芳根京子はチック症?目の瞬きがそれ?顔の病気?症状や理由など探ってみた

女優の芳根京子が「チック症」の疑いがあるのだとか。チック症は目の瞬きや同じ言葉を繰り返してしまうような症状がある病気ですが、芳根京子はそうなのでしょうか?芳根京子がチック症と言われている理由や過去に患った病気を紹介します。

芳根京子はチック症?目の瞬きがそれ?顔の病気?症状や理由など探ってみたのイメージ

目次

  1. 1芳根京子のプロフィール
  2. 2芳根京子はチック症?
  3. 3芳根京子の目の瞬きが変?顔の病気?
  4. 4芳根京子以外のチック症疑惑の芸能人
  5. 5芳根京子のチック症の可能性は低いが昔は難病を発症

芳根京子のプロフィール

・愛称:???
・本名:芳根京子(よしねきょうこ)
・生年月日:1997年2月28日
・年齢:23歳(2020年10月現在)
・出身地:東京都
・血液型:A型
・身長:159cm
・体重:???
・活動内容:女優
・所属グループ:なし
・事務所:ジャパンミュージックエンターテインメント
・家族構成:父親、母親、兄

芳根京子の経歴

芳根京子は東京都出身でジャパンミュージックエンターテインメント所属の女優です。彼女は高校1年生のときに友達に誘われて行った遊助(上地雄輔の歌手名)のライブ会場でスカウトされて芸能界入り。芸能活動をするため通信制高校に編入しました。

2013年に放送されたドラマ「ラストシンデレラ」で女優デビューした芳根京子。2014年にはオーディションで選ばれ映画「物置のピアノ」で映画で初出演初主演を果たしました。同年にはNHK連続テレビ小説「花子とアン」に出演。デビュー当初から様々な作品に出演しているのです。

芳根京子の特徴としてオーディションに合格して出演作を勝ち取るということが挙げられます。一部では「オーディション荒らし」とまで言われるほどで、2015年にもオーディションに合格してドラマ「表参道高校合唱部!」に出演。ただし、本人はオーディションは苦手であることを明かしています。

Thumb芳根京子出演ドラマ一覧!役や評判なども調査!海月姫やチャンネルはそのままなど!
芳根京子さんの出演ドラマ一覧をご覧下さい。芳根京子さんがドラマで演じた役や評判についても調査...

芳根京子はチック症?

芳根京子に関する噂として「チック症」という声が。あまり聞き慣れない病名かもしれませんが、まずはチック症というのがどういったものなのか確認していきましょう。

芳根京子にチック症(トゥレット症候群)疑惑が浮上

芸能人にも様々な持病を持つ人がいて、日常生活に支障が出てしまうこともあるそうです。症状が悪化して芸能活動を休養する人もいます。たとえば女優の酒井若菜はいわゆるリウマチを含む病気「膠原病」が原因で何度も芸能活動を休養しているのです。

芳根京子の場合はチック症疑惑が出ていました。近年はSNSが普及したこともあり、疑問に感じたことを拡散する人が増えています。その中で「芳根京子はチック症?」と感じた人の意見が広まっていました。

チック症はどんな病気?

チック症というのはどういった病気なのでしょうか?まずはその症状や原因、治療法などを紹介します。チック症は自覚がない人も多いようで症状を知ることで、自分がチック症だと気づく人もいるそうです。

病気「チック症」の症状

チック症の症状で特徴的なのが「目の瞬き」です。チックというのは「目的のない同じような不随意運動が素早く不規則に繰り返される」場合と「意図しない音や言葉が繰り返し発せられる現象」が特徴です。前者は「運動チック」、後者は「音声チック」と言われます。

このようなチック症の症状が1年以上に渡って両方みられる場合は「トゥレット症候群」と診断されるのです。チック症は小児期に起きやすい症状と考えられていますが、成人してからも起きる場合があります。

小児期には5人に1人がチック症を発症するようですが、成長するうちに改善されることも多く、医師がチック症と診断しないことも多いのだとか。トゥレット症候群も小児100人のうち1人未満と少数で女児よりも男児のほうが発症しやすいという特徴があるようです。

チック症は18歳までの間に始まると考えられており、約1%ほどが成人以降もチックの症状がみられるとのこと。時にはADHDや不安症、学習障害などと併発することもあります。

病気「チック症」の原因

このように目の瞬きや意図しない音を繰り返してしまうチック症ですが、原因ははっきりとしていません。チック症の特徴には家系内で多発する傾向があるため、遺伝的要因があると考えられているのです。

また、薬の服用や脳への感染症などによってチック症の症状がみられることもあるのだとか。ただし、この場合はチックの症状はあると判断されても、チック症とはみなされないそうです。このようにチック症の原因はまだまだ謎の部分が多いと言えるでしょう。

病気「チック症」の治療法

チック症の治療法はいくつかあります。まずは成長の中で自然消滅するのを待つパターンです。多くのチック症は軽度であれば自然となくなっていくため、特別な治療を行わないそうです。

もし、チック症に対して治療を行う場合は認知行動療法や薬剤、また精神的に安心させることが重要とのこと。認知行動療法ではチックの代わりになる行動を教えてあげることで症状を和らげます。

芳根京子のコメントからチック症説を検証

芳根京子のコメントからチック症説の真相を調査しました。芳根京子は過去に自分のクセとして「目薬がないと目をぱちぱちしちゃいます」と明かしています。

また、口癖で「なるほどね」、「やばめ」、「あっ」、「ぴよぴよ」と言ってしまうのだとか。このようにチック症に共通するものはあるものの、あくまで「クセ」の可能性が高いようです。

チック症とクセの違いを判断するのは難しいそうですが、心理的なプレッシャーや疲労などで症状が出る場合もあります。チック症は重度になると日常生活に支障をきたすこともあるとのこと。芳根京子のコメントからは日常生活で困るほどの瞬きなどは出ていないようなので、チック症ではないかもしれません。

Thumb芳根京子はラストシンデレラでデビュー!役は生理になる女の子?
女優の芳根京子さんがドラマ『ラストシンデレラ』で演じた役柄は、生理が関係していると言われてい...

芳根京子の目の瞬きが変?顔の病気?

ファンの噂から広まった芳根京子のチック症説。どうやらテレビに出演しているときに、気になったファンが多かったようです。芳根京子の目の瞬きが変と言われた理由や顔の病気を解説します。

チック症と言われる理由は目の瞬き

芳根京子がチック症と噂された理由は「目の瞬き」です。チック症は音や言葉による音声チックと不随意運動による運動チックがあります。目の瞬きはその運動チックに分類される特徴であり、噂の原因となったのでしょう。

芳根京子の出演番組別に目の瞬きを検証

いくつかの番組で芳根京子の目の瞬きが注目されていました。チック症説の噂が広まったのはどの番組に出演していたときか紹介します。

目の瞬きを検証①『モヤモヤさまぁ~ず2』篇

お笑いコンビさまぁ~ずの冠番組である「モヤモヤさまぁ~ず2」ですが、モヤさま出演時に目の瞬きが多いと話題になったようです。

番組の代打アシスタントとして登場した芳根京子。人気女優とは思えないほどの身体を張った行動が盛り上がりましたが、視聴者は彼女の目の瞬きの多さが気になったようです。ファンは「ドライアイ?チック症?」と心配する声が出ていました。

目の瞬きを検証②『世界まる見え!テレビ特捜部』篇

世界の様々な出来事を届ける「世界まる見え!テレビ特捜部」ですが、この番組に出演したときもチック症を疑う声が出ていたとのこと。視聴者は「芳根京子のチック症っぽい瞬きが気になってしまう」と困惑していました。

この映像を見ると、たしかに芳根京子が目をぎゅっとつぶるような仕草があり、チック症を心配するのもうなずけるかもしれません。見ていた視聴者は「気になってしまって話が入ってこない」という声もあったのです。

目の瞬きを検証③『クイズドレミファドン!』篇

チック症は疲労や心理的なストレス、プレッシャーなどでも出やすくなるそうです。芳根京子はクイズ番組「クイズドレミファドン!」に出演しましたが、その際もチック症のような目の瞬きが出ていました。

見ていた人の意見には「カメラを向けられると意識してしまって、目の瞬きが増えるのかな?」という声も。こういった出演番組での目の瞬きの多さがチック症説の原因となったようです。

芳根京子は顔の病気?難病?

芳根京子自身がチック症を認めたというエピソードはありません。ただし、彼女は顔に顔や手足に関係する難病を発症していたことを明かしています。

学生時代に「ギラン・バレー症候群」を患っていた

病気が発症したのは中学2年生のとき。その病気は「ギラン・バレー症候群」というものです。この病気は日本で厚生労働省の治療研究対象になっており、場合によっては命の危険に繋がることもあります。芳根京子は身体の力が入らない状態も経験しており、1年間ほど学校に通うのが難しい時期もあったことを明かしているのです。

現在はギラン・バレー症候群は完治しているものの、難病を患っていたことに驚くファンも多かったのだとか。ギラン・バレー症候群が現在の目の瞬きに関係しているのかは不明ですが、体調面のケアは注意する必要があるのでしょう。

病気「ギラン・バレー症候群」の症状

ギラン・バレー症候群という病気の特徴として、運動神経の障害が起きることで手足に力が入らなくなるそうです。重度のものになると歩行困難や呼吸困難、顔面麻痺の症状も。そのことが原因で命を落とすこともあると言われています。

Thumb芳根京子は難病(病気)?ギランバレー症候群とは!後遺症やその後も調査
芳根京子は小さな頃に難病であるギランバレー症候群に罹っていたという噂がありましたので調べてみ...

芳根京子以外のチック症疑惑の芸能人

芸能界では芳根京子以外にもチック症疑惑の芸能人がいます。ただし、本人がそのことを認めていることは稀なようであくまで噂の範疇のようです。そういった点も理解した上でチック症疑惑が出ている芸能人を確認しましょう。

チック症疑惑の芸能人:吉川晃司

歌手や俳優として活動している吉川晃司。学生時代は水球の日本代表にも選ばれた人物であり、年齢を重ねても衰えを見せない肉体も人気と言えるかもしれません。

そんな吉川晃司も瞬きの多さを指摘する声があり、チック症疑惑がありました。ファンは吉川晃司が話し始めるときは必ず目をつむるという風に感じているとのこと。改めてそういったことを意識して普段の様子を確認すると瞬きが多いと感じる人もいるでしょう。

チック症疑惑の芸能人:北野武(ビートたけし)

日本を代表するお笑い芸人であり、かつては「ツービート」としてコンビで活動していたビートたけし。また、「世界のキタノ」として映画監督としても多數のヒット作を生み出しています。

北野武は過去に九死に一生を得るようなバイク事故を起こしています。その際に顔面はぐちゃぐちゃになって、何本もボルトを入れられたとのこと。その後遺症で顔しかめるようなことが多いようですが、事故以前からそういったクセがあるという見方もありました。

チック症疑惑の芸能人:石原慎太郎

元東京都知事で弟は昭和を代表する大スターの石原裕次郎。そんな石原慎太郎の瞬きが気になる人も多いようです。顔をしかめるような瞬きをすることが多く、チック症疑惑が出ています。

チック症疑惑の芸能人:小出恵介

俳優の小出恵介も以前からチック症疑惑があるとのこと。また、目の瞬きだけでなく話しているときに肩が不意に上がるような動作を繰り返していることも、そういった疑惑が出た理由かもしれません。

チック症疑惑の芸能人:桐山照史

ジャニーズ事務所所属で、ジャニーズWESTのメンバーである桐山照史。人懐っこい性格と言われている彼ですが、ファンは繊細な心を心配する声もあります。そういった繊細な心が関係してか、チック症の疑いが出ていました。

チック症疑惑の芸能人:渋谷すばる

元ジャニーズ事務所所属、元関ジャニ∞のメンバーである渋谷すばるにもチック症がありました。現在は独立してソロ歌手として活動している渋谷すばるですが、彼も繊細な心の持ち主とのこと。アイドルとして活動する精神的な負担がチック症のような動作を引き起こしてしまったのでしょうか?

このように芸能人にもチック症の疑いがある人は多く存在するようです。ただし、はっきりとチック症であると公表している人は確認出来ませんでした。

常に人に見られることを意識してしまうという芸能界において、その精神的な負担は非常に大きいと考えられています。近年、精神的な負担から芸能活動を休養するタレントも増えており、ファンからも心配の声が出ています。

Thumb【花子とアン】芳根京子の役や役名は?べっぴんさんヒロイン女優まとめ
「花子とアン」で朝ドラデビューした芳根京子さん。「花子とアン」での役の名前は何だったのでしょ...

芳根京子のチック症の可能性は低いが昔は難病を発症

芳根京子がチック症という噂について紹介しました。チック症のような目の瞬きの多さは気になるかもしれませんが可能性としては低いようです。ただし、過去にギラン・バレー症候群を患ったことがあり、1年間ほど学校に通うのが困難な時期があったことが分かりました。

現在はギラン・バレー症候群は完治しており、健康面の心配はないとのこと。それでも若手女優として大活躍なだけに多忙な日々を心配する声がありました。そんな芳根京子がこれからも元気に活動出来るように応援しましょう!

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
浅倉恭介
ギターと野球と料理が好き。犬が飼いたい! もともとは接客業界で働いてました その後は保育業界に。 ロ...

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ