四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件とは?問題の警察の対応や事件の謎がヤバイ

2004年2月17日に起きた四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件は、誤認逮捕された男性が死亡し、被疑者の女性は今だ行方をくらましています。時効を迎え未解決事件となった四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件の概要や、警察の対応についてまとめてみました。

四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件とは?問題の警察の対応や事件の謎がヤバイのイメージ

目次

  1. 1四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件とは
  2. 2四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件の概要
  3. 3四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件の警察対応
  4. 4四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件の謎
  5. 5四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件の判決
  6. 6四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件に似た誤認事件
  7. 7四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件の制圧は過剰すぎた

四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件とは

四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件は、2004年2月17日に三重県四日市市にあるジャスコ四日市尾平ショッピングセンターのATMコーナーで起きました。ATMを利用していた68歳の男性が、泥棒と間違われて警察に誤認逮捕され、その後死亡してしまうというショッキングな事件です。

男性は誤認逮捕される直前、ある子連れの女性と揉み合いになっていました。この事件のカギを握るとされる子連れの女性はその後姿を消し、事件の真相は今だ明らかになっていません。未解決事件となった四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件についてまとめてみました。

四日市のジャスコが事件現場

四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件が起きたのは、三重県四日市市にあるジャスコ四日市尾平ショッピングセンター内のATMコーナーでした。

この日ジャスコで買い物をしていた一人の男性は、お金を引き出すためにATMコーナーへ入ります。四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件はこのすぐ後に起きるのです。

男性が誤認逮捕されて死亡する

ATMを利用していた68歳の男性は、泥棒と間違えられてその場にいた警備員や店員、買い物客ら3人に取り押さえられるのです。そしてたまたま店内に居合わせた警察官により誤認逮捕されました。

男性を誤認逮捕した警察官は、男性に手錠を掛けうつ伏せのまま制圧していたのですが、その後男性の容体が悪化し、死亡してしまったのです。

ハムスターおじさん事件と呼ばれる?

四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件はハムスターおじさん事件とも呼ばれています。なぜならば男性は誤認逮捕される直前に、孫が飼っているハムスターのエサやトイレ砂を購入していたからです。男性は買い物帰りに四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件に巻き込まれてしまいました。

四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件の概要

四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件はなぜ起きてしまったのでしょうか?何の罪もない買い物帰りの男性が、泥棒と間違われて誤認逮捕されてしまった四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件の概要を詳しくみていきたいと思います。

男性がペット用品を購入

2004年2月17日、68歳の男性は孫が買っているハムスターのエサやトイレ砂を買うために、四日市市のジャスコを訪れました。買い物をしていた男性はお金が足りなくなったため、ジャスコ内にあるATMコーナーへ足を運びます。

ATMで男性が現金を下ろす

ATMの監視カメラには、両手に買い物袋を抱えた男性が入ってきたのが映し出されていました。また監視カメラの映像には、子連れの女性が何度もATMを覗き込んでいる様子も映し出されていたのです。

男性は覗き込んでいる女性がいることには気付かずに、両手に荷物を抱えたままお金を引き出しています。

ATM内で子連れの女性と揉み合いに

お金を引き出した68歳の男性がATMから出ようとした際に、チラチラと覗いていた子連れの女性がATMに侵入し、男性の肩に自分の肩をぶつけ体当たりをしたのです。ATMの監視カメラの映像ではその後女性が男性の体を触るような仕草をしたのが映し出されていました。

監視カメラでは音声はないため、2人の間にどのようなやり取りがされていたのかは不明なのですが、映像では女性が男性の胸倉を掴み、男性と揉み合いになっているのです。

周囲にいた3人に取り押さえられる

男性と揉み合いになっていた子連れの女性は”泥棒”と叫びました。その声を聞いた警備員や買い物客ら3人が男性を取り押さえたのです。

取り押さえた3人はすぐに警察を呼ぶのですが、犯人と誤認された男性が取り押さえられている隙に、子連れの女性は姿を消してしまいます。

1人はジャスコの店員

男性を取り押さえた3人のうち2人は、警備員とその場に居合わせた買い物客で、あとの1人はジャスコの店員だったことが分かっています。

”泥棒”という女性の声を聞いたら、詳細を把握していなくても咄嗟にその場にいる男性を取り押さえてしまうのは仕方のないことなのでしょう。

警察が20分間の制圧をする

男性が取り押さえられた時、ジャスコの店内には別の万引き事件の処理をしていた四日市南警察署の警察官がいたのです。駆けつけた警察官が、男性を取り押さえていた3人から軽く事情を聞くとすぐに男性をうつ伏せにして後ろ手に手錠を掛けました。

男性に手錠を掛けた警察官は、応援の警察官が到着するまで20分間男性をうつ伏せのまま制圧し続けたのです。男性を制圧していたのは29歳の体重が100kgもある警察官だったといいます。

男性が救急搬送されるも死亡

体重が100kgの警察官が男性をうつ伏せのまま制圧していたことにより、男性の体調に異変が現れるのです。凄い力で制圧されていた男性は、嘔吐しその後意識を失いました。警察官はそれでも制圧を辞めずに、応援が来るまでの20分間、男性の上に乗り続けていたといいます。

その後駆けつけた応援の警察官が男性の異変に気付き、救急車を呼びました。しかしこの時すでに男性の脳は過度な制圧による回復不能なダメージを受けていたと言われています。

病院に救急搬送された男性は処置を受けますが、意識が戻らないまま翌日死亡が確認されました。男性の死因となったのは「高度のストレスによる高血圧性心不全と不整脈の併発」でした。

駆けつけた男性の妻は夫にすがり付き、「一体どうして」と言い号泣していたとか。突然身内を失った遺族の悲しみは計り知れないものでしょう。

四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件の警察対応

四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件での警察の対応は果たして正しいものだったのでしょうか?68歳の無抵抗の老人に対して20分間も制圧する必要はあったと言えるのでしょうか?

四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件は、誤認逮捕と死亡事件が重なった大変ショッキングな事件です。四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件の警察の対応についてまとめてみました。

制圧が過剰すぎた

四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件が明らかになると、男性を制圧していた警察官の対応に疑問の声が上がりました。体重が100kgもある巨漢の警察官が、68歳の老人男性を20分間もうつ伏せで制圧していたというのは過剰すぎる行為として批判の対象になっています。

犯人と誤認された男性が抵抗していたという情報は一切なく、逃亡の恐れも無かったと言えるでしょう。そこで男性を過剰に取り押さえることなく事情を聞いていれば、死亡には至らなかったのではないでしょうか?

制圧されていた男性が握りしめていたキャッシュカードは3つに折れ曲がり、メガネのレンズは片方割れていたといいます。それほどまでに凄い力で押さえつけられていたということが伺えますが、これは明らかに警察官による過剰な行為だと言わざるを得ません。

三重県警察は一般的な制圧行為と主張

四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件の後、死亡した男性の遺族は警察官の行為が行き過ぎていたとして三重県警察に対して損害賠償訴訟を起こしています。

しかし三重県警察は一般的な制圧行為であり、問題は無かったと主張しました。明らかに過剰な行為だったにも関わらず警察は非を認めなかったのです。

被害者の女性を見逃す

四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件で最も問題視されているのが、被害者とされる女性を見逃してしまったことでした。事件が起こった際には事件の概要把握や現場検証などのために、被害者からも事情を聞かなくてはなりません。

しかし被害者とされる女性は買い物客ら3人が男性を取り押さえている隙に姿を消していたのです。その後駆けつけた警察官も男性を制圧し続けていたため、女性を探すことはしていませんでした。”泥棒”と叫んだ子連れの女性は一体どこへ消えてしまったのでしょうか?

被疑者として捜査される

当初は窃盗事件の被害者とされていた子連れの女性ですが、ATMの監視カメラの映像やその後の警察の捜査により、女性は虚偽申告罪の被疑者と断定されます。被疑者となった女性の所在を特定しようと、50人の捜査員が動員されるのですが、女性が見つかることはありませんでした。

警察は「監視カメラに映っている女性は窃盗事件の被害者や参考人ということなので、公開手配は出来ません」としていましたが、事件からおよそ1年後に監視カメラに映っている被疑者女性の映像を公開しました。

公開された映像では2歳くらいの女児を抱いた女性が、ATM周辺をウロウロしている様子や、男性が利用しているATMを何度も覗き込んでいる様子が映し出されています。女性は黒っぽい上下の服装で、肩からはショルダーバッグを掛けていました。

女性の年齢は25歳から30歳くらいとされています。監視カメラの映像が画質が悪く不鮮明なことから、ネット上では公開された女性の顔が悪魔や妖怪みたいだと話題になりました。

事実確認が不十分での逮捕

四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件では、事実確認が不十分のまま男性を逮捕していたことも問題視されています。駆けつけた警察官は男性を取り押さえた買い物客らに軽く事情を聞いただけで、男性に手錠を掛け、制圧しているのです。

警察官は現行犯逮捕ではない限り、逮捕の前に事実関係を確認し、被害者や加害者からも詳しい事情を聞くことが先なのではないでしょうか?事実を確認しないまま誤認逮捕してしまった四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件は、警察の明らかな初動捜査ミスが招いた結果と言えるでしょう。

四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件の謎

四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件は、誤認逮捕された男性は死亡し、虚偽申告罪で被疑者となった女性は今だ見つからないままとなっています。

四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件は一体どうして起きてしまったのでしょうか?被疑者女性の本当の目的は何だったのでしょうか?四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件の残された謎を追ってみました。

「泥棒」と叫んだ女性の目的

四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件の一番の謎は”泥棒”と叫んだ女性の存在なのではないでしょうか?この女性は”泥棒”と叫んだ後すぐに行方をくらましているのです。

公開された監視カメラの映像からは、女性が窃盗目的でATMに入ろうとしたことは明らかですが、顔画像が公開された現在でも女性の行方は分かっていません。

過剰な制圧の必要性

四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件の謎として挙げられているのは、警察官による過剰な制圧の必要性です。明かされている四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件の詳細では、誤認逮捕された男性が逃亡しようとしたり、警察官に危害を加えるなどの行為は一切なかったとされています。

逃亡の恐れがあったり、暴れるなどの危険行為があったならば制圧することは必要な行為と言えますが、なぜ無抵抗な老人に対して警察官は20分間にも渡り過剰な制圧を行ったのでしょうか?誰の目から見てもこの四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件での過剰な制圧は不必要だったと判断されるでしょう。

顔写真を公開手配出来ない

三重県警察は四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件において、姿を消した女性を虚偽申告罪の被疑者として捜査しています。事件当初は、三重県警察刑事部長の山川氏が「立場上女性は被害者や参考人なので公開手配出来ない」とコメントしているのです。

しかしどう見ても女性側が加害者であることに間違いはなく、また女性の捜索に進展がないことからも、警察に対してキチンとした捜査が行われているのかという疑問の声が上がりました。

事件から1年後の2005年2月17日に三重県警察は被疑者女性の監視カメラ映像を公開しました。通常被疑者は「無罪の推定」により、裁判で有罪を宣告されるまでは犯罪者として扱われることはありません。

四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件で被疑者女性の容疑事実を特定出来ないまま、監視カメラの映像を公開することはとても稀なことなのだそうです。

この異例の措置は1984年に起きたグリコ・森永事件以来のことでした。このことからもこの四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件が、如何に稀で謎の多い事件だったということが言えます。

四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件の判決

四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件は誤認逮捕の末男性が死亡し、被疑者女性の行方は今だ分かっていません。四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件が明らかになったのち、死亡した男性の遺族は三重県を相手に裁判を起こしています。

裁判の判決はどうなったのでしょうか?遺族の無念は晴らされたのでしょうか?四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件の判決について調べてみました。

遺族が損害賠償訴訟を起こす

四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件が起きたのは2004年2月17日のことでした。誤認逮捕された男性は翌18日に搬送された病院にて死亡が確認されています。

事件発生から3年後の2007年に、死亡した男性の遺族が三重県を相手取り、警察官の過剰な制圧が原因で男性が死亡したとして約5700万円の損害賠償訴訟を起こしました。これに対し三重県側は正当な対応であったと主張したのです。

これにより遺族と三重県側の全面対決が繰り広げられます。そして2010年11月18日に、津地方裁判所は遺族の訴えを一部認め、遺族に対して880万円の支払いを命じる判決を出しました。

判決で堀内照美裁判長は「制圧行為は必要かつ相当な限度を超え、違法」と述べ、警察官の過剰な制圧が違法だったことを認めましたが、男性の死亡との因果関係は無かったと判断したのです。

死亡した男性は無実

男性の遺族は、この判決を不服として2010年11月27日に控訴しています。その後2011年9月に名古屋高等裁判所で控訴審判決が行われ、警察官の取り押さえが違法だったとして、三重県に対し3640万円の支払いを命じる判決が出されました。

2011年に時効成立

四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件は、2011年2月17日午前0時に男性に掛けられていた窃盗未遂容疑の公訴時効が成立し、未解決事件となりました。三重県警察は被疑者死亡のまま男性を書類送検します。

しかし翌3月に地方検察庁が調査したところ、男性と女性が奪い合っていた財布が死亡した男性の所有物だったことが判明し、男性の無実が証明されたのです。三重県警察が7年も掛けて捜査しても進展がなかったにも関わらず、津地方検察庁によってたった1か月で男性の無実が証明されたのです。

7年もの間三重県警察は一体何をしていたのでしょうか?津地方裁判所は男性の無実を認め、遺族に対して被疑者補償として1日分の最高額である12500円を支払うことを決定しました。

遺族のコメント

死亡した男性の遺族は「なぜ財布が夫のものであると分かるのにこんなに時間が掛かるのだろう。3670万円だろうが1兆円だろうがいくら払っても人の命は帰ってこない。優しい夫は帰ってこない。子連れの主婦が今もどこかでぬけぬけと生活していると思うと反吐が出る」とコメントしています。

また事件が時効を迎えたことについては「時効だろうが何だろうが真実を追求するべきだ。取り押さえた人はまだしも、取り押さえた警察官はもっと厳重に処罰するべきだ。警察が正義を持たないなら正義はどこにある」と不快感を露わにしました。

四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件に似た誤認事件

四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件は誤認逮捕された男性の死亡と、被疑者の女性の逃亡により、後味の悪い未解決事件となっています。四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件は、警察の誤認逮捕が招いた事件なのですが、このような誤認によって何の罪もない人が逮捕されたという事件は多くあるのです。

その代表格と言える事件が、2012年に起きたパソコン遠隔操作事件。世間を大きく騒がせたパソコン遠隔操作事件についてまとめてみました。

パソコン遠隔操作事件の概要

パソコン遠隔操作事件は2012年の初夏から秋にかけて日本で発生したサイバー犯罪事件です。この事件の犯人は、インターネットの電子掲示板を介して他人のパソコンを遠隔操作し、殺人などの犯罪予告を行いました。

犯罪予告は確認されているだけで13件に上っていますが、送られてきたことに気が付かなかったり、取り合わなかった人がいることを考えるともっと多くの件数があったと考えられています。

パソコン遠隔操作事件は真犯人が、東京都の男性A、大阪府の男性B、愛知県の男性C、福岡県の男性D、三重県の男性Eがそれぞれ所有するパソコンをウイルス感染により遠隔操作し、襲撃・殺害予告を行いました。

真犯人は他人のパソコンを遠隔操作することで自身のIPアドレスを隠蔽しており、犯人に遠隔操作されたパソコンの持ち主A・B・D・Eの計4人の男性が誤認逮捕されます。

この事件が大きく報道された理由は、男性Bがアニメ業界で名の知られた著名人だったことと、犯罪予告の内容が航空機の爆破であり、当該機が飛行途中に引き返すという大きな損害が生じたことからでした。

逮捕された4人の男性は当初は犯行を否定していましたが、取り調べの過程において男性Aと男性Dが容疑を認め、さらに容疑を否認し続けていた男性Bは業務妨害罪で起訴されているのです。その後男性Eのパソコンから事件に関わっていたとされるウイルス感染が確認され、誤認逮捕が発覚しました。

偽装工作で逮捕

逮捕された4人の男性のパソコンからウイルス感染が確認されたことで誤認逮捕が発覚し、逮捕されていた4人の男性は釈放されました。警察は脅迫罪、威力業務妨害罪、不正指令電磁的記録作成・同共用罪で真犯人の捜査を開始します。

2013年1月5日に真犯人から複数の報道機関にメールが送付され、”江の島にいる猫にテキストファイルを記録したチップを預けた”との犯行声明が出されました。警察はこのメールを送付した人物の特定に力を注ぎ、2013年2月10日に東京都に住むIT関連会社勤務の30歳の男性を逮捕したのです。

逮捕された男性は犯行を否認し、当初はこの逮捕も誤認である可能性も指摘されていました。

男性は2014年3月5日には一旦保釈され身の潔白を訴えていましたが、男性が報道機関に対して、真犯人を名乗る「小保方銃蔵」のメールを偽装工作し送付していたことが発覚し、再び逮捕されたのです。

被疑者の犯行動機と判決

パソコン遠隔操作事件で逮捕された真犯人は、犯行の動機について「権力的なものに対する怒りがあった」と証言しています。

検察側は犯人に対し「卑劣で悪質かつ重大な犯罪」として懲役10年を求刑しましたが、2015年2月4日に東京地方裁判所は、威力業務妨害などの10件の犯行による懲役8年の実刑判決を言い渡しました。裁判長は「自己中心的な願望を満たすため、見ず知らずの第三者を犯人に仕立て上げた、サイバー犯罪の中でも悪質な犯行だ」と述べています。

警察官からの自白強要

このパソコン遠隔操作事件では、誤認逮捕された4人の男性のうち2人が自白しているという点にも注目が集まりました。なぜ何の罪もない男性が自白をしてしまったのでしょうか?それは警察の不適切な対応が原因だったとのちの捜査で明らかになりました。

誤認逮捕された男性らは、警察官から自白を強要されていたと証言し、また警察官が供述内容をでっちあげていたことも判明したのです。

マスコミの不正アクセスも

パソコン遠隔操作事件ではマスコミの不適切な行為も発覚しています。共同通信社会部の記者が真犯人と名乗る人物が利用していたウェブメールのメールボックスを無断で閲覧していたのです。

この行為は不正アクセス禁止法に当たる恐れがあり、同社の編集長は「厳正に指導する」とコメントしています。

四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件の制圧は過剰すぎた

四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件についてまとめてみました。四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件は誤認逮捕された男性が警察官の過剰な制圧によって死亡し、被疑者の女性は今だ見つからず未解決事件となっています。今後のこのような誤認逮捕が減る事を願って止みません。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ