しく解説しますが、晩年は老人ホームに入居。糖尿病だけでなく、老人性鬱病、認知症を併発。友人らの見舞いも断り、2009年8月12日に70歳で亡くなっています。

Thumb山城新伍の死因や晩年の生活は?妻や娘への遺産も!チョメチョメって?
若い頃から映画にドラマにバラエティにと、大活躍された俳優の故・山城新伍さん。華々しい活躍ぶり...

山城新伍の娘は南夕花

山城新伍はかつて結婚しており、娘がいました。その娘は南夕花という芸名で活動していました。山城新伍と娘の南夕花について解説していきます。

元妻(花園ひろみ)との間に誕生した娘は南夕花

山城新伍は1966年に女優の花園ひろみと結婚しています。そして、1967年に娘の南夕花が誕生しました。しかし、花園ひろみとの関係も含めて、家族関係は複雑だったようです。

花園ひろみとは

花園ひろみは1940年9月1日生まれの80歳。本名は花沢浩美で女優として活動しています。東京市出身で、1957寝に第4期東映ニューフェイスとして、東映に入社。つまり、山城新伍は同期だったのです。1958年に映画「花笠道中」でデビューしました。

その後も映画「大江戸七人衆」など立て続けに出演。1961年までに60本余りに出演する人気女優となりました。そういぅた中で1962年に映画「右門捕物帖」に引退して、1966年に山城新伍と結婚しています。

花園ひろみとの結婚から離婚まで

山城新伍は花園ひろみにぞっこんだったそうで、ある日、車に彼女を乗せて湖に突っ込み「結婚してくれないとこのまま死ぬ!」とまで迫ったのだとか。しかし、結婚後も山城新伍の派手な女遊びは治らず、1985年に浮気を理由に離婚しています。

その後に和解し、1991年に再入籍。ところが、またもや山城新伍の浮気が発覚し続け、1999年に離婚しています。女優活動に関しては引退したこともありましたが、時々映画やドラマに出演していた時期もあるのです。

離婚後も2人は同居をしていたそうですが、2001年以降は山城新伍は一人暮らしだったとのこと。妻とは完全に縁を切ったというわけではなかったとも推測されています。

南夕花とは

南夕花は1967年3月2日生まれの54歳。本名は渡辺夕子で元女優やタレントとして活動していたこともあります。山城新伍と花園ひろみの長女として担持異様しており、いろいろと父親はとはトラブルがあったとのことでした。

娘の南夕花とは絶縁状態だった

山城新伍の娘である南夕花ですが、その関係は決して良いものではありませんでした。晩年は絶縁状態だったと言われており、かなり父親のことを憎んでいたようです。

娘(南夕花)の友人とチョメチョメ説の真相も調査

妻との離婚も、自身の女性問題が原因だった山城新伍。そして、時には娘である南夕花の友達にも手を出したという噂が。山城新伍は自身のそういった行為を「チョメチョメ」と表現して冗談にしていましたが、娘としては絶対に許せないことだったのでしょう。

このことが真実であるかは不明で、山城新伍が妻を大切にしていたことも事実です。2人っきりで過ごすことも多く、夫婦関係は良いときも悪いときもあったのでしょう。それでも年頃の娘からすれば、父親の浮気行為は強い嫌悪感を生んだのかもしれません。

2回目の離婚後の2000年に、娘である南夕花は雑誌の取材で絶縁宣言をしています。そこでは「もう娘でもない」、「母のことは私が守ります」とまでコメントしていました。結婚しても一緒に歩く考えも無いとしており、「今、父にはっきり伝えたいのはさよならという言葉です」と発言していたのです。

山城新伍と娘(南夕花)の顔は似てる?

山城新伍と娘の顔について確認しましたが、あまり写真が存在しませんでした。一部確認出来たものでは、お母さん似のようにも見えます。とはいえ、どこかはっきりとした物言いは父親にといえるかもしれません。

Thumb山城新伍と川谷拓三はCM共演も不仲?理由やエピソードなども
1976年から1990年まで放映されていた日清食品「どん兵衛」のCMで共演してその名コンビぶ...

山城新伍の娘(南夕花)の職業は女優?経歴は?

では、山城新伍の娘である、南夕花の職業や経歴について確認していきましょう。どういった職業や経歴を経験してきたのでしょうか?また、経歴や職業と合わせて、学歴についても調査しています。

娘(南夕花)の職業は元女優兼タレント

南夕花の職業は元女優兼タレントです。ただし、父親や母親ほど女優という職業で活躍はできなかったようです。現在はすでに女優の仕事は引退しているようです。

娘(南夕花)の経歴

南夕花の経歴を確認すると、1986年頃から女優として活動していたようです。非常に入れ替わりの激しい職業だけに、何とかその中で結果を残そうとしたのでしょう。

娘の経歴:ドラマ『夢恋し』で主演

そういった職業の中で、南夕花が主演した作品もあります。それは1986年に放送されたドラマ「夢恋し」というものでした。南夕花以外に篠田三郎、中尾ミエなどが出演したものです。

娘の経歴:渡辺夕子名義で『新伍のワガママ大百科』に出演

父親の山城新伍の冠番組である「新伍のワガママ大百科」にも出演しています。本番組は1992年から1993年まで放送されたもので、司会として2人が出演していました。

この起用に関しては、山城新伍側の意向があったようで、娘をどうしても番組で使ってあげたかったと噂されています。また、舞台などにも娘を共演させるなど、同じ職業であることもあり、周囲に頼んでいたといわれていました。

娘の経歴:『月曜ドラマスペシャル 監察医薮野善次郎6 死体は知っている』に出演

1998年に放送されたドラマ「月曜ドラマスペシャル 監察医薮野善次郎6 死体は知っている」に南夕花が出演しています。本作も山城新伍が主演として出演しており、娘を起用したと推測されています。

娘(南夕花)の学歴も調査

娘である南夕花の学歴についても調査しました。学歴として分かっていることは、東京女子大学文理学部に在籍していたことがわかっています。また、大学2年生のときに、先程紹介したドラマ「夢恋し」に主演で出演しました。

Thumb山城新伍と梅宮辰夫の仲とは!共演や二人の友情話などのエピソードも
俳優・司会者・タレントとして活躍していた山城新伍さんと梅宮辰夫さんの仲について見ていきましょ...

山城新伍の娘(南夕花)の現在

山城新伍の娘である南夕花の現在について調査しました。合わせて、元妻である花園ひろみの現在についても紹介しています。

娘(南夕花の現在の年齢や顔画像は?

南夕花の年齢は現在54歳になっています。現在の顔写真については公開されておらず、メディアとも距離を置いているようです。その理由はおそらく、山城新伍との絶縁状態が関係しており、静かに暮らしたいという考えがあるのかもしれません。

娘(南夕花)の現在の職業や活動について

現在の職業や活動について調査しましたが、詳しいことは不明でした。どうやら女優という職業も行っておらず、芸能活動は引退していることが推測できます。

もともと、あまりドラマや映画などに多く出演したわけではなく、山城新伍が関係している仕事にバーターのような形で参加することが多くありました。その中で結果を出せればよかったのでしょうが、結果的には山城新伍と距離を置くと同時に、女優業も辞めることになったのかもしれません。

また、母親である花園ひろみも業界とは距離を置いているのだとか。山城新伍の老人ホーム生活などが報じられると元妻の彼女に取材を求める週刊誌もいました。しかし、かつては山城新伍と一緒に過ごした自宅は、カーテンが閉められて、インターホンは蜘蛛の巣が張っていたのです。

週刊誌によれば、近所の人は「明かりがついていることはある」、「ゴミ当番はちゃんとしてくれている」とのこと。こういった状況から元妻は、ここで生活をしていることがうかがえます。

娘(南夕花)は現在結婚している?

かつて、結婚してもバージン・ロードは一緒に歩きたくない、とコメントしていた南夕花。そういった発言をしていた娘が、現在結婚しているかは情報がありませんでした。

山城新伍の親族が語る最期とは

こういった情報に繋がるのは、山城新伍の最期のエピソードです。親族が語った晩年の山城新伍のエピソードを知ることで、複雑な家族関係が見えてきます。

2009年8月に他界した山城新伍

2009年8月12日に山城新伍は肺炎で亡くなっています。晩年は糖尿病、老人性鬱病、認知症を患っており、老人ホームで生活していました。

2008年には雑誌「週刊文春」の取材を受けており、山城新伍は自身について赤裸々に語っていたのです。記事によると、2008年6月から老人ホームに入居しており、すでに芸能界復帰は考えていないことを明かしていました。

山城新伍は「みんな自分の事を忘れている」と話しながらも、「娘に会いたい」と吐露。すでに糖尿病が悪化し、車椅子無しでは動けない体になっていました。こういった姿を見られたくない、として友人だった梅宮辰夫、松方弘樹の見舞いを断ったことも確認されているのです。

最期は嚥下障害による肺炎だったそうで、かなり体は弱っていたのでしょう。芸能界でスポットライトを浴び続けた山城新伍の最期としては、非常に寂しいものだったと感じるファンも多くいました。

山城新伍の葬儀に娘や元妻の参列は無し

その後、山城新伍の葬儀が行われましたが、このときに娘や元妻の参列はありませんでした。そもそも、娘は2000年のし油剤の段階で「あの人は父と呼びたくない」と宣言して、分籍まで行っているのです。

また、山城新伍が老人ホームに入ってからも、一度も面会は行っていませんでした。入居の際に山城新伍の弟が連絡をしたそうですが「一切関わりたくない」と断られたことも明らかになっています。

山城新伍はそのことを知り、自身の葬儀に2人を呼ばないように依頼したとのこと。しかし、先程の発言からも分かるように、山城新伍は「娘に会いたい」という正直な気持ちも明かしていたのです。

弟(渡辺鎮雄)からのコメントにも注目が

山城新伍の喪主を務めたのは、弟の渡辺鎮雄でした。弟は「参列は無理とは思っていたが悲しいことだ」と語っています。

最期をみとったのも弟で、遺骨は京都に持ち帰ったとのこと。芸能仲間からの供花は固辞し、親族、旧知の友人の計18人の参列となりました。そこに娘や元妻の姿が無かったのは、弟として辛い気持ちだったのです。

弟の話によれば、娘だけでなく元妻も山城新伍には会いたくないと話していたとのこと。山城新伍の死後に連絡を取ろうとしたものの、音信不通状態であることも告白。それほどまでに、娘と元妻は山城新伍を憎んでいたことがうかがえます。

一連の出来事では、弟だけでなく東映時代の同期である曽根晴美も元妻たちに、参列の呼びかけを行っていたのだとか。しかし、こちらに対しても断ったようで、最期まで姿を見せることは無かったのです。

ちなみに山城新伍の遺産についてですが、別れた妻には権利が無いものの、娘が受け取ることは問題ありません。一部では山城新伍が元妻や娘のために遺産を残したという推測も。いずれにしても、今後も元妻と娘からは山城新伍に関するエピソードを聞ける可能性は低いかもしれません。

山城新伍の娘は南夕花で元女優兼タレント

山城新伍の娘について紹介しました。山城新伍と花園ひろみの間に生まれた娘は、南夕花という人物で元女優兼タレントとして活動していました。

父親とは絶縁状態で、現在に関する情報も不明確になっています。山城新伍が2009年に亡くなった際には元妻も娘も参列を拒否するなど、関係は改善されなかったそうです。スターだった山城新伍の最期としては複雑なエピソードであり、親子関係の難しさを感じさせる出来事といえるでしょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
浅倉恭介
ギターと野球と料理が好き。犬が飼いたい! もともとは接客業界で働いてました その後は保育業界に。 ロ...

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ