アリーナ・ザギトワの身長や体重は?胸のカップなどのスタイルも!脇って?

女子フィギュアスケート選手であり、高身長でスタイル抜群なアリーナ・ザギトワさん。そんなザギトワさんの身長や股下、足の長さについてご紹介していきます。また体重や胸のカップ数についてもチェックし、巷で噂されている脇の黒さにも迫っていきましょう。

アリーナ・ザギトワの身長や体重は?胸のカップなどのスタイルも!脇って?のイメージ

目次

  1. 1アリーナ・ザギトワのプロフィール
  2. 2ザギトワの身長は?
  3. 3ザギトワの体重管理とは
  4. 4ザギトワの胸のカップなどスタイルも調査
  5. 5ザギトワの脇って?
  6. 6ザギトワは身長160㎝超えで体重管理も徹底のモデルスタイル

アリーナ・ザギトワのプロフィール

愛称:ザギトワ
本名:アリーナ・イルナゾヴナ・ザギトワ
生年月日:2002年5月18日
年齢:17歳(2019年10月現在)
出身地:沿ヴォルガ連邦管区ウドムルト共和国イジェフスク
血液型:不明
身長:158cm
体重:不明
活動内容:女子フィギュアスケート選手
所属グループ:なし
事務所:Cамбo70
家族:父親、母親、妹

ザギトワの経歴

沿ヴォルガ連邦管区ウドムルト共和国イジェフスク出身のアリーナ・ザギトワさんは、父親がアイスホッケーのコーチだったため、5歳の頃にスケートを始めています。7歳の頃から本格的にフィギュアスケートを始め、2015年から親元を離れてスケートに打ち込みました。

現在も指導を受けるエテリ・トゥトベリーゼさんに指導を受け始めると、徐々に才能が開花していき、2016年~2017年シーズンはジュニアグランプリファイナルで優勝しています。

2017年~2018年シーズンにはシニアデビューを果たし、迎えた平昌オリンピックでは団体戦で銀メダル、個人戦で金メダルを獲得しました。2018年~2019年シーズンは不調に苦しんだものの世界選手権で初優勝を果たし、主要国際大会のタイトルを全て獲得しています。

私生活では、2018年5月26日に秋田犬を贈呈されたことで話題になりました。ザギトワさんの愛犬となった秋田犬は「マサル」と名付けられ、共にCM出演を果たしています。

ザギトワの身長は?

平昌オリンピック金メダルなど、シニアデビューから輝かしい成績を収め続けているザギトワさん。最近では秋田犬の愛犬「マサル」とCM共演を果たしたことで話題になりました。

今回はそんなアリーナ・ザギトワさんのスタイル抜群の身長や股下、足の長さについて詳しくご紹介していきます。またザギトワさんの現在の体重や胸のカップ数についてもチェックし、ファンの間で密かに噂されている脇の黒さの真相にも迫っていきましょう。

ザギトワの身長が成長で話題に

アリーナ・ザギトワさんは2017年~2018年シーズンにシニアデビューを果たし、その存在が広く知られるようになりました。スケートを始めた当初のザギトワさんは、あまり成績を残していませんでしたが、エテリ・トゥトベリーゼさんの指導で才能が開花しています。

元々細身で妖精のようなザギトワさんですが、シーズンを重ねるごとに身長が伸び続けているようです。現在では高身長で妖艶な女性へと変化し、ファンを驚かせています。

ザギトワの現在の身長は160㎝超え?

ザギトワさんの現在の身長についてですが、現在も身長が伸び続けているため詳細な数値は発表されていません。しかしファンの間では身長が160cmを超えたと噂されています。

アリーナ・ザギトワさんは2019年10月時点で17歳です。ちなみにザギトワさんと同じ17歳日本人女性の平均身長は159.1cmとなっています。数値を比較してみると、ザギトワさんの身長の方がわずかに平均を超えているようです。今後も身長が伸び続けるかもしれません。

平昌オリンピックから身長7㎝成長を告白

シニアデビューを果たしてから身長が伸び続けているザギトワさんですが、平昌オリンピック時は身長156cmでした。その後7cm身長が伸びたとザギトワさん本人が語っています。これによってインタビューを受けた時点で既に163cmに達していたことがわかりました。

ちなみにロシア人女性の平均身長は164cm~168cm程なので、今後さらに身長が伸びる可能性があります。身長がスケートにどのような変化をもたらすのかチェックしましょう。

身長が伸びてスケート演技にも影響か

平昌オリンピック後に7cmも身長が伸びたザギトワさんですが、女子フィギュアスケート選手の中には身長が伸びたり、体重が増えたりすることで上手く滑れなくなる方がいます。

ザギトワさんも急激に身長が伸びたことで一時期は思うようにスケートができず、苦労したようです。しかし身長が伸びたことを言い訳にせず、ひたすら練習して感覚を取り戻していきました。コーチなど周囲の人たちの支えがあったからこそ乗り越えられたのでしょう。

ザギトワの体重管理とは

ザギトワさんの現在の推定身長や平昌オリンピック後の身長についてチェックしてきましたが、ここからはザギトワさんの現在の体重や体重管理の方法についてご紹介していきます。

高身長でスタイル抜群なザギトワさんは、フィギュアスケートの演技の中で沢山のジャンプを跳ぶことで有名です。そこでここからはザギトワさんの華麗なジャンプを生み出す徹底した体重管理方法や、ザギトワさんの現在の体重について詳しく迫っていきましょう。

現在身長160㎝超えで体重は42㎏前後との噂

平昌オリンピック時のザギトワさんの身長は156cmで、その後7cmも身長が伸びたことを告白しました。体重については公表されていませんが、42kg前後だと噂されています。

ロシアは日本と比べると気温が低く、食生活も寒さを考慮して高たんぱくな食事を摂るようです。ザギトワさんのようにロシア人はスタイルが良いイメージがありますが、4人に1人は肥満というデータがあります。このことから食生活にはかなりこだわっているのでしょう。

身長156㎝時代は体重45㎏?

身長163cm、体重42kgと推測されているザギトワさんですが、身長が156cm程だった平昌オリンピック時の体重は45kg程だったようです。フィギュアスケート選手は男女問わず徹底した体重管理を行っていますが、成長期の過度なダイエットは健康的に良くありません。

ちなみに18歳日本人女性の平均身長は155.5cmで、平均体重は51kgです。ザギトワさんと比較すると身長は0.5cm程しか変わりませんが、体重は平均より6kg程下回っています。

スケート選手としてのストイックな体重管理

ボクシングや柔道、レスリングなどフィギュアスケート選手に限らず、様々なスポーツ選手が体重管理に気を遣っていることでしょう。しかし女子フィギュアスケート選手の体重の増減は演技の出来を大きく左右するため、他の競技以上に徹底した体重管理を行っています。

ザギトワさんも身長が伸びたり、体重が増えたりしたことで体のバランスが崩れ、ジャンプに大きな影響がありました。このことから体重管理をストイックに行っていたようです。

体重100g単位の過酷な体重管理

ザギトワさんの体重管理はとてもストイックで、100g単位の変化も気にかけていました。過去に受けたインタビューの中では、水1口さえも飲むのをためらったと答えています。

身長や体重の変化についてザギトワさんは、フィギュアスケートは繊細な競技で少しの変化でもバランスが崩れてジャンプが跳べなくなってしまうと語っていました。ザギトワさんの輝かしい成績は、徹底した体重管理や数え切れない程の練習によって収めたものです。

ザギトワの胸のカップなどスタイルも調査

ザギトワさんの現在の推定体重や徹底した体重管理についてチェックしましたが、ここからはザギトワさんの胸のカップ数など抜群のスタイルの秘密についてご紹介していきます。

身長が伸びたり、体重が増えたりするなど体型の変化が著しいザギトワさんですが、最近では胸が大きくなったことでも話題になったようです。そこでここからはザギトワさんの胸のカップ数や抜群のスタイルの秘密、驚異的な股下の長さについて迫っていきましょう。

身長だけでなく胸のカップサイズも成長?

ザギトワさんは平昌オリンピック後に7cm身長が伸び、以前にも増してスタイルが良くなったと噂されています。また胸のカップ数も成長したのではないかと言われているようです。

上の画像は水着姿のザギトワさんの画像ですが、華奢な体とは裏腹に胸は豊満な印象を受けます。また足の長さも際立っており、まさにスタイル抜群です。胸のカップ数が大きくなったと噂されているザギトワさんですが、カップ数はどれほどなのかチェックしましょう。

ザギトワの美胸カップは推定「D」カップとの声も

ザギトワさんの胸のカップ数は公表されていませんが、Dカップだと推測されています。ちなみに日本人女性の胸の平均カップ数はBカップ~Cカップです。胸の平均カップ数は年々上昇しており、今後さらに日本人女性の胸のカップ数は上昇すると推測されています。

胸のカップ数は住む地域や生活習慣によって変化し、ロシアなど寒い地域では脂肪が付きやすく胸のカップ数が上がるようです。ザギトワさんもまだまだ成長するかもしれません。

美胸カップと共に長い手足や股下にも注目が

豊満な胸のカップと高身長でスタイル抜群なザギトワさんですが、胸や身長のほかにザギトワさんの長い手足や股下にも注目が集まっています。フィギュアスケートはスポーツでありながら芸術性が非常に高く、表現力や見た目の美しさも演技の大切な要素になるのです。

体型を維持するのは選手個々の努力ですが、長い手足や股下はある程度生まれ持ったものなので、ザギトワさんはフィギュアスケート選手として恵まれた体型だと言えるでしょう。

手足が長いモデルスタイルのザギトワ

身長163cm、体重42kg前後という数値だけでも抜群のスタイルだとわかりますが、長い手足や股下はザギトワさんのスタイルの良さをさらに引き立たせています。ちなみに日本人女性の平均股下比率は45%前後で、モデルの方の平均股下比率は47%以上のようです。

ザギトワさんのスタイルを見ると、とても足が長く股下比率は47%を超えているかもしれません。ではザギトワさんの股下は具体的にどれほどなのかチェックしていきましょう。

身長160㎝超えで股下82㎝と言われる抜群なスタイル

足が長いことで知られているザギトワさんの股下は、82cm程だと噂されています。平昌オリンピック後の身長163cmで考えると、股下比率は50%超えという結果になりました。

ちなみに日本人モデルで股下比率が50%を超えていると言われている方には、モデルや女優として活躍している桐谷美玲さんやローラさん、松井愛莉さんなどがいます。ザギトワさんは今後さらに身長が伸びる可能性があるので、足や股下の長さも変わるかもしれません。

ザギトワの脇って?

ザギトワさんの胸の推定カップ数や長い足、股下比率についてチェックしましたが、ここからはファンの間で噂になっているザギトワさんの脇の黒さについてご紹介していきます。

華麗な演技で日本国内だけではなく、世界中のファンを虜にしているザギトワさんですが、演技などの際に脇の下が黒く見えると一部ファンの間で噂になっているようです。そこでここからはザギトワさんの脇が黒く見える理由や真相について詳しく迫っていきましょう。

長い手足と股下だけでなく脇の噂も

軽やかなジャンプやステップ、多彩な表現力で世界中のファンを魅了しているザギトワさんは、氷上以外でも注目を集めています。ザギトワさんと愛犬マサルとの楽しそうな様子は、度々日本のメディアでも扱われており、多くのファンに癒しを与えているでしょう。

また美しい容姿も注目され、高身長を活かしてファッション雑誌に登場したこともあります。そんなザギトワさんの脇に注目が集まっているのはなぜなのかチェックしましょう。

ザギトワの脇が黒い説の真相

ザギトワさんの脇に注目が集まった理由は、演技の際に脇が黒ずんで見えたからです。インターネット上では脇の処理が甘いため、黒ずんで見えたのではないかと噂されています。

フィギュアスケートではジャンプやステップなどの技に注目が集まりがちですが、綺麗な衣裳や表現力も競技の魅力の1つだと言えるでしょう。女子フィギュアスケート選手の衣裳は特に脇が見えるものが多いため、脇の黒ずみに注目が集まってしまったようです。

脇が黒く見える理由は光や角度が関係か

ザギトワさんの脇が黒ずんで見えるのは、おそらく光の当たる角度が原因でしょう。脇に影ができるような位置でポーズを決めると、自然と脇の下が黒ずんで見えるようです。また脇が見えるような衣裳を着ていたことも、脇に注目が集まった要因と言えるでしょう。

ザギトワさんの脇の黒ずみについてチェックしてきましたが、会場の照明の当たり方によって脇が黒く見えているようです。また一部ファンからは処理が甘いという声も出ています。

ザギトワは身長160㎝超えで体重管理も徹底のモデルスタイル

アリーナ・ザギトワさんの身長についてチェックしてきましたが、平昌オリンピック時の身長は156cmで、その後7cmも身長が伸びたことがわかりました。また現在のところザギトワさんの正式な体重は公表されていませんが、42kg程だと推測されています。

フィギュアスケートでは体重の変化によってジャンプが跳べなくなるなど支障をきたすため、ザギトワさんは100g単位での徹底した体重管理を行っていることがわかりました。

またザギトワさんの抜群のスタイルについてもチェックし、胸のカップ数はDカップだと推測されていることがわかりました。長い手足や股下はモデルのようだと称賛されており、ザギトワさんの股下比率はモデルとして活躍している方と同じく50%を超えているようです。

シニアデビュー以降、輝かしい成績を収め続けているアリーナ・ザギトワさん。これからも日々練習を重ね多くのファンを魅了することでしょう。今後もザギトワさんに注目です。

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
kaotonike

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ