吉田栄作の実家は秦野?両親などの家族や生い立ちなども調査!

かつてトレンディ俳優として数多くの映画やドラマで活躍し、一世を風靡した吉田栄作の実家はどこにあるのでしょうか?吉田栄作の実家や両親などの家族について、また、生い立ちなどについても調査してみました。吉田栄作の実家についてご紹介しましょう。

吉田栄作の実家は秦野?両親などの家族や生い立ちなども調査!のイメージ

目次

  1. 1吉田栄作のプロフィール
  2. 2吉田栄作の実家は秦野?
  3. 3吉田栄作の実家の両親などの家族も調査
  4. 4吉田栄作の生い立ちについて
  5. 5吉田栄作の出身高校など学歴
  6. 6吉田栄作の実家は神奈川県秦野市で生い立ちも熱い

吉田栄作のプロフィール

愛称:不明
本名:吉田栄作
生年月日:1969年1月3日
年齢:52歳(2021年1月現在)
出身地:神奈川県
血液型:A型
身長:182cm
体重:72kg
活動内容:俳優、歌手
所属グループ:なし
事務所:フリー
家族構成:元妻・平子理沙

吉田栄作の経歴

吉田栄作の経歴についてご紹介しましょう。吉田栄作は1969年1月3日生まれの神奈川県出身です。俳優、歌手として活躍しています。元妻はモデルの平子理沙。吉田栄作は若い頃、ツッパリとして有名だったとのこと。

16歳の時に、俳優養成所に入所し、役者を目指しました。高校卒業後、アルバイトをしながら様々なオーディションを受けています。1988年に「ナイスガイ・コンテスト・イン・ジャパン」でグランプリを獲得し、映画『ガラスの中の少女』でスクリーン・デビューしました。

1991年にドラマ『もう誰も愛さない』で主演を務め、注目を集めました。1989年9月6日に「どうにかなるさ〜Chasing My Dream」で歌手デビューも果たしています。1990年・1991年には紅白歌合戦にも出場しました。

1990年代には織田裕二と加勢大周、吉田栄作の3人は「トレンディ御三家」「平成御三家」と呼ばれ、大人気でした。しかし、1995年に芸能活動を一時休止し、ハリウッドで挑戦するために渡米しました。1998年に帰国し、再び俳優業に復帰しています。

私生活では1997年に平子理沙と結婚し、2015年に離婚しています。2018年7月には内山理名との熱愛が報じられ、話題になっています。内山理名とは2018年4月にドラマで共演し、それをきっかけにグループで食事するなどし、交際に発展しました。

吉田栄作は内山理名との交際を認めています。2人は結婚するのでは?と噂されているようです。

「ワタナベエンターテインメント」退所理由とは

吉田栄作はデビュー以来所属していた「ワタナベエンターテインメント」を2018年末をもって退社しました。「ワタナベエンターテインメント」はマスコミに対して、吉田栄作との専属契約が2018年末をもって終了したことを発表しています。

「ワタナベエンターテインメント」を退社した理由については明らかにされておりません。吉田栄作自身はブログで、「近い将来に活動を紹介するSNSを立ち上げる」とコメントし、「その時は宜しくお願いします」と綴っています。吉田栄作が独立したことは両親に報告はありました。吉田栄作の母親は、「栄ちゃんを信じてるからね」とだけ伝えたそうです。

Thumb吉田栄作の若い頃まとめ!イケメン!現在は?生い立ちなどから調査
吉田栄作の若い頃の情報について紹介します。「マネーの虎」のMCとして有名な吉田栄作は、若い頃...

吉田栄作の実家は秦野?

吉田栄作の実家はどこにあるのでしょうか?吉田栄作の実家について調査してみました。吉田栄作の実家の場所などについてご紹介しましょう。

吉田栄作の出身地は神奈川県秦野市

吉田栄作の出身地は神奈川県秦野市です。吉田栄作の実家は神奈川県秦野市にあり、秦野駅近くの商店街にあります。

出身地「神奈川県秦野市」はどんな所?

吉田栄作の出身地「神奈川県秦野市」はどんな所なのでしょうか?秦野市は神奈川県中西部に位置しています。秦野市は自然豊かな街で、子供の頃から自然の中で遊んでいました。栄町商店街に実家があり、当時は近所にたくさん駄菓子屋さんがあったとのこと。

その中の「鈴木」は玉川屋豆腐店の近くで実家からもアクセス抜群の駄菓子屋さんです。「かやぬま」はおばあちゃんがやっていて、他にも「上原」や「光屋」という駄菓子屋さんにも吉田栄作さんはよく足を運んでいたそうです。駄菓子屋さんはお店によって特色が違い、そのお店ならではの売りがあったようです。

現在も実家は秦野市?

吉田栄作の実家は現在も秦野市にあるのでしょうか?吉田栄作の実家は現在も秦野市にあります。吉田栄作の実家はかつて吉田屋商店という問屋で、日用品の卸売をしていました。しかし、デパートが近くにできたせいで、売上が減り吉田栄作が小学校4年生の時に倒産してしまいます。

その後も、雑貨を販売し続けていて、現在も栄町の商店街で商店を営んでいるとのことです。

吉田栄作の現在の自宅も調査

吉田栄作の現在の自宅についても話題になっています。吉田栄作の自宅は東京都内にある高級マンションと言われています。マスコミの報道では、目黒区の中目黒、または下目黒の周辺ではないかと言われてるようです。中目黒や下目黒は目黒区の東側にあり、港区にも近く、アクセスが良い地域として人気があります。

現在も実家の秦野市のイベントなどに貢献

吉田栄作は地元に愛着があり、実家がある秦野市には1年に2回くらい訪問しているようです。吉田栄作は秦野市のイベントなどにも貢献しています。秦野市の市政50周年記念のイベントでは、ボランティアでレコーディングを行い、CDを作成しました。

吉田栄作の実家の両親などの家族も調査

吉田栄作の実家の両親など、家族についても調査してみました。吉田栄作の実家の家族構成や父親、母親、兄について詳しくご紹介しましょう。

吉田栄作の家族構成

吉田栄作の家族構成についてご紹介しましょう。吉田栄作の家族は父親、母親、兄、吉田栄作の4人家族です。吉田栄作は2人兄弟の次男坊にあたります。

吉田栄作の父親について

吉田栄作の父親についてご紹介しましょう。吉田栄作の父親は吉田屋商店を経営していました。日用品や化粧品の卸売をしていて、吉田屋商店の社長でした。しかし、近所にデパートができて、売上が減ってしまいます。

吉田栄作が小学4年生の時に、家業が倒産してしまいました。父親は身長164cmとそれほど高くありませんでした。破天荒な性格で、お酒好き。いつも吉田栄作には「時間を守るように」と言っていたそうです。吉田栄作の父親は厳しい人でしたが、「勉強しなさい」とは言われませんでした

吉田栄作の母親について

吉田栄作の母親についてご紹介しましょう。吉田栄作の母親は父親と一緒に吉田屋商店の仕事をしていて、苦労をしていたようです。母親は優しい性格で、吉田栄作の顔は昔はよく母親に似ていると言われました。母親は身長158cmでそんなに高身長でもありません。

母親からは「友達と遊びにいくときは約束の時間を守りなさい」と言われました。「おやつをごちそうになったら、帰ってからもう一度、電話でお礼を言いなさい」「ハンカチとティッシュは持ち歩きなさい」など、口うるさく言われてきました。そのおかげで吉田栄作は今でも礼節を重んじる部分があるそうです。

吉田栄作の兄にも注目が

吉田栄作の兄にも注目が集まっています。吉田栄作には4つ年上の兄がいます。吉田栄作の兄は成績優秀で、よく習い事もしていました。吉田栄作は習い事もしていなかったので、両親は吉田栄作よりも兄の方にかけていたと思われます。吉田栄作の兄の職業や名前などは公表されておりません。

実家の「吉田屋商店」経営から倒産まで

吉田栄作の実家、「吉田屋商店」の経営から倒産までをご紹介しましょう。吉田栄作の実家は吉田屋商店という卸売業を営んでいました。吉田栄作が小さい頃は裕福で、毎年海外旅行にも行っていたそうです。しかし、近所にデパートが出来て、売上が減ってしまいました。

吉田栄作が小学4年生のときに、家業が倒産してしまいます。毎年の海外旅行も行けなくなり、家のテレビはカラーではなく、白黒テレビだったそうです。吉田屋商店は倒産しましたが、その後も雑貨の販売は続けていました。

実家の母親が語る吉田栄作とは

実家の母親が語る吉田栄作とはどのような人物なのでしょうか?吉田栄作はオーディションを受けたときも、親に内緒で受けていたそうです。「なぜ事前に教えなかったのか?」という質問に、「期待させて落ちたら家族がかわいそうだから」と語りました。

吉田栄作は多くを語らない子だったようで、それでも親は優しく見守っていたそうです。吉田栄作の結婚についても、「独立後の仕事が軌道にのってからではないか?」と語っています。吉田栄作は「やることは中途半端にしない人で、なんでもきちっとする子なので」と母親はコメントしました。

吉田栄作のハーフ説の真相

吉田栄作をネットで検索すると「ハーフなのではないか?」という説が見られます。芸能人の中にはハーフの人が多く、ハーフと言えば、語学堪能で、お金持ちでおしゃれなイメージです。吉田栄作になぜハーフ説があるのでしょうか?

吉田栄作は身長が高いことからハーフ説があるようです。しかし、吉田栄作の父親も母親も日本人なので、ハーフではありません。

吉田栄作の生い立ちについて

吉田栄作の生い立ちについてご紹介しましょう。吉田栄作にはどのような生い立ちがあるのでしょうか?名前の由来や子供の頃のエピソードなど、吉田栄作の生い立ちについて調査してみました。

生い立ち①名前の由来は総理大臣「佐藤栄作」

吉田栄作の名前の由来についてご紹介しましょう。吉田栄作という名前は本名で、父親がつけたそうです。吉田栄作の名前の由来は、生まれた時の総理大臣が「佐藤栄作」だったからだということです。

生い立ち②空き瓶集めでお小遣い稼ぎ

吉田栄作の実家は吉田屋商店という卸売業を営んでいました。吉田栄作が小学校4年生の時に、家業の売上が減ってしまい、倒産してしまいます。そのため、吉田栄作は子供の頃、とても貧乏でした。

吉田栄作は子供の頃、空き瓶を集めてお小遣いを稼いでいました。瓶は1本10円になるので、駄菓子屋に持っていき、それをお小遣いにしていました。1リットルの空き瓶があると嬉しかったそうです。「リサイクル活動に熱心な子供だった」と語っています。

吉田栄作は子供の頃、貧乏だったので、家のテレビが白黒テレビでした。友達の家はカラーテレビだったので、自分の家のテレビが白黒テレビとは言えなかったそうです。中学3年生の頃まで白黒テレビでした。

中学時代には時々、やかんで沸かしたお湯でお風呂に入っていたそうです。母の工夫により、節約やかんシャワーでお風呂に入ったそうですが、冬はさすがに寒かったということでした。当時はいつもジャージを着ていて、家でも学校でもジャージを着ていたそうです。

生い立ち③実家2階建ての嘘が発覚

吉田栄作の実家には2階がありませんでした。しかし、友達には2階があると嘘をついていました。吉田栄作の家は看板で2階が見えなかったので、2階建てと嘘をついてもばれませんでした。

しかし、吉田栄作が12歳の時に、台風がきて、2階の看板が吹っ飛んでしまいます。そのため、実家が2階建てだったという嘘が発覚してしまいました。

生い立ち④落花生の思い出

吉田栄作には落花生の思い出があります。吉田栄作の実家がある秦野市の特産品と言えば落花生です。豆峰商店の砂糖がまぶされた落花生は特に大好きで、吉田栄作の好物の1つです。きな粉餅のきな粉は、吉田栄作にとっては落花生を砕いたパウダーを指しています。

落花生を砕いたパウダーの方が普通のきな粉よりもコク深く、美味しいので、吉田栄作は落花生のきな粉が大好物です。友達ときな粉は何でできているかを話しているときに、吉田栄作は落花生だと言い張りました。一般的にきな粉の原料は大豆だったと知り、ショックを受けたそうです。

吉田栄作の出身高校など学歴

吉田栄作の出身高校など学歴について調査してみました。吉田栄作の出身高校や出身中学、出身小学校についてご紹介しましょう。

大学進学はせず芸能活動に専念

吉田栄作は大学には進学せず、芸能活動に専念しました。高校卒業後、モデルとして活動をはじめ、19歳の時に受けたオーディションがきっかけで俳優としてデビューします。その後、歌手としても活動をはじめ、ドレンディードラマでも大活躍をしました。

学歴:出身高校は「秦野南が丘高校」

吉田栄作の出身高校は「秦野南が丘高校」です。「秦野南が丘高校」は県立の共学校で、高校では小学生の頃から続けていたバスケットボール部に所属しました。しかし、すぐに辞めてしまい、ウェイトリフティング同好会に所属し、体を鍛えています。

高校2年生の頃には友人と湘南でサーフィンをしたり、バンド活動もしていたとのことです。高校時代に既に芸能界に入ることを決めていました。

学歴:出身中学校はどこ?

吉田栄作の出身中学校は「秦野市立本町中学校」のようです。「秦野市立本町中学校」は秦野市富士見町にあります。吉田栄作は中学時代、地元でも有名な美少年でした。バスケットボール部に所属し、髪型は坊主でした。私服はジャージで、学校でも家でもジャージを着ていたそうです。

学歴:出身小学校は「秦野市立本町小学校」

吉田栄作の出身小学校は「秦野市立本町小学校」です。「秦野市立本町小学校」は秦野市文京町にあります。吉田栄作は母校であるの校庭で遊んだことが思い出に残っているそうです。大きな池があり、生き物を観察したり、肝試しをしたりと楽しんでいました。

吉田栄作の実家は神奈川県秦野市で生い立ちも熱い

吉田栄作の実家や家族についてご紹介しました。吉田栄作の実家は神奈川県秦野市で、自然豊かな街で育ちました。子供の頃、実家が倒産してしまい、貧乏な生活でした。吉田栄作は一時、芸能活動を休止していた時期もありましたが、現在はまた芸能界で活躍しています。吉田栄作の今後の活動を温かく見守っていきましょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

Missing
この記事のライター
maki

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ