【蛇にピアス】吉高由里子の濡れ場や撮影当時のエピソードは?あらすじも紹介

2008年9月に公開された映画「蛇にピアス」で吉高由里子さんが披露した濡れ場や美しい裸が、公開当時大きな話題になりました。吉高由里子さんの濡れ場や「蛇にピアス」撮影当時のエピソード、そして「蛇にピアス」のあらすじなどをご紹介します。

【蛇にピアス】吉高由里子の濡れ場や撮影当時のエピソードは?あらすじも紹介のイメージ

目次

  1. 1吉高由里子のプロフィール
  2. 2【蛇にピアス】吉高由里子の濡れ場が話題!
  3. 3【蛇にピアス】吉高由里子の撮影当時のエピソード
  4. 4【蛇にピアス】あらすじや吉高由里子以外のキャスト
  5. 5【蛇にピアス】吉高由里子と渋谷スクランブル交差点の関係
  6. 6吉高由里子は映画「蛇にピアス」で体当たり演技

吉高由里子のプロフィール

・愛称:不明
・本名:非公開
・生年月日:1988年7月22日
・年齢:31歳(2019年12月現在)
・出身地:東京都
・血液型:O型
・身長:158cm
・体重:不明
・活動内容:女優
・所属グループ:なし
・事務所:アミューズ
・家族構成:父、母(離別)、兄

吉高由里子の経歴

吉高由里子さんは1988年7月22日に東京都で生まれました。高1の時に原宿でスカウトされた事がきっかけで芸能界に入りました。2006年に映画「紀子の食卓」でヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞するという華麗なデビューを飾っています。

Thumb吉高由里子の本名は早瀬?生い立ちや父と母は?韓国との噂も!
吉高由里子さんの本名などに注目している人も、非常に多いようです。吉高由里子さんの家族や生い立...

【蛇にピアス】吉高由里子の濡れ場が話題!

映画「蛇にピアス」でまず話題に上るのは、吉高由里子さんの濡れ場のシーンです。撮影当時19歳だった吉高由里子さんが惜しげもなく全裸を晒しているので、最近の吉高由里子さんしか知らない人には衝撃度が非常に高いようです。

映画「蛇にピアス」ルイ役を熱演

「蛇にピアス」で吉高由里子さんが演じているのは、生きている実感が希薄な少女・ルイです。恋人に肉体改造を勧められて舌にピアスを開け、入れ墨も入れるという少女ルイを熱演した吉高由里子さんは、この役で日本アカデミー賞新人俳優賞とブルーリボン賞新人賞を獲得しました。

裸で体当たりの映画「蛇にピアス」濡れ場が話題に

この映画は吉高由里子さんにとってまさに裸で体当たりの映画でした。2人の男性と濡れ場を展開しているのですが、吹き替えなどはなく、正真正銘吉高由里子さんが裸で演じています。

映画「蛇にピアス」濡れ場シーン動画は?

「蛇にピアス」の濡れ場シーンの動画ですが、予告編にちらりと映っているほかは濡れ場を抜粋した動画などは見当たりませんでした。裸であるだけでなく描写が過激なので削除対象になるのでしょう。映画本編を観る方が早そうです。

映画「蛇にピアス」ルイ役(吉高由里子)の画像集

この項では「蛇にピアス」でルイを演じていた時の吉高由里子さんの画像をご紹介します。Twitterからお借りしている画像なので、過激なものや吉高由里子さんの裸などはありません。

映画「蛇にピアス」ルイ役画像①

「蛇にピアス」ルイ役画像集1枚目をご紹介します。交差点で泣き出す恋人・アマをなだめるルイの画像と、彫り師・シバに入れ墨を彫られている時のルイです。吉高由里子さんの背中が綺麗です。

映画「蛇にピアス」ルイ役画像②

「蛇にピアス」ルイ役画像集2枚目をご紹介します。生きている実感が得られず苛立つルイはお酒に溺れるようになってしまいます。日本酒をラッパ飲みをするシーンは迫力がありました。

映画「蛇にピアス」ルイ役画像③

「蛇にピアス」ルイ役画像集3枚目をご紹介します。ルイと、過激な外面に似合わず一途にルイに心を預ける恋人・アマとのシーン2つは、どちらも胸を締め付けられる場面でした。

映画「蛇にピアス」ルイ役画像④

「蛇にピアス」ルイ役画像集4枚目をご紹介します。「蛇にピアス」の宣伝ポスターと、1人で彫り師・シバを尋ねてきた時のルイです。どちらも憂いを含んだ良い表情をしています。

映画「蛇にピアス」ルイ役画像⑤

「蛇にピアス」ルイ役画像集5枚目をご紹介します。全て彫り師・シバと一緒にいる時のシーンで、2枚目を除くとどれも挑戦的にシバを眺めるルイが映し出されています。

【蛇にピアス】吉高由里子の撮影当時のエピソード

「蛇にピアス」は吉高由里子さんがスクリーンデビューして9本目の映画で2本目の主演作品ですが、吉高由里子さんは「蛇にピアス」の撮影にまつわる様々なエピソードを残しました。この章ではその中で特に有名なエピソードをご紹介します。

撮影当時のエピソード①蜷川幸雄監督に裸アピール?

映画撮影時のエピソードその1は「蜷川幸雄監督に裸アピール?」です。そのエピソードが明かされたのは2015年夏に雑誌「文藝春秋」に掲載された吉高由里子さんのインタビュー記事でした。

「蛇にピアス」の衣装合わせの時に、吉高由里子さんは蜷川幸雄監督に、「私の裸を見ないで撮影出来ますか」と尋ねたのです。蜷川幸雄監督は仰天しながらも「じゃあ見せて」と答えたのですが、その後更衣室で裸を見せた吉高由里子さんに、蜷川幸雄監督は目を隠してしまいました。

そして、「大丈夫、撮れる」と言ったのだそうです。「私よりも恥ずかしがっていました」と吉高由里子さんは笑いながら語ったのでしたが、その時吉高由里子さんは19歳です。この胆力は、実は次にご紹介するエピソードによって身についたものなのだそうです。

撮影当時のエピソード②交通事故で大怪我

映画撮影時のエピソードその2は「交通事故で大怪我」です。「蛇にピアス」のオーディションが終わり主演に決定した翌日でした。吉高由里子さんは交通事故に遭ったのです。かなりの大怪我で5日間ICU(集中治療室)で過ごす事になりました。

看護師に言っても鏡を見せてもらえないのが気になり、夜中こっそりと確認した時、皮膚がすべて剥がれてカサブタだらけになった自分の顔を発見し、大きな衝撃を受けたのだとか。ICUにいる間に隣のベッドの人が死ぬのを体験したり、と壮絶な入院生活だったようです。

落ち込む事があっても明るいお母さんの存在に救われたり、と、それらの経験でそれまでとは意識が変わったのだそう。それでその1でご紹介した裸のエピソードが示すように、その年齢にはそぐわないほどの度胸が身についたのでしょう。回復力も素晴らしく、怪我は全治半年と言われていたのが1ヶ月半で全快したのだそうです。

撮影当時のエピソード③メンタル面がえぐり取られる?

映画撮影時のエピソードその3は「メンタル面がえぐり取られる?」です。吉高由里子さんが「メンタル面がえぐり取られる」と語ったのは、「蛇にピアス」公開初日の舞台挨拶での事でした。

吉高由里子さんは蜷川監督について「作品を根っこから愛している監督。役者の事もよく見ている」と話した上で「メンタルな面からえぐりとられるような撮影だった」と語りました。そして「長い死闘でした。やる側も観る側も体力の要る映画だと思う」と映画について語っています。

【蛇にピアス】あらすじや吉高由里子以外のキャスト

この章では「蛇にピアス」のあらすじや吉高由里子さん以外のキャストについてご紹介します。最近になって初めて「蛇にピアス」を観た人が「あの役を演じてたのはあの人だったの?」と驚きの声を上げている事が多いのですが、その驚きもご納得いただけるのではないでしょうか?

映画「蛇にピアス」のあらすじ

「蛇にピアス」のあらすじの概略をご紹介します。生きている実感に乏しい毎日を送っていた少女・ルイは、放浪していた渋谷で赤毛のモヒカン青年・アマと知り合い、同棲生活をスタートさせます。彼の2つに割れた舌「スプリットタン」に惹きつけられたルイは、アマに肉体改造を勧められます。

そしてアマの紹介した彫り師・シバに舌にピアスを入れてもらい、更に入れ墨をするのですが、その流れでシバとも関係を持つ事になりました。そんな日々の中でアマが起こした暴力事件によって、3人の生活に思いがけない展開が訪れる事に…。

万人ウケが難しいあらすじの青春ドラマ

「蛇にピアス」は、ヒロイン・ルイの10代終わりの危うい時期の懊悩を描き出した物語です。肉体の痛みによって生きている実感を得るヒロインという造形である事から、痛みの描写が多く、それが観ていて辛く感じる人も多いのだとか。

その要素が強いために万人受けはしにくい映画なのですが、この映画に描かれているのは紛れもなくルイの青春であり、この作品は紛れもない青春映画だと言えます。1度観てよく分からず、再度観てからハマった、という声もありました。

映画「蛇にピアス」あらすじネタバレ①アマ死亡で犯人は?

続いて、「蛇にピアス」の展開についてのファンの考証をご紹介します。ネタバレが含まれていますのでご注意下さい。「蛇にピアス」のあらすじネタバレその1を明かしますと、「蛇にピアス」予告編でも明かされているのですが、アマが中盤で謎の死を遂げます。

行方不明になった数日後に発見されたアマは窒息が原因で死亡していました。しかし体に怪我や暴行などの形跡があった事から、アマの死は事故ではなく他殺だという事になりました。犯人はアマの体の一部に特殊なお香を差し込んでいました。

そのお香が特殊なもので日本では滅多に手に入らないものである事、暴行されていた事を警察で聞かされたルイは、彫り師・シバの部屋でそのお香を発見し、アマを殺したのはシバだと確信します。

映画の中でアマ殺しの真犯人が捕まる、あるいは正体が明白になる事はないのですが、ルイ同様映画を観ていた人のほとんどが犯人はシバだと思ったようです。殺した動機は「ルイを愛したから」「アマを愛していたから」等愛憎のもつれと考証した人が多かったです。

映画「蛇にピアス」あらすじネタバレ②ラストシーン

「蛇にピアス」あらすじネタバレその2はラストシーンについての考証です。「蛇にピアス」のラストシーンで、映画冒頭のように渋谷をさまよい歩いていたルイは、交差点で突然しゃがみ込みます。このシーンは「蛇にピアス」原作にはない、映画のオリジナルでした。

そしてしゃがみ込んだ理由もアマを殺した犯人と同様、映画の中では明かされません。ファンの間での考証では「お腹を抱え込んでしゃがんだのは妊娠していたからでは?」や、ルイが独り立ちするような描写があった事から、「これからルイは独りで彷徨い続けるのでは?」と考証した人もいます。

「体の痛みによって生きる実感を得ていたルイは、これからは心の痛みによって生きていくのでは?」という考証もありました。ラストシーンにどんな意味を感じるかは人それぞれです。観た人の数だけ解釈があるのかも知れません。

映画「蛇にピアス」吉高由里子以外のキャスト

「蛇にピアス」のあらすじ紹介と考証に続いて、「蛇にピアス」に出演した吉高由里子さん以外のキャストをご紹介します。アマとシバの配役を見て驚く方がいらっしゃるのではないでしょうか?

映画「蛇にピアス」アマ役は高良健吾

ルイに肉体改造を勧めた恋人・アマを演じたのは高良健吾さんです。赤いモヒカンヘアに入れ墨とピアス、というのも目を引くのですが、最も強烈な印象を与えるのはスプリットタンです。極めて精巧なCGだったため、高良健吾さんは「本当に肉体改造をしたのか」とよく聞かれたそうです。

映画「蛇にピアス」シバ役は井浦新

ルイに舌ピアスと入れ墨を施した彫り師・シバを演じたのは井浦新さんです。丸坊主の上眉を剃り落とし、ピアスだらけの顔で入れ墨もしている、という、アマに負けず劣らず強烈な外見のため、今の井浦新さんと較べて驚く人が絶えません。

その他キャストに小栗旬の名も

「蛇にピアス」キャストで話題になったのはアマ役・シバ役だけではありません。この人がこんな役で?と目を疑う豪華キャストが端役で参加しているのです。代表的なのがルイとシバに絡む暴力団員2人です。演じているのが何と小倉旬さんと藤原竜也さんなのです。

この暴力団員の行動によってルイ達の運命が変わるのである意味重要な役なのですが。他には唐沢寿明さんが警察官役で出ていたり、と、映画エンディングのキャストを見て驚くような俳優が多数出演しています。

Thumb【蛇にピアス】井浦新はシバ役でかっこいい!あらすじなども調査
映画「蛇にピアス」にシバ役で出演した時の井浦新さんがかっこいいと大好評です。「蛇にピアス」で...

【蛇にピアス】吉高由里子と渋谷スクランブル交差点の関係

この章では、ヒロインを演じた吉高由里子さんと渋谷スクランブル交差点の関係について解説します。ラストシーンを撮影した時の吉高由里子さんの心境コメントもご紹介します。

映画「蛇にピアス」と言えば渋谷スクランブル交差点

「蛇にピアス」と言えば渋谷スクランブル交差点です。渋谷スクランブル交差点は、「蛇にピアス」冒頭とラストシーンに大きな存在感と共に映し出されます。「蛇にピアス」にはなくてはならない場所なのです。

渋谷スクランブル交差点でのルイ役の演技も話題に

渋谷スクランブル交差点での吉高由里子さんのルイ役の演技も話題になりました。渋谷スクランブル交差点のラストシーンは、映画の撮影の最後の最後に撮った、本当のラストシーンだったのだそうです。

その時の吉高由里子さんには、自分の生死がはっきりしないような感覚の日が続いた事やこれで終わりなのかという感慨や白黒つかない灰色のもやっとした気持ちが錯綜していたのだとか。

「ラストシーンにはその時の自分の気持ちが映し出されていると思う」と吉高由里子さんは語りましたが、ラストシーンを観た人達も吉高由里子さんのラストシーンの演技に様々な思いを抱いたようです。

吉高由里子は渋谷スクランブル交差点で生死を彷徨う?

ラストシーンの撮影時、吉高由里子さんは蜷川幸雄監督に「信号が変わったらここでしゃがんで」と指示されたのだそうです。それ以外は思った通りに演技をするよう言われた吉高由里子さんは、しゃがんだ後交差点で寝転びたいと感じたのだとか。

しかし「それをすると信号が変わって車が来たら轢かれてしまい、原作と違う展開になってしまう」と思い留まりました。あのラストシーンの渋谷スクランブル交差点で、吉高由里子さんは人知れず生死の境を彷徨っていたのでした。

吉高由里子は映画「蛇にピアス」で体当たり演技

2008年にはまだ新進の女優だった吉高由里子さんは、映画「蛇にピアス」で体当たりの演技を披露して大ブレイクを果たしました。映画の観客だけでなく芸能関係者にも高く評価され、その後は女優として大きく躍進しています。そんな吉高由里子さんの今後の活躍に期待しましょう。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
fuyuhome
漫画とゲームが好きです。 最近は古いドラマを発掘して観るのにはまっています。 昔の俳優、今の俳優、どちらも違う...

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ