吉田えり(ナックル姫)は現在結婚した!野球の実力や成績は?愚行とは?

ナックルボールを得意とし、「ナックル姫」と一躍有名人となったプロ野球選手・吉田えりさん。吉田えりさんは昨年結婚されたことでも話題となりました。そこで今回は吉田えりさんのプロフィールや経歴、結婚について、また野球の実力や成績などを紹介します!

吉田えり(ナックル姫)は現在結婚した!野球の実力や成績は?愚行とは?	のイメージ

目次

  1. 1吉田えりのプロフィール
  2. 2吉田えりの現在
  3. 3吉田えりの野球の実力や成績について
  4. 4吉田えりの愚行とは
  5. 5吉田えりの退団後の活動
  6. 6吉田えりは結婚した現在も監督兼現役選手

吉田えりのプロフィール

愛称:ナックル姫
本名:小松原えり(こまつばらえり)
生年月日:1992年1月17日
年齢:27歳
血液型:不明
出身地:神奈川県横浜市
身長:155㎝
体重:55kg
活動内容:女子プロ野球選手
所属グループ:エイジェックの女子硬式野球チームのチームディレクター
事務所:不明
家族構成:夫(小松原鉄平)

吉田えりの経歴

吉田えりさんは神奈川県川崎市で生まれ小学校2年生の頃に兄の影響で野球を始めました。吉田えりさんは中学校で野球部に所属し、レギュラー選手として活躍されていたそうです。また吉田えりさんは中学3年の部活引退後に硬式野球を始め、投手に転向したそうです。

高校でも野球部に入部した吉田えりさんですが、怪我と男子との体力差を感じるようになり退部。その後社会人野球クラブチームの千葉熱血MAKING、西埼玉倶楽部に所属します。

そして吉田えりさんは、2008年からは女子クラブチームのアサヒトラストでプレーし、才能あると評価される選手となりました。また2008年11月には関西独立リーグのトライアウトに合格。ドラフト会議で吉田えりさんは神戸9クルーズから7巡目で指名を受けました。

そして12月には正式契約し、日本プロ野球リーグ所属の女子選手としては日本で初の「男性と同一チームでプレーする女性プロ野球選手」として注目されました。

女性プロ野球選手として活躍していた吉田えりさんは、2010年~2011年と米国でプレーしました。しかしあまり良い結果は残せずに帰国。帰国後、吉田えりさんは2012年1月には関西独立リーグへ復帰し、兵庫ブルーサンダースに入団します。

その後も野球選手としいくつかのチームでプレーしますが、2017年10月には退団を発表しました。退団後はチーム監督兼選手として活動されています。

「ナックル姫」の愛称で知られる吉田えり

吉田えりさんと言えば、「ナックル姫」という愛称で知られています。「ナックル姫」と言う名はその名の通りナックルボールを得意としている選手であることから呼ばれるようになりました。ナックルボールとは、野球でピッチャーが投げる変化球の事を言います。

またナックルとは、拳にはめて打撃を強化する武器であるナックルダスターの略称でもあります。ではなぜ吉田えりさんはナックルボールを特技としたのでしょうか。

吉田えりさんが学生時代に野球をはじめ、男性の中でプレーをしているうちに男性との体力の差に悩んだようです。しかし吉田えりさんはプロ野球選手になるという夢をあきらめられず、男性と同等なプレーができるようになるために、ナックルボールを習得したそうです。

ナックルボールで数々の試合で活躍をみせた吉田えりさん。それから「ナックル姫」という愛称で有名となったわけです。

「ナックル姫」と言う愛称で一躍有名人となった吉田えりさんですが、「ナックル姫」の名前だけがひとり歩きしてしまっていることで悩んだ時期もあったそうです。

吉田えりの現在

女性プロ野球選手として活躍し、「ナックル姫」という愛称で有名となった吉田えりさん。「ナックル姫」と呼ばれはじめたのはかれこれ10年ほど前です。それから月日が経った現在、吉田えりさんは結婚されたという情報がありました。

吉田えりさんの結婚や結婚相手、また吉田えりさんと結婚相手の馴れ初めなど、吉田えりさんの現在について紹介します!

2018年9月に結婚発表

吉田えりさんは、2018年9月に一般人男性と結婚したことを発表されました。吉田えりさんは現在27歳なので、26歳で結婚したようです。吉田えりさんは結婚したことを自身のブログで報告し、結婚した相手についても紹介しています。

結婚相手はルートインBCリーグ事務局・小松原鉄平

吉田えりさんが結婚した相手は、ルートインBCリーグ事務局の小松原鉄平さんという方です。吉田えりさんは、2013年から2017年までルートインBCリーグに所属されていました。その時に出会った事務員の小松原鉄平さんと結婚したと報告しています。

小松原鉄平さんは一般人になるのですが、BCリーグの関係者だったこともあり情報がわかりました。では小松原鉄平さんのプロフィールを少し紹介します!

小松原鉄平さんは、筑波大学を卒業後に大手会社に就職されました。そして2010年には退職し関西独立リーグに入団しました。それから約3年間は選手として活躍し、チームには欠かせない選手として注目されていたそうです。

そして2015年には、ルートインBCリーグの運営会社である株式会社ベースボール・マーケティングの運営部部長として活動を始めます。

また2016年12月からはリーグ事務局長、2017年4月からは取締役リーグ事務局長として活動されているそうです。ちなみに小松原鉄平さんは、1984年生まれの現在34歳。岡山県の出身です。

旦那・小松原鉄平との馴れ初めは?

吉田えりさんと小松原鉄平さんの馴れ初めですが、小松原鉄平さんは、吉田えりさんが2013年から2017年まで所属していたBCリーグの事務員だったということで、2012年頃知り合ったそうです。

吉田えりさんは小松原鉄平さんの野球や仕事に対する姿勢、考え方など何事にもまっすぐな所に惹かれていったそうです。

交際に発展した馴れ初めや、交際期間など、お2人の交際についての情報はわかりませんでした、しかし2人の幸せそうな様子は、吉田えりさんのブログで十分感じられます。

吉田えりの野球の実力や成績について

「ナックル姫」の愛称で注目されていた吉田えりさんですが、野球の実力や成績はどんなものなのでしょうか。吉田えりさんは日本初の女性プロ野球選手ということで、かなりの野球の実力を持っていることと思います。

早速吉田えりさんの野球の実力や成績を見ていきましょう!またネット上で言われている実力評価についても紹介します!

ナックルボールから見る実力

まずは吉田えりさんのナックルボールから見る実力はと言うと、2010年頃までは、サイドスローから最速101㎞/hのナックルボールとカーブを投げていたそうです。また吉田えりさんは2011年頃からは投球フォームをスリークォーターに変更しています。

球種もカーブ、シュート、ナックルボールと多彩になっていて、最近では以前のようにナックルボールだけでなく、カーブやシュートを主体とした投球スタイルと言われています。

神戸9クルーズでの成績

吉田えりさんは2008年12月から神戸9クルーズに所属。日本では初の「男性と同一チームの女性野球プロ選手」として注目されました。このチームでの吉田えりさんの実力や成績は、2009年3月関西独立チーム開幕戦で、9回裏から2番手としてリリーフ初登板。

2009年は先発1試合を含む11試合に登板、11回3/2を投げて0勝2敗。防御率は4.63という成績をお持ちです。

アメリカ野球界での成績

吉田えりさんは2010年にアメリカでもプレーしています。2010年5月に行われた公式戦初出場では、打撃成績は初回第1打席満塁のチャンスで145㎞/h速球をライト前に打ち返し、初安打と初打点を記録しました。

当時はアメリカ野球界では注目された選手であったのですが、試合ではあまり目立った活躍を見せることができなかったようです。

また2013年には、アメリカの独立リーグ・パシフィック・アソシエーションのマウイ・イカイカでプレーしていて、10試合に先発、2勝4敗、防御率5.98との記録を残しています。

女子日本代表チーム落選

吉田えりさんは、2016年9月に行われた世界野球ソフトボール連盟が主催する第7回女子ワールドカップで、侍ジャパン女子(通称・マドンナジャパン)のメンバーに落選しています。吉田えりさんは8年ぶりの女子チームの参加に声掛けや雑用など率先したそうです。

しかし結果は落選となってしまい悔しい思いを経験したと言います。吉田えりさんは「それだけマドンナジャパンはスゴイし、W杯を心から応援したい」とコメントしていました。

ネット上での実力評価は?

「ナックル姫」と呼ばれ女性野球選手として有名となった吉田えりさんですが、ネット上では吉田えりさんのプレーや実力の意見は様々です。吉田えりさんの実力や成績はプロとしても頑張っているという意見もある中で、厳しい意見もとても多いようです。

男性の中でプレーする吉田えりさんの実力は、やはり男性野球選手と比べられた評価が多く見られました。

吉田えりの愚行とは

吉田えりさんについて調査していると、「愚行」というワードがネット上で多く見られました。「愚行」の意味としては、「考えが足りない」「ばかげている」などですが、吉田えりさんは女性ながら男性のプロリーグに挑戦していることが愚行ということなのでしょうか。

では吉田えりさんに「愚行」という言葉が用いられていることに関して、調べてみたので紹介しましょう!

男性チーム所属で愚行?

「愚行」と聞くと、これまでに吉田えりさんが何かよからぬ事件を起こしたとか変な噂があるのかと思います。しかし調べていると、どうやら吉田えりさんが男性チームに所属していたことで愚行という言葉を言われるようになったようです。

吉田えりさんは、男性チームでのプレーにこだわる姿が愚行だと、ネット上で言われてしまったようです。

愚行の噂はファンの心配の声が関係か

吉田えりさんの愚行の噂は、男性チームで女性がプレーすることに関して、ファンの心配の声が大きかったと言われています。吉田えりさんは女性プロ野球選手としても実力はあります。しかしなぜ男性とともに野球をすることに拘っていたのでしょうか。

男性と女性ではやはり体力に差があるのは当然のことです。その結果吉田えりさんも良い成績を残せていないことが目立ちました。それをファンが心配したのでしょう。

吉田えりが男性チームに拘る理由とは

吉田えりさんは男性チームでプレーしていますが、それには拘る理由があるようです。吉田えりさんが男性チームに拘る理由は、「ずっと憧れていたウェークフィールド選手と同じ舞台に立ちたいと思っていた」と言う理由があったと明かしています。

また吉田えりさんが幼少期に育ってきた環境も影響しているそうで、ずっと男性チームで練習してきたので女性チームはとても違和感があったそうです。

吉田えりの退団後の活動

さて最後は吉田えりさんの現在についてです!吉田えりさんは2017年10月にBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスから退団しました。吉田えりさんは2017年のシーズンから所属していましたが、同年6月に怪我の治療に専念するために練習生契約に変更していました。

これまで様々なチームで選手として活躍してきた吉田えりさん。退団後の活動は何をされているのでしょう。

退団後はエイジェック女子硬式野球チーム監督就任

ずっと男性チームでプレーすることに拘っていた吉田えりさんですが、退団後の2017年11月に栃木県小山市を拠点に新たに設立されたエイジェックの女子硬式野球チームの監督兼選手に就任しました。

新加盟したエイジェック・ゴールドジムが初陣を飾った時には、「みんな頑張ってくれました。気持ちを切らさず最後まで戦ってくれました」とコメントしていました。

吉田えりさんはこれまで選手として全力でプレーしてきましたが、現在は初めて監督としての目線でチームを団結、強くさせることに取り組んでいるようです。

監督だけでなく選手としても活躍

吉田えりさんは監督に就任したのですが、実は選手としても活躍されています。監督兼選手としてエイジェック・ゴールドジムに所属しているのです。吉田えりさんは現在年齢は27歳。まだまだ現役として活躍できると思います。

監督兼選手というのは、おそらくとても大変な位置だと思います。しかし吉田えりさんには今後も監督だけでなく選手としても活躍し続けてほしいです。

野球以外ではキンタローに似ていると話題に

これまでとは少し内容が変わりますが、吉田えりさんは野球以外ではキンタローに似ていると話題になっているようです。キンタローとは、女性お笑い芸人として活躍されています。吉田えりさんの画像を見ると、確かにキンタローに似ていると思います。

吉田えりさんは有名になったナックル姫と呼ばれた時から、キンタローに似ていると言われています。しかし現在の方がよりキンタローに似ていると話題になっています。

吉田えりは結婚した現在も監督兼現役選手

以上、「ナックル姫」の愛称で女性プロ野球選手として活躍されている吉田えりさんについて紹介しました!吉田えりさんは現在監督に就任していますが、いまだ現役選手としても活躍されています。そして昨年に結婚されたことは驚いた方も多いのではないでしょうか。

吉田えりさんの結婚相手についても紹介しましたが、同じ野球関係者ということで、お互い理解し支え合える夫婦なのではないでしょうか。

また吉田えりさんは昨年入籍し、今年に入って結婚披露宴も執り行ったそうです。プライベートでもとても幸せな生活をされていることでしょう。吉田えりさんの監督や選手としての今度の活躍にも期待しています!

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
松本友奈

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ