吉永小百合は年齢に無理がある?結婚した夫・岡田太郎や子供に若い頃も調査

日本の有名な女優と言えば、吉永小百合さんです。そんな吉永小百合さんがドラマや映画で演じる役が、年齢的に無理があるという声が世間では上がっています。本当に吉永小百合さんは年齢的に無理があるのでしょうか?吉永小百合さんの夫の岡田太郎さんのことなども調べてみました。

吉永小百合は年齢に無理がある?結婚した夫・岡田太郎や子供に若い頃も調査のイメージ

目次

  1. 1吉永小百合のプロフィール
  2. 2吉永小百合の代表作の映画とドラマ
  3. 3吉永小百合の役は年齢に無理があると話題に
  4. 4吉永小百合はいつ結婚していた?夫とは?
  5. 5吉永小百合の子供について
  6. 6吉永小百合は若い頃から美しい?
  7. 7年齢を感じない美しい吉永小百合は健康体
  8. 8年齢を感じさせない吉永小百合から目が離せない!

吉永小百合のプロフィール

日本における国民的な大女優だと言っても過言ではない、吉永小百合さん。どれだけ年齢を重ねても美しく、気品があるその姿に魅了される人は後を絶たちません。

芸能界は何歳になっても美しい姿を保っている人が非常に多いですが、その中でも特に吉永小百合さんの若々しさや美貌は群を抜いていると言っても良いのではないでしょうか?

あまりにも吉永小百合さんが美しいため、整形疑惑が出ることも多々あるようです。吉永小百合さんと同じ年齢の芸能人としては、タモリさんを始めとして、他にも松原智恵子さんや水前寺清子さんが居ます。

タモリさんたちも若々しいですが、吉永小百合さんの美しさは別格だと思っている人は多いようです。そんな大女優の吉永小百合さんのプロフィールや経歴などを、まずは見てみましょう。

・本名:岡田小百合(おかださゆり)
・生年月日:1945年3月13日
・年齢:73歳
・出身地:東京都渋谷区
・血液型:O型
・身長:155cm
・体重:?
・活動内容:女優、歌手
・事務所:吉永小百合事務所
・家族構成:岡田太郎(夫)
・出演作品:映画「キューポラのある街」、「伊豆の踊子」、「愛と死を見つめて」、「青春の門」、「おはん」、「映画女優」、「天国の駅 HEAVEN STATION」、「華の乱」、「おとうと」、「北のカナリアたち」、「ふしぎな岬の物語」、テレビドラマ「樅ノ木は残った」、「風と雲と虹と」、「鮎のうた」、「夢千代日記」など多数出演

吉永小百合の経歴

吉永小百合さんは、1957年の小学6年生のときに、ラジオ東京の連続ラジオドラマである「赤胴鈴之助」にてデビューを果たしました。10月には、ラジオ東京が制作したテレビドラマの「赤胴鈴之助」にてテレビデビューをしました。

1959年には松竹映画の「朝を呼ぶ口笛」に出演して映画デビューを果たします。1960年には高校に入学するのと同時に、日活撮影所に吉永小百合さんは入社します。

1962年の高校在学中には、「キューポラのある街」にヒロインとして出演し、第13回ブルーリボン賞主演女優賞を見事に受賞しました。このときの吉永小百合さんの年齢は17歳で、2012年まで史上最年少での受賞という記録を保持していました。

その後ビクターより「寒い朝」にてレコードデビューを果たし、20万枚を売り上げます。橋幸夫さんとデュエットをしたことが話題になった、「いつでも夢を」では第4回日本レコード大賞を受賞しました。

歌手としてもデビューした頃より、日活における清純派女優として売り出し、浜田光夫さんとコンビを組みました。

1965年には、大学入学資格検定を受けた際に全科目を合格することが出来ていなかったものの、早稲田大学から高卒以上の学力を持っていると認められて、早稲田大学第二文学部西洋史学専修に入学しました。

1969年、吉永小百合さんは多忙な中で、早稲田大学第二文学部西洋史学専修を4年間、次席にて卒業します。

1982年、テレビドラマ「続 夢千代日記」で第19回ギャラクシー賞・選奨を吉永小百合さんは受賞し、さらに1985年には「おはん」と「天国の駅」で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を初めて受賞しました。

その後も吉永小百合さんは、1989年と2001年、2006年に最優秀主演女優賞を全部で4回受賞しています。吉永小百合さんとしては、1988年の映画の「つる」に主演したことで、映画に出演した本数が通算で100作品になりました。

1997年には朗読CDの「第二楽章」で第39回日本レコード大賞企画賞を受賞しており、2000年には「キネマ旬報」における「20世紀の映画スター・女優編」にて、日本女優の中の2位、さらに「読者が選んだ20世紀の映画スター女優」でも2位を獲得します。

2010年には文化功労者となり、2011年には、世の中から核兵器や原子力発電所が無くなって欲しいという平和への願いを訴えました。

2014年は吉永小百合さん自身が初めてプロデュースした作品の「ふしぎな岬の物語」が、モントリオール世界映画祭にて審査員特別大賞を受賞しました。同作にて第38回日本アカデミー賞優秀主演女優賞も同時に受賞しています。

現在も女優などで活躍中

若い頃から数々のドラマや映画で活躍していた、吉永小百合さん。現在は出演作品は年々減っていますが、どの作品に出演しても、見ている人を惹きつけるような素晴らしい演技をしています。

現代はドラマの番宣も兼ねてバラエティ番組に出演して、素の自分自身を見せてタレント化する役者も少なくありません。そのようなことは悪いことではないものの、場合によってはファンが幻滅してしまうこともあります。

吉永小百合さんは基本的には、役者の仕事に専念しているという特徴があります。そのようなスタンスを取っていることも、吉永小百合さんが大女優だと言われる理由かもしれませんね。

吉永小百合さんには、これからもそのような姿勢を崩すことなく、特別な存在感を放つ女優であってもらいたいと願っているファンも多いのではないでしょうか。

吉永小百合の代表作の映画とドラマ

たくさんの作品に出演している吉永小百合さんですが、その中でも代表作とも言える映画やドラマに関して、詳しく見ていきましょう。

作品①男はつらいよ 寅次郎恋やつれ

吉永小百合さんは、マドンナである鈴木歌子役を演じています。柴又慕情にて歌子の結婚を反対する父を説得し、好きな女性のために頑張った寅次郎が、歌子と再会したことによって物語が展開していきます。

作品②母べえ

1937年、父べえが特高警察に検挙され、巣鴨拘置所に収監されてしまったことから物語が始まります。思想犯が不届き者として白い目で見られる時代に、家族が明るく支えあいながら暮らしていく姿が描かれた作品です。

この作品の中では、吉永小百合さんは野上佳代の役、すなわち「母べえ」を好演しています。

作品③おとうと

結婚してすぐに未亡人となり、薬局を経営しながら女手ひとつで子供を育てあげた姉の吟子と、役者になることを夢みながらも、無為に年月が過ぎ去った弟の鉄郎という、2人の姉弟を描いた物語です。吉永小百合さんは姉の高野吟子役を務めています。

作品④細雪

この作品は大阪船場にて古い暖簾を誇っている蒔岡家の姉妹の物語です。特に三女の雪子のお見合いが物語の軸となって展開していきます。吉永小百合さんは、そんな三女の蒔岡雪子役を演じています。

作品⑤いつでも夢を

吉永小百合さんと橋幸夫さんがデュエットしたことで作られた楽曲です。橋幸夫さんにとっては27枚目のシングルで、吉永小百合さんにとっては3枚目のシングルとなります。

五木ひろしさんや天童よしみさんなどといった、有名な歌手が多数カバーをしている名曲です。

作品⑥あゝひめゆりの塔

この作品は、太平洋戦争末期の沖縄を舞台にした作品です。本土決戦を控えた日本軍は、本土に米軍が攻め込んでくるのを食い止めるべく、前線基地を沖縄に置きました。米軍は日本軍を次から次へと倒し、沖縄は米軍の攻撃によって燃えていきます。

そんな悲惨な状況の中で、ひめゆり学園内の生徒たちはどのようにして生きるのか、ということをモノクロ映像にて描いた戦争超大作です。 吉永小百合さんは与那嶺和子役を演じています。

吉永小百合の役は年齢に無理があると話題に

吉永小百合さんは年齢を感じさせない美しさから、芸能界でもファンが多いのが事実です。撮影現場においても、吉永小百合さんを共演者たちが取り合うそうです。

確かに吉永小百合さんは人気の大女優ですが、いくら何でも周りの人たちが持ち上げ過ぎでなのではないかという声が上がっています。

共演者の年齢を考えると役に違和感

吉永小百合さんが持ち上げられ過ぎていると言われるのは、映画やドラマで吉永小百合さんが演じる年齢の設定に無理が生じていると感じている人が多いからです。

吉永小百合さんと他の共演者たちとの年齢差を考えると、流石にその年齢の設定は無理があると思われてしまうような設定になっていることが多いと言えます。

芸能界でも吉永小百合さんと共演したいという俳優や女優は多く、吉永小百合さんは非常に人気の大女優であることには変わりないのですが、年齢の設定に無理が生じていると感じている業界の人も少なくはないようです。

インターネット上でも、吉永小百合さんは確かに若く見えるけれど、いくら何でも映画やドラマでの役柄の年齢の設定は無理があるのではないか、という意見が出ています。

母と暮らせば・70代の年齢で30代の母親役

どのような作品に出演しても圧倒的な存在感を放っているのが、吉永小百合さんの魅力だと言っても過言ではありません。

しかしながら、この「母と暮らせば」においては、あまりにも吉永小百合さんの実年齢を無視し過ぎているのではないか、と思った人も多いようです。

無理のある年齢設定に違和感を覚えた人も多く、このような無理な年齢設定になったのは、サユリストを意識しているのではないか、という声も上がっています。

いくら実年齢よりも若く見えて美しい吉永小百合さんでも、あまりにも実年齢とかけ離れた役を務めているのであれば、違和感を覚える人が居ても仕方がないかもしれませんね。

北のカナリア・20歳下の年齢と不倫する役

「北のカナリアたち」においても、吉永小百合さんの年齢設定に無理があるのではないか、という声が多かったそうです。回想シーンで仲村トオルさんと不倫をしてキスをするシーンがあったものの、実際の2人の年齢差は20歳ということで、現実的ではないという声がありました。

あまりにも年齢設定に無理があり、これはリアリティが無いといった声が業界内でも多数上がっていたと言われています。

神格化されすぎてるとの声も

無理のある年齢設定の役を演じることのある吉永小百合さんですが、やはり吉永小百合さんが神格化され過ぎているという声が、映画業界内においてもたくさん上がっているそうです。

吉永小百合さんが神格化されているのは、大女優であるという位置付けが関係していると言われています。大女優であれば、テレビの収録などでは顔のしわをなるべく隠したり、肌を美しく見せるために強めの照明を本人の顔に当てるということは多々あります。

吉永小百合さんは大女優と呼ばれる人の中でも特に、照明が強いことで有名になっているそうです。VTRなどをしっかりと見ると分かるらしいのですが、他の共演者及びインタビュアーが照明が暑くて汗をかいていても、吉永小百合さんは汗をまったくかかないのだとか。

それだけでなくて、まぶしそうな顔すらもしないそうで、そのような場面を見て、周りの番組スタッフたちも、吉永小百合さんが大女優であることを再認識するようです。

吉永小百合さんを大女優として扱うようにと、吉永小百合さんの関係者などから圧力がかけられた訳ではなく、吉永小百合さんの圧倒的なプロ意識を見たスタッフが、大女優であることを目の当たりにしたことで、業界内における暗黙の了解となってしまったそうです。

プロ意識が凄いだけでなく、いつまでも美しい姿を保っているということも、吉永小百合さんを神格化させているのかもしれません。吉永小百合さんの努力によって作られた美しさや上品さが、吉永小百合さん自身をまるで雲の上の人のような存在だと思わせてしまうのでしょう。

しかしながら、せっかく美しさや若々しさをしっかりと保っている吉永小百合さんなので、映画やドラマで無理のある年齢設定にしなくても良いのではないかという声も上がっています。

吉永小百合さんの自然な美しさを引き立たせることが出来るような、無理のない年齢設定の役をこなしたほうが吉永小百合さんの魅力をしっかりと引き出すことが出来、役の年齢に無理があるなどと言われなくて済むのではないでしょうか。

いつまでも主役しか引き受けないとの声も

吉永小百合さんはどれだけ年齢を重ねても主役をしっかりとこなすことから、いつまで経っても主役しか引き受けないのではないか、と世間では言われています。

確かに70代とは思えないほどの美しさを保っている吉永小百合さんですが、吉永小百合さん自身は現実的な考え方をしているようで、自分自身の引き際をきちんと考えているようです。

吉永小百合さんは「母と暮らせば」に出演したとき、自分にとっての主演作はこの作品で最後になるだろう、ということを漏らしていたそうです。男優であれば80歳を過ぎても主役を演じることが出来ますが、女優であればなかなか難しいのが事実です。

そもそも吉永小百合さんという美しい女性が、日本における女優の代表として70歳を超えても現役として役をこなすことが出来たということ自体が奇跡だと言っても過言ではありません。

吉永小百合はいつ結婚していた?夫とは?

映画やドラマで活躍中の吉永小百合さんは結婚していますが、結婚したときの年齢は何歳だったのでしょうか?また、結婚した夫はどのような人なのでしょうか?吉永小百合さんの結婚したときの年齢や夫に関することを調べてみました。

1973年に岡田太郎と結婚

吉永小百合さんが結婚したのは1973年で、まさに吉永小百合さんの人気が最高潮だったときに結婚をしています。吉永小百合さんの人気が物凄い状態だった時の結婚だったため、当時の吉永小百合さんのファンの人たちは、大きなショックを受けたのではないでしょうか。

吉永小百合さんと結婚して夫となった人は、岡田太郎さんです。1973年の8月3日に吉永小百合さんと岡田太郎さんは結婚しました。

当時岡田太郎はディレクター

吉永小百合さんとめでたく結婚して夫となった岡田太郎さんは、そのときフジテレビのディレクターでした。とても優しそうな雰囲気を醸し出している岡田太郎さんですが、吉永小百合さんと年齢差があるように見えます。

吉永小百合と岡田太郎の年齢差は15歳

実は、吉永小百合さんと岡田太郎さんの年齢差は15歳となっています。結婚したときの吉永小百合さんの年齢は28歳、岡田太郎さんは43歳でした。

現代でこそ年齢差のある結婚も珍しくない時代となっていますが、吉永小百合さんと岡田太郎さんが結婚した時代には、まだまだこんなにも年齢差がある人同士が結婚することは非常に珍しいことでした。

ただでさえ大人気の吉永小百合さんが結婚したということでビッグニュースだったのに、さらに年齢差がかなりある人が夫になるということで、当時としてはかなり衝撃的な出来事となったようです。

年齢差があるだけでなく、岡田太郎さんはこのときバツイチの状態でした。バツイチの相手と結婚するということも、この時代はとても珍しいことだったそうで、吉永小百合さんと岡田太郎さんの結婚はさまざまな面で世間に衝撃を与えました。

岡田太郎さんとの年齢差があり過ぎるということで、吉永小百合さんの親御さんは2人の結婚を大反対したそうです。岡田太郎さんも最初は躊躇していたものの、吉永小百合さんが反対を押し切って結婚をしました。

結婚式は極秘で行い、さらに吉永小百合さんの親御さんは出席しなかったそうです。岡田太郎さんが吉永小百合さんの夫になるまで、さまざまな波乱があったことが分かりますね。

吉永小百合と岡田太郎の馴れ初めは

現在の夫の岡田太郎さんと吉永小百合さんの馴れ初めは、失恋の話を吉永小百合さんが岡田太郎さんにしたことがきっかけだそうです。恋愛の相談をしたことがきっかけで結婚に至った芸能人は、意外と多いですね。

Thumb岡田太郎(吉永小百合の旦那)の現在!病気が理由で死亡?真相まとめ
吉永小百合さんと言えば子供の頃デビューしてからずっと一線で活躍している大女優です。そんな吉永...

吉永小百合の子供について

吉永小百合さんと、夫である岡田太郎さんとの間に子どもは居るのでしょうか?吉永小百合さんと岡田太郎さんの子供について調べてみました。

夫婦で子供を望まなかった

吉永小百合さんと岡田太郎さんとの間には、子供は居ません。吉永小百合さんの心理的な要因が理由で、子供は作らないと決めたようです。

母親より女優を選んだよう

子供を作ったのであれば、やはり子供を産んだり育てたりするために、女優としての活動を休止する期間を設けなくてはなりません。

そのようなことを踏まえた上で、吉永小百合さんは子供は作らず、女優一筋で生きようと思ったのかもしれません。

厳しすぎる母の影響もありそう

吉永小百合さんが子供を作らなかったのは、厳しいお母さんの影響も大いにあったようです。吉永小百合さんは子供の時から女優になったので、お母さんは吉永小百合さんを教育するのに非常に熱心だったと言われています。

普通の家庭のように、優しく接してもらうことが出来ず、ひたすら厳しく教育をされたそうです。吉永小百合さんはずっと親の言いなりになった状態で子供時代を過ごしたため、かなり大きなストレスを感じていたと語っていました。

そのような家庭環境の中で子供時代を過ごした吉永小百合さんは、親と子供の関係に対して疑問があり、自身が子供を生んだとしても良好な関係を築くことが不可能だと思ったのではないでしょうか。

自分が子供を生み、母親となって子供を育てるというイメージが湧かなかったのでしょう。さらに、子供を生んで育てることが怖い、とも思ったそうです。

もしも自分自身が母親となって子供を育てるときに、自分が子供時代に母親に束縛されたように、同じことを子供にしてしまったら、同じ苦しみを子供に押し付けることになるから、それは耐えることが出来ないと思ったようです。

自分自身の母親の気持ちがわかるからこそ、吉永小百合さん自身が子供を育てることは無理だと思ったのでしょう。吉永小百合さんにとっては、非常に大きな決断だったことが想像できます。

子供を育てることは無理だということで諦めた吉永小百合さんですが、心の隙間を埋めるように、映画やドラマなどで親子の役をした俳優さんたちとの関係はとても大切にしています。

特に「母と暮らせば」で共演した嵐の二宮和也さんとは、演技をしている最中以外でも、本当の親子のように接していたそうです。

実際、吉永小百合さんは二宮和也さんと初めて会ったときから、本当の自分の息子のように思えたらしく、自然と寄り添いながら役を演じることが出来たと語っています。

可愛い息子のように思えるだけでなく、二宮和也さんの演技も非常に褒めていました。二宮和也さんの演技はしなやかなで、どのような状況でも力を入れることなく、素晴らしい存在感だったので、引っ張ってもらったと語っています。

このような息子に出会うことが出来て本当に良かったと、吉永小百合さんは思っているそうです。それに対して二宮和也さんも、本当の息子のように可愛がってもらえたことを光栄に思っていると語っていました。

さらに、二宮和也さんは吉永小百合さんから、子供のときの写真を見せて欲しいとお願いされたそうです。一緒に二宮和也さんの子供時代の写真を眺め、ほのぼのとした時間を過ごしたようです。

非常に仲良しの吉永小百合さんと二宮和也さんは、撮影中も本当の親子のような雰囲気だったことが、二宮和也さんの証言から分かります。

撮影が終わるたびに吉永小百合さんは二宮和也さんに、「良かったね」と声を掛けていたらしく、撮影が終わった後に吉永小百合さんが二宮和也さんを抱きしめたこともあったそうです。

二宮和也さんを抱きしめたことに関しては、素敵な演技だったから抱きしめてしまったと言う吉永小百合さんですが、やはり本当の子供のように可愛がっていたので、自分の子供が頑張って演技をしていたように見えて愛おしいと思ったのかもしれません。

二宮和也さんは、吉永小百合さんと本当の親子のようなひとときを過ごすことが出来、贅沢な時間を過ごせたと語っていました。

そんな親子のような2人に対して、山田洋次監督も、2人の関係は甘いと言っていました。甘くてトロンとした雰囲気が漂っており、良いキャスティングが出来たというより、この2人だからこそ親子の役が成り立っていると感じているそうです。

若い頃から母親との関係に悩んだ吉永小百合さんですが、現在は共演した俳優さんたちと本当の親子のような関係を築くことが出来ています。若い頃には大変な苦労をしたようですが、現在は俳優さんたちを本当のお母さんのような気持ちになって温かく見守っているようです。

吉永小百合は若い頃から美しい?

70代になった現在でもとても美しい吉永小百合さんですが、若い頃から美しい女性だったのでしょうか?若い頃の吉永小百合さんを見てみましょう!

数多くのファンが生まれるほど美しかった

若い頃の吉永小百合さんです。若い頃から、とても美しく可憐な女性であることが分かります。吉永小百合さんは1961年くらいから人気が一気に上昇しました。

若い頃からたくさんの映画に出演した吉永小百合さんですが、吉永小百合さんの庶民派でピュアなイメージが青春映画とピッタリとマッチしたことで、サユリストという名の吉永小百合さんのファンも誕生しました。

若い頃から吉永小百合さんの人気は凄く、社会現象にもなりました。芸能界においてもタモリさんを筆頭に、漫談家である綾小路きみまろさんや、故人の野坂昭如さんなどがサユリストとして有名です。

特にタモリさんは若い頃に、吉永小百合さんが食べ残した料理を食べようとしてしまったほど、吉永小百合さんのことが好きなのだそうです。

サユリストと呼ばれるファンの人たちは、吉永小百合さんが出演した作品が好きであるのはもちろんのこと、吉永小百合さんに関連するグッズをたくさん持っていたという特徴があるようです。

熱狂的な吉永小百合さんのファンというよりも、現代におけるアイドルオタクのようなイメージが合っていると言っても良いでしょう。

しかしながら、現代のようなメイク技術が無かった時代であるにも関わらず、若い頃の吉永小百合さんがこんなにも美しかったという事実に驚いた人も多いのではないでしょうか。

若い頃から美人な吉永小百合さんを射止めた、吉永小百合さんの夫の岡田太郎さんが羨ましいと思うファンも、きっと多いことでしょう。

派手なメイクも施していないのに、若い頃の吉永小百合さんは非常に美しいです。若い頃の吉永小百合さんを知らない人が見ても、若い頃の吉永小百合さんの美しさにときめいてしまうことでしょう。

美貌を活かして数々の作品に出演

若い頃から吉永小百合さんは自身の美貌を活かし、たくさんの作品に出演しています。どの作品でも吉永小百合さんの演技力と美貌が光っていると言っても過言ではありません。

あの有名な「男はつらいよ」にも、吉永小百合さんは出演しています。若い頃の吉永小百合さんの美しさや可愛さが際立っていますね。

年齢を感じない美しい吉永小百合は健康体

若い頃から美しい吉永小百合さんは、美しさを保つために健康にもしっかりと気を使っているようです。吉永小百合さんが実践している健康法とは、どのようなものなのでしょうか?

ほぼ毎日1キロ泳いでスタイルをキープ

70代の現在も映画やドラマで活躍する吉永小百合さんは毎日、1キロも泳いでいるそうです。水泳をしているからこそ、スタイルをキープすることが出来ていることが分かります。

しかしながら吉永小百合さんは、水泳がもともと得意だったわけではないそうです。映画「白鳥」の入水するシーンにおいては、水に顔を浸けることが出来なくて監督に怒られていたようです。

また、若さをキープするために、吉永小百合さんは洗顔にもしっかりとこだわっているそうです。朝の忙しい時間帯の洗顔はつい適当に済ませてしまいそうになりますが、吉永小百合さんは時間をかけながら丁寧に洗顔をしているそうです。

女優は照明に照らされた中で撮影を行うので、肌が劣化するスピードが通常よりも早いと言われています。そのような状況の中で仕事をしているので、やはり吉永小百合さんは洗顔にもこだわって、肌を大切にしているようです。

現在も年齢を感じさせずハツラツとした姿を披露

吉永小百合さんはスタイルや健康を維持するために努力を続けているからこそ、今もなお映画やドラマなどで活躍することが出来ているのでしょう。忙しい中でも努力を続ける吉永小百合さんは、本当に素晴らしい女優さんです。

そのような努力の甲斐があって、どの映画やドラマでもハツラツとした元気な姿を見せてくれています。努力を怠らない吉永小百合さんは、まさに日本を代表する大女優です。

映画やドラマのみならず、多数のコマーシャルにも出演している吉永小百合さん。コマーシャルに出ても、非常に存在感がありますね。どのようなときでも上品な雰囲気が漂っています。

吉永小百合さんがその場に居るだけで、その場の空気が引き締まると言っても過言ではありません。吉永小百合さんは、日本における最後の国民的な女優だと評価する声も上がっています。

年齢を感じさせない吉永小百合から目が離せない!

年齢を重ねても、年齢を感じさせること無く、いつまで経っても美しい吉永小百合さん。吉永小百合さんのような年齢の重ね方をしたいと思っている人も多いようです。

いつまでも美しくあるための努力を続ける吉永小百合さんには、やはり憧れてしまうことでしょう。見た目が美しいだけでなく、女優としてのプロ意識もかなりのものです。

たくさんの人たちから憧れの眼差しを向けられる吉永小百合さんは、やはりその分たくさんの努力をしています。吉永小百合さんのように、いつまで経っても美しい姿を保ちたいのであれば、その分努力をして若さをキープする必要があります。

これからも、まだまだ現役の女優として活躍してくれそうな吉永小百合さん。国民的女優として名高い吉永小百合さんから、今後も目が離せません。末永く美しい姿を見せて欲しいものです。

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
ネコジマ
宜しくお願い致します。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ