矢沢洋子(矢沢永吉の娘)まとめ!経歴は?結婚した旦那や弟など家族も調査

ミュージシャンの矢沢永吉さんの娘である矢沢洋子さんは現在歌手として活躍していますが、どのような経歴を持つのでしょうか?矢沢洋子さんの経歴や歌唱動画、バンドマンである旦那さんと結婚した馴れ初めや父の矢沢永吉さんや弟との仲良しエピソードについて調べてみました。

矢沢洋子(矢沢永吉の娘)まとめ!経歴は?結婚した旦那や弟など家族も調査のイメージ

目次

  1. 1矢沢洋子(矢沢永吉の娘)のプロフィール
  2. 2矢沢洋子は矢沢永吉の娘!
  3. 3矢沢洋子のこれまでの経歴
  4. 4矢沢洋子の結婚した旦那は?
  5. 5矢沢洋子の弟など家族も調査
  6. 6矢沢洋子は旦那U.Gと結婚しバンドや歌手活動も順調

矢沢洋子(矢沢永吉の娘)のプロフィール

・愛称:不明
・本名:矢沢洋子
・生年月日:1985年11月12日
・年齢:33歳(2019年9月現在)
・出身地:東京都
・血液型:不明
・身長:167cm
・体重:不明
・活動内容:歌手、作詞家
・所属グループ:なし
・事務所:GARURU RECORDS 
・家族構成:父(ミュージシャンの矢沢永吉)、母、兄、弟、旦那

矢沢洋子の経歴

矢沢洋子さんは歌手である矢沢永吉さんの影響を受けて、幼少期から歌手を志していたそうです。そんな矢沢洋子さんは父親の矢沢永吉さんがアメリカに拠点を移したことをきっかけに、12歳から18歳までをアメリカで過ごすこととなりました。

アメリカの学校に通いながら自作の曲を作り始めた矢沢洋子さんは、徐々に音楽の魅力の虜になっていったそうです。そして矢沢洋子さんは2005年に帰国して上智大学文学部に進学し、さらに音楽活動を本格化させていきました。

矢沢洋子さんは2008年10月に「yoko」名義で歌手デビューを果たし、ギタリストの大西克己さんとともに音楽ユニット「the generous」を結成しています。

その後矢沢洋子さんは2009年に父親である矢沢永吉さんのコンサート「ROCK'N'ROLL IN TOKYO DOME」に出演し、初の親子共演を果たしたことで大きく話題を呼びました。2010年には「yoko」から本名の矢沢洋子に活動名を変更し、ソロデビューをしています。

2010年にファーストシングル『YOKO YAZAWA』をリリースした矢沢洋子さんは、ロックな曲調かつ父親の矢沢永吉さんを彷彿させるような歌い方が大きく話題を呼びました。

その後も立て続けにCMをリリースした矢沢洋子さんは、2014年にはノマアキコさん、ギタリストのkemeさんとともにバンドグループ『PIGGY BANKS』を結成するなど、徐々に活動の幅を広げていきました。

そして矢沢洋子さんは現在では歌手活動以外にもラジオ番組のメインパーソナリティーを務め、2016年には「プレミアムモルツ」のCMで矢沢永吉さんと共演したり、矢沢永吉さんのPVに出演するなど、かなり幅広い分野で活躍を続けています。

矢沢洋子は矢沢永吉の娘!

矢沢洋子さんは、ミュージシャンとして圧倒的な知名度を誇る矢沢永吉さんの娘です。矢沢洋子さんの父親である矢沢永吉さんの経歴や、親子の仲良しエピソードについて調べてみました。

矢沢永吉とは

矢沢永吉さんは1949年9月生まれの現在70歳で、矢沢洋子さんと同じ音楽レーベル「GARURU RECORDS」に所属しています。そんな矢沢永吉さんには幼少期に母親が失踪、そして8歳の時に父親が亡くなるという辛い生い立ちがあります。

そんな矢沢永吉さんは当時たまたま聴いた「ビートルズ」の音楽に惹きつけられ、歌手を志すようになり、高校を卒業と同時に単身で上京しています。そこで出会ったメンバーたちとバンドを結成した矢沢永吉さんは、積極的に路上ライブを行うようになりました。

その後は1972年にロックバンドグループ「キャロル」を結成し、ロックな音楽を生み出し、強烈なインパクトを与えました。キャロルが解散した後はソロで活動を始め、1980年代には海外へ拠点を移しています。

その後もライブだけでなくフェスなどのイベントにも多く出演してきた矢沢永吉さんは、持ち前のカリスマ性と圧倒的な歌唱力で観客を魅了し、一躍有名になりました。そして矢沢永吉さんは2000年以降はタレントとしてCMや映画などにも出演しています。

そんな矢沢永吉さんは史上最年長となる63歳でオリコンチャート首位を獲得するなど、70歳になった現在も未だに幅広い分野で活躍を続けています。

矢沢洋子は矢沢永吉の娘

先ほどご紹介した通り、矢沢洋子さんは矢沢永吉さんの娘です。矢沢洋子さんの父親である矢沢永吉さんは現在はミュージシャンとして圧倒的な知名度を誇りますが、若い頃はあまりメディアに出ていなかったため、そこまで知名度がなかったそうです。

このため矢沢洋子さんは幼い頃には父親が有名人だということを知らずに育ったそうで、小学生の時に父親の矢沢永吉さんが初めてCMに出たことをきっかけに、友達から「お父さんすごいね」と言われ、初めて父親の凄さを知ったと言います。

親が有名な芸能人だとその嫉妬心から子供がいじめられることも多いと言われていますが、矢沢洋子さんはアメリカで生活をしていたこともあって友人に恵まれ、これまでいじめられた経験は全くなく、平和な学生時代を送れたと後に明かしています。

そんな矢沢洋子さんは父親の矢沢永吉さんから「常に謙虚であれ」と教えられてきたと言い、その教えを忠実に守っている矢沢洋子さんは現在歌手として有名になっても謙虚で低姿勢な態度を崩さず、好感度が急上昇しているそうです。

矢沢永吉とのほっこりエピソードも話題に

矢沢洋子さんは父親である矢沢永吉さんと昔からとても仲が良く、30歳を超えた現在も仲の良い姿を度々披露し、仲の良さが話題となっています。次からは矢沢洋子さんと父親である矢沢永吉さんのほっこりエピソードについてご紹介します。

矢沢永吉からの最高の親子丼エピソード

矢沢洋子さんは父親の矢沢永吉と現在も一緒にご飯を食べに行くことがあるそうですが、2014年には突然矢沢永吉さんから電話がきて「最高の親子丼を見つけたから食べに行こう」と誘われたと言います。

もちろん矢沢洋子さんは「行く」と即答して矢沢永吉さんの元へと向かいましたが、なんとそこは外食チェーン店の「なか卯」だったそうです。しかも既に矢沢永吉さんは店内で親子丼を食べ終えていたとのことで、矢沢洋子さんは拍子抜けしたと明かしています。

さらに矢沢永吉さんは「親子丼に味噌汁もついてて美味しかったぞ」と満足気に語り、矢沢洋子さんは何も返す言葉が見つからなかったとのことですが、一応矢沢洋子さんも親子丼をテイクアウトし、食べた後に「美味しかった」と矢沢永吉さんに連絡したそうです。

ちなみに矢沢永吉さんは矢沢洋子さんが学生時代に働いていたピザ店に客を装って電話をかけてきたこともあったそうで、普段のライブで見せるカリスマ的雰囲気の矢沢永吉さんからは全く想像できないようなフランクな父親像が大きく話題を呼びました。
 

矢沢洋子のこれまでの経歴

矢沢洋子さんは父親譲りのカリスマ性と歌唱力で多くのファンたちを魅了していますが、これまでどのような経歴を持つのでしょうか?矢沢洋子さんのこれまでの経歴について調べてみました。

経歴①「the generous」結成と解散

矢沢洋子さんの経歴1つ目は、音楽ユニット「the generous」の結成と解散です。矢沢洋子さんは大学を卒業した年にギタリストの大西克己さんと音楽ユニット「the generous」を結成しましたが、残念ながらわずか1年で解散しています。

ちなみに大西克己さんは歌手の布袋寅泰さんとユニットを結成していた時期があり、音楽界ではかなりの実力派として知られていますが、徐々に自身の限界を感じるようになり、矢沢洋子さんとのユニットを解散した後はプロデューサとして裏方に徹しています。

経歴②矢沢永吉「ROCK'N'ROLL IN TOKYO DOME」で親子共演

矢沢洋子さんは2009年に行われた「ROCK'N'ROLL IN TOKYO DOME」で、父親の矢沢永吉さんと共演し、初の親子共演を果たしたことで大きく話題になりました。

しかも矢沢洋子さんが出演することは観客たちには明かされておらず、ライブの後半に突然矢沢洋子さんがサプライズ出演した際には会場がかなり盛り上がったそうです。

経歴③アルバム「YOKO YAZAWA」でソロ歌手デビュー

矢沢洋子さんはユニット「the generous」の解散後、2010年からはソロ歌手として活動を始めています。そして2010年に初のアルバム『YOKO YAZAWA』をリリースした経歴を持ちます。

矢沢洋子さんの生み出す楽曲は軽快なリズムが最大の特徴で、過去には映画『ツレがうつになりまして。』のイメージソングに起用されたこともあるなど、矢沢洋子さんの楽曲は音楽界で高く評価されています。

経歴④バンド「PIGGY BANKS」結成

矢沢洋子さんはソロ歌手として活動しつつ、2014年にはバンドグループ「PIGGY BANKS」を結成しています。このバンドグループは矢沢洋子さんがボーカルを務め、ギタリストのkemeさんがギターを演奏する2人体制で音楽活動を行っています。

「媚びない女性ロックバンド」という謳い文句でデビューした「PIGGY BANKS」は、本格的なロックンローラーを目指しているそうで、ライブのに放つ圧倒的な存在感やパフォーマンスが高く評価されています。

矢沢洋子の歌唱動画

矢沢洋子さんの歌手としての最大の魅力は、やはり父親譲りのカリスマ性とその歌唱力です。そんな矢沢洋子さんの歌唱力について、実際の歌唱動画を見ながら検証してみましょう。

歌唱動画①矢沢洋子「HONEY BUNNY」編

矢沢洋子さんの歌唱動画1つ目は、『HONEY BUNNY』編です。この楽曲は矢沢洋子さんのファーストアルバム『YOKO YAZAWA』に収録されている曲で、ロックな曲調でリズミカルなテンポが心地よく、「一度聞くと頭から離れない曲」として注目を浴びました。

ちなみにこの曲は日本テレビ系の音楽番組『ハッピーMusic』やラジオ番組のパワープレイに決定したり、テレビアニメ『あたしンち』シリーズの主題歌にも選出されています。

歌唱動画②バンドPIGGY BANKS「Funky Monkey Ladies」編

矢沢洋子さんの歌唱動画2つ目は、バンド「PIGGY BANKS」楽曲である『Funky Monkey Ladies』です。この楽曲は「PIGGY BANKS」の中でも「一番のロック」と言われている曲であり、女性バンドグループがここまでロックを追求できるのは凄いと話題となりました。

ボーカルを務める矢沢洋子さんは、父親の矢沢永吉さんを彷彿させるような圧倒的な存在感を放っており、女性ロックバンドグループの先駆けとして将来を期待される存在となっています。

歌唱動画③バンドPIGGY BANKS「シュビドゥバイン」編

矢沢洋子さんの歌唱動画3つ目は、バンド「PIGGY BANKS」の楽曲『シュビドゥバイン』編です。こちらの楽曲は2つ目にご紹介した曲とは全くテイストが異なり、ロックかつポップな曲調になっているのが特徴です。

こちらの動画は矢沢洋子さんのハスキーながらも伸びのある歌声がよくわかる動画でもあり、2017年6月に公開されて以降、再生回数がぐんぐん伸びていることでも話題を呼んでいます。

矢沢洋子の結婚した旦那は?

矢沢洋子さんは2017年にバンドマンの男性と結婚しています。矢沢洋子さんの結婚した旦那さんのプロフィールや結婚に至った馴れ初め、子供などについて調べてみました。

2017年にロックバンド「ギターウルフ」U.Gと結婚

矢沢洋子さんは2017年にロックバンドグループ「ギターウルフ」のU.Gさんと結婚しています。矢沢洋子さんと旦那であるU.Gさんは2017年6月に結婚式を挙げ、多くの芸能人たちが参列したそうです。

ロックバンド「ギターウルフ」U.Gとは

矢沢洋子さんの旦那であるロックバンドグループ「ギターウルフ」のU.Gさんとは、1985年7月生まれの現在34歳で、矢沢洋子さんと同い年です。矢沢洋子さんの旦那であるU.Gさんの本名は、残念ながら非公表のようです。

矢沢洋子さんの旦那であるU.Gさんは2005年にロックバンドグループ「ギターウルフ」に加入しましたが、毎回ライブの際に素晴らしいベースプレイを披露し、ベーシストとして圧倒的な人気を博しています。

旦那U.Gとの結婚の馴れ初め

矢沢洋子さんと旦那であるU.Gさんの馴れ初めには、井上陽水さんの娘である依布サラサさんが関係している模様です。矢沢洋子さんは元々依布サラサさんと仲が良く、一緒に渋谷に飲みに行った際にたまたま旦那であるU.Gさんがいたそうです。

共通の知人である依布サラサさんが引き合わせてくれた矢沢洋子さんとU.Gさんは、すぐに意気投合して交際を始め、交際1年でめでたく結婚に至りました。

結婚した旦那U.Gとの子供は?

矢沢洋子さんと旦那であるU.Gさんとの間にまだ子供はいないようですが、結婚して2年が経過しているため、そろそろ子供のニュースが聞けるのではないかと噂されています。

矢沢洋子の弟など家族も調査

矢沢洋子さんは兄と弟がいる3人兄弟の長女です。矢沢洋子さんの家族について、そして兄や弟との仲良しエピソードについて調べてみました。

矢沢洋子には兄と弟がいる

矢沢洋子さんは兄と弟がいる3人兄弟の長女です。矢沢洋子さんは幼少期から兄や弟たちと一緒に遊んでいたため、活発な性格の女の子に育ち、幼少期には兄や弟たちと激しい喧嘩をすることもあったとのことですが、現在ではとても仲良しだそうです。

弟とのエピソードもTwitterで投稿

ちなみに矢沢洋子さんは過去に弟との微笑ましいエピソードを、Twitterで公開していたことがありました。矢沢洋子さんは当時18歳だった弟の部屋に勝手に入った際に、弟から怒られてしまったことをTwitterで明かしています。

こちらのTwitterが当時の投稿内容ですが、矢沢洋子さんは「彼女いるのか弟にさぐってみよう」とお茶目な投稿をしており、弟との仲の良さが注目を浴びました。

矢沢洋子と兄弟の母親は矢沢マリア

矢沢洋子さんの父親は世界的にも有名な歌手である矢沢永吉さんですが、母親は矢沢マリアさんと言います。矢沢マリアさんは一般人のため詳しいプロフィールは公表されていませんが、アメリカ人のクオーターのため、エキゾチックな顔立ちの美人と言われています。

母親の矢沢マリアとは

矢沢洋子さんの父親の矢沢永吉さんには実は離婚歴がありますが、前妻と離婚が成立する前に母親である矢沢マリアさんと出会い、不倫関係になってしまったそうです。このため当時はかなりバッシングされたそうですが、現在ではおしどり夫婦として知られています。

矢沢洋子さんの母親である矢沢マリアさんにはモデルをしていた経歴があることはわかっているものの、若い頃の画像や活動経歴などは一切公表されていないようです。このため、今後バラエティ番組などで矢沢洋子さんと母親の共演を期待する声が寄せられています。

矢沢洋子は旦那U.Gと結婚しバンドや歌手活動も順調

歌手の矢沢洋子さんは矢沢永吉さんを父親に持つ二世ですが、父親譲りのカリスマ性と歌唱力が高く評価され、現在では矢沢洋子さんの楽曲はドラマや映画の主題歌として使用されることが増えてきています。

矢沢洋子さんは2017年にはロックバンドグループ「ギターウルフ」のU.Gさんと結婚し、旦那さんの影響を受けて現在ではさらにロックなテイストの音楽を追求しています。このように公私ともに順風満帆な矢沢洋子さんの、今後さらなる活躍を期待しましょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
中村千尋
元々は総合病院で助産師として働いていましたが、現在は子育て中のため一旦臨床を離れ、空いた時間にライターの仕事をさせ...

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ