城彰二の現在!ダイエットで痩せた?昔の経歴も!

元サッカー日本代表として活躍した城彰二について調査しました。現在の城彰二はサッカー選手を引退してどのような活動をしているのでしょうか?城彰二のW杯での活躍や嫁や娘についても調べてみました。また、現在の城彰二はダイエットのCMにも出演しているそうです。

城彰二の現在!ダイエットで痩せた?昔の経歴も!のイメージ

目次

  1. 1城彰二(サッカー)のプロフィール
  2. 2城彰二の現在
  3. 3城彰二はダイエットで痩せた?
  4. 4城彰二のサッカーなど昔の経歴
  5. 5城彰二の現在は総括GM就任で嫁や娘など円満結婚生活

城彰二(サッカー)のプロフィール

愛称:ジョウ
本名:同じ
生年月日:1975年6月17日
年齢:44歳(2019年9月現在)
出身地:北海道室蘭市
血液型:O型
身長:179cm
体重:72kg
活動内容:元サッカー日本代表、サッカー解説者、GM
所属グループ:元ジェフユナイテッド市原、横浜マリノスなど
事務所:ルーチェ株式会社(城彰二マネジメントoffice)
家族:嫁、長女、次女、長男(次女と長男は双子)

城彰二の経歴

城彰二は姶良市立加治木中学校を卒業し、鹿児島実業高等学校に進学しています。この鹿児島実業高等学校のサッカー部で、松澤隆司監督に指導を受けてました。また、城彰二の2年先輩に前園真聖や藤山竜仁、同学年に遠藤彰弘や横山博敏がいます。

城彰二は高校三年生のときに、第72回高校サッカー選手権大会でベスト4入りを果たしています。また、高校卒業後にJリーグのジェフユナイテッド市原に入団しました。城彰二のサッカーの経歴はとても素晴らしく、デビュー戦で4試合連続ゴールを達成しています。

このように、昔からサッカー選手として注目されており、1997年に横浜マリノスに移籍してからは中心選手として活躍しました。また、城彰二は日本代表として1996年にアトランタオリンピック代表としてブラジル戦での勝利に貢献しています。1997年にはフランスW杯アジア最終予選で同点ゴールを決めて、W杯悲願の初出場にも貢献しました。

城彰二の現在

このように日本のサッカー発展に大きく貢献した城彰二ですが、現在はどのような活動を行っているのでしょうか?同時期に活躍したサッカー選手は解説やタレントなどの活動をしているだけに、いまどのようなことをしているか調査しました。

2019年の誕生日で年齢44歳の城彰二

城彰二は2019年の誕生日で年齢が44歳になります。昔から少し童顔なところがありましたが、現在も年齢に比べると若くみえるかもしれません。

現在はサッカー解説などで活躍

城彰二は2006年シーズンを最後に引退しており、最後までファンの胸を熱くするプレイを披露しました。サッカー選手を引退してからは、Jリーグ百年構想メッセンジャーに任命されたり、テレビでサッカー解説を行っています。

2019年には統括GM就任

そして、城彰二は2019年に北海道十勝スカイアースの統括ゼネラルマネージャーに就任しています。実は2018年シーズンの段階でスーパーバイザーとして関わっていた中で、さらに重要な役職についたことになります。

そのため、城彰二は今後チーム運営や編成、また選手の指導やスポンサー関係とのやり取りなど、多くの仕事に携わっていくことになるでしょう。城彰二の統括GMとしての活躍に期待したいところです。

現在の嫁など結婚ステイタスは?

城彰二のサッカー選手引退後の活動が充実していることを紹介しましたが、プライベートな部分ではどうなのでしょうか?城彰二の現在の嫁など結婚ステイタスについても紹介します。

2001年に元CAの一般女性とスピード結婚

城彰二は2001年に亀井育代という一般女性と結婚しています。嫁の職業はキャビンアテンダントをしているようです。また、交際してから結婚するまでは3ヶ月とかなり早かったそうです。一般女性のため情報は限られていますが、地元は城彰二と同じという噂もありました。

現在も美人な嫁と結婚生活

二人が知り合ったのは知人の紹介がきっかけでした。城彰二は嫁に一目惚れして、自分からアタックしたようです。また、嫁も城彰二と同郷ということもあってすぐに意気投合したのでしょう。そのため、知り合った年の9月に、城彰二からプロポーズされて結婚を決意しています。

城彰二の嫁は一般女性ということなので、ちゃんとした写真などは無いそうです。しかし、城彰二の引退試合などの場面に来ていたところ、とても美人な嫁だと話題になったのだとか。そんな美人な嫁と現在も幸せな結婚生活を送っているのでしょう。

現在は娘と息子がいて3人の父親

その美人な嫁との間に子供がいるかどうかも調査しました。城彰二は現在、嫁との間に娘と息子を合わせて3人の子供がいます。城彰二の子供は2004年に長女が生まれており夢叶(ゆめか)という名前です。

娘(長女)夢叶は城彰二のサッカー引退試合に参加

また、長女は城彰二が現役を引退するときの試合に参加していたそうです。まだ、小さい頃だったので父親の引退試合が記憶に残っているか難しいかもしれません。しかし、日本のサッカーに貢献した選手がどれだけファンに愛されていたかというのは感じられたことでしょう。

その後は双子の娘と息子が誕生

城彰二は、その後に双子の娘と息子が誕生しています。こちらに関しては詳しい情報はありませんでしたが、双子だったのは驚きです。こちらの次女と長男は2016年に有名私立小学校に進学したという情報がありました。

この小学校には内村光良の子供や宮沢りえの子供も通っている学校のようです。このことから城彰二の子供が通っていた小学校は成城学園初等学校の可能性が高いでしょう。

城彰二はダイエットで痩せた?

城彰二の仕事やプライベートについて紹介しましたが、一つ残念な噂もあります。それが、現役時代と体型が大きく変化してしまったという情報です。スポーツ選手は現役を引退すると、そのままの食事量で生活してしまって激太りするという話があります。城彰二が激太りして、そこからダイエットで痩せたという話を紹介しましょう。

サッカー引退後の激太りでダイエット

現役時代の城彰二は痩せていて引き締まった体型でした。ガリガリというほどではないですが、スマートでスポーツ選手らしい体型だったといえます。しかし、現役時代から食べることが好きで、引退しても変わらず食べてしまったことが激太りの原因となっています。

しかし、さすがに城彰二自身も太りすぎたと感じたのかダイエットを行ったそうです。そのことで、現役時代ほどではないですが、激太りからダイエットに成功したという噂がありました。

城彰二のダイエット方法は「スレンダートーン」

そんな城彰二が取り組んだダイエット方法は「スレンダートーン」というものでした。これはお腹にベルトタイプのダイエット器具を巻いて行うものです。ブルブルと振動して、お腹の脂肪が刺激されるタイプのものを使っています。

ダイエットの結果ウエストマイナス14.4㎝に

城彰二はこのスレンダートーンと適切な運動や食事管理を行ったところ、ウエストがわずか一ヶ月でマイナス14.4cmという結果になったそうです。元々のウエストが102.4cmになっていただけに、危機感を感じていたのでしょう。

城彰二のサッカーなど昔の経歴

ここからは、城彰二の元サッカー日本代表としての経歴について詳しく紹介します。現在はサッカー解説者などの活動をしている城彰二ですが、昔からの経歴は素晴らしいものになっています。そんな城彰二のサッカーなどの経歴をチェックしてみましょう。

城彰二の昔の経歴

城彰二の名前は「二」という漢字が入っていますが長男です。この名前の由来は「上昇」することを願ってつけられたそうです。また「二」をつけたのは「1」から上昇するのではなく、「2」から「1」に向かって上昇して欲しいという願いが込められています。

昔の経歴①高校時代からサッカーで活躍

城彰二は高校時代からサッカーで活躍していました。在籍していた鹿児島実業高校サッカー部はとても上下関係が厳しい部でした。しかし、先輩の前園真聖はとても優しい先輩で「マーくん」と呼んでいたそうです。ところが、それが他の先輩にバレて説教されており、上下関係の厳しさを痛感したこともあるのだとか。

昔の経歴②Jリーグ「ジェフユナイテッド市原」に加入

高校を卒業してジェフユナイテッド市原に加入すると、デビュー戦でゴールを挙げています。その後も、城彰二は4試合連続でゴールを挙げたことでファンから注目されることになりました。

昔の経歴③横浜マリノス移籍

城彰二が横浜マリノスに移籍した理由は、日本代表での活躍や海外移籍などを見据えたキャリアアップだったそうです。横浜マリノスでは高校時代に同級生だった遠藤彰弘と同僚になって活躍しています。

昔の経歴④サッカーW杯日本代表

また、アトランタオリンピックでは小倉隆史が最終予選前に負傷で離脱した中、城彰二が前線の軸を担うことになりました。チームのエースとして活躍した結果、日本代表は28年ぶりに本大会出場を果たしています。

1997年に行われたフランスW杯アジア最終予選でも貢献しており、日本は悲願の初出場を果たしています。しかし、1998年に行われたフランスW杯の本戦で、チームは3戦全敗に終わっています。

昔の経歴⑤スペインレンタル移籍とJリーグ復帰

城彰二はフランスW杯で挫折を経験したことで、2000年1月に欧州リーグに挑戦する決意をすることになりました。移籍先はスペインのレアル・バリャドリードでした。当初はレンタル移籍という形で、シーズン終了後に完全移籍やレンタル移籍延長の話も出ていたそうです。

しかし、城彰二は日本代表の試合で負傷しており、このときに高校時代からの古傷が悪化していました。怪我のことを隠しながらプレーしていたものの、このことが発覚したことで契約は見送られてJリーグに復帰することになっています。

昔の経歴⑥2006年にプロサッカー引退

横浜F・マリノスへと復帰した城彰二ですが、怪我や体調不良が原因で思ったようなプレーが出来ない状態になりました。2001年にはチームがJ2降格の危機に陥ると、ファンの矛先は城彰二に向くことになります。

そして、城彰二は期限付き移籍でヴィッセル神戸に加入していますが、2002年は1ゴールという結果でした。このことが原因でヴィッセル神戸は契約延長を見送り、横浜F・マリノスも城彰二に戦力外通告を伝えました。

城彰二は2003年にJ2の横浜FCに加入し、その経験を生かしてチームリーダー的な存在になります。2006年には主将として三浦知良とツートップを組んでいます。しかし、古傷がまたも悪化したことで引退を決意し、2006年にプロサッカーを終えることを決断しました。

城彰二のサッカーW杯でのバッシング歴とは

このようにチームでも日本代表としても活躍した城彰二ですが、サッカーW杯においてバッシングを浴びたことがあります。なぜ、城彰二はサッカーW杯でバッシングを浴びることになったか紹介しましょう。

フランスでのサッカーW杯で全敗

城彰二たちの活躍でフランスW杯に進めたものの、本選では無得点という結果でした。結果的にチームは3戦全敗という形で終わっており、ファンのフラストレーションは凄まじいものだったのでしょう。

サッカーW杯での笑顔の試合が裏目に

なにより、エースストライカーとして期待されていた城彰二が、アルゼンチン戦でシュートを外しながら笑顔でプレイしていたことに批判が集まったのです。

その後は水かけバッシング騒動に

そして、日本代表が空港に帰国したときにトラブルが発生しました。選手たちが空港に到着して移動するところに、フタの開いた水のペットボトルが投げられたのです。この標的になったのが城彰二でした。

水かけ騒動はラモスの発言も関係か

城彰二が標的にされた理由にラモス瑠偉の発言が関係しているという見方もあります。それはフランスW杯において、テレビ解説を担当していたのがラモス瑠偉でした。当時、ラモス瑠偉は現役の選手で日本代表の選考から漏れていました。

ラモス瑠偉が代表に選ばれ無かったのは年齢的なものなど理由は様々ですが、テレビ解説ではその悔しさが選手への暴言につながってしまったのでしょう。ピッチで戦う選手たちに対して、ラモス瑠偉は応援しているというよりも暴言を浴びせてしまったのです。

実はこの水かけ騒動以外に、城彰二のマネージャーのワンボックスカーが放火されたり、自宅マンションに落書きされるということが起きていました。警察に通報すると、警察官が護衛のために城彰二とマネージャーを保護する状態にまでなったのです。

ファンの過激な行為に対して周囲も動き始めました。例えば、テレビ局は城彰二がプレー中にガムを噛んでいたのは、力が抜けてやりやすくなるということを検証しています。また、騒動のきっかけにもなったラモス瑠偉からはこのような事態になったことに対して直接謝罪もされたそうです。

ラモス瑠偉とは

ラモス瑠偉は1957年2月9日生まれの62歳です。ブラジル出身で1989年に日本に帰化しているサッカー選手です。ヴェルディ川崎を中心に活躍した選手で、日本代表にも選ばれています。日本があと一歩でワールドカップ出場を逃した「ドーハの悲劇」のときにプレイしていたことでも有名でしょう。

サッカーW杯敗退でカズの言葉が救いに

そういった中で、城彰二に監督やスタッフが声をかけてくれることがあったものの、チームメイトからは連絡がなかったそうです。これは、チームメイトとしてもかける言葉が無かったことが考えられます。

その状況で、城彰二に唯一連絡をくれたのが三浦知良でした。自分が過去に卵をぶつけられたことや、ファンの行動は期待の裏返しであるとして励ましてくれたそうです。城彰二は、三浦知良にエースとして、プレッシャーに押しつぶされそうになりながらプレーしていたことを正直に話して、気持ちの整理をすることが出来ました。

昔の恋愛経歴も調査

最後に城彰二の恋愛経歴も調査しました。サッカー選手として人気があっただけに、恋愛面でも噂はいろいろあったようです。その中で特に有名な相手について紹介します。

歴代彼女はシンガーソングライター古内東子

城彰二の歴代の彼女の中で大きな話題となったのが、シンガーソングライターの古内東子でした。古内東子との交際が発覚したのは1998年で、城彰二がサッカー日本代表だったころです。

古内東子とは

古内東子は1972年11月1日生まれの46歳です。シンガーソングライターとして活動しており、恋愛を主題にした曲が多いと言えます。特に1996年にリリースした「誰より好きなのに」が有名です。

古内東子との熱愛の真相

城彰二と古内東子は熱愛関係にあったのは間違いないようですが、その関係は破局しています。二人の熱愛の真相は明かされていませんが、この時期に「心にしまいましょう」という曲をリリースしています。この曲の歌詞などから、この関係は続けることが出来なかったことが推測されます。

城彰二の現在は総括GM就任で嫁や娘など円満結婚生活

元サッカー日本代表の城彰二の現在について紹介しました。現在の城彰二は北海道十勝スカイアースの総括GMに就任しており、嫁や娘など円満な結婚生活を送っています。サッカー解説やGMとしての活動など、今後の城彰二に注目しましょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
浅倉恭介
ギターと野球と料理が好き。犬が飼いたい! もともとは接客業界で働いてました その後は保育業界に。 ロ...

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ